雲居一輪&雲山


「妖精やら人間やら有象無象が寄ってたかって……宝物庫狙いなの?」
「問答無用!賊の類に掛ける情けは無し」

『東方Project』の登場キャラクター達。初出は『東方星蓮船』の3面ボスとしての登場。
後に『東方心綺楼 ~ Hopeless Masquerade.』にも使用キャラの一人として登場した。
「くもい いちりん」と「うんざん」。良く間違えられるが「雲井」ではない。あと「うんぜん」でもない。
「入道を使う程度の能力」を持つ妖怪の一輪と、
「形や大きさを自在に変える事が出来る程度の能力」を持つ入道の雲山のコンビ。
二つ名は二人合わせて「守り守られし大輪」「大空に咲く花と親父」等。専用BGMは「時代親父とハイカラ少女」。

個別に二つ名や専用BGMは用意されていないのか?とか言わないでやって。あと一輪のどこらへんがハイカラかは謎。
ファンからは単に「一輪」、若しくはさん付け「一輪さん」と呼ばれる。雲山は「雲山」そのまま。

+ 詳細な原作設定

+ 二次創作での扱い


東方心綺楼における雲居一輪&雲山


星蓮船時と比べてお洒落にイメチェンした新衣装に、禁断の「頭巾の下を披露」という高待遇を引っさげて体験版から先行参戦した一輪。
参戦キャラがいろいろな意味ではっちゃけたり掘り下げられたりした心綺楼だが、彼女もまた印象的な扱いがされたキャラの一人と言えるだろう。
そんな一輪の性能は、雲山のイメージ通りの大振りな打撃を主体に戦う接近戦重視のキャラクター。
動きは鈍重だがそれを補うリーチとパワーで相手を圧倒するパワーファイターである。
特技の「静かなる怒気」は、受けたダメージが一定以上になると一定時間「怒り状態」となり攻撃力が上昇するどう見てもサムライスピリッツのアレなシステム。

その他固有のシステムとして、雲山を使った一部スキル(必殺技)を使用した後は雲山使用不可時間と呼ばれる一種のクールタイムが発生し、その間雲山を使った技を出そうとすると、スキルの場合は技自体が出ず、通常技は一輪のみが代わりの技を出す(雲山のものと比べて明らかにリーチが短く性能も貧弱)というものがある。
この時間の長さは技毎に異なり、特に雲山を遠くへ飛ばしたり長く画面に滞在させるなどの技の後は長いクールタイムが発生する傾向がある。

+ 性能とその変遷

ちなみにカラーパレットの中にどう見てもインデックスなカラーが追加されていた。
また黄昏か


MUGENにおける雲居一輪&雲山

手描きのものに加え、原作のスプライトを用いたものも存在。
一輪が格ゲーに出た時にこうあってほしいというイメージは皆同じだったのか、細部こそ異なれど技の傾向はかなり似通っている。

  • 淡光氏製

淡光氏がニコニコで製作していたものが完成度75%の状態でひとまず公開となった。
コンセプトは「あくまでも一輪がメイン」。
幽々子をドットベースとし、美鈴等の動きも参考にしている。
基本的に近接タイプで流れるようなコンボを出来る様にしているとのこと。
雲山のゲンコツによる飛び道具超必やブロディアパンチのような超リーチ技もある。
デフォルトのAIも搭載されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13074028
現在はアップローダーの閉鎖に伴いDL不可。

+ 大会での戦績(ネタバレ)


  • 寅午氏製

ベースはNachel氏のレミリア・スカーレットであり、ドットは咲夜を改変。
また、雲山のドットは阿=李苑氏が手掛けている。
フォルダ名が「unzan&ichirin」と雲山が先であり、大ポトレも小ポトレも雲山と
まるで雲山メインのような印象を受けるが、戦闘は専ら一輪が受け持つので安心を。
AI(MAXレベル3)も搭載されており、かなり強い。
KOS-MOS氏のブログで公開されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15381507


  • KON氏製

霖之助永琳も製作した氏により、2014年12月26日にβ版が公開された。
一部通常技が未実装だが、必要最低限の技は揃っている。
改変元がNachel氏キャラで、霊力ゲージがあるのは寅午氏製のものと同じ。
地上及び空中ダッシュは雲に乗ってのホバーダッシュ。
B射撃で輪を投射し、C射撃で雲山がストレートをお見舞いする。
必殺技も多くが雲山によるもので、また打撃技が多い。
2015年の元旦にはAir氏のAIが公開されたが、現在は公開停止。


  • nns氏製
天則風に定評のある氏により2015年11月22日に初版が公開された、心綺楼ドットの一輪。
地上と空中で同じ技が出るなどの仕様は心綺楼と同様だが、人気度システムや下方向への移動を撤廃する等のアレンジが入っている。
上記のgifで分かる通り、心綺楼の一輪のドットは空中戦を想定されずに製作されたものであるため、地上に立つ姿が良く馴染んでいる。
原作よりもMUGENの画面が狭いため、どこにいようと雲山による攻撃のプレッシャーが非常に強い。

氏の他の東方キャラと同じく良く出来たデフォルトAIが搭載されており、コンスタントに3割以上のダメージを取りながら起き攻めまでこなしてくる。
ゲージがあれば宣言からスペカ使用で7~8割飛ばしてくることも。
AILvはデフォルトで3だが、4に上げると悪名高い「魔女の箒」を用いたガードクラッシュ連携を使用するようになる。
またおまけの設定をonにすると雲山にボイスが付くようになる。その声のは…

http://www.nicovideo.jp/watch/sm27641682 http://www.nicovideo.jp/watch/sm27933428


  • にんにく氏製 海坊主&海道尼
nns氏の一輪の改変キャラで、ステージに波が表示されるのが目印。
尼と海坊主は別々に行動可能で、尼の攻撃に海坊主が追随して戦ってくれる。
尼は攻撃動作をキャンセル可能だが海坊主は不可能なため、海坊主が尼の攻撃順通りに遅れて攻撃する。
海坊主の頭が出ていない時は海坊主が守ってくれるのでアーマー状態。

波のレベル(凪<細波<大波<荒波<津波)によって強さが変わる。
海坊主が攻撃を続ける内に体力が無くなると一段階弱体化し、時間経過で戻る。
自己強化技を使うと一段階強化出来るが、効果が切れると一段階を越えて最弱状態かつ隙だらけになってしまう。
初期値が細波で狂下位、津波で狂最上位。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm29396503


出場大会

出演ストーリー