山崎竜二



「百年早ぇんだよ…!」

格闘スタイル:我流喧嘩空手(『餓狼』)/我流喧嘩殺法(『KOF』)
出身地:日本
生年月日:1963年8月8日
身長:192cm
体重:96kg
血液型:A型
趣味:ナイフコレクション
大切なもの:自分の利益に関わることすべて
好きな食べ物:馬刺し、豚足料理(故郷沖縄の料理の中では)
嫌いなもの:労働(『餓狼3』~『KOF2002』)/キレイ事(『KOF2003』~)
特技:3日は不眠でいられること
得意スポーツ:なし
好きな音楽:なし
職業:闇のブローカー
年齢:31歳(餓狼3)/33歳(『RBS』、『KOF』)

キャラクター設定

餓狼伝説』シリーズに登場する闇のブローカー。沖縄出身だが施設育ちで家族はいない。
香港を拠点に武器の密輸や密入国の幇助などで生計を立てている。
よく職業を ヤクザ極道 と誤解されている(あながち間違いとも言い切れないが)。

声優は同シリーズの望月双角、『MOW』の牙刀や『月華の剣士』の黄龍と同じ石井康嗣氏。
あすか120%』の山崎竜子とは全くの無関係。だがCDドラマでは……(本項でも後述)。
『KOFXIV』では『サムスピ』の羅刹丸などを演じた最上嗣生氏に変更されている。

厳しい環境で育ったためかその性格は理知的、合理的かつ狡猾。
常に「利益を得ること」と「生き延びること」を第一に考えており、無用な戦いは極力避け、いざとなれば卑怯な手を使うことも厭わない。
しかし一度左手を抜くと奇声を発し、狂気に任せて目の前のものを破壊する猟奇的な性格に変貌する。
これは駆け出しの頃闇社会で生き抜く術と喧嘩空手を教わった恩人、反町が生前に威力を褒めてくれた左手を見る度、
組織に裏切られ殺された反町の無念を思い出し、正気を失ってしまうため。
ちなみに右利きである
(ネオジオフリークのQ&Aコーナーで「山崎はサウスポーですか?」という質問に対し「いいえ、右利きなんです(bySNK広報宣伝課)」という回答が掲載された)。
普段は左手をズボンのポケットに隠している*1のも精神状態を安定させるためである。
通常は冷静で頭の切れる人物なのだが、シリーズが進むにつれて他の 既存の悪役キャラ達との棲み分けの関係上
(例:前述の「冷静で頭の切れる人物」=このお方が既にそういう性質を有している)、
特徴付けとして狂気の側面ばかりが次第に強調されるようになってしまった。


餓狼シリーズでは『3』から登場。香港で「秦の秘伝書」の存在を知り、
興味を持った山崎は一族の血を引くという秦兄を探し出すことに成功する。
利害が一致した三人は秘伝書を全て揃えるために手を組み、そのうちの一本が存在しているというサウスタウンへ向かう。
そして現地で元キックボクシング世界チャンピオンであるフランコ・バッシュの息子を誘拐、
人質に取ってフランコを脅迫し、手駒として利用していた。
しかし香港から追ってきた刑事ホンフゥの執拗な追跡により失敗に終わり、フランコの息子は山崎の元から救出される。
秘伝書も三巻揃ってギースの元へと渡ってしまった。
それでも諦めず、そのままサウスタウンに潜伏していた所へ、ギース側からKOFへ招待されることとなる。
秦兄弟(の先祖)とは内心お互い相手を利用しようとしており、『RBS』でそれぞれの勝ち台詞を見る限りでは、用が済めば始末するつもりでいたようだ。

「ポリ餓狼」こと『餓狼伝説WILD AMBITION』では、
基本的なストーリー設定が初代餓狼基準であるにも関わらず、人気が高かった為かプレイヤーキャラとして登場。
ここではサウスタウンへやって来た理由が「ギースコネクションの獲得」となっている。
しかしこのゲームは他にも一作目と比べて矛盾点が多く、これを正史と見るかパラレルと見るかは
ファンの間でも意見の分かれる部分である。

