アイスクライマー

1985年1月30日に任天堂から発売されたファミリーコンピュータ用のアクションゲームの名前だが
その登場キャラクターの総称としても使われる。

青い服の「ポポ(男)」と赤い服(とは言うものの、実際はピンク色)の「ナナ(女)」を操作して雪山を登るゲーム。
やる事はそれだけだが2人同時プレイが可能で、協力して登る事も相手を叩き落してゲームオーバーにする事も出来る
幅が広いゲームになっている、ちなみにエンディングはない。
そのゲーム性は『任天堂の協力プレイは味方同士の殺し合いになる』の元祖として半ばジョークまじりに、半分くらい本気で語り継がれている。
実際は同社の『マリオブラザーズ』(スーパーでは無く1983年発売の元祖の方)が先で、
そちらには「 協力するか、それとも裏切るか 」とのキャッチフレーズまである。

ちなみに、とあるゲーセン大会で大会種目に抜擢された実績を持つ。
おい、登頂しろよ。


大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにおけるアイスクライマー

スマブラでは『DX』で初登場。
ポポとナナの2人1組で、一方をプレイヤーが操作し、もう一方がオプション(相方)として戦う特殊なキャラとなっている。
具体的には自分が動かすプレイヤーのキャラと、少し遅れて全く同じ行動をするもう一人のキャラ、という構成。
声優は二人とも小林沙苗女史。ポポとナナでちゃんと演じ分けられている。
また、少し露出してる髪のデザインも二人で違うので、それで見分けるといいだろう。
+ 各種必殺ワザ(以降「B」と表記)

+ シリーズごとのアイスクライマーの性能


MUGENにおけるアイスクライマー

MUGENでは以下のアイスクライマーが確認されている。
+ ぼうし氏製作 スマブラ仕様
+ 雷光氏製作

出場大会

  • 「[大会] [アイスクライマー]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル