地球大進化


「あなた」へと至る46億年の旅とは、
小さな原始の微生物から始まり数々の大変動を繰り返してきた地球を舞台とした、
気の遠くなるような長い時間をかけた命のリレーであり、
そのリレーの果てに「あなた」が生きている

「地球大進化~46億年・人類への旅~」は、2004年4月から10月にかけてNHKスペシャル枠で放送されたドキュメンタリー番組。全6回。
同年12月に番外編が放送された。
2005年フランス・ジュール・ベルヌ映像祭にて最優秀科学アドベンチャー賞を受賞。
地球の誕生から人類の誕生までを扱っている。
放送と時期をあわせて同題の図書が出版されており、取材の様子や番組の内容のより細かい説明が掲載されている。

地球を「母なる星」と呼び習わし、極寒の宇宙の中で生命を優しく育んだ希有な惑星とする従来の視点を一転させ、
灼熱の地獄から極寒の世界まで環境を激変させつつ生命に試練を与えた厳しい存在、「荒ぶる父」として描く。
その中で生命は試練に立ち向かい、進化してきたと説く。
地球の進化史、或いは生命の進化史として独立した事象ではなく、地球の環境の変化が生命の進化にどのように影響を与えたか、
反対に生命が地球環境にどのように影響を及ぼしたか、相互の関連も取り混ぜて構成している。
太古の生命について、既に滅んだ過去の物としてではなく現在の生物の「御先祖様」と呼び習わすのも、従来の生命進化を取り上げた番組とは異なる視点である。
現在生きている私たちは、厳しい試練をくぐり抜けてきた御先祖様から尊い命を賜ったのだとする暗喩も含まれている。

+ 番組内容

通常のNHKスペシャルでは視聴者を「私達」「我々」と呼ぶことが多いが、このシリーズでは主に視聴者を「あなた」と呼ぶ。
そして「あなた」へと至る46億年の旅とは、小さな原始の微生物から始まり数々の大変動を繰り返してきた地球を舞台とした、
気の遠くなるような長い時間をかけた命のリレーであり、そのリレーの果てに「あなた」が生きている、と締めくくり、シリーズを通して人類一人ひとりの命の大切さを訴えている。

出演(ナビゲーター)は山崎努。

(以上、Wikipediaより一部加除)

ニコニコ動画における扱い

地球に直径400kmの隕石が72000km/hの速度で衝突したときのシミュレート映像が「人類滅亡シリーズ」で使われており、ニコニコでは恐らく本家よりも有名。

イチローがライト前へのゴロを本気で三塁に返球したときのシミュレーションである。
シミュレーションによれば、ボールは亜光速に達し三塁付近を中心に地殻津波が発生、また衝撃によりマグマが活性化、人類は滅亡にまで追いやられた。
人々はこの動画を見てイチローの本気と地球最後の日を恐れて暮らすようになる。

その悲劇に少しでも喜劇が混ざらないかとドリフの「盆回り」を合わせた所、確かに人々の心に希望の火を灯すことが判明。
ある者はサンバを踊り地球を復活させ、ある者は他の曲で悲劇を喜劇に変えるように試みていった。
人類の未来はまだまだこれからだと実感させてくれるシリーズの動画である。

(ニコニコ大百科より、一部加除)


