テトリス


所謂「落ち物パズルゲーム」の元祖であるパズルゲーム。
4つの正方形を組み合わせて作られた片面型テトロミノ状のブロックピースが、フィールド上方から1種類ずつ落下してくる。
そのピース(テトリミノ)を移動させたり、回転させたり、高速で落下させたりして、任意の場所に設置する。
フィールドのサイズは、公式には「縦20行 × 横10列」とされており、段が全てブロックで埋め尽くされると、その段が消滅し、得点となる。
一度にたくさんの段(通常は最大4段)を消去する程高得点が得られ、特に4段消しを「テトリス」と呼ぶ。
一番上までブロックを積み上げてしまうとゲームオーバーとなる。

元々は、1984年にソ連(現在のロシア)の科学者のアレクセイ・パジトノフ氏ら3人が教育用ソフトウェアとして開発した作品で、
その単純明快なルールと面白さで世界規模で大ヒットした。
日本では、1988年にセガから発売された、セガ・システム16版と呼ばれるアーケード版によって瞬く間に浸透。
以降はこれが日本国内における事実上の標準となり、現在でも日本各地の多くのゲームセンターで稼動している。
コロブチカやカリンカといったロシア民謡を聞けばテトリスを思い出す人も多いであろう。
その後、1989年に任天堂がゲームボーイ版を発売し、「いつでもどこでも好きに遊べる」ことと「対戦プレイもできる」という点で大人気となり、
国内出荷本数約424万本を記録し、GB最初期の作品ながら GB単体での史上売上1位 を記録する驚異の人気を誇っている。

余談だが、セガはテトリスのコンシューマー版権を取得できなかったため、当時メガドライブ用に制作したソフトを売ることができず、
倉庫に山積みになっていたという悲しい逸話がある。電源パターンは非常に有名。
なぜ取得できなかったのかと言うと、この時、コンシューマー版ライセンスが非常に曖昧だったせいである。
元々、テトリスの版権を持っているのはソ連の国務機関アカデミーソフトと、ライセンス管理を行っていたエローグという会社だったのだが
エローグ社はライセンスという概念自体を殆ど理解しておらず、ライセンス交渉が進まない事に業を煮やしたハンガリーのアンドロメダソフトが勝手にライセンスを取得した事にして実際の契約は後で結ぶという無茶苦茶な事をやっていたせい。
アメリカのアタリゲームがアンドロメダソフトの子会社ミラーソフトからサブライセンスを得てコンシューマーテトリスを発売、更にアタリゲームの子会社からセガにサブライセンスが認可されているという状態だった。
しかし、アンドロメダソフトは「PCゲーム」でのライセンスは取得できたものの、「アーケード」「コンシューマー」に関しては取得できないまま。つまり、アタリとセガは存在しないライセンスを勝手に得ていたのである。

この時、携帯機でのライセンス取得の為に独自にライセンスを調べていた任天堂とBPSがこの事実に気がつき、それに伴う形でエローグも事実を知って激怒
任天堂はこの時になんとかエローグとの交渉に成功してライセンスを取得できたものの
アンドロメダソフトはテトリスのライセンスを全て剥奪され、セガは当時ライバル関係だった任天堂からサブライセンスをくれという事もできず、最終的には諦めざるを得なかった。
尤も、ライセンスに関しての調査をしなかったという点ではセガのミスでもあり、セガもこれに関しては認める形となっている。

なお、その一方で同じくアンドロメダ・ソフトからサブライセンスを受けていたBPSも一旦それを失ったのだが、
こちらは改めて任天堂からサブライセンスを受ける形で販売を継続し、ファミコン版をリリースできた。
このため結果的に、日本のファミコンではBPS版、欧米のNESでは任天堂版という、
それぞれ異なるバージョンのテトリスがリリースされることになった。
ただしBPSの初代ファミコン版はPC版から受け継いだ「下で回転、Aでハードドロップ」という独特の操作性に批判もあり、
後にチュンソフト主導で業界有志が集って大幅に改善された日本版『テトリス2+ボンブリス』の発売に繋がるのだが、それはまた別の話。
ちなみにこちらも欧米では『TETRIS 2(日本のテトリスフラッシュ)』が別にリリースされるというややこしい事態になっている。
それ以降、BPSは日本で『スーパーテトリス3』『武闘外伝』『スーパーボンブリス』など独自のテトリスを何本かリリース。
残念ながら日本のBPSは2001年に解散したが、一方でBPSと同じ創業者のヘンク・ブラウアー・ロジャースが創設した
アメリカの会社ブループラネットソフトウェア(こちらも略称BPSだが、日本のBPSとは別会社)は、
後にテトリスのライセンスを管理する「ザ・テトリス・カンパニー」の親会社となっている。
テトリス戦争で「最終的にBPSが勝利」としばしば言われるのはこのため。


以降も様々なバージョンや『ジョイジョイキッド』などアレンジの施されたゲームが多数開発されたが、
2002年に世界標準ルールとも言えるテトリスのガイドラインが制定された。
ただしガイドラインと言っても必ずしも全てを実装しなければならない訳ではなく、
詳細な内容も公開されていないため一般ユーザーにはあまり関係がないが、
これによりテトリミノの基本色が多くの日本人に馴染み深いであろうセガテトリス仕様のものとは違ったものになった。
O型は黄色など一部は同じだが、特にI型のテトリミノ(通称テトリス棒)が赤から水色に変わった、といえば驚く古参ゲーマーも多いだろう。

極めればこうなる。

2014年にはなんとぷよぷよとコラボ合体した『ぷよぷよテトリス』なるものも発売された。
+ MUGENでもぷよぷよVSテトリス(?)


MUGENでテトリスしよう

+ nns氏製作 テトリス

+ 夫氏製作 テトリスマン


出場大会

テトリス
テトリスマン