平沢唯





「ギターの弦って怖いよね。

      細くて硬いから指切っちゃいそう」

2007年から2010年にかけて「まんがタイムきらら」「まんがタイムきららキャラット」誌にて連載され、
2011年より両誌にて連載を再開、2012年に堂々完結を迎えた4コマ漫画『けいおん!』の主人公。アニメ版の声優は豊崎愛生氏。
ミュージシャンの平沢進から名前をもじっているようであるが原作者からの言及は特にない。
また平沢氏は自分のブログで唯に関する書き込みが殺到した事を切っ掛けに、
元ネタ扱いや『けいおん!』の話題を嫌がるようになった経緯があるため、両方のファンは自重しよう。
その他主要キャラクターも御大の率いるテクノバンド「P-MODEL」のメンバーから取られていると思われる。

原作『けいおん!』は、廃部寸前の軽音楽部に入部した4人(2年次から+1人の5人)を中心とした学園コメディーで、
アニメでも2009年4月~6月放送の『けいおん!』と、2010年4月~9月放送の『けいおん!!』の二期が存在し、
いずれも京都アニメーションが製作。
特に『けいおん!!』は深夜アニメとしては異例のTBS系列28局フルネット放送となり、さらにはアニメ放送終了後に映画化、
原作漫画もそれに併せて連載再開されるなど人気は留まる事を知らず、一連のメディアミックスが終了した現在においても
未だ根強いファンに恵まれている作品である。 あのヒーローも大ハマリ。  

非常に夫婦仲の良い両親と、非常に姉思いの妹・憂を持つ。
桜が丘高校に入学するが、それまでは部活動に入った経験も無く特にやりたいことが見つからずに過ごしていた中で、軽音楽部に入る。
しかし入った切っ掛けは軽音楽を「音楽だから簡単なこと(口笛とか)しかやらない」と思い込んでいたからという非常に単純なもの。
できる楽器もカスタネットだけで楽譜もろくに読めないような初心者であった。
アニメ版ではそのカスタネットを「うんたん♪」とリズムを取り、叩く様が非常にかわ唯。

そんな有り様だったが田井中律秋山澪琴吹紬の三人と出会い演奏を聴き、
これなら自分にもできると思い入部し、ギターを担当することとなる。
やがてこの三人と後に入部する 三浦茜 中野梓を加えた5人で「放課後ティータイム」というバンドを結成、卒業まで活動する事になる。

使用楽器は一目で気に入ったギブソン・レスポール・スタンダード。「ギー太」と呼び愛用している。
古くはエリック・クラプトンやジミー・ペイジなども愛用していた高級品で、
原作では14万8000円、アニメでは25万円もする代物だが、楽器店を運営する会社の社長の娘である琴吹紬の力を借り、
何と5万円というありえないような安値で購入する。
購入後は嬉しさのあまりか、そのギターと添い寝をしたり何故か服を着させたりしている。
しかも驚くべき事に、彼女はこのギターをチューナーを使用せずにチューニングしている。・・・・すごい絶対音感だ。

勉強も楽器も、飲み込みは早いが忘れるのも早いなど両極端。集中力を一つの事にしか発揮できないようで、
クラスでただ一人赤点だったかと思えば、その後の追試で100点を取ってしまう事もある。
一度集中すれば高い能力を発揮できるのだが、それ以外のことについては致命的になってしまうようだ。
だが裏を返せば好きな事に対していつも積極的であり、リードギター・リードボーカルも自ら志願してやっている熱心な努力家である。
特技としては他にも、「自分のお尻を叩きながら相手を挑発するのが得意」や「運動神経抜群」などの裏設定がある。

趣味は一日中家の中でゴロゴロすること
暑いのも寒いのも苦手であり、常温の部屋で妹の憂がせっせと動いてる横で動かずボーっと過ごしている。
ギターを始めてから少し変わった部分もあるようだが、根本ではあまり変わってはいない。
また、家での普段着は「ハネムーン」や「チャレンジ」などといった単語がプリントされた個性的なTシャツを着ている。

最初は他人行儀だった田井中律・秋山澪・琴吹紬とも仲良くなり、特に部長である律と一緒にはしゃぎまわるシーンが多い。
後輩である中野梓には 「デビちゃん」 「あずにゃん」と呼んで事あるごとにじゃれつく。
部を辞めようした梓を誰よりも必死で止めたり、「ゆいあず」として町の一芸大会に出たりと、
彼女にとっての梓の存在は特別なものになっている。
なんだかんだ言っても、放課後ティータイムにおいて彼女の存在は欠かせないものになっている。

高校卒業後は律・澪・紬と共にN女子大学に進学し実家から離れて寮暮らしを始めている。
大学編(これとは別に在学生編も同時進行された)では恩那組の和田晶・林幸・吉田菖とも合流し、
大学での軽音部ライフをそれなりに満喫しつつある様子。
単行本のラストでは、失恋した晶の慰めと称して焼きそば大盛りを豪快に食べる彼女のカットで締められた。

唯自身の設定は原作・アニメで特に変わっている訳ではないが、細かい部分だとやや異なってる印象もあり、
アニメ版は「頭のネジがユルいアホの子」で、原作の方が「割とギャルっぽい自然体の女の子」という意見もある。

「照れてるりっちゃんきもーい」

+ 「ありゃー…、唯とうとう死んじゃったのか…」

カードゲームプレシャスメモリーズ」にも他の『けいおん!』キャラとともに参戦。
唯単体のカードの他にも憂や軽音部の仲間たちとセットで描かれてるカードが存在し、中には劇場版のワンシーンやローソンとのコラボイラストまである。
中でも強力なのがその劇場版のカードで、性能は「自分の場に唯が5枚以上出ていると、全ての自分の唯は天然2(2コスト以下のキャラに妨害されない)を得る」という、条件は厳しいが決まれば強い効果をもたらす強キャラとなっている。

ニコニコ動画での扱い

演奏シーンを編集していろんな曲を歌わせるMADはもちろん、唯単独の場合は第一話の「うんたん」をはじめ様々な名言&迷言を使った動画が多く投稿されている。


とりあえず、MUGENっていうのに入ってみましたっ!

+ hellolz氏製
+ 一條氏製
+ Dizzy氏製

出場大会