ウイングガンダム


「ハハハハッ! あと一機!!」


サンライズ製作のTVアニメ『新機動戦記ガンダムW』に登場するモビルスーツ。デザインは大河原邦男氏によるもの。
この他、後に発表されたOVA及び劇場用アニメ『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』に合わせ、
カトキハジメ氏の手により新たにデザインが描き起されたものが存在する。
このリデザイン版は当初は「ウイングガンダムゼロカスタム」と同じくTV版デザインと区別するために
「アーリータイプ」と呼ばれていたが、現在は「EW版」と呼ばれている。
リメイク漫画『敗者たちの栄光』では本機をはじめ全て「EW版」のデザインで登場している。
  • 形式番号 XXXG-01W
  • 頭頂高 16.3m
  • 重量 7.1t
  • 装甲材質 ガンダニュウム合金
  • 武装 バルカン、マシンキャノン、ビームサーベル、バスターライフル、シールド
5人のガンダム開発者の1人であるドクターJがウイングガンダムゼロの設計データを基に故郷のL1コロニー群で完成させた機体。
パイロットはヒイロ・ユイ。ヒイロ・ユイのCVは緑川光氏。

ウィングガンダムゼロの設計思想を色濃く受け継いだ本機は高速飛行形態「バード形態」への変形機構を初め、
ゼロを模倣した外見や機能、装備を持つ。
兵器としては過剰な性能を持つゼロの反省から、バスターライフルの弾数制限やゼロシステムの撤去など、
機能はデチューンされているがOZの機体を上回る水準は維持されており、
地球に降下した5機のガンダの中では最も汎用性に優れた機体となっている。*1

本機の機動性の大半は、バックパックに接続された一対のウイングユニットに集約されており、
このユニットは単純に揚力を発生させるのみならず、翼を可動・変化させることで機体の空力特性を適宜変化させ、
失速から極超音速飛行までに至るあらゆる速度域に対応することが可能。
また、宇宙空間においてもAMBACや内蔵されたバーニアスラスターを併用した高い姿勢制御能力を発揮する事が出来る。
更にバード形態に変形する事で機動力と行動範囲を上昇せる事が出来、他のガンダムをも上回る作戦行動が可能。
コクピットは球体形状となっており、頭部のメインカメラと連動して回転する。
つまり「機体が見たものをパイロットもそのまま見る」ことになる。
なおバード形態では頭部が収納されるため、常時水平に固定される。

劇中での活躍

地球圏統一連合に対する一大テロ作戦「オペレーション・メテオ」発動と同時に地球に降下。
途中でゼクス・マーキスの搭乗するリーオー及びエアリーズ2機と交戦、バスターライフルにより2機を撃破するも、
直後にゼクス機に組み付かれそのまま海溝に没する。その後、ニューエドワーズ基地襲撃を始めヒイロと共に各地を転戦。
シベリアにおいてレディ・アンにコロニーを人質に取られ、降伏とガンダムの引渡しを迫られた際に、
「降伏はするがガンダムは渡さない」という理由で1度自爆するが、ヒイロとの決着を望んだゼクスの意向により
本機に構造のよく似たトールギスの予備パーツを組み込み、技術者達の努力の結果ほぼ完璧な形で一度修復される。
(というより、自爆時の損傷が酷かったため復元に近い) …自爆した意味が無い。
しかしヒイロはこれをよしとせず、トロワのガンダムヘビーアームズを借りて戦った(コミックボンボンで連載された漫画版ではウイングガンダムで戦っている)。

この決闘はOZの追討部隊の介入などがあり、決着を付けきれずにトロワと共にその場を去っている
その後ヒイロが宇宙に上がった際に地球に捨てられたが、後にノインらの手により回収され、
地球に戻ってきたヒイロが再び搭乗し、トレーズ派の本拠地ルクセンブルクでの戦いに加わる。
ここで損傷放棄され、ヒイロはトレーズから受け取ったガンダムエピオンに乗り換える。
物語最終盤、MO-II決戦時にはそれまで意識不明だったレディ・アンがウイングガンダムに乗り宇宙へ飛び出す。
最後はリーブラの主砲の射線上に立ちはだかっていたトレーズのトールギスIIを庇い大破、本機はこの時点で完全に放棄された。
この活躍のためか、ゲーム出演において、地上戦特化のため、宇宙適応が悲惨な事が多い他の4機とは異なり、宇宙適応を持っている事が多い。
(漫画版では中盤でヒイロ自身が「宇宙用MSとは戦えない」と断言しており、最期の活躍はトールギスと同型のブースターを装備して行っている)

