ワドルディ


「わにゃわにゃ、わにゃわにゃ」

『星のカービィ』シリーズに登場する敵キャラで、シリーズではおなじみの存在。
英語表記は「Waddle Dee」。「Waddle」とは「よちよち歩く」という意味である。

至る所にいるザコ敵で、どんな攻撃でも倒せる。マリオシリーズでいうところのクリボー。
特にこれといった攻撃方法もない。ただしジャンプして飛び掛ってきたり、高速で走っているタイプがたまにいるので、
気を抜くと体当たりぶちかまされる場合もある。
トロッコを操作したり、ボートに乗ってオールを漕いだり、玉乗りをしたり、ヌラフ(イノシシ)に乗ってロデオをしていたり、
アニメ版以降の作品では槍を投げたりと、かなり器用な種族らしい。
を持った状態で空中から落下してくるタイプも存在する。
また、ワドルディに似た1つ目のワドルドゥもいる。こちらはビームを発射してくるが、あとはワドルディと大差ない。

コピー能力の概念が登場した『夢の泉の物語』以降では、傘を持っているものを吸い込むとパラソルをコピーできる
(もっとも、傘だけを吸い込んでもパラソルをコピーできるのだが)。
開いて落下速度を緩めたり、傘で敵を叩いて攻撃するが、寧ろこのコピーの真骨頂はボタンを押し続ければ構えたままで盾にできたり、
普通に立ってるだけで真上からの攻撃を防げたりするところにある。
動かないボスには、傘が当たる位置に立てば、それだけでダメージを与えられる。
『スーパーデラックス』ではパラソルワドルディがパラソルのとして呼び出せ、パートナーとしてのイメージも確立した。
カービィが吸い込むと全く同じ『ビーム』能力を使えるワドルドゥや、厄介な砲台キャラ「シャッツォ」もパラソルを所持していることがある。

また、『スーパーデラックス』では普通のワドルディのほか、「メタナイトの逆襲」でメタナイトの部下である水兵帽を被ったワドルディが登場する。
「格闘王への道」では通常より体力と攻撃力の高いワドルディが登場する。その場を動かない上、吸い込めば一撃で倒せるので結局弱いが。
リメイク版『ウルトラスーパーデラックス』では、デデデ大王の部下である青いバンダナを巻いたワドルディも登場する。
「格闘王への道」では前述のワドルディの代わりにこのバンダナ姿のワドルディが登場し、「大王の逆襲」でも戦うことになる。
前進してくるようになったのでスーパーデラックスよりは強化されているが、動きは遅いし、吸い込めば一発で倒せるのも変わらない。
また、アニメの影響か槍を持ったワドルディもステージ中に登場する。
水兵帽やバンダナのワドルディは、アニメのものとは違い言葉を喋るのが特徴。

『64』では1-1でダーク・リムルに操られた状態でボスとして登場し、倒すと仲間になる。
見た目がワドルドゥと同じ って言うな。一応あのキャラとは別人なんだぞ!
ヘルパーとは違い、デデデ大王やアドレーヌ等と同格なメインキャラ扱いであり、
カービィと一緒に筏やトロッコなどに乗って進んだり、穴を開けて進む道を作ったりと、シリーズのザコ敵とは思えない活躍を見せる。
ちなみに彼が仲間になった分、空いたスカキャラのポジションはエヌゼットが代理を務めた。

『参上!ドロッチェ団』ではゴースト能力で憑依して操ることも出来る…が ジャンプ以外の能力は持っていない。
さらに普通の2倍ぐらいあるデカワドルディまで出るが体力が変わっていない。でかいだけである。
さらに金ぴかのゴールデンワドルディなるものが登場する。
このワドルディは、『ドラゴンクスエスト』のメタルスライム的な位置づけで、
動きが早く逃げ回るが、倒したり飲み込んだりすると宝箱が一つ手に入る。

『毛糸のカービィ』では毛糸姿になりながらも、うとうとしたり槍を投げたり吸い込まれそうになると怯えたりと、かなり可愛らしい仕草を見せる。
その可愛さはシリーズでもトップクラスに罪作りなのだが、この毛糸ワドルディたち、アミーボ・アモーレに作られた 偽者 なんだとか。
本物はちゃんとデデデ城で毛糸じゃない姿で働いているが…。

そして、wii発売の『星のカービィwii』ではついに操作キャラの一人に昇格することになった。
他の操作キャラがカービィ、デデデ大王、メタナイトと主人公、ライバルキャラであることを考えると大出世と言えるだろう。
外見としては『ウルトラスーパーデラックス』の「格闘王への道」および「大王の逆襲」に登場したバンダナワドルディである。
槍を投げる個体に準じてか、新コピー能力の「スピアー」を使用する。ジョココプターを使用する
スピアーの能力が近接戦闘能力としては優秀なので使い勝手がいいが、全体的な火力が低いのでボス戦には不向き。

3DSの『トリプルデラックス』でも登場。
多彩なメカを駆るものの、きせきの実を飲んでビックバンカービィと化したカービィに悉く蹴散らされたり吸い込まされたりする。
また、味方としてバンダナワドルディも登場。
操作キャラではないものの、中ボス、ボス戦前にカービィに回復アイテムを渡す役回りとなっている。
すれ違い通信に対応しており、他のプレイヤーとすれ違っていた場合は回復量が多いものをくれたり、
コレクションアイテムであるキーホルダーをくれるようになる。
また、デデデでストーリー攻略する「デデデでゴー!」ではすれ違いには対応してないものの、地味にカービィより回復量が高いモノをくれる。
このモードでは回復アイテムの配置量が少なめのため、とてつもなく頼りになる存在である。

『スターアライズ』ではパラソルとバンダナ双方が使用可能。
パラソルはフレンズハートをぶつけることで味方になるがバンダナはドリームしんでんで引き当てるドリームフレンズの一人として登場。
ちなみにバンダナの方は「のんきなパラソル持ちとは違う」と言っているが、バンダナもパラソル持ちをしていたことがある。

アニメでも無数に存在し、外見や団体行動、更には運勢まで全員全く同じ。そのため、当のワドルディ達にすら個体の識別ができないらしい。
槍を装備しておりデデデ大王の城で普通には喋れないながらも兵士や雑用係などとして働いている。
彼らとは違い喋ることができ、帯剣しているワドルドゥを隊長として業務をこなしている。
口は見当たらないが食事はしており、口が何処にあるのか気になったデデデ大王から手渡された煎餅を、
口と思しき部分から吸収してバリバリと音を立てながら食べている描写があることから、少なくとも歯は生えているようだ
(因みに、カービィには歯が生えていない)。
昔、海の向こうからプププランドに渡って来た種族らしいが詳細は不明。デデデの城には一宿一飯の恩義として働いている為、
食事を極端に減らされると暴動を起こす。

『大乱闘スマッシュブラザーズX』ではデデデ大王の登場時に輿を担いだり、デデデ大王の横必殺技で敵に投げつけられたり、
デデデ大王の「最後の切りふだ」で大量発生したりしている。
「亜空の使者」ではただ歩いているだけなのにルイージを怯えさせたり、大勢でワリオを取り囲んだりといった活躍があった。

なお、『ウルトラスーパーデラックス』では「ヘルパーマスターへの道」と言うヘルパー版「格闘王への道」が収録されており、
TAS動画ではパラソルを持った彼の活躍を見ることもできる。
もっとも、こちらは移動目的ではなく本来の使い道である攻撃手段としてではあるが。


MUGENにおけるワドルディ

MUGENでは3体のワドルディが確認されている。

+雷光氏製作
  • 雷光氏製作
ドットは『夢の泉デラックス』のもの。
ふっ飛ばされた際の着地時に一時的に動きが止まって謎の無敵時間がついたり、
KO時におかしな表示になったりと、残念ながらキャラとしての完成度は高くない。
また、何故かバズーカをぶっ放したりする他、空中からのパラソルを繰り返すことで永久に近いことも可能。
ニコロダにてAIが公開されていたが、同所の閉鎖に伴い入手不可。

+Thousand氏製作 バンダナワドルディ
  • Thousand氏製作 バンダナワドルディ
ウルトラスーパーデラックスのドットを使ったもの。
氏曰くハンマーカービィとパラソルワドルディ、マスクドデデデを足して4で割ったものらしい。
ハンマー4連たたきやワドルディトルネイド、さらにはずっこけなど、マスクドデデデを意識した技が多く、全ての技にダウン効果がある。
ただどの技も単発ヒット(4連たたき、ワドルディトルネイドも)なので、コンボは繋がらない。
……と思いきや、ブラッチー(ミサイル)、スライディング、ずっこけはダウン時の相手にも当たるため、
壁際ではこれらを繰り返すだけで無限ループが可能。

+アフロン氏製作 槍持ちワドルディ
  • アフロン氏製作 槍持ちワドルディ
ウルトラスーパーデラックスのドットを使ったもの
こちらは本来のヘルパーの持つパラソルではなく、槍を装備している。
操作感覚は原作に近く、ジャンプやガードもボタン操作で行う。
武器が変更されたことで使用できる技も大幅に変更されているのだが、
何故か『魁!!男塾』の登場人物である伊達臣人、王大人と同じ技を使用する。
小物ロダでAIが公開されている。


出場大会

出演ストーリー

よろず屋『わふぅ!』(うp主の分身)


添付ファイル