THE KING OF FIGHTERS』シリーズにも『'97』から出演*2しており、
(ちなみに先立って'95の江坂ステージにマリーと共に背景キャラとして出演している)
「蛇使い」という技にオロチ(大蛇)との関連性を感じたのか「オロチ八傑集」の一人という重要ポストも与えられている
(実際に設定上関連性ができたのは「倍返し」の方だが)。
ただし、単に血を受け継いでいるというだけで山崎自身は地球意思などにはおよそ無関心で
によるオロチ復活の召集にも応じず、自らの行動理念に基づいてKOFに参加した。
なお、これは『KOF』開発チームが『餓狼伝説』開発チームに頼み込んで実現した 『KOF』限定の独自設定 であり、
『KOF』シリーズのみ人外のオロチ一族だが、原作の設定ではあくまで 人間 である。
またKOFシリーズでは特に既に山崎の特性と定められた「狂気」の一面だけがクローズアップされた節があり、
この脚色に関してはファンの間でも賛否両論がある。例えば、『'98』のインタビューでレポーターに暴力かまして半殺しにしたりとか。
『2002』の公式絵ではまるでゴリラのような酷いことになっていた(『2002』の公式絵が酷いのは彼に限った話ではないが……)。

……とはいえ、山崎がおかしくなり始めたのはあくまでも餓狼本編から。
『リアルバウト餓狼伝説』では中間デモでギースに対しキレかけた台詞を吐き飛ばしたり、
『KOF'97』より半年前に稼働開始した『リアルバウト餓狼伝説スペシャル』の時点で既に「ケェヘヘヘ!」というキレた笑いを発していたり
キムのEDでは鳳凰脚を食らって 「ゆるしてチョンマゲ」 などとのたまっていたりした。
これらも、前述の「(既存の悪役キャラクター達に対する)棲み分け」の関係と思われる。
『'97』のキャラクターブックによると、「山崎が普段暴走しているのは オロチの血のせいではなく持って生まれたもの
とコメントされており、オロチが封印されたとしても、彼の性格は変わらないだろうとのこと。

そんな彼だが、『2002UM』の勝利台詞は久々に理性を保った冷静なものになった。
無印『RB』から数えると…… ざっと13年振り と言ったところだろうか。

「邪魔なんだよ、このチンピラが…… ベッドの上で死にたきゃ道を開けな」

+ヨーサン(弱い)…!
天獅子悦也氏の漫画においては『ギース・ハワード外伝』、及び『闇のギース』で登場。
『3』の直前の時期辺りに秘伝書を狙う為にサウスタウンに現れ、先にギースに会い、
秘伝書が一所に集まるまで共同戦線を組むように持ち掛けるがギースが先に裏切り失敗、結局は『3』の状態、元の鞘に戻る。
その後『RB』後の時点でもサウスタウンに居残っており、チンピラのような生活をしていたが、
生きていると噂されているギース(実際は秘伝書の中に気だけが存在)を殺す為に再び行動を起こした。
どちらに関しても特に秦兄弟と組んでいる描写などはあまり見えない。
沖縄出身と言うことで、「ヨーサン(弱い)」「いちまんでぃん(永久)」など琉球方言(沖縄弁)を含んだ喋り方を用いていた。
『闇のギース』においてビリーと戦闘になった際、耳を殴りつけて鼓膜を潰したり、
自身を慕っていた女性を盾にしたりするなどかなりの外道として書かれていた……のだが、
氏の描き方のおかげ?かむしろ潔い雰囲気に見えていたのは流石というかなんというか。

この他にも同じ作者による『KOF'97』をベースにした作品があり、
その中には山崎が反町と出会う前の少年時代を独自の解釈で描いた話と、
『'97』直前に山崎がオロチ(実体は無い)と出会い力を覚醒させてしまう二つの短編が
今は亡き「コミックゲーメスト」に掲載されていたのだが、残念ながら単行本化はされていない。
某ストーリー動画では、当該短編の画像が幼少期の山崎として用いられている)。

