スライムナイト

「そりゃ!うりゃ!」


スクウェア・エニックスのRPG『ドラゴンクエスト』シリーズにおける敵モンスター。
数多くあるスライム系のモンスターの一つで、スライムに乗った鎧姿の小さい騎士、と言う姿のモンスター。
スライムか騎士かどっちが本体なのかというのが良く議論の種にされる。
外伝等ではスライムのほうが本体で、騎士はスライムの一部だとする設定が多くあるのだが、
作品によっては騎士側がスライムを振り回して攻撃する事もあり、どっちが命令を出して攻撃しているのかは正確には分からない。

初登場は『ドラゴンクエストV』から。その後のシリーズでも、外伝を含めてもほぼ皆勤で登場する。
だいたい序盤から少し経過したところで登場し、攻撃は通常攻撃の他、ホイミでHPを回復してくるのが主。
シリーズによってはマホトラでMPを吸い取ったり、痛恨の一撃を出してくる場合もある。

『V』及び『VI(SFC版のみ。DS版では別の方法で仲間にする)』では、倒した後仲間にする事も可能。
仲間にした一匹目にデフォルトで付く名前は「ピエール」。モンタリオとかジャン没キャラポルナレフとは無関係。
ちなみに『V』での二匹目は「アーサー」となる。
『V』では序盤から簡単に仲間にする事が出来る上に性能はおおむね優秀であり、
主人公並みの重装備が可能な事に加え、ベホマなどの回復呪文やキアリクなどの補助呪文、イオ系など攻撃呪文をバランス良く覚える。
さらにグレイトドラゴンやヘルバトラーと言った強豪仲間モンスターでさえ所持していないイオ・ギラ系のダメージを三分の一以下に抑える優秀な耐性を所持しており、
何よりこれ以上の耐性を持つ仲間モンスターと比べてダントツで仲間になりやすいことから、最初から最後まで、
魔王戦でも前線を張れる実力者である。
前述の「重装備」には吹雪の剣、メタルキングの剣等の天空の剣以上の性能を誇る武器も含まれており
このため、仲間にしたときからチームの主力もしくは補助役、回復役として終始活躍できるためエンディングまでずっと連れ回した人も少なくないだろう。
成長率の関係で中盤以降は能力的な物足りなさを感じなくもないが、成長限界がレベル99なので、最終的には最強クラスの実力者となる。
弱点はメラ系と吹雪系全般なので、吹雪ダメージを軽減させる防具を装備させれば、さらに頼りになる。


『VI』でも大体同じような成長を見せるが、自慢の耐性は弱まり、能力も一回り小さく押さえられており、仲間にする時期が遅めなので『V』ほどの活躍の場は無い。
ただし、スライム闘技場では、装備品の豊富さを活かし、重装備で望む事が出来る。
『VIII』ではスカウトできるモンスターにスライムナイトの「の戦士ピエール」が登場する。主人公のレベルが低い序盤こそ力不足を感じるが、主人公のレベルが上がるに連れて強化されていき最終的にはスライム系ではダントツの攻撃力を誇り、弱点の低めのHPは他のモンスター2種をスライム系のモンスターで固めることで2倍になるためかなり頼れるモンスターになる。

『モンスターズ』シリーズでは成長力が弱く、基本的に低い地位に甘んじてしまう。
スライムもりもりドラゴンクエスト』シリーズではスライム族の武器として登場。スライム族が騎士人形を背負うことでその機能を発揮する。
アーケードカードゲーム『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』においては、素早さが高めである事を除けばほぼ平均的。
相手を麻痺させる「ジャンプ斬り」は、うまく決まれば強い。魔法使いと組ませると「イオ」を使うが、威力はさほど高くない。
また、意外かもしれないが魔法使いと相性が良く、戦士とは相性が悪いのが特徴。
見た目だけで戦士と組ませてしまうとポテンシャルを生かせないのだ。
メタルライダー、ダークランサーと組ませるとスライムジェネラルに合体する。
各種媒体でも出演の機会は多く、特にⅤのノベライズではピエールの名で登場。熟練の戦士として青年期以後の準主役とでも言うべき活躍をみせる。
+ ノベライズ版の詳しい活躍、ネタばれ注意

「……オレたちって 無口なんで 急に話しかけられると 何言えばいいか わからんのです。」



MUGENにおけるスライムナイト

asasin氏が手描きで製作したものが存在する。
剣を用いた近距離での接近攻撃が主体のキャラで、どちらかというと地上での戦闘が得意。
ゲージを消費するが、画面端近くで爆発を起こす強版のイオやほぼ全画面のイオラを織り交ぜれば遠距離でも戦える。
ゲージを吸い取るマホトラや、相手を叩きつける稲妻を落とす稲妻斬りなど攻め手は多彩。
2ゲージ消費のホイミは、溜めた後に体力を3割回復する事が出来るが、攻撃されるとゲージの無駄遣いに終わるので注意。

特殊カラーも存在。
1~5Pが通常の性能で、ドラクエ5基準のレベル1のスライムナイト(攻撃44身の守り45)に、
はがねのつるぎ(攻撃+33)、はがねのよろい(防御+30)、てつのたて (防御+16)、てつかぶと(防御+16)を装備した状態。
合計でATK77、DEF107となっており、守備力は高めだが攻撃力は謙虚
だが6~11Pカラーになると攻撃力がレベル30時の95に加えてまどろみの剣(+55)装備で150になる他、
守備力は変化しない代わりに根性値が付加され、回避が完全無敵になり、ホイミが6割回復のベホイミに変化する。
12Pにもなると攻撃力がレベル99時の255にメタルキングの剣(+135)装備で 385 と猛烈な値になり根性値が強化。
回避の完全無敵に加えてゲージとHPが徐々に回復し、必殺技が必殺技でキャンセルが可能になり、必殺技に無敵付加される。
加えてベホイミがベホマに変化し、溜め動作中も無敵になりHPも完全回復するようになってしまう。
また、しゃがみ弱で出せる毒針に、相手をまれに一撃で倒す即死効果も付加されている。
とはいえ、大ダメージ無効化など狂キャラ等にありがちなものは無く、うまく戦えば並キャラでも勝機は十分にある。
デフォルトではAIは搭載されていないが、nns氏がAIを公開している。

出場大会