アイスクライマー

1985年1月30日に任天堂から発売されたファミリーコンピュータ用のアクションゲームの名前だが
その登場キャラクターの総称としても使われる。

青い服の「ポポ(男)」と赤い服(とは言うものの、実際はピンク色)の「ナナ(女)」を操作して雪山を登るゲーム。
やる事はそれだけだが2人同時プレイが可能で、協力して登る事も相手を叩き落してゲームオーバーにする事も出来る
幅が広いゲームになっている、ちなみにエンディングはない。
そのゲーム性は『任天堂の協力プレイは味方同士の殺し合いになる』の元祖として半ばジョークまじりに、半分くらい本気で語り継がれている。
実際は同社の『マリオブラザーズ』(スーパーでは無く1983年発売の元祖の方)が先で、
そちらには「 協力するか、それとも裏切るか 」とのキャッチフレーズまである。

ちなみに、とあるゲーセン大会で大会種目に抜擢された実績を持つ。
おい、登頂しろよ。


大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにおけるアイスクライマー

スマブラでは『DX』で初登場。
ポポとナナの2人1組で、一方をプレイヤーが操作し、もう一方がオプション(相方)として戦う特殊なキャラとなっている。
具体的には自分が動かすプレイヤーのキャラと、少し遅れて全く同じ行動をするもう一人のキャラ、という構成。
声優は二人とも小林沙苗女史。ポポとナナでちゃんと演じ分けられている。
また、少し露出してる髪のデザインも二人で違うので、それで見分けるといいだろう。
+各種必殺ワザ(以降「B」と表記)
各種必殺ワザ(以降「B」と表記)
  • アイスショット(NB)
往年のSNK格ゲーの飛び道具の如く氷塊をハンマーで打ち飛ばして地面に這わせる。崖から先は落ち、壁に当たると跳ね返る。
二人いれば氷塊は二つに増え、しかもリフレクター等で反射されても手前の氷塊が奥の氷塊と相殺して消える(マリオピットは除く)。
氷塊は距離が進むごとに(与えるダメージも)小さくなって最終的に消える。
格ゲーで言うならKOFCVSにおけるジョー東のハリケーンアッパーに近い性能か。
ちなみに相手の蓄積%が200を越した状態でアイスショットを当てると凍らせることができ、
二人いる時にブリザードかトルネードハンマーかアピールの使用直後にこのワザを使うと背中合わせに左右へ打つ。
また、『DX』のみ氷塊を打つハンマーにも攻撃判定が存在する。

  • ゴムジャンプ(上B)
二人でゴムを繋ぎ、相方を上に放り投げた反動でジャンプする。
ジャンプ中の両者に攻撃判定があるが、何かにヒットすると上昇量が少し落ちる。
その性質上、相方がいなくなるとその場でほんのわずかに跳ねるだけで復帰にも攻撃にも使えなくなる。

  • ブリザード(下B)
片手から吹雪を放つワザ。相手を凍らせることが可能。
相方がいる場合、地上で出すと左右に、空中で出すと前方に攻撃する。

  • トルネードハンマー(横B)
回転しながらハンマーを振り回して攻撃。
相方がいる場合は性能が上がり、最後の一撃で相手を吹っ飛ばすことができる。
B連打で相方付きの場合は上方向、一人の場合は横方向への移動力が上昇するので復帰にも使える。

発動すると同時に氷山がステージ下から突如として登場。相方がいる場合は発動時に二人でハイタッチする。
氷山そのものに攻撃判定があり、そのまま相手を凍らせることも可能で、自分にはなんの被害もない。さすがアイスクライマー。
ただしその攻撃で相手を場外に押し出すのはまず不可能なので追撃などを入れて復帰を妨害するのが有効。
だがアイスクライマー自身もその氷山を飛び越えるのは難しく、反対側にいるときは素直にダメージが溜まるのを待とう。
更に氷山に立つことは不可能なので呼び出す場所を間違えるとそのまま自身が滑り落ちることもありうるので十分注意しよう。
ただ、てっぺんに立つことは可能といえば可能だがかなり狭いので難しい、頑張ろう。
ちなみに攻撃をすると若干下がっていくが、ほぼ誤差の範囲である。

