桜ヶ咲ふぶき

「ゲームはただの遊びじゃないの 人と人の心 繋ぐ架け橋」
『一撃でクリアー!』

ケロロ軍曹』や『ドラゴンクエストモンスターズ+』などでお馴染みの吉崎観音氏が
過去に「月刊ファミ通Wave」「ファミ通ブロス」で連載していた漫画『アーケードゲーマーふぶき』の主人公。
2002年にはOVA化しており、その時の担当声優は野川さくら氏。OVAの制作前のパイロット版では堀江由衣氏が演じた事もある。
堀江氏に関してはパイロット版が収められたCDROMを掲載した「TECH WIN」誌で
吉崎氏作画(シナリオは編集部)の『OSアイドルWinちゃん』が連載されており、Winちゃんを堀江氏が演じていた縁だと思われる。

すがやみつる氏によるかの有名ゲーム漫画『ゲームセンターあらし』の公認オマージュ作品で、
同作の主人公・あらしも名前こそ出ないものの「伝説の男」として明らかに本人と思われる人物が登場するが、
公式な続編という訳ではない。
尤も、すがや氏の描いた公式な続編『サラリーマントレーダーあらし』は題名の通り
サラリーマンになったあらしが友人のさとる(前作では天才マイコン少年だった金持ち)の指導を受けながら株取引をする
のがメインでありゲームはほぼ登場しないため、端から見ればこちらが続編と見られても仕方ないかもしれない。
設定からしてアレなのだが、オマージュ元に比べて圧倒的にお色気シーンが多く、
主人公のふぶきも必殺技を使うたびにパンチラを連発する。というか、チラというよりも明らかにモロなシーンも多い。
まぁ作者も当時はかなりエロ漫画を描いてたりしたし…。

物語はごく普通の女子中学生だったふぶきが、
「謎の人」から「パックマン・パンティ」(アニメ化以降は「パッション・パンティ」。以下PP)を貰う所から始まる。
PPを装着する事でゲーム魂が宿り、オマージュ元のあらし同様アーケードゲーマーとしてゲーム技を駆使し、
数多くのライバルとゲーム勝負を繰り広げる事になる。タイムスリップしてヴェロキラプトルとやり合ったことも。
ちなみにオマージュ元のあらしは帽子(インベーダーキャップ)がないと必殺技が撃てなかったりする。 実質上位互換

同作者がこの漫画の後に連載を始めた人気漫画『ケロロ軍曹』でも漫画会社の枠を越えゲスト出演(アニメでは未登場)。
元々作者は自分の作品のキャラを自身の他の作品に登場させる事が多く、こちらでも元の漫画同様熱いゲーム技を繰り出すのだが、
出演先がゴールデンで放送するような子供向けアニメになってしまった為かこちらでは流石にパンチラはしない。チッ!

最近では同じ名前の駆逐艦が主人公を務めるアニメの影響で「ふぶき」と聞いてそちらを連想する提督が増えており、あろうことか随所でパンチラするところまで被っている。


MUGENにおける桜ヶ咲ふぶき

  • にゃん☆鬼龍氏製作
にゃん☆鬼龍氏製作のキャラが存在していた。現在は氏のサイトがトクトクのサーバー障害復帰後に消滅した為、入手不可。
OVA第1巻の特典として付属していた『ツクールゲーマーふぶき』のグラフィックを使用したD4キャラ。
上昇中完全無敵の対空技「ムーンサルトPLUS」、連続3回まで入力可能な突進技「チャンポンキック」と、
一通りのスタンダードな性能の技を持っている。

また、通常キャラでいうところの波動拳にあたる「ミラクルゲーム魂」は彼女らしいユニークな技。
効果はランダムで、どこかで見た人飛び道具を撃つ他、
インベーダーをばら撒く、
UFOを呼び出して上空から一定間隔でレーザーを照射、
発動から数秒後に爆発する銅鑼を設置、
おにぎりを出して相手を回復させる。
といった内容で、飛び道具以外は実戦で使いにくいため魅せ技の部類に入るかもしれない。
飛び道具のみ強ボタンで任意に出すことが可能。


1ゲージ消費の超必殺技「チェリー・オブ・タイフーン」は彼女を象徴する技。
自分でスカートを捲った後画面にパンツのカットインが表示される
垂直に上昇する(上昇中は無敵で空中ガード不可)。攻撃範囲は狭いので外すと反確。
「一撃でクリアー!」に繋ぐこともできる(補正はかかる)。

なおスタートボタンを押すとコマンド画面が表示され、時間が止まるのだが、この技に制限時間は無いため、
CPが使って試合中断…なんてことがある。
下記のつづら氏AIを入れると、ごく稀に起こることもあるが、ほぼ発生しなくなる。
そして、かなりパンチラする。ふぶきといえばパンツである。ここは原作再現なのでいたってKENZENである。

AIはつづら氏によるものが存在。しかし、本体公開停止状態時にAIを公開停止する方針に基き公開停止中。
対人戦を意識していることもあり、強さはマイルド。
2011年1月22日の更新で、チェリー・オブ・タイフーンからの追撃や投げからの追撃が加わり、
以前よりも見栄えのするものとなっていた。
+YouTube動画

余談だが彼女、割と以前からキャラが存在していたにも関わらず長いこと記事が作られていなかった。
下記の出場大会一覧を見てもらえばわかるが、2007年11月の最弱女王決定戦/Finalに出場してから、
2010年2月のオールスターゲージ増々トーナメントまで、2年3ヶ月の間大会出場が無かった為である。
その為、ゲジマシで初めて見たという人も多かったと思われる。 やはり原作のマイナーさ故だろうか。
下記のサムネイル集も多くがゲジマシ後の動画である。
……ゲジマシでの活躍?サムネイルを見ればだいたい予想がつくんじゃないかな?

+サムネイル集

  • Amanojaku氏製作
これも『ツクールゲーマーふぶき』のグラフィックを使用した海外製のふぶき。
デフォで8段階にレベル調節の可能なAIを搭載しており、めちゃくちゃ強い。にゃん☆鬼龍氏のものとの
最大の違いは「ミラクルゲーム魂」に凄まじいアレンジが施されていること。特に「シニスター」召喚と
「パックマン」召喚が強烈な威力。にゃん☆鬼龍氏版がやたら多用する「チェリー・オブ・タイフーン」
(と「一撃でクリアー!」)を殆ど使用しない。対空はほぼ「ムーンサルトPLUS」で迎撃。
WinMugen用パッチ、MUGEN1.0用パッチ、MUGEN1.1用パッチが同梱されており、どのバージョンでも
使用が可能となっている。

出場大会

出演ストーリー

その他




添付ファイル