中西姉妹

「剣迷い無く道遠し!」   「弓汚れ無く道険し」
アリスソフトの地域制圧型エロSLG「大番長」及びそれを題材とした格闘ゲーム「BIGBANG BEAT」の登場キャラクター。
竹刀を持っているのが姉の「中西剣道」で、弓を持っているのが妹の「中西弓道」である。

大本の原作の「大番長」では序盤の「学園編」から登場する。
加入条件が宮里絵梨花・ショーコ・サキの『宮里軍団』との二者択一で、仲間にしなかった場合は二人とも敵側に加わってしまい、倒さざるを得なくなる。
敵に回ってしまう理由は闇崎アキトが弓道を人質に取り、剣道を脅して狼牙を倒して来るようけしかけるという物なのだが、
ターン数が経過すると何故か捕らわれているはずの弓道まで攻撃して来るなんなんだアンタら
剣道は熱血剣道馬鹿だがサッパリとした性格をしており、剣道の憧れの人であり彼女のキャラクリにも関連する叢雲静梨を仲間にするためのキーキャラでもある。
またイベントによっては一時的にだが狼牙と関係を持つシーンも存在する。

弓道はおとなしくて引っ込み思案……と思わせておいてイベントによって腐の世界に覚醒したり、熱血の世界に覚醒したり、
狼牙に「弓ちゃん」というあだ名を付けられたり、狼牙の親友であり影使いである久我匡一郎と
(弓道が18禁的な意味で酷い目に遭うイベントも起きてしまうが)イイ感じになったり何かと忙しいキャラである。
仲間にした後に剣道が倒されると弓道がパワーアップし、戦闘アニメも変わるが少々鬱な展開*1なので注意。

性能的には、剣道がHPと攻撃力が高めな中距離攻撃型。所持スキル・強打(攻撃力1.5倍)も確実に止めを刺す際に強力な技なので使い勝手が良く、加入当初は勿論、ちゃんと育てれば終盤まで一線での活躍が期待できる。
ただし回避と反撃が低いという他の多くの中距離タイプと共通する欠点から、あくまで中距離キャラの枠から出ない中での強キャラである為、『丹下犬』等のアイテムでの補強がないと遠距離タイプの敵には手も足も出なかったりする。
どちらかと言えば反撃よりも回避派。緩やかだが回避が上がる上、静梨を仲間にした後にパワーアップイベントがあるので対属性を合わせて運用すれば安定株になる。

一方の弓道は見ての通り遠距離攻撃型。同タイプの仲間が少ない序盤ではそれなりに活躍できるものの、
全体的に能力値が今一つで(初期命中・回避が低く、回避は成長も悪い)、後に仲間になる強力な遠距離軍団と比べるとどうしても見劣りしてきてしまう。
上記のパワーアップイベントを行えば強くはなるが、そのためには戦力的に有用な剣道を犠牲にする必要がある。
特に所持スキルは攻撃を敵に避けられたら当然効果が無く、回避も低いので一方的に被弾するシーンが多い。
排他キャラのショーコ(味方命中+のスキル持ち)が同時加入できないのが非常にもどかしい性能。
終盤まで使っていくにはある程度の愛が必要。
スキルは剣道が「強打」(攻撃力1.5倍)、弓道が「反撃封じ」(攻撃が命中した場合反撃を封じる)。二人の性格が良く分かる。

ネーミングの由来は、水島新司の野球漫画「球道くん」の主人公・中西球道から。
上記の戦闘前口上も同作以後しばしば水島作品に登場する文句「球けがれなく道けわし」をもじったもの。
ちなみに原作での戦闘前口上は剣道が「剣迷い無く、道遠し! 命知らずはかかってきな!」で、
弓道が「弓汚れ無く道険し… ち、近寄ると射ますっ!」である。
弓道の方が名前の読みや口上の文面などストレートに元ネタのままな点から見て、
剣道はこの球道ネタに引きずられる形で今のような個性になったのかもしれない。

剣道の方の戦闘力は相当なもののようだが弓道の方は本人いわく「姉の半分ぐらいしかない」だそうだ。
詳しく知りたい18才以上の人は原作をやろうね!
えーと、18才未満の人は……自分ではやらずに、誰か身近な大人の人に聞いてみてね。

BBBにおける中西姉妹


基本的に姉の剣道をメインで操作し、
妹の弓道が後方や敵の背後から援護するという
少々テクニカルなキャラクター。
担当声優は剣道がいしだまお女史、弓道が逢川奈々女史。

剣道単体でも、竹刀ゆえのリーチの長さを軸にある程度は立ち回る事が出来る。
しかしそれでは火力・崩し・切り返し等に難がある為、やはり弓道も上手く扱っていく必要が出て来る。
当の弓道は、プレイヤーのボタン操作で攻撃行動を取るオプションキャラで、「ある程度は」剣道を追尾してくれるものの大して頼りにならない為、本当に好きな位置に置くには左右+強ボタンの移動で手動で動かさなければならない。
攻撃技は強ボタン(Pゲージを消費する)とBパワーアーツ(Bゲージを 0.5本 消費する)をそれぞれ2種類、4種の射撃技を使う事が出来る。そのうちBパワーアーツの二種類の射撃がとにかく優秀で、
  • 発生保障(これは弓道の行動全て共通)付きでガードされると追加攻撃が発生しヒット時は追撃可能、ゲージ回収に優れるループコンボも可能な 八重桜
  • 少し遅れて前方に矢の雨が降り、特に端付近で起き攻めに出されれば防ぎようがないので強制二択に付き合わされる 柳桜
これらをBゲージ0.5本で使う事が出来る為、ゲージ運用に注意して使えば圧倒的な成果を上げる。
こんな性能から付いたあだ名が「 中西姉妹は弓道が強キャラ 」。

エンハンス「弓道頑張る」はその名の通り、弓道の強攻撃に必要となるPゲージ消費量が回数分だけ減るという効果。
上ではBゲージを使った射撃の事ばかり挙げたが、それは強攻撃による射撃がPゲージ消費量がかなり高く使い辛いというのも理由の一つである。その為、それを軽減させられる結構有用なエンハンスではあり、確定させること自体も弓道のサポートがあれば容易。

このように、とにかく弓道の扱いとゲージ管理によってその実力が大きく左右される。
その為良く理論上最強とされるが、はっきり言って剣道単体のコンボと弓道の切り返し・固めを要所でしっかりこなせばある程度の強さは普通に出るキャラである。
しかし現実として中西姉妹のスペックを最大限まで引き出せているプレイヤーもおらず、やっぱり理論の中だけでの最強クラスキャラなのかもしれない。

BBBの内部データには弓道未使用ボイスが多数存在しており
開発者のコメントでは、バージョンアップ、もしくは2nd以降に
弓道を個別キャラとして登場させる予定があったらしい。

+ 鉄壁が破られるとはー


MUGENにおける中西姉妹

MUGENでは現在5キャラが確認されている。他にも2chに数日公開されたものがあるが、出回っていないようだ。
+ kayui uma氏制作・原作仕様
+ ⑨氏制作・原作仕様
+ Ina氏制作・中西剣道
+ 影縫氏制作・KENDOU
+ 軟骨カレー氏制作・弓月サチ

時折、剣道がダメージを食らっている最中に弓道が動いているように見えるが、
実際は相手の行動時にすでに構えに入ってしまっているために止まらないだけである。
弓道が入力の効かないモーション中に剣道にコンボが入った場合は一切何もしてくれなくなるが、
弓の軌道上、即ハイジャンプコンボにでも移行したり、無敵時間でやり過ごさない限り、
弓が原作のスキル同様「反撃封じ」を活用してくることとなる。
これもまた、新しい原作再現なのかもしれない。

+ 名勝負集

「これぞ!姉妹の絆コンビネーションだね!」
「お、お姉ちゃん…恥ずかしいよぉ……」



*1
全国編突入後に剣道が敗北してしまうとレイプされるイベントが発生する。
しかしスカルサーペント(キュウシュウ地域の難民の為に戦っている終盤の敵組織)相手であっても起きてしまうのはいかがなものか。
なおダンジョン内で敗北した場合は発生しない。


出場大会

【中西姉妹】
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止
凍結
非表示
【中西剣道】(KENDOU含む)
更新停止中
【弓月サチ】

出演ストーリー