ロッククロック

1994年発売の『スーパードンキーコング』に登場する敵キャラ。
クレムリン軍団の一味で、全身が岩に覆われたワニ人間の姿をしており、赤い目をしている。

「ストップ&ゴーステーション」で登場。
ステージ内にある「ストップ・ゴーバレル」が STOP の時はただの岩に擬態しているが、
GO になると突然正体を現し、ドタドタと走り回る。
この時の彼らはほとんどの攻撃を受け付けないばかりか、触れるだけでミスになるので危険。
STOP に戻して早く先へ進むのがベスト。
後半に行くにつれてストップの時間が短くなっていくので、ストップにしたら脇目もふらずに進むこと。
また、救済措置なのかこの面のスタート地点から左へ戻ると隠しのタル大砲があり、ゴール前までワープすることが出来る。


一見無敵で倒す事の出来ない相手だが、実はこいつを倒す方法がある。
STOP状態のときに、ドンキーだけが出来るハンドスラップを使うと倒せるのだ。
ただ、一回のSTOP状態で倒せるのはせいぜい一体ほどなので効率が悪く、ザコ敵として無数にいるのでさっさと進んだほうがマシかも。
また、動いている間もローリングアタックをしていれば無傷ですり抜けられる。避けようがない状況に陥ったら試してみよう。
ただし、2001年発売の「ドンキーコング2001」ではハンドスラップが効かなくなっている。

ちなみにこいつ(Rockkroc)は、1のクレムリン軍団の中でEDで分かる名前のイニシャルが唯一「K」(か行)で始まらない。
krocという英単語はないが、crocならcrocodile(クロコダイル)の略称として使うので「岩のワニ」といったニュアンスか。
(なお、クレムリン軍団関係では一般名詞などの綴りのCをKで表記することが多い、偽のエンディングを見ると一目瞭然。)
また、後の『2』と『3』にも頭文字が「K」(か行)で始まらないクレムリンが登場する。


MUGENにおけるロッククロック

!?氏製作のロッククロックが無限ろだで公開された。
走り回る事しか出来ないがこれに攻撃判定があり、触れてしまうと即死
当たり判定が全く無く並大抵の方法ではダメージを与える事が出来ないので、基本的に準論外キャラ。
約1分かわし続けると勝利。つまりミニゲームの相手といったところか。

出場大会




添付ファイル