MUGENにおける地球大進化

ムシム氏が製作。 なんと地球そのものがMUGENキャラと化してしまった。
何故作ったとは言わない。また、何故地球の上に地球が存在するんだとも言わない。

紹介とDLは下の動画から
  • プロフィール
本名:太陽系第3惑星 地球
二つ名:「荒ぶる父」、「局長」、「最強の岩石型惑星」等
格闘(?)スタイル:環境変動
職業:MHK(NHKだとなんか誤解が生まれそうなのでとりあえず仮称)局長
誕生日:勝手に決めていいよ
年齢:46億歳のナイスミドル
出身地:おとめ座超銀河団 局部銀河群 天の川銀河 太陽系
身長(直径):12,756.28km
体重:5.9736 ×10^24kg
血液型:あると思うか?
スリーサイズ:究極のキュッボーンキュッ!
口癖:まいったな
趣味:生物いじり、盆踊り(盆回しを盆踊りと勘違い)
大切なもの:自分
好きな食べ物:油っこいもの(特に天ぷら)
嫌いな食べ物:酢豚、アイスの実(前に自分がこれらに例えられたことがあるため)
嫌いなもの:自分を"物理的に"大切にしないヤツ
得意スポーツ:球技全般(特に…)
夢:自分と同じような星を見つけること
アイタイプ:台風
CV:山崎努
絶対に行きたくないorなりたくない世界:ドラゴンボールの世界
まごうことなき地球本人です。地球の皮を被った何かではありません

+ 特殊能力
+ 技解説
+ 環境変動技解説

相手から距離を取って弾幕と設置で立ち回るのが基本。
しかし防御が(Def70)なので距離を詰められ攻められるとシッショー
戦術的にはこの娘あたりに近いだろうか。

AIもデフォルトで搭載されている。
簡易AIとの事だが、キャラの特殊能力と地味に鬱陶しい設置技のせいでなかなか強い。

付属のReadmeには地球大進化の人類に対するボヤキ等があり、けっこう面白い。

ちなみに地球を破壊したことのあるキャラに会うと、開幕時にゲージMAXになる。
もちろん演出で地球を破壊しているキャラにも反応する。

更新の度に特殊イントロが増えており、更に番組内容順に「環境変動技」というステージ環境を変える大技が追加されているのも特徴。
詳しくは各動画を参照して欲しい。

第二集では特殊イントロなどが増えブリスにも対応した。
『これみんなご先祖様』で召喚できる生物にスティロヌルスとハイエノドント、キノドンが追加された。惑星投げのBGMと投げる惑星の数も増加した。またなぜかICBMを撃ったり出来るようになった。
そして最初の環境変動技『全球凍結』が追加された。

第三集で『これみんなご先祖様』で召還できる生物にメガネウラ、シネミス・ガメラヴェロキラプトルが追加された。
他にも『ご先祖様ピチピチ』という技も追加された。
そして新たな環境変動技『大海からの離脱』が追加された。
大海からの離脱で登場するハイネリアは同時に単独キャラ化した。詳しくはKiller Whale参照。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13790307
第四集ではバイトインキュベーターを使うようになり特殊イントロもさらに増加。
地球史の英雄という新技でアロサウルスが召喚できるようになり、撃てる兵器も増えた。
そして新たな環境変動技『大量絶滅』を覚えた。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14564586
第五集で月を武器にするルナや兵器にクラスター爆弾などが追加された。
『地球史の英雄』では新しくケラトサウルスやディプロドクスが追加された。
そして新しい環境変動技『大陸大分裂』が追加された。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17316048
第六集では連射可能な飛び道具のトリガーが、『地球史の英雄』にはケツァルコアトルスが追加された。
そして、新たな環境変動技『ヒト 果てしなき冒険者』が追加された。
色んな意味で冒険し過ぎなスーパー戦隊 とは関係ない。
そして後述の「地球『D』進化」が同時公開された。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16548784
そして最後となる第七集では、イントロの追加・神竜石への対応が行われた他、
巨大な温泉を召喚する『露天風呂』が追加された。
そして、後述する「ガイアウィスパー」が同時公開された。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17287268
ちなみにこの地球大進化は、MUGENでも珍しい左右非対称のスプライトで作られている。
単純計算でも通常の二倍もの作業時間が掛かるものを、製作者の苦労がうかがえるものである。

+ 動画出演。ネタバレ注意

+ 地球『D』進化
+ ガイアウィスパー

「はは、まいったな…」

出場大会

出演ストーリー




添付ファイル