T.A.C.


星のカービィ』シリーズに登場するキャラクター。某士業試験専門学校とは多分関係ない。 本当なんです、信じてください!
読み方は「タック」で、名前の由来は「Cat()」を逆から読んだものである。 この泥棒猫!
ここでは主に『星のカービィ スーパーデラックス』に登場したものについて表記する。

一頭身の猫のような何かが泥棒の格好をした雑魚キャラ。
カービィが攻撃を受けるとその時持っていた能力が盗まれてしまい、ヘルパーが攻撃を受けるとヘルパーそのものが盗まれる。
その場で倒さないと画面外へ逃げてしまい、盗まれたものが帰ってこなくなってしまう。
吸い込むと「コピー」と言う能力が得られる。ただし性能は他のコピー能力よりかなり悪いため(一部の状況を除いて)使える能力ではない。
またヘルパーとして召喚してもCPUの動きが悪く働いてくれない。

ここまでだとただの嫌がらせをするタイプの雑魚キャラにしか見えないが、 人操作こそがタックの真骨頂である

基本的にはヘルパー版カービィといった能力で「盗みの手」で攻撃した相手の能力を奪い変身するのだが、その際に 体力が全回復する
その為他のヘルパーに比べて圧倒的に死ににくい。またこの能力はカービィの吸い込みが全て「スカ」になるモードでも問題なく機能する。
そして攻撃の隙が少なく連射が効くので能力を奪えない相手(つまりボスキャラ)にも強い、というかボス戦こそがタックの本領発揮。
相手に密着して攻撃ボタンを連打するだけで殆どの相手はあっという間に沈む
防御性能も高く、カービィを含めた殆どのキャラのガードが相手の攻撃を「耐える」のに対し、タックのガードは「すり抜けさせる」。
つまりタックのみ 体を透明化させるので削りダメージがなく更にガード不能の攻撃を含めた殆どの攻撃を無力化出来る
使いやすさも含めるとほぼ間違いなく最強キャラ。
当然カービィしかコピー出来ない能力を持つ敵からはコピー出来ないが、コックカワサキだけは例外で、コピーすると別の能力を持つヘルパーになる。
弱点を上げるとすれば攻撃力が低い事と技が1つしかないこと、そして行動がワンパターンになり面白みに欠けることであろう。
TAS動画だけど人間でも殆ど同じ事が出来ます。

リメイク作にあたる『ウルトラスーパーデラックス』では体力回復ができなくなるなど弱体化したものの、
ヘルパー専用技として「キャットマグナム」(「盗みの手」溜め版。リーチ・速度・威力向上)が追加された。

その他、『大乱闘スマッシュブラザーズfor3DS』ではゲームモード「フィールドスマッシュ」にザコ敵の一体として登場。
集めた能力アイテムを分捕っていく嫌がらせ役になっている。
『カービィのエアライド』ではシティトライアルモードで街のどこかに現れることがあり、ぶつかると盗んだアイテムを落とす。
アニメ版には登場しない。


MUGENにおけるT.A.C.

MUGENでは2体のT.A.C.が確認されている。

  • Kung Fu Man氏製作
性能はマイルドにされており原作のようなラッシュは出来なくなった上にガードも普通の性能になっているが
ボムを出したり空中ダッシュ(兼攻撃)が出来たりとアレンジが加えられている、また何故かカービィの声を出す。
defファイルを見ると見慣れない表記があるが特に問題なく動く。

  • たこ氏製作
ガードや攻撃の仕様等はこっちの方が原作に近い。
相手に密着して攻撃ボタン連打で相手を瞬殺出来るが削りダメージはないのでガードされると駄目。


キャラ単体以外ではアフロン氏の(ウザイ)雑魚軍団の一体として登場する。

出場大会




添付ファイル