ルベウス


武内直子の少女漫画『美少女戦士セーラームーン』に登場する敵キャラクター。
第2シリーズ『R』に登場した「ブラック・ムーン一族」の一人で「紅(くれない)のルベウス」の異名を持つ。
担当声優は高木渉氏。チンピラ・三下役に定評のある高木氏のイケメンボイスは割と貴重な部類に入る。
リメイク版『美少女戦士セーラームーンCrystal』では高橋広樹氏。

(以下、Wikipediaより。一部加除)

上級幹部の一人で真っ赤な髪の男性。破壊を好む性格ではあるが、物事の見方は冷淡。
部下であるあやかしの四姉妹も捨て駒としてしか見なしていない。

漫画版では上級幹部の中で唯一ワイズマンによって力を与えられていない。
デマンドがワイズマンに操られているように見える事から不信感を持ってはいたが、
自身にすぐに影響する事でもなかったため、追及はしなかった。
後にネメシスが活性化し脱出を図ったところをワイズマンに見つかり、そこで彼の目的を問いつめたがあっさりと殺された。

アニメでは漫画版よりもさらに冷淡な性格。あやかしの四姉妹を度重なる失敗を理由に四姉妹を次々に見放す。
その後、自身も度重なる失敗によって十番街攻略の役目を外される事をエスメロードから知らされ、
ちびうさと「幻の銀水晶」を始末するためにムーン以外のセーラー戦士を人質にとってセーラームーンを空中要塞(巨大なUFO)におびき出す。
しかし結局セーラームーンとの戦いには敗れ、ちびうさがUFOを制御していた「邪黒水晶」を破壊した事でUFOは崩壊を始めてしまう。
それでもセーラー戦士達を道連れにして名誉を護ろうとしていたが、セーラー戦士とちびうさはセーラーテレポートで脱出。
最期はエスメロードに助けを求めるも見限られてしまい、UFOの爆発に巻き込まれて絶命した。
ちなみに、フィルムコミック版ではエスメロードに助けを求めようとして見捨てられる場面はカットされている。

命名の由来はルビーの語源となったラテン語の「赤(Rybeus)」。
英語版では他の幹部は名前が宝石名そのままになっているが、彼だけはルベウスのままである。


MUGENにおけるルベウス

Poshpsylocke氏によるコンプゲー『セーラームーンX』のものが公開されている。
コンプゲー唯一の男性キャラである。ゾイサイトもいる?あいつは海外版では女性だから。
ボイスは恐らく海外アニメ版のものを使用している。
必殺技を出す時に「うおおおお!」と叫ぶ。
原作中でもボスキャラに近いポジションであり、キャラ性能は高い…かと思えばそうでもない。
やはりセーラームーンのメインは女性キャラ。野郎は引っ込んでろというところなのだろうか。
そもそもコイツ自身マイナーだけどな!
現在は氏のウェブサイトからMUGENのコンテンツが無くなっている。
+動画ネタバレ
週刊「載ってねぇ」において地球大進化と対決。
もともと高い火力を200%にまで上げられていたにもかかわらず敗北。
(ちなみに地球大進化の設定は攻撃力50%。防御力は紙)

前出場者が活躍しているのを見ると、何だか可哀想にも見えてくる。

出場大会

その他



添付ファイル