なお、劇中では一貫して「ガンダム01」と呼ばれており、
「ウイングガンダム」と劇中で呼称されたのは前述したトールギスIIを庇う際にトレーズが一言発しただけで、
次回予告を除いてパイロットであったヒイロでさえ呼称したことはなかった。
何度も乗り捨てられてたりと持ち主に愛されていない気がしなくもない。
+ ウイングガンダム不遇伝説
+ ビルドファイターズでは・・・
+ Gジェネでは・・・
+ スパロボでの活躍
+ ガンダムvsガンダムでは・・・
+ ガンダム トライエイジでは…


武装

バスターライフル

ウイングゼロのツインバスターライフルを基に開発された大型ビームライフル。
オリジナルのツインバスターライフルは機体本体からエネルギーを供給する方式を採用しているが、
これはエネルギーを物質化寸前まで縮退化させて詰め込んだ専用カートリッジを銃身に3つ装着しており、
最大出力で発射した場合弾数は3発、出力もツインバスターライフルの半分以下に抑えられている。
それでも最大出力で発射されるビームのエネルギーは中規模都市の1日のエネルギー消費量にも相当し、
射軸を中心とした周辺の大気を一瞬にして電離させ、半径150mに及ぶ激烈なプラズマ過流と
数十Kmに及ぶ灼熱の奔流を巻き起こすほどの威力を持つ。
また、このビーム自体が複合的な層を持ち、高速で貫通力の高いビーム帯を中心を低速で破壊力の強い粒子束が更に貫通する。
バード形態を併用した本機の機動性と合わせれば、戦略兵器としての運用も不可能ではない。
また、エネルギー経路がカートリッジで完結しているため、規格の異なる別の機体でも使用可能。

アーリータイプでは機体の身長並に大型化され、銃尻にはバード形態時に頭部を覆うフェアリングパーツが追加されている。
同時に、片腕に3発、左右合わせて6発分の予備カートリッジを収めた専用ラックを懸架する。
リメイク漫画『敗者たちの栄光』では予備カートリッジを爆発させて、自爆に使用している。

ビームサーベル

シールドに1基格納された接近戦用の斬撃武装。
耐久性に優れたガンダニュウム合金製部材の採用により、水中でも一切減衰しないほどの高出力を発生させる。
抜刀時はシールドが中折れしグリップが露出する。
アーリータイプではシールドの中折れギミックが省略され、裏面に格納される。

バルカン

頭部に2基内蔵された機関砲。対MS用としては非力で、威嚇・牽制や対人戦が主な用途である。

マシンキャノン

両肩に2基内蔵された機関砲。
頭部バルカンよりも大口径で、ガンダニュウム合金製以外のMSであれば破壊可能な威力を持つ。
アーリータイプではウィングゼロと同様の装甲格納式。

シールド

バード形態時の機首を兼ねるガンダニュウム合金製シールド。
それ自体の強度に加え、表面に施された特殊コーティングによって実弾やビームを問わず堅固な守備力を有する。
バード形態時は先端にバスターライフルを接続。先端部は鋭利で、そのまま打突武器としても使用される。
なお、このシールドはMS形態から飛行形態への変形時には推力なしに浮き上がって機体の頭部に覆いかぶさる。随分思い切った演出である。

+ アビリティレベル

(以上、Wikipediaより一部転載、改変)


原作性能

SFC版『新機動戦記ガンダムW ENDLESS DUEL』にて登場機体の一体として登場。
パイロットは原作通りヒイロ・ユイ。
ウィングガンダムゼロと同様に飛び道具、対空技、突進技と一通り揃った典型的な波動昇龍タイプ。
ただしゼロと比べると射撃武器の性能に劣るため、接近戦でラッシュを狙うタイプともいえる。

PS版『ガンダム・ザ・バトルマスター』の北米版『Gundam Battle Assault』にも登場。
ただし外見が違うだけで、性能はΖガンダムと同じとなっている。
ちなみに北米版のストーリーモードでは日本版の主人公グロリアは何故かヒイロに置き換わったために
(一応初期機体にウイングがあるとはいえ) 他作品の機体に乗って戦うヒイロという珍妙な光景が見られる
あと機体選択の際アッガイにカーソルを合わせると 何故か困惑する 日本版も北米版もアッガイに何の恨みでもあるのか


MUGENにおけるウィングガンダム

+ Mouser氏
+ taurusac195氏
+ とけい氏
+ hyuga氏
+ kamekaze氏

出場大会


*1
「5機の中では汎用性が高い」という設定だが、機体そのものはともかく、武装が
  • カス当たりでも撃墜余裕、着弾地点は大爆発の超威力だが3発しか弾が無いバスターライフル
  • 物語開始直後の雑魚には効くがガンダム級や中盤以降の機体には全く効かないマシンキャノン
  • 普通のビームサーベル
  • 貧弱武器で有名なバルカン
と、相当偏っており、汎用機っぽくはない。


+ Endless Waltz バージョン

添付ファイル