バトルメイジ


「やっぱり物騒な世の中じゃ戦うための魔法が大事だと思うの。
 もちろん武器も使えなくっちゃね♪」

オンラインアクションRPG「アラド戦記」のプレイヤーキャラクター、メイジの二次職。
他のメイジ系列職業との見た目の判別方法は手を後ろに組んでいないことと、グローブを付けていることである。

原作でのバトルメイジ

近接戦闘技術を身に付け、魔法の武具「チェイサー」を操って戦う『メイジ』を『バトルメイジ』と呼ぶ。
鍛錬によって接近戦を可能とした武闘派の魔法使いで、様々な属性を持ち特殊な効果を発揮する「チェイサー」による攻撃と接近戦での武術は他の『メイジ』とは一味違う。
他のメイジ系と同じく魔界人であるため、他の女性キャラクターと比べるとやはりちっさい。
チェイサーの運用方法などを極めたバトルメイジを「ベラトリックス」と呼ぶ。
+ 覚醒のお話

原作中の性能

バトルメイジに転職するとジャンプする高さが低くなり、通常攻撃のモーションが単純な三連スイングから突き( 牙)→掌底(落 掌)→なぎ払い(砕 )の竜花覇に変化する。
スキルは物理攻撃と魔法攻撃に二分されていて、特定の攻撃を命中させるとそれに対応したチェイサーを生成する。
チェイサーを敵に命中させるとダメージと同時に自己の能力が強化される。
スキルビルドのタイプは物理攻撃に傾倒したタイプか、チェイサーに特化したタイプ。両方のいいとこどりなハイブリッドタイプがある。

+ スキルについて

スキルが全体的に敵を散らかすことが多く、バトルメイジといえば散らかしとまで言われているぐらいである。
一方でコンボを繋がないとヒット数に応じてサイズが大きくなるチェイサーの威力は低いままであるし、覚醒後に習得する「バトルグループ」はヒット数に応じて力が上昇するため、纏めるための腕前が要求される。
メイン防具は革装備ではあるものの、メイジ職共通で使用できるオーラシールドによって硬さは重甲ぐらいまで伸びる。

チェイサーは魔法攻撃力に依存しない所謂「固定型」であるため、チェイサーをメインに扱う場合、レベルキャップが70のときは全ダメージを+20%上昇させる「ダクシャの印」が非常に強かった。
一方、固定威力スキルへの恩恵が非常に大きいアップデートが続いたことやオートチェイサーの強化などが重なり、チェイサー型が台頭した。
極まったプレイヤーは下準備が必要な物の、チェイサープレス一撃でエンドコンテンツのボスを消し飛ばす威力を持っている。
逆に物理スキルはLv45スキルが存在しないことや雷連撃や強襲の威力が低いことから評価は低め。
二次クロニクル装備である「デスセンテンスセット」を使うことで伸びるには伸びるのだが……
このことを念頭に置かれた本家DNFにおける一連のバランスで、武器マスタリーの伸び方が二倍になったり、雷連撃や真・雷連撃が途中フィニッシュ可能になったり、黄龍天空の突き威力が増加したりなど大幅に強化された。

もっとも、日本限定でスイッチングシステムと呼ばれるクールタイム1秒でA面・B面の装備を入れ替えることができる有料アイテムがチェイサープレスの威力を支えているわけだが。

覚醒スキルであるテアナ変身!は使用のためにチェイサーを四つ必要とするものの、非常に広い攻撃範囲とハイパーアーマー状態を持つ「テアナ」に変身して短時間行動できる。
このときに使用可能な天地砕覇はだいたいの敵の行動をキャンセルできるが、パーティプレイ時はパターン行動の相手への使用を控えたほうが良い。
なお、超レアアイテムである「時間を遡る者セット」を使用することで職業テアナが可能になっている。

原作対人戦においては

決闘ではジグザグに動く天撃か攻撃判定の広い砕覇を狙ってぶつけていく。
レア武器の「疾風の叫び」による加速効果とチェイサー:無、チェイサー:光による加速が発動すると捉えることが困難な速さになる。
判定が弱いので適当にアーマー状態の攻撃を置いておくと引っかかるけどな!

+ 死のナイトナ


MUGENにおけるバトルメイジ

  • セリカ氏製作
セリカ氏のものが2010年11月にβ版で公開されている。
見た目は「死のナイトナ」のものが採用されており、ナイトナモードの搭載も予定されているようだ。
挙動自体は氏の阿修羅のようにだいたい原作どおりであると思われる。
AI未搭載なせいか活躍している動画は無い。活躍の日が来るのはいつだろうか…。

WIP時点での動画

  • sagi氏製作 メイジインファ
メイジとインファイターの性能を兼ね備えたキャラで2013年6月17日に公開された。

本項に追記すべきキャラなのかどうか判断に迷ったが、ドットはメイジ風なのでこちらで紹介。
カラーによって性能がグングン凶悪になっていく。最初から狂キャラ以上を目指して製作されて
いるので、並~強レベルのトナメ出場はまずムリ。
AIもデフォで搭載されている(MAXレベル10)。

  • ねお氏制作 ソードメイジ まげこ
氏の帝国軍シリーズ第二弾として2013年7月6日に公開された。

普通のバトルメイジとは異なりチェイサーをほとんど使わず大剣を使う。
ミミックを投げたり無慈悲なミサイル☆を撃ったりとやりたい放題である。
一方、覚醒スキルという名の3ゲージ技はテアナ変身!と魔閃乱舞の二種類搭載されている。
ストライカーには同じ帝国軍であるムヒや、氏が作成したシルバームーンなどが所狭しと呼び出せる。


「う~~テルケッチャー!」

出場大会



添付ファイル