+シリーズごとのアイスクライマーの性能
基本はポポが本体でナナはオプション(一部のカラーリングでは逆にナナが本体、ポポがオプションとなる)。
オプションには本体とは別にダメージの蓄積がある。
2人でいるため打ち合いに強い、アイテムが2つ持てる等と言った強みがあるが、オプションとはぐれると性能(特に復帰)が激減する。
また彼らだけの特性として氷など滑る床の上に乗っても滑らない。だが普通の床では若干滑りやすい。何故だ。
+『DX』におけるアイスクライマー
それぞれの攻撃の判定や威力は二人という特性上とても強く、発生も早い。
必殺ワザのアイスショットやブリザード、判定の強い突進ワザを備え、どの距離でも安定して立ち回れる。
スマッシュや空中攻撃各種も使いやすく、『DX』のテクニック「絶」の滑りやすさやコンボ能力、コンビネーションは非常に強力。
また、非常に難易度は高いが特殊な操作で相方をまるで完全に別行動させているかのような動きをさせることも出来る。
二人という特性を活かした極悪非道な投げハメをも持ち、可愛い見かけによらず火力面では他の追随を許さない。
アイテムを2つ持てる特性上、アイテムありルールでの強さは折り紙つきで、
ホームランバット/スーパースコープでの強烈な一撃が非常に狙いやすいという長所もある。
反面、1人になってしまった時、二人の時のメリットが全て失われてしまうので大幅に弱体化してしまう。
リーチにも乏しく、1人にされると多くのキャラに性能負けしてしまう弱点がある。
特に上Bのゴムジャンプは2人専用である(1人時のゴムジャンプは攻撃判定なしで、この時復帰に使うなら全キャラ共通の空中緊急回避の方が性能が上)。
ちなみに救済処置なのか一人になると横Bの復帰力が向上するので、相方が撃墜された場合はこれで粘ろう。
体重は軽くふっ飛ばされやすいため事故しやすい乱闘は苦手。
強さ的には中堅上位ぐらい、「捕まえると強いが捕まえるまでが大変」という典型的なキャラである。
+『X』におけるアイスクライマー
相変わらずスマッシュや空中挙動は扱いやすく強力とスペックの高さは揺るがない。
だが今回、明らかに調整ミスと思われる極悪な投げ連が存在し、これが二人の強さのほとんどを占めているといっても過言ではない。
この投げ連、全てのキャラに入るというとんでもない性能を誇り、一度捕まえてしまえばそのまま相手に何もさせずにボコる事も可能。
勿論弱点も存在する。乱闘にて相手に邪魔をされると当然入らないのでタイマン専用であるということ。
特にスマブラはほとんどのステージにギミックがある上、アイテムが出現するのでタイマンでもこれらに邪魔される可能性がある。
更に難易度が非常に高く、最後まで倒しきるには相当なテクニックが必要であるということがある。
そして二人時限定なので1人の時には出来ないという欠点もある・・・と思いきや、別に低%までは一人でも出来る。ありえん(笑)
しかし、タイマンではこの投げ連を以てしても上には上がいた。ありえん(震え声)
投げ連抜きでも二人いるという特性なので火力は重量級並に高く、元々の性能も相まってとてつもないポテンシャルを秘めている。
乱闘でもタイマンでも非常に強い初級者にも優しく、それでいてとことん極められる職人向けのキャラでもある。

慣れればこんなことになるよくわかる動画

+亜空の使者での活躍
初登場はストーリー中盤あたり、のんびり氷山を上っているところにハルバートを追って氷山をすさまじい勢いで駆け上がるメタナイトを発見。
負けてられないと言わんばかりにメタナイトについていくポポとナナ、ここで初めて操作が可能になる。
頂上に着いた後、そこにいたルカリオとメタナイトとの戦いを見守る。(この勝負の結果はストーリーに影響しない)
勝負をつけた後、スターフォックスがハルバートに攻撃を当てた際に、ハルバートが氷山にぶつかる。
振動が起こる中ルカリオとメタナイトはハルバート内に進入する一方でアイスクライマーはその激震で振り落とされたが、
無事に着陸し、その場に居合わせたマリオらと共に影虫と戦った後、他のファイター達と合流して亜空間へ向かった。

以上がアイスクライマー活躍の場面である。

恐らく亜空の使者で最も恵まれないキャラ。亜空間突入までの活躍が1度しかなくムービーも非常に少ない。
他のキャラは大いに活躍しているのに……
しかし、少ない出番とはいえその表情や仕草はとても可愛らしい。いわゆるシリアス系の中の癒し担当である。
+『for3DS/WiiU』におけるアイスクライマー
リストラ。
アイスクライマーは観賞用のフィギュアとしてのみの登場となり、
ゲームからの参戦キャラはフィールドスマッシュの敵キャラとしてホワイトベアが参戦するのみに。
性能的にも完全にオンリーワンなキャラだったので驚いたプレイヤーも多かったのではなかろうか。

リストラの理由は週刊ファミ通にて連載されている桜井氏のコラムにて説明されており、
それによると、「WiiUでは動いたが、3DSのマシンパワーでは動かなかったのが原因」とのことである。
アシストフィギュアオリマーが引き連れているピクミンの動作フレームが 30fps である事を考えると仕方がないのかもしれない。


MUGENにおけるアイスクライマー

MUGENでは以下のアイスクライマーが確認されている。
+ぼうし氏製作 スマブラ仕様
  • ぼうし氏製作 スマブラ仕様
ドットはファミコンのものだが性能はスマブラのもので再現率も結構高い。
場外はないのでナナも安心。
ただしちびキャラな為動画では使いづらいかもしれない。
現在はぼうし氏のサイトが消失したので入手不可能。
+雷光氏製作
  • 雷光氏製作
こちらはサイズは大きいが自分で行う攻撃は1種類しかなく、主に敵キャラを召喚して戦う
適当にボタンを押してるだけでも強いが、超必を使うと大量にホワイトベアを召喚し手がつけられなくなる。
作りはシンプルだが強さは凶以上はあるだろう。
∞ロダにAIがアップされていたが、現在はロダが消失して入手不可能状態。

出場大会

  • 「[大会] [アイスクライマー]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル