アイヴィー


~絡みつく孤高の刃~

ナムコの3D剣劇対戦アクション『ソウルシリーズ』の登場人物。 ポイズンとかは付かない。
シリーズ常連の大人気キャラ(主にお色気的な意味で)。
デビューは2作目の『ソウルキャリバー』、以降最新の5まで、外伝作品も含め全てに参戦。
本名は「 イザベラ・バレンタイン 」。

プロフィール

使用武器:蛇腹剣(アイヴィーブレード/バレンタイン)
流派:アンリレイトリンク
年齢:25歳(L)、28歳(I)、32歳(II以降)
生年月日:12月10日
家族構成:育ての両親は共に病死、本当の親の手掛かりは無し。実の父親はセルバンテスであることが判明(II)
出身地:イングランド王国/ロンドン
身長:179cm
体重:58kg
血液型:不明
担当声優:冬馬由美(1~3)、東條加那子(レジェンズ・4・BrokenDestiny)、沢城みゆき(5)

ストーリー変遷

  • ソウルキャリバー
育ての親であるバレンタイン伯爵が錬金術に取り付かれ、「不老不死の鍵」と云われる ソウルエッジ を追い求め、
そして、家財まで使い果たした末に死亡した。
母も後を追うように病死し、一人残されたイザベラは父の日記を発見した。
父の遺志を継ぐ事を決心したが、核心に迫るほどに疑問が湧く。
ついにソウルエッジの正体に気づいた時、「こんな物の為に父は狂ったのか」と彼女は絶望した。

そして「邪剣の血の根絶」を目指しソウルエッジを超える剣を作り始めるが、
出来たのは機械的に剣と鞭の状態を切り替えられるだけの剣だった。
ソウルエッジを超えるためにはこの剣にも命を吹き込まねばならないと、毎晩のように召喚の儀式に明け暮れたある日のこと、
魔方陣の中から異形の手だけが姿を現し、剣に力を吹き込んでいった。そして、理想を遥かに越えた剣を手に入れた彼女は旅立った。

  • ソウルキャリバーII
旅の末に剣に力を吹き込んだナイトメアに出会い、彼の行う「反魂術」を手伝うことを決める。
だがナイトメアが倒れ、ソウルエッジが砕かれたその日に彼女が知ったのは、ナイトメアの持つ剣こそがソウルエッジであり、
彼女の持つ剣もソウルエッジの力で動いていたという事実。
そして本当の父がソウルエッジに魅入られ、かつてソウルエッジを手にしていた事も知る。

深い衝撃を受け、アイヴィーブレードを何度も壊そうとしたが結局それは出来なかった。
そして何ヶ月も悩んだ末に「邪剣破壊」ではなく「邪剣の完全なる根絶」を新たな目的とした。
それは数多に砕かれたソウルエッジの破片全て、邪剣の血筋を持つ物、邪気に魅入られた全ての人間を抹殺するという事。
たとえ鬼、悪魔と呼ばれようと目的達成の為に全てを受け入れる覚悟を持って新たに旅立った。

  • ソウルキャリバーIII
ソウルエッジの痕跡を完全に消し去るための旅を続けたアイヴィー。
その中には罪なき者もいたが、決意が揺らぐことはなかった。

旅を続けたある日のこと、愛剣に異常が生じ不安定な状態になった。
その原因を探るためバレンタイン邸に戻る事を決め、その途中で資料となりそうな書物を大量に買い込んだ。
帰宅後、書物を吟味していた彼女はその内の一冊に強い興味を持つ。
非常に詳細な記述がされ、今まで読んできたどの書物よりもソウルエッジについて深い記述がされているのだ。
さらにはソウルエッジに相対する霊剣 ソウルキャリバー に関する記述も見つけ、
「これならば邪剣を完全に破壊できるかもしれない」という考えに至る。

霊剣に関するあらゆる記述を読み解いていたある日のこと、大鎌を持った大男が現れ件の書物を奪い去っていった。
彼女は真実を突き止めるべく新たなる旅に出る。できるならば霊剣をも手に入れるために。

  • ソウルキャリバーIV
霊剣の手がかりを求めて旅を続けた彼女は辛い事実を知ることになる。邪剣の血を引く彼女では霊剣は扱えない。

研究室に戻り霊剣を扱えるモノを生み出す研究を続け、その完成も間近と思われた時に現れたのは、
既に人ではなくなった本当の父セルバンテスだった。
研究室をなぎ払い、アイヴィーの魂の大部分を喰いセルバンテスは去っていった。

アイヴィーは研究の成果である人工の魂を使うことによって一命は取りとめた。
人工の魂と自身の魂が交じり合った結果、今ならばソウルキャリバーの力も引き出せるかもしれない。
かりそめの命がいつまで持つかはわからないが、死ぬまでにソウルエッジを破壊する。
彼女は最後の旅路へと出発した。

  • ソウルキャリバーV
彼女が決戦の地に辿り着いた時にはソウルエッジの姿は無く、そこに居たのは実父・セルバンテスであった。
セルバンテスを葬った彼女は上空に異世界の裂け目を目撃する。
決戦の地でセルバンテスを葬った際、彼が喰らい続けた魂を剣が取り込み…彼女の魂は満たされ老いることが無くなった。

その後「ソウルエッジは上空の裂け目に吸い込まれて滅んだ」との噂も立ったが、
彼女は自身が名づけた異世界「アストラルカオス」ごとソウルエッジを破壊するための研究を続けていた。
皮肉にも破壊すべきソウルエッジと同質の物となりつつある愛剣と共に───。

+ 紳士的余談

+ 外部出演

とまぁ、完全にソウルエッジの被害者である彼女だが、そもそもこのシリーズ、ソウルエッジに関わった者は碌な目に遭っていない。
簡潔に例を挙げれば、娘が邪気の中でしか生きられなくなったり(その人物は後に死亡)、邪教の信者に捕らえられて身も心も獣にされたり、
ソウルエッジそのものに体を乗っ取られたり、邪剣で斬られた事が原因で自身もパートナーも人外に変貌したり、
魂そのものが消滅してしまったりと。
悲惨な目にあわなかったのは邪念のない日本の剣豪くらいである。


ゲーム中での性能

剣形態と鞭形態に切り替わる蛇腹剣を操る
剣形態はリーチに乏しいが扱いやすく、鞭形態は隙が大きいものの全キャラ中屈指のリーチを誇る。
それに加えて複数の構えを組み合わせて戦う、上級者向けのキャラとなっている(別ゲームで例えるなら)。
IVでは剣と鞭の中間の性能を持つ環形態が追加された。
Vでは形態変化させる技自体はあるものの、形態変化させたまま行動はできず複雑な構えが軒並み排除されている。

また作中最強クラスのコマンド投げとして、剣形態の『罪人の響き(クリミナル シンフォニー)』、
鞭形態の『収束する世界(マイト アトラス)』という技を持つが、どちらもコマンドは複雑。
  • クリミナル シンフォニー:376231 A+G
  • マイト アトラス:376231 B+G
コマンドが難解なだけあって、決まると非常に格好いい。

『V』でゲージが採用された際、マイト アトラスは通常の投げを入力後A+B+Kをスライド入力することでゲージ消費で変化する技になり、
クリミナル シンフォニーも28284666 B+Gとコマンドの内容が簡略化された。

上記から察せられるとおり、全体的に技名のルビが凄い。
『V』じゃもっと凄いルビを振るキャラも出てきたけどね

なお、現在はサービスを終了している『ソウルキャリバー ロストソーズ』では期間限定のクエストで入手できる『解放の鍵』でアンロックする事で使用できた。
こちらではマイト アトラスが41236 A+G、クリミナル シンフォニーが武器毎のゲージ技(A+B)とさらに簡略化されており構えが消失。
コンボ構成もかなり変更されて、今までのスタイルに慣れていた人でも戸惑った事だろう。
…まぁ、このゲームは完全に一人用なので…。


MUGENにおけるアイヴィー

  • Green氏、Gillfrog氏製作
Green氏、Gillfrog氏の共同作業による海外製のキャラが存在。
ディスプレイネームは「ivy」だがキャラ名は本名の「Isabella Valentine」となっている。
ドットは恐らく手書きで、中々のクオリティを誇る。原作と同じく蛇腹剣を使うがリーチはそれほど長くない。
アイヴィーの代名詞である『罪人の響き』や『収束する世界』も搭載されていないのでダイナミックさに欠ける。
一部のボイス梅喧のものが使われている。

超必殺技の無敵時間の長さ等から割り込み性能が非常に高い。
また一部の通常攻撃、必殺技は設定のミスか当たり判定が非常に小さくなっていたが、2012年の更新で修正された。

AIもデフォルトで搭載されているが、強さは控えめ。
低確率で適当に必殺技を振るだけのAIなので、対人戦でも弱く感じてしまうレベルである(とりあえず動きはする、といった程度)。
最近のインフレが進んだAI戦闘に使うのは正直厳しい。
自作のAIで大会などの動画に出る事はあるが、現在公開されているAIパッチは存在しない。
やはり海外製ゆえに許可が取りにくいのだろうか。

そんな状況なので現状大会参加は非常に少ない。

+ ニコニコMUGENでの活躍

  • CVS Artist氏製作
2013年9月14日公開。やはり海外製。
こちらはフォルダ名・ディスプレイネームとも「Ivy」で統一されている。
りどみも何も無いので詳細は分からないが、恐らく上記キャラの改変版と思われる。
AIは入っていない。
「mugen multiverse」という海外サイトで代理公開されている。


「…剣よ、私に生きろというのか…?」

出場大会




添付ファイル