ゴルドス

トミー(現タカラトミー)の販売していた玩具ゾイドシリーズに登場した、
中生代ジュラ紀に生息していた草食恐竜ステゴサウルスをデザインモチーフにしたゾイド。

+ゾイドについての簡単な説明
ゾイドというのは簡単に説明すると、
惑星Ziに生息している野生の金属生命体(収斂進化により、大半は地球の動物に似た姿をしている)に
電気信号で操縦するためのコクピットを搭載し各部を改造して武装させた、別名「戦闘機械獣」とも呼ばれるサイボーグ兵器である。
そのため搭乗式のロボット兵器としての性質も強いが、ゾイド自身の意思や感情のある個体も存在している。
このように乗り物ではあるがというよりは馬のような動物としての性質もあるのも特徴であり、パイロットの事も「ゾイド乗り」と呼ぶ。

玩具としては組み立て式のプラモデルであるが、ゼンマイや電動モータにより独特の動きをするのが大きな特徴である。
それも車輪などによる駆動ではなく、足による歩行で前進するものがほとんどである点が他の玩具とは大きく異なり、
足だけでなく口や背びれや尻尾を同時に連動させて動かすことで、妙に動物的で生き生きとした動きを実現していた。
(ただしゴルドスの背びれと尻尾は連動しない。連動するのは足と口と首、おまけで背中の105mmキャノン砲)
玩具としての大きな魅力の一つがこうした動きのギミックだった事が、同じプラモデルであるガンプラやミニ四駆などとの最大の違いだったと言えるだろう。
バンダイも対抗馬として『 レボルト 』シリーズを作ったが奇抜すぎて受けなかったようだ。

このゴルドスは惑星Ziに生息している野生のステゴサウルス型金属生命体を改造して作り上げた、
ヘリック共和国軍の電子戦用ゾイドという設定になっている。
背びれが高性能のレーダーに改造されており、偵察や情報収集に力を発揮する。
ただ電子戦向けなので武装の火力は低く、一般仕様だと大型ゾイドにしては戦闘能力は低め。
ただし大型ゾイドなので、重量のある武器も搭載可能で、
大型ゾイド向けのロングレンジバスターキャノンを装備した長距離砲撃仕様も存在する。
この仕様だとバスターキャノンの優れた火力と元々の優れたレーダー性能を活かした精密な長距離砲撃が可能で
遠距離砲撃戦ではかなりの戦闘能力を誇っている。
しかし旧式機であるため、敵の新型電子戦機ディメトロドン相手にはなすすべもなくやられている。
(火力では上回っているはずのため、レーダーを無効化された後に奇襲を受けたのだろう)

生憎、子供に電子戦機の重要性は判りづらいし、そもそも裏方仕事で華も無いので、ただの弱ゾイド扱いされることが多かったのが残念だが。
なお50年ほど後に(敵国が)、ゾイドの操縦用コンピューターをハッキングして同士討ちをさせる
(当時の)最強ゾイド「ダークスパイナー」を造る事になるのだが、それはまた別の話。

玩具としてはダークグレーのカラーで1984年に発売、後の1999年にも緑にカラーが変更されて再販されている。
ビガザウロ系列のゾイドの一つであり、動力ユニット及び脚部のパーツ・ギミックはビガザウロと同じものが使われている。
ビガザウロ系列には他にゾイドマンモスと、かの名機ゾイドゴジュラスがある。

+アニメ『ゾイド-ZOIDS-』では
アニメ『ゾイド-ZOIDS-』では、機体色が白くキャノピーが青いホワイトゴルドスと呼ばれる機体が登場。
50年前の戦争で足を損傷し、部隊が撤退する際に放棄されたにも関わらず、いつか仲間たちが戻ってくると信じて
砦として利用されていた遺跡を守り続けていた(しかしパイロットは、自らの愛機が戦争を忘れて自由になることを望んでいた)。
とある事情で遺跡を訪れた主人公であるバンたちを襲撃するが、遺跡の中に残されていたパイロットの日記から
事情を知ったバンに足を応急修理される。
その後賞金稼ぎアーバインとの戦いで危機に陥ったバンを身を呈して庇った後、バンの「お前の戦争は終わったんだ!」
という言葉を振り切るように遺跡へと戻っていった。

この話は第3話として放送されており、久しぶりの復活であったゾイドの
「ただの機械とは違い、命と自らの意志を持っていて人間と絆を築くこともある」
という基本設定を最序盤に丸々1話使ってしっかり描いたのはこのアニメの評価が未だに高い一因となっている。
この個体以外のゴルドスはかませ扱いしかされていないが。

+イギリスのコミック版ゾイドでは
バトルストーリーやアニメなどのゾイドシリーズの中では比較的地味な扱いの多いゴルドスであるが
かつてマーベルコミックのイギリス支社であるマーベルUK社から発行されていたゾイドコミックでは
ゾイド同士の戦争に巻き込まれたドリュー・ヘラー(子持ちのオッサンだけど主人公)率いる地球人一行が
パイロットであるアンドロイドを破壊して鹵獲したGorgon(ゴルドスの英名)を中盤以降頻繁に使用して
事実上の後半の主役機的な扱いだったりする。まあ、終わり無きゾイドの戦争と巨大な陰謀に翻弄される
ヘラーとその仲間たちというストーリーの都合上そんなに活躍する機会は無かったのだが。

余談ではあるがこのゾイドコミックのストーリーを手掛けた当時まだ若い無名のクリエイターだったグラント・モリソン氏は
現在、大出世してバットマンNew X-MENなどのストーリーを多く手掛けるアメコミ界の超大物クリエイターとなっている。

+その他ゲームでのゴルドス
東芝EMIが製作したファミコンのゲーム『ZOIDS 中央大陸の戦い』では、序盤に仲間に出来る割に
前述の長距離砲撃仕様を意識したのか比較的火力が高く、序盤の戦闘の柱として活躍してくれる。
余談になるが、MSX版ではゴルドスがいない代わりに彼のポジションをディバイソンが担っている。

MUGENにおけるゴルドス

MUGENではディメトロドンなどの作者であるヨップル氏(Youtubeでのユーザー名はHGGA12氏)が作成した手描きのものが存在している。

他の大型ゾイド同様、常時ハイパーアーマーで投げ技が効かないという特殊な仕様になっている。
ディメトロドンなどに比べてかなりサイズが大きく、画面半分を埋め尽くすかというようなすさまじい巨体を誇る。
その巨体ゆえジャンプ力もほとんど無く、移動速度も遅いと機動力は低い。
基本的には全身の武装によるビームや砲弾などの飛び道具で戦う。
これらの飛び道具はゲージを消費するのだが、ゲージは自動で増加するのでほとんど気にせずに連発できる。

相手に後ろに回られても、自動では振り向かないので注意。ただし噛みつき攻撃をすれば相手の方向に方向転換できる。
とはいえこのハイパーバイトファングによる噛みつき攻撃は、攻撃範囲が狭く相手に当てるのは難しい。
ただしread meには書かれていないが、方向キーを押しながらハイパーバイトファングを使うと突進攻撃になる。
こちらはこの巨体で全身するため相手に当たりやすく、相手をダウンさせる効果まで付いている。
迫力のあるいい技なので、人操作の時も砲撃ばかり使わずにたまにはこの技も混ぜてみるといいだろう。
もっとも突進を使ってるくらいなら砲台に徹していた方が強いのだが。
というより人操作で砲台に徹しているだけで強~凶キャラくらいなら圧倒できる。

AIは搭載されていないのだが、ハイパーアーマーなので1Pをwatch modeで使っているだけでも、強キャラとなら充分いい勝負ができてしまう。
AI作成や改変は自由とのこと。
ちなみにゆっくりボイス(softalk音声)のパイロットのものと思われるボイスが搭載されている。改変自由なので好みのボイスに変えてみたりしても面白いかもしれない。

カラーごとの性能詳細

readmeには特に書かれていないが、やはり他の大型ゾイド同様カラーによって能力が変化する。
大幅に性能が強化される暗黒軍カラーや、アニメ『ゾイド-ZOIDS-』のホワイトゴルドスカラーまで存在している。
相手にあった強さに調整する時などに利用してみよう。
P 見た目の特徴 life 攻撃力
1P 黒に白ノーマルカラー life1200 通常
2P
3P 黒に緑の暗黒軍カラー life2100 通常の2倍
4P 黒にピンク life1300 通常の1.33倍
5P 緑に白 life1400 通常
6P 白(アニメ版のホワイトゴルドス) life1200 通常の1.33倍
7P life1400 通常
8P 青に金 life1500 通常の1.5倍
9P 抹茶色 life1100 通常の0.9倍
10P ノーマルだと緑
重装備版だと水色に赤
life1300 通常
11P ノーマルだと緑に黄色
重装備版だと抹茶色
開幕時はlife1700
ライフ常時自動回復有り
通常の1.5倍
12P ノーマルだと緑に青緑
重装備版だと白に赤
life1700 通常の2倍

通常版は12Pだと河城にとり専用機となり隠し技が使えるようになる。
隠し技は3ゲージを消費して広範囲に爆弾になったきゅうりを出現させる技で、広い範囲を攻撃できるがゲージ消費のわりに威力が低めであまり役に立たない。
ちなみにボイスはゆっくりのままである。備え付けのボイスチェンジャーとかじゃないのかなもう。


ゴジュラス用長距離キャノン装備ゴルドス

さらに同作者によってゴジュラス用長距離キャノンと4連速射砲を搭載されたゴルドスも公開されている。(キャノニアーゴルドスverの機体)

通常のゴルドスに比べて少し移動速度が遅くなったが、防御力が増加し火力も大幅に増大しているのでかなり強化されている。
なお12Pはにとり仕様でなくなったが、それ以外のカラーの特徴は通常のゴルドスと同じなので、やはりカラーで性能を調整するといいだろう。
特に長距離キャノン砲が強力で、1Pカラーでも直撃すれば300近いダメージを与えることができる。火力が2倍になる3Pカラーなどだと威力は600まで跳ね上がる。
人操作での討伐動画。0:30から


出場大会

  • 「[大会] [ゴルドス]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー

黄金の仮面伝説(にとり仕様が第23話に登場)

プレイヤー操作



添付ファイル