マッドギア

ファイナルファイト』に登場する悪の軍団。
構成員は首領ベルガーの他、ダムドソドムエディ・Eロレントアビゲイル等の幹部達がいる。
ザコも相当の手練れ揃いであり、特にアンドレ一族、エルガド、ポイズンなどの強さは有名。
メトロシティを超犯罪都市と化し、市長マイク・ハガーの娘ジェシカを誘拐して市長を脅迫するが、
市長はジェシカの恋人コーディー、たまたまその場に居合わせた助っ人忍者ガイと共に立ち上がる。
最終的に三人の活躍によりマッドギアは壊滅したが、マッドギアの蔓延ぶりは 警察内部にマッドギア幹部がいたり、
地下鉄に乗ってみたら乗客全員マッドギアだったり、リングの周囲にいる観客が全員マッドギアだったり、
そもそも出発してからベルガーを倒すまでに出会うメトロシティの住民全員マッドギアだったり するほど。
メトロシティには一般市民というのは居ないのか。

また、続編『ファイナルファイト2』ではコーディーがジェシカと海外旅行に行き、ガイも日本に修行に帰っていった隙を狙って、なぜか世界中で蜂起。
ガイの師匠である源柳斎と、源柳斎の娘でガイの許嫁である麗奈を人質に取る。
ハガーに助けを求めた麗奈の妹源柳斎真紀、居候の助っ人カルロス宮本の活躍でまたもや壊滅する。
この時のラスボスは「」という日本人なのだが、千両狂死郎をマッチョにしたような感じの巨漢で、
スト1にいた少林寺拳法使いの坊さんとは明らかな別人である。

第三作『ファイナルファイトタフ』ではついに壊滅したようで、マッドギアという巨大な組織が無くなったために小さな組織が動き始め
元・マッドギアの下部組織であった「スカルクロス」が力を付けてきたのでハガーにやられるというストーリー。
初代から継続して参加している構成員はアンドレしかいなくなってしまった。


MUGENにおけるマッドギア

MUGENではマッドギアそのものが集団キャラとしていくつか制作されている。

SUGIO氏製作 「MAD GEAR」

原作ドットを使用している。
大量に出現するマッドギア構成員を撃破するボーナスゲームタイプのキャラ。
MUGENのごく初期から存在していたキャラで、この後MUGENに現れるボーナスステージの雛形と言える存在。
このキャラを改造して、他のキャラ達が出てくるボーナスゲームも作られている。

現在はSUGIO氏のサイトは無くなっており、入手できない。

Skiff氏&SUGIO氏製作 「MAD GEAR GANG」

マッドギアの幹部を倒していきながら進んでいくベルトアクションのようなキャラ。
実質的なボーナスゲームであり、プレイヤーとしては操作不可。
絵がストゼロ風に描き直されており、SUGIO氏版との判別は容易。
実はこのキャラファイルはスーパーマリオブラザーズ1-1のキャラファイルを改変して作ったものらしく、
特定のキャラだと最後まで進んでもクリアできない。

参考動画

ダウンロードはyoutube動画の投稿者コメントにあるリンクから行われている。

david_bazbar氏製作 「Mad Gear International」

基本的にはSUGIO氏製のものと同じで、ファイナルファイト2やタフの敵が登場する。

david_bazbar氏製作 「SkullCross」

ファイナルファイトタフに登場した敵組織。
これも基本的にはSUGIO氏製のものと同じ。


出場大会

  • 「[大会] [マッドギア]」をタグに含むページは1つもありません。


プレイヤー操作