サヴァン


「愚かな提案があるのだがどうだろう?

 私で良ければ君の...話し相手になりたい……」

幻想楽団「Sound Horizon」の5th Story CD「Roman」に収録されている曲「黄昏の賢者」に登場するキャラクター。
歌と語りの担当はJimang

+ 黄昏の賢者とは

黄昏の賢者の最後の台詞から、賢者サヴァンは「Elysion 〜楽園への前奏曲〜」の収録曲「檻の中の花」の登場人物である
『自称天才犯罪心理学者』クリストフ・ジャン・ジャック=サンローランであるとする説がある。
そのためか、漫画版では「呪われし宝石」にも語り部として登場している。
また、その説を肯定するとサヴァンが黄昏の賢者での「Laurant」の名前を持つ人物ということになる。



MUGENでは

G-sho氏による手描きキャラが第七の地平線の発売日に公開された。

ステッキによるリーチの長い攻撃で相手に近づかせない戦い方が特徴。
通常攻撃のみだが、立ち・しゃがみ・空中のそれぞれで4種類ある。
立ちのAだけは連続で押すとコンボができる。
攻撃の当たり判定はリーチが長い分近すぎると当たらない技がけっこうあるので状況に応じた使い分けが必要となる。
製作者曰く、胡散臭い性能だがこれから調整していくとのこと。
AIはまだない。現在公開停止中。

対戦動画

出場大会

  • 「[大会] [サヴァン]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー


実は単体キャラとして参戦する前に、ローランサンストライカーとしてMUGEN入りしていた。

また、アリスドールズおかしなパチュリー特殊イントロとして「黄昏の賢者」の冒頭部分が使われている。
これの元ネタとなったのは「ぱちゅんぐ」というコラボキャラである。詳しくはABYSSのじまんぐの説明を参照。


「もう心は決まったようだね...

 ならば...0301ぁ...胸を張ってお行きなさい...

 君は...君の地平線を目指して……」


添付ファイル