+我流喧嘩空手みせたるぜぇ!!
ボンボン餓狼でも3から登場。やはり秦兄弟と組んで秘伝書を狙っており、息子を人質にしてフランコを従わせている。
が、ウォーズマン似の親衛隊を沢山所持していたり、原作では撃てない気弾をポンポン放ったりと、
やっぱり細かい所はボンガロである。
全体的に広島弁風…というか『仁義なき戦い』口調であり、「なんともチンケな街だのう!」とか、
「おう フランコけぇ……」とか言ったりとヤクザ者丸出しでとてもダサい。
だがその性格は原作以上に残忍で、自分を裏切ったフランコに 「アキレス腱を引き千切る」「耳を潰す」 等の制裁を加えたり、
どんな手を使おうが勝てばいい!」と凶器や急所を狙った攻撃でテリーを苦しめた。
しかし最後はフランコの捨て身の突撃で共に崖から転落。その際の断末魔は「ひい ひい ひええ~~っ」という、
なんとも小物臭いものであった。

「そんな不確かな情報 この山崎竜二 聞く耳もたねぇぞォッ !!」

+ドラマCDの「山崎竜子」
SNKキャラが出演するドラマCD『NEOGEO DJステーション』では、セルフパロディとして、
八神庵が「そば処 八神庵(やがみあん)」という蕎麦屋を経営しており、
その作中で 「山崎竜子」 という娘がいた。
ドラマCDのキャラなので勿論格ゲーには参戦していないのだが、
MUGENストーリー動画ではこれに引っ掛けて「山崎竜子」というキャラを登場させている例も幾つかあり、
その場合は名前繋がりで竜子が代役となっているパターンが多い。

当然この娘も『あすか120%』のバレー部代表・山崎竜子とは全く無関係、というかあすかの竜子の方が登場は早い。
ただ、誕生日が奇しくも1日違いだったりする。


ゲーム中の性能

体が大きいため、通常技(特にキック系統)のリーチが長い。
当身技の「サドマゾ」*3。や飛び道具を反射する「倍返し」を持ち、中距離から相手にプレッシャーを与えつつ戦うのを得意とする。
接近戦においても突進技の「裁きの匕首」、高威力のコマンド投げ「爆弾パチキ」「ドリル」を持つ。

「蛇使い」は上中下いずれかの方向にリーチの長い一撃を放つ技*4
下段が追加されたのは『リアルバウト餓狼伝説スペシャル』からであり、それまではコマンド入力で予備動作(溜め状態)、
そこから方向キー+ボタンで上段と中段を使い分ける技だった。
『RBSP』以降の作品では、バランス調整の為か最初のコマンド入力の時点で発射方向が決定されてしまうようになり、使い勝手はかなり低下した。
リアルに考えるとかなり不自然な話だが、元のままでは強力すぎたのでこれも一種の格ゲー補正と割り切るしかない。リアルバウトなのに
中ボスとして初登場した『3』では発生、リーチ、威力共チート級の性能だった(4発当てれば相手は死ぬ)。
ボタンを押しっぱなしにすることによってタメることも可能で、作品によってはさらにタメを解除(「蛇だまし」)することもできる。
また『RBSP』『RB2』『KOF'98UM』では、最大まで溜めることで下段中段上段の順に3連発する「大蛇」が使用できる。
威力が非常に高く、『KOF'98UM』では画面端に限り追撃が可能だが、溜め中は無防備なため実戦での実用性はほぼ無い。
通常技を「蛇使い」でキャンセルしてさらに「蛇だまし」へ繋げて隙を無くす 「蛇キャン」 と呼ばれるテクニックは、
固めやコンボに重宝し、山崎使いには必須のテクニック。
なお、作品によっては「蛇キャン」を用いた永久コンボが可能なものも存在するが、
コンボを続けるには最速のコマンド入力が要求され、しかもその猶予がほぼ1Fという修羅の技であるため、
バランス崩壊を招いたことは一度としてない。むしろ決めたら尊敬されると言う奇妙な永久コンボである。

