クストウェル・ブラキウム

「遅い! そんな動きで!」


全長:22.4m
重量:20.0t

バンプレスト作、『スーパーロボット大戦J』に登場する、ゲームオリジナルのロボット。
パイロットは同ゲームの主人公である紫雲統夜(しうんとうや)、またはカルヴィナ=クーランジュ。
(どちらかと言えば紫雲統夜が主人公扱いされやすいが、その理由は後述*1)
ゲームでは、主人公機に「クストウェル」を選んだ場合のみ、後継機として登場する。

クストウェル・ブラキウムは、序盤主人公が乗ることになる機体「クストウェル」のオリジナル機体であり、
その性能は、コピー機であるクストウェルを遙かに上回り、中身は全くの別物と言っても過言ではない。
機体のコンセプトは同じ接近戦仕様であり、両肩に装備された武装をクローに変形させて行う攻撃は、圧倒的な破壊力を持つ。
また、必殺武器使用のために『オルゴン・エクストラクター』というエネルギー機構をフルパワーで発動すると、
オルゴン・クラウドという特殊粒子を周囲に噴射するため頭部などが変形・展開する。
製作者はアシュアリークロイツェル社のフランツ・ツェッペリン。

+ 上記のような設定があるが実際は…

性能面では、高い運動性とそこそこの装甲値のバランスの良いステータスを持つ他、
後継機であるブラキウムになる前から飛行が可能であるため、足並みを乱しにくいなど、フットワークの軽さが強み。
火力もそこそこ高く、申し分ない。
他の機体と比べて射程が短いのが難点(その代わりに射程の穴などもない)なので、
射程を伸ばせるカティアを乗せるか、パーツなどで補いたい。

その漢らしい戦い方から、男主人公である紫雲統夜に似合う、と言われる事が多い。一応。
ちなみに彼の服装のカラーリングとクストウェルのカラーリングは結構似ている。

また『J』の敵勢力である種族『フューリー』*2の指揮官機が時間を止める能力を持っているのに対し、
主人公機は共通してそれを打ち消す機能を持っている。
主人公機がいなければ例えスーパー軍団であろうとも、時を止められて鉄くずにされてしまうので、
主人公機というゲーム的な立場以外にもフューリーとの戦いにおいて重要な役割を担う機体である。

劇的に携帯機のアニメーションが進化したJで、ステゴロじみた戦い方をする漢らしい戦闘スタイル、
超美麗なアニメーションとパイロットの乳揺れに惚れこんだファンは多い。
ただし、統夜を主人公に選んだ場合、
すべてが移動可能攻撃である本機と彼の初期精神コマンド「突撃」(移動後攻撃不可→可にする)が合致せず、
死に精神コマンドとなってしまうため、少なくとも統夜の一周目の主人公機に選ぶのはお勧めできない。
二周目以降は、精神コマンドを自由に付け替えられるため、問題なく統夜でも使っていける。
カルヴィナの場合は、狙撃(一度だけ射程が2アップ)などを所持するため、相性は良い。

原作の戦闘アニメは3:17から。下記のMUGEN版の再現度の高さが伺える。


+ そして遂にOGシリーズへと参戦するが…


MUGENにおけるクストウェル・ブラキウム

Halca mk-6氏が∞ろだにて公開されていたが、同所休止中によりDL不可。
原作と同様にパイロット、サブパイロットを変更でき、さらにサブパイロットごとの機体性能上昇や、
技のアニメーション変化なども再現されている。
ライフが半分、又は任意にゲージ消費することでマキシマムモードとなり、
上記のようにグラフィックが変化し、無敵移動のオルゴン・クラウドや、最強技オルゴンブラキウムフィニッシュが使えるようになる。
オルゴンブラキウムフィニッシュはサブパイロットによって性能やアニメーションも変化する。
デフォルトでAIも搭載されている。

出場大会




*1
スパロボJには「3人のサブパイロットそれぞれを同乗させた回数により、EDがそれぞれのキャラ別EDになる」という
システムがあるため、スパロボファンからはよく「ギャルゲースパロボ」などと言われる。
実際サブパイロットは全員女で、主人公をカルヴィナでプレイした場合、
カルヴィナにはアル=ヴァンという相手がいるため、実質キャラ別EDは統夜専用の物となる。
(カルヴィナの場合キャラEDになるとそのキャラがカルヴィナの秘書になっているという非常に当たり障りのない内容)
ちなみにエピローグは、一年後女の子と同棲し、イチャイチャする内容………どう見てもギャルゲーです本当に(ry
言うまでもなく回数を稼がないとキャラ別EDには行けないのだが、敢えて乗せる機会を均等にでもしない限り
大抵キャラ別EDになるし、行かなかった場合のEDは実質的にハーレム状態だし、1週目でハーレムED狙うと
主人公後継機の必殺技が使えなくなる(サブパイロットの出撃回数によってそのサブパイロット固定の必殺技が追加されるため)しでぶっちゃけキャラEDに行かない方が難しい。

あと、統夜を主人公にした場合に冒頭に出てくる女の子「シャナ=ミア姫」は、
幼馴染、同族など様々な真ヒロイン設定を抱えている割に出てくるのは終盤で、
もうその辺では主人公の相手がほぼ決まった辺りなので……哀れ、姫……
そもそも、誰とくっつかないEDでも統夜とくっつくわけではないし。何と言うヒロイン(笑)……

そのあんまりな扱いにはシナリオライターも思うところがあったのか、
『OGMD』ではボイスが付いただけでなく、終盤は統夜専属のサブパイロットとなり、
彼がグランティード・ドラコデウスとクストウェル・ブラキウムのどちらに乗っても必ず付いてくる。
統夜機はもう1人のサブパイロットとして3人娘のうちの1人も乗せられるので、
統夜・シャナ=ミア・あと1人というハーレム状態と化すのも特徴。
皇族を乗せるための席があるグランティードはともかくクストウェルのどこに3人も乗ってるのか考えてはいけない
シナリオ上の見せ場も大幅に増えるなど『J』のような空気ヒロインの汚名は返上したと言える。

また、このヒロイン別EDは後に『スパロボK』に引き継がれ、実は統夜もスパロボKに背景出演していたりし、色々と繋がりがあったりする。
ヒロインの質が全然違う?でもそんな事はどうだっていいんだ、重要な事じゃない。

*2
+ フューリーとは(ネタバレ注意)

*3
上述の通り『OGMD』では設定に大幅な改変が加えられており、アル=ヴァン絡みの設定もトーヤの父エ=セルダの謀殺やアシュアリー・クロイツェル社の襲撃が『OGMD』にて新たに登場したキャラクターたちの仕業となり、アル=ヴァンがアシュアリーへと向かった時には既に全滅しており、それをたまたまベルゼルートのテスト中で難を逃れていたカルヴィナに見られ、アル=ヴァンの所業だと誤解してしまうという流れとなっている。
ぶっちゃけ汚れ役を全部かぶってくれたのである


添付ファイル