鈴々


「張翼徳の蛇矛の一撃、受けられるなら受けてみよ、なのだ!」


三国志を萌え化したアドベンチャーゲーム「恋姫†無双」シリーズに登場するキャラクター。
姓は張、名は飛、字は翼徳、真名*1は鈴々。つまり張飛女性化キャラである。使用武器は蛇矛「丈八蛇矛」。
名前の読み方は「りんりん」だがパンダレイレイの姉とは関係ない。
CVはパソコン版が芹園みや女史、コンシューマー版とアニメ版は西沢広香女史が担当した。
ぶっちゃけ、名義がメディアによって違うだけで同じ人がやってるのだが。

「~なのだ」という口調が特徴。頭に付けた虎の髪飾りがトレードマークで、鈴々の感情に合わせてめまぐるしく表情が変わる。
まだ見た目は幼く精神年齢も相応に低いが、その腕前は並の武将なら数人がかりでも相手にできるほどの豪傑。
蜀では愛紗関羽)に並び立つほどの猛将として知れ渡っている。
翠(馬超)とは同じ脳筋タイプ同士馬が合うらしく、武術の鍛錬などで行動を共にすることが多い。
戦いでは勇猛だが、日常では子ども達と一緒に遊ぶなど、まだまだ子供である。だが本人は子供扱いされることが嫌いらしい。
しかし普段の行動には幼さが目立つためか紫苑(黄忠であってこいつではない。こちらでは未亡人)らに可愛がられる存在でもある。
同じく子供である朱里(諸葛亮)とは最初嫌悪していたが、ある一件で仲良くなり最初に真名で呼び合うようになった。

ゲームでは愛紗の幼なじみにして妹のような存在だが、アニメでは全くの赤の他人ということになっている。
戦乱の中両親を失った孤児で、他の子供たちと山賊ごっこをしていたところを咎められ、それ以降一緒に旅をする仲となる。
その後は桃香(劉備)と出会い姉妹の契りを交わし、桃香のもとに集った蜀軍の武将として活躍する。
ちなみに馬ではなく豚に跨り戦うため、猛豚将軍なるあだ名で呼ばれているとか。

なお、原作は18禁ゲームなため、主人公である北郷一刀に(性的な意味で)しっかりと抱かれている。


MUGENにおける鈴々

MUGENでは手書き及び真・恋姫†夢想~乙女対戦★三国志演義ドットのキャラが存在する。

+ 作者不明 手描きドット鈴々
+ suigin氏製作 SS6鈴々
+ suigin氏製作 原作仕様鈴々
+ 淡水 椛氏製作 武神-張翼徳

「燕人張飛ここにあり! 蛇矛の露になりたいヤツはどいつだーっ!」


出場大会

その他



*1
真名とはこのゲーム独自の設定で、本人が心を許した証として呼ぶことを許した名前である。
本人の許可無く真名で呼びかけることは、問答無用で斬られても文句は言えないほどの失礼に当たる。
ぶっちゃけ、18禁シーンで相手の名前が髯オヤジじゃ萎えるから、可愛い名前を付けただけだが。

ちなみに元ネタでは名前である「飛」(「張」は苗字)がこれに当たり、同格以下は字(あざな:通り名)の「翼徳(張翼徳)」と呼ばないといけない。
これは当時の中国では、本名で呼ぶ事が呪いを掛けるも同然の行為とされている為。
しかし目上の者は「文句あるか」とばかりに本名で呼ぶ。と言うか主である事を誇示する為にも姓名で呼ぶ。
(逆に言えば劉備が配下のはずの諸葛亮を字である孔明の方で呼ぶのは最大の敬意(所謂、水魚の交わり)だそうな)
当然、敵同士なら呪って当たり前なので本名で呼びあう。