超必殺技、または潜在能力の「ドリル」は相手を掴み、攻撃に移るまでにボタンを連打、
その連打の数によって演出が変わりヒット数・威力が変化するという特性を持っているコマ投げである。
初出は『RB餓狼伝説』。
普通は1~4までだが『餓狼伝説WILD AMBITION』、『RB2』、『KOF'98UM』ではレベル5まで存在する。
『KOF'98UM』ではレベル5はもう1本ゲージを消費して出すロマン技
『KOF」や『CVS』では複数ボタン連打できるのでそれほど難しくはないが、
餓狼シリーズでは対応ボタンが1つしかないのもあり、かなりの連打が必要とされる。
特に『RB餓狼伝説』のLV4、『餓狼伝説WILD AMBITION』のLv.5は受付時間に対する連打数がキツく、
後者に至っては某名人でもないと出せないと言われていたことも。
『KOF」では通常版4段階+MAX版4段階の8パターン、『CVS』ではCグルーヴを選択することでLv.1~Lv.3×4パターンの12パターンが拝める。
余談だがレベルが上がるほど威力が増すこの技であるが、『KOF'97』においてはMAX版のLv.2の威力が最大ダメージとなっている。
まあ殴るより斬りつける方が威力が高いだろうが。
『RBS』以後各レベルの攻撃パターンが統一化されていく中、『餓狼伝説WILD AMBITION』の「ドリル」は、
完全にオリジナルモーションとなっているので未見のファンは必見である。
+ゲーム中での余談
余談だが、初代RBまで山崎の勝利ナレーションとネームプレートは何故か内容が 一致していなかった
まず、餓狼3の方だが、表示されているネームプレートは 「YAMAZAKI」 なのに、勝利ナレーションは「RYUJI WON!」と言い、
そして、RB餓狼の方では、表示されているネームプレートでは 「RYUJI」 に変更されたのに、勝利ナレーションは「YAMAZAKI WON!」と言うのだ。
息合わなさ過ぎだろ。何故このような入れ違いな感じになっているのかは、旧SNK亡き今では永遠の謎である。

「このアマチュアがァァァ!!」
「イッペン死んで来ォォ~い!!」


MUGENにおける山崎竜二

某お笑いタレントに引っかけて「ザキさん」などと呼ばれる。
動画中で活躍したりすると「ザキさんマジパネェっす!」というコメントがつくことも。
また、彼が登場する動画の多くでは、山崎パンの「山崎春のパン祭り」という有名なフレーズと、
彼自身の奇声にひっかけて「山崎春の ヒャア 祭り」または「山崎春の ドリル 祭り」(「春」の部分は、その時の季節によって変わることもある)
というタグが付けられている。

餓狼3~RB餓狼

+虻蜂氏製作 餓狼伝説3&RB餓狼伝説仕様
  • 虻蜂氏製作 餓狼伝説3&RB餓狼伝説仕様
初代『REAL BOUT』までのドットを使用した山崎。
性能はほぼ完璧に原作を再現ラインは原作の3ラインや2ライン、1ラインにも変更可能となっている。
RB仕様と餓狼3仕様が独立しており、カラーによっては餓狼3ボスモードやRB+3モードなどを選択できる。
氏のお馴染みの8段階に設定できる強力なAIを搭載。
AIレベルを8にするとボスモードの蛇使いが一般的なキャラなら きっかり三発で 死ぬ様になる。

RB餓狼SP~RB2

+虻蜂氏製作 RB餓狼伝説SP&2仕様
  • 虻蜂氏製作 REALBOUT餓狼伝説SP&2仕様
『REAL BOUT』のSPと2要素をミックスした山崎。しっかりラインも完備。
本来は某名人ばりの連打をしなければならない「ドリル」だが、
オプションによってワンボタンでレベルアップできる親切設計にすることができる。
同製作者のクラウザー同様、8段階に設定できるAIを搭載。
LV8だと攻撃力の上昇があるが、それがない7でも、中距離だと蛇使いで牽制しまくり、
接近戦ではすかさず爆弾パチキを繰り出してきて結構強い。

+大会ネタバレ注意
かなり特殊な大会、僕の夢は魔物使いトーナメントでは魔物使い側で出場。
マスコット集めに執念を燃やす男とは逆に、やたらデカくて厳つい姿をした魔物を中心に集め、
時には他の魔物使い達から ころしてでもうばいとる と言わんばかりに奪い取っていき、
最後の一匹も他から奪うかたちで決勝戦に進出した(しかもデカいor厳つい魔物を狙って)。
そんな戦法から視聴者から「大人げねえええ」「カツアゲだwww」などコメントされ、最終的にはガキ大将の異名が付けられた。

KOF

+Sander71113氏製作 KOF98仕様+アレンジ
  • Sander71113氏製作 KOF98仕様+アレンジ
『KOF98』準拠で、AIはMediumとHardの二段階がある。
アーケードではイントロ・エンディングも用意されている。
いかにも使いそうで原作では使っていない 拳銃 を解禁、
ダウン中の相手に容赦なくぶち込んで止めを刺すその姿は正に本職である。

斑鳩氏によってAIパッチが作成されていたが、現在は公開されていない上に動画使用も禁止されているので注意。

+Men'sClub氏製作 KOF2002UM仕様
  • Men'sClub氏製作 KOF2002UM仕様
『KOF02UM』準拠に加えてアレンジが追加されている。設定次第でオリジナル技等を追加可能。
AIはsk氏と斑鳩氏のものがある。

+H"氏製作 KOF2002+SVC+アレンジ仕様
  • H"氏製作 KOF2002+SVC+アレンジ仕様
現在は代理公開先のOneDriveアカウントが凍結されたため入手不可。
性能的には『KOF2002』基準で、「Normal」「KOF」「SVC」の3モードを選択可能。
また『2003』でのスプライトと、それ以前のKOFのスプライトを切り替えることができ、完成度は高い。
一部の動作がカラーパレットに対応しておらず、黒以外の色を使うと攻撃時に服の色が黒になってしまう。

+ぱんだごん氏製作 KOF2002+アレンジ仕様
  • ぱんだごん氏製作 KOF2002+アレンジ仕様
上記のH"氏の山崎の改変。『KOF2002』モードを基本にしている
よく動くAIを搭載させており、ゲージがあるとどこキャンコンボで8割以上持ってくことも。

+TightRiam氏製作 KOF2003+餓狼アレンジ
  • TightRiam氏製作 KOF+餓狼アレンジ
KOF BOSS FIGHT』の動画作者で、ゼロイグニスなどのKOFボスでもお馴染みの氏によるキャラ。
ベースは『KOF2003』だが、演出やボイスなどが餓狼風にアレンジされている。
強力なAIが標準搭載されており、改変も自由。
現在氏のOneDriveに接続できない状態なので、foxy氏が代理公開している。

+斑鳩氏製作 KOF'98仕様
  • 斑鳩氏製作 KOF'98仕様
基本的には『'98』の山崎を忠実に再現しているが、
アレンジ要素として『'98UM』の裏バージョンが追加されている(当然ながらシステムは無印準拠)。
デフォルトAIも例に漏れず搭載済み。

アレンジ

+アフロン氏製作 ヴァイオレント山崎
  • アフロン氏製作 ヴァイオレント山崎
山崎の「狂気」を前面に打ち出したアレンジバージョン。
『KOF2003』の山崎をベースに、『KOFXI』のシステムを搭載。「ポリガロ」こと『WILD AMBITION』にしかない技も使える。
ヅァギ氏により非常に高精度なAIパッチが公開されている他、神オロチなどで知られる608氏が多人数パッチを製作している。

+邪氏製作
  • 邪氏製作
アフロン氏のヴァイオレント山崎を邪氏のストーリー動画仕様に改変されたキャラ。
所々スプライトが描き換えられ、単発の火力は落ちているが砂かけが『'97』仕様になっている等、全体的にアッパー調整されている。
また、 投げやコンボ初撃にも対応した根性値 が搭載(更新履歴によると2012年2月2日版から)されており、ライフ35%以下だと非常に硬い。
こちらにもヅァギ氏のAIがデフォルトで搭載されており、最大レベルの風見氏AI魔理沙96ゲーニッツYuki氏AIゴッドルガールと互角。
フィサリス黑魅霊ナテルオ氏AIジャスティスと良い勝負をすることも。
氏のOneDriveにて公開されていたが公開停止、いかなる理由があろうと動画使用も禁止となった。

+邪氏製作 Yamazaki_B
  • 邪氏製作 Yamazaki_B
上記のアレンジ版に代わり、リメイク版の「Yamazaki_B」が2013年8月8日に公開された。
リメイクとは言っても一部技の追加や削除、スプライトの変更など全体的に大幅に変更がなされ、
性能面もわしが考えた強い山崎竜二と銘打っているだけあってさらに強化されている。

