ホワイト・グリント

フィオナ「貴方は、昔の私達と同じです

     考えてください。何のために戦うのか…」

非企業勢力ラインアークのリンクス
名アーキテクト、アブ=マーシュの手になるオリジナル機を操る
ランクは9だが、最高クラスのネクストであることは間違いなく
リンクス戦争では、単機で一企業を壊滅させている

ACFAにおけるホワイト・グリント

アーマード・コア フォーアンサー』(以下ACfA)に登場する企業連と敵対する組織「ラインアーク」所属のリンクスが搭乗するネクスト。
ラインアークの所有する最も貴重な資産にして最高戦力であるネクストで、企業連に対抗できる理由でもある。
搭乗者はカラードランク9位の『Unknown』(コレとは無関係)。オペレーターはAC4の主人公のオペレーターでもあったフィオナ=イェルネフェルト。(大剣を持ったメイドではない。)
ランクこそ9位であるがそれは政治的配慮にすぎず、その戦果から現行最高クラスの戦力と認知されている。
(実力的にはランク1位より強いので高ランクを与えておかないと「低ラン機に負ける企業連のネクスト雑魚くね?」という話になり体裁が保てないが、当然企業連としては敵対組織の機体に高ランクなど与えておけないので「1桁台の最下位」である9位を与えられている)
ちなみにこの政治的配慮はそこかしこに影響があり、トップクラスの実力があり前作からの生き残りという立場ながらランクは全体30人中29位と異常に低いミセス・テレジアなどはその最たる例である。
ACfAのオープニングや、専門学校HALのCMで登場する機体はこれ。

フレームパーツは全てアスピナ機関所属のアーキテクト「アブ・マーシュ」の設計によるワンオフであり、
その特殊性から全ての肩装備と一部の背部装備を装着することができない。
オーバードブースト時のブースターの可変機構や、アサルトアーマー使用時にカメラアイを保護するシャッターが降りる等、
他のネクストには見られないロマンが詰まった機体である。&まぁOBの変形機構が肩武器と干渉するから装備できないという弱点にもなっているのだが&
武装は両腕にそれぞれBFF社製の実弾ライフルである051ANNR、063ANARを装備し、両背部に分裂ミサイルのSALINE05(通称グリントミサイル)を装備。
初期レギュレーションではこのグリントミサイルの性能に苦しめられた(と同時にお世話になった)リンクスも多いのではないのだろうか。
(ニコニコ大百科より抜粋、一部改稿)

マクロス等で有名なメカニックデザイナー河森正治氏がデザインした特徴的フォルムやHAL学園のPRにも使用された事もあり
ACシリーズの中ではずば抜けて高い認知度と人気を誇る。
プレイヤー達からは名前を略してWGとかホワグリ、白栗などと呼ばれている。
上記の通り何もかも特殊な機体なので補修費用などのランニングコストもバカ高く、
「ねんがんのホワグリを手に入れたぞ!」と嬉しさにまかせて
下手に乗り回していると大ヤケドする というまさしく超高級車的な存在である。
装甲や機動力などの基本スペック自体は高いものの、コアが抱える肩武器が装備できないという弱点も重く、
背中武器はミサイルにほぼ限定されるが連動ミサイルを装備できず、
また防御用のミサイル避け武器であるフレアも装備できないためミサイルは撃つのも撃たれるのも苦手である。
しかもミサイルは軽量から重量機まで満遍なく積んでいることが殆どなので……

ACfA劇中では敵もしくは僚機として登場。企業連が差し向けた2機のネクストをラインアーク(組織の本拠地である海上都市)上にて迎え撃ち、
ランク1『オッツダルヴァ』が駆るネクスト『ステイシス』を水没させるも、自身も撃破される。
味方として登場するルートでは、オッツダルヴァを撃破した直後に戦闘不能となるため、こちらではフラジールに撃破されたのかもしれないが、 正直あんなのに落とされたとは思えないので オッツダルヴァと相討ちか、あるいはラストミッションにて登場する人物の正体から見て、撃破されたように見せかけた演技の可能性もある。
HARDモードで敵として登場した場合、一度撃破されるも直後に再起動するという離れ業を見せる。
逆に僚機として登場した場合は、フィオナの台詞が終わる前に撃破されてしまうこともしばしば…

なお、前作AC4にも「ホワイト・グリント」というネクストが存在する。
機体構成こそ違うが、同じアーキテクトにより設計され、名前だけでなくカラーリングやエンブレムも同じ。
搭乗者は「アスピナの傭兵」ことジョシュア=オブライエン。フィオナとは旧知の中。
ある時は味方として、またある時は プレイした難易度によっては 敵として現れる、ライバルキャラのような存在。
主人公と共に戦場を駆け、企業を壊滅させるなど大きな戦果を挙げる。
しかし最後の最後で主人公の所属するコロニー「アナトリア」をプロトタイプネクストで襲撃、その際に主人公により撃破される。
その後の消息は不明だが、彼のセリフから主人公を返り討ちにしたとしても、そう長くは生きられなかった模様。

+ ARMORED CORE VERDICT DAYでは…

ホワイト・グリントのパイロットについて

ぶっちゃけてしまうと上記のネクスト以外に関する情報は殆ど皆無である。
搭乗者名も『Unknown』となっており作中でも話す事は一度も無い。
これはフロムお家芸の「設定はあるがあえて公開せずプレイヤーの想像に委ねる」と言うものに基づくと思われる。
+ 明言されてはいないものの…


MUGENにおけるホワイト・グリント

現在は脳内住民氏が作成している。
精巧さに定評のあるコトブキヤのACプラモ、ヴァリアブル・インフィニティシリーズの画像を使用している。
readme曰く「全ステート自作で特殊な構造になっています、バグる可能性が高いですが…」とあり
特殊なステート構造のキャラと戦わせる場合は気を付けた方がいいかもしれない。

ガードが出来ないが、防御力の上がるプライマルアーマー(PA)を装備している。
ただしアーマーのゲージが無くなると防御が大幅ダウンし、ゲージが回復するまで使用不可となる。
攻撃を食らっても転倒しない性能だが、スーパーアーマーではないので怯み、投げることが可能。

カラー差では、7P以降からはGAマンが援護に参上。
11p以降は原作HARDモード同様にリザレクション持ちになり、プライマルアーマーなどの性能が大幅アップする。
12PではPAの防御力が凄まじくアップし、本体の防御力も上がった超耐久モードになる。


出場大会


出演ストーリー




添付ファイル