元から間合いが広かった爆弾パチキがさらに間合いが広がり2キャラ分離れていても余裕で吸い込むようになり
さらに回り込み動作を任意にコマンド投げでキャンセルできるため、
無敵のまま接近して好きなタイミングで投げるという、尖兵も真っ青な戦法を取ることが可能になった。
防御面も地上やられ・ガード中の食らい判定が前方押し合い判定から20ドット近く内側に引っ込んでいるため、相手のコンボがスカりやすく、
空中でも受身不能条件を無視して受身が可能(コンフィグで設定可)なため、凄まじく硬い根性補正も相まって中々高水準。
上段版蛇使いの攻撃判定が大幅に拡大したこと、立強Kの性能変更、ギロチンの発生高速化など、地味に牽制・対空性能も向上し、
砂キャン永久も猶予が緩くなったことで(それでも手元が忙しく十分高難度だが)人操作でも比較的楽に永久ができるなど、
極めれば極めるほど大物食いが狙える、非常に操作し甲斐のあるキャラクターに仕上がっている。
とはいえ、毒手が削除されたことで中距離での切り返しはやや厳しくなった。

こちらもヅァギ氏のAIがデフォルトで搭載されている。
低レベルでも回り込みで相手の攻撃をかわしつつ爆弾パチキでガンガン掴んでくるなど非常に強く、レベル3でも凶クラスと渡り合えてしまうほど。
高レベルになれば上記のような性能をいかんなく発揮し、接近してくる狂下位ならば食ってしまうほどの強さになる。
しかし、そのクラスではやや迂闊となるような行動も多く、ガード切り替えが若干甘いため凶上位程度に落ち付いている。

また、大ポトレが下記動画のサムネに見られるように非常にイケメンになっている

+しょうゆ氏製作
  • しょうゆ氏製作
上記の邪氏のスプライトを使用し、KOF14や餓狼WAなども含む歴代の必殺技を取りそろえて再構成されたアレンジ。

AIはデフォルトで搭載されている。

+119way氏製作 Malenko
  • 119way氏製作 Malenko
KOF版山崎をベースにした改変キャラ。ボイスは別人で声の音程も低い。
3ゲージ技である改変元とのアナザーダブルアサルトは必見。
AIは未搭載。

CVS

+悪咲3号氏製作 CVS2仕様
  • 悪咲3号氏製作 CVS2仕様
基本的に『CAPCOM VS. SNK 2』の山崎を再現しているが、「毒手」と「悪夢…そして狂気」が新たに追加されている。
2011年10月を以て公開停止。

「たくし上げの人」ことyuki氏のAIが公開されている。
かつてはrei氏によるAIパッチも存在していたが、本体に合わせて公開停止。山崎の特性を活かした良AIであった。

+島村鰐氏製作 餓狼伝説風味アレンジ入り仕様
  • 島村鰐氏製作 餓狼伝説風味アレンジ入り仕様
2017年6月公開。
スプライトはCVSをベースにしているが、シャツの首部分が変わっていたり、一部の技のモーションが描き換えられていたりと手が入っている。
ゲージはCVS1風の二種類からセレクトで、通常技はCVS2式の6ボタン、必殺技は2のもの+毒手という構成。
餓狼伝説風と言う通り、蛇使いがタメでダメージ上昇したり、倍返しに攻撃判定が無い、サドマゾの受け止め挙動が違う、
ドリルのアッパーで遥か画面外まで吹っ飛ばすなど、『RB餓狼伝説』っぽい要素が入っている。
AIはまだ無い模様。

出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
凍結
更新停止中
【ヴァイオレント山崎】
【ヴァイオレント山崎軍団】

出演ストーリー

+一覧
A・B・C
DIOの喫茶店
DragonXross
Final Fatal Fury(MOW後の設定、『餓狼伝説』準拠)
F.K.B. ~炎とナイフとバーグマンの事情~
Freedom Wind(アフロン氏作)
FromLR
Infinite Drift ~荒野を渡る疾風
K&K
MUGEN STORIES INFINITY
MUGEN街の夜雀亭
MUGEN町 任侠伝
MUGNE ON STAGE
Over Spilt Milk
Transfer Avengers
WME RAW+SMACKDOWN
居酒屋mugen
炎邪じゃー!!
狼は安らかに眠れない!
おとどけものです。
がくえんアリス 綺麗な学生
カゴノトリ
機動運送伝Gルガール
空条承太郎~その青春~
クロス・ゼロ(虻蜂氏作)
コードネスツ 反逆のクリザリッド
サイキョー流珍道中第二幕 サイキョー漫遊記
崎さんと霊夢の便利屋爆走記(主人公、綺麗な崎さん)
ザキさんの上の死兆星(主人公)
ザキレイネ(「崎さんと~」の続編)
さつきとDIO
師範とカニミソ(泥棒)
紳士と少女
大剣タッグ(?)でストーリー動画
中華にゃん
デッドマンズ
とある吸血鬼の東方見聞録
時をかける悪意-Evils in Hinamizawa-
となりのむかいさん
七夜が往く
ネスツの栄光
覇亜斗の拳 ∞聖女伝説
はたらけアイスマン
パチュリー・ノーレッジは静かに暮らしたい
風天のクァンド
ふたごのぼうけん(某有名RPGのキャラ名で)
フランちゃんとなぞのロボット
水瀬家族計画
無限のウォルターク
無限の果てに。
夢幻屋敷にようこそ
無限旅行
幽香の農業王国物語(傭兵?幽香達と敵対)
ユウ☆キ☆オウ(留年生/竜崎山二)
夜風物語

その他



*1
デビュー作である『餓狼伝説3』のグラフィックではキャラが左向き(2P側)の時に左手を隠している。
他は左右対称なデザインのキャラばかりなため双角の衿ぐらいでしか確認できないが、
『餓狼3』のキャラグラフィックは左向きの時に左右が正しくなる。
これは別に『餓狼3』に限ったことではなく、結構多くのゲームで同様である(詳しくはドット絵の「ドット絵の左右反転について」を参照)。

しかし表現がポリゴンであるため、明確に左右の概念が存在する『餓狼伝説 WILD AMBITION』では、
どこで間違ったのか 右手 がポケットにしまわれている。
ちなみに以降の『KOF2002』『KOF2003』『CVS2』公式イラストでもしまわれているのは右手。
『2002UM』のイラストではちゃんと左手がしまわれており、右になっている作品は単なる設定ミスなのだが、
山崎がどんどん狂人化していったのは、 常時左手を解放するようになったため ではないかとの説も出回っていた。

*2
故ゲーメスト、故ネオジオフリーク、ファミ通の3誌上で行われたファン投票によって選ばれた。
他に当選したのはブルー・マリービリー・カーンで、実質餓狼チーム。
山崎の八傑集設定があまりにもハマっていたため、当時は「出来レースだったのでは」という噂も流れた。

*3
餓狼3の時には必殺技を取らないとガードされて反確という微妙すぎる性能だったため、ほぼ死に技だった。

*4
逸刀・朧」や「ミストファイナー」、「蒼き爪」や「肉の槍」など、以降これに似た特性の技が幾つか登場している。
ちなみに嬉野氏の餓狼小説では蛇使いは 異常に速く長いフリッカージャブ として解釈されている。
……そこ、いくらなんでも無理があるとか言わない!
なおフリッカージャブとはボクシングのテクニックの一つで、5階級制覇という偉業を成し遂げたトーマス・ハーンズが得意とした。
普通、ボクシングは利き腕とは逆の手を前に半身で構えるが、その時利き腕とは逆の手は顎のあたりを守るように上げる。
そこから腰を入れずまっすぐ相手を打つのが、基本的なジャブである。
しかしハーンズはこのジャブを打つ利き腕とは逆の手を、脇腹の辺りにまで下げて構えたのだ。
これはハーンズが幼少期を過ごした土地の名前を冠して「デトロイト・スタイル」や、ハーンズのニックネームを引いて「ヒットマン・スタイル」という。
そんな構えから打ち出されるジャブは、通常より下の方向からスナップを効かせて打ち出され非常に防御が困難と言われており、
ハーンズの5階級制覇を支えた必殺のジャブとなった。
なお、更に蛇使いの直接の元ネタを辿ると、同じフリッカージャブでも漫画『はじめの一歩』に登場した間柴了の使うそれという説が濃厚である。
実際の所、手をだらりと下げ相手の様子を窺いながら「いくぜ いくぜ いくぜ」という(山崎の場合は「いく」)シーンがあるなど、
割と直接的なパロだったりする。
それにしても、フリッカージャブといえば確かに相手が距離の目測を誤りやすいという話であるが、山崎のそれは伸びすぎ──と思ったら、
どうやら単なるフリッカージャブではなく片腕の関節を外すことで射程を伸ばしているらしい。
……うん、やっぱり無理があるよ!