キングクルール


「俺様はコンゴ・ボンゴ島の支配者だ!」

任天堂のテレビゲームソフト『スーパードンキーコング』に代表されるドンキーコングシリーズのボスキャラ。
歴代クルールの中でもラスボスを勤めた回数はぶっちぎりであり、知名度も高い。
というか残り2匹が使い捨てな上に、シリーズ自体もそう多くはないだけだが
見た目は王冠と赤いマントを身につけた二足歩行をする体の丸い大柄なワニ。お腹のヘソと血走った大きな左目が特徴。
日本版では「キングクルール」と繋げて書かれるが、英語では「King K. Rool(キング・ク・ルール)」と表記される。
ボイスは初期がディディーコングも演じていた開発スタッフのケヴィン・ベイリス氏で、
現在は同シリーズのクリッターやファンキーコングと同じ土屋トシヒデ氏(格ゲーで言えば『ストZERO』『MVC』ガイルの中の人)が充てている。

『スーパードンキーコング』ではクレムリン軍団を率いてバナナを盗んでいった所をドンキー達に追われ、船の上で戦うことになる。
戦闘では船上を走り回ったり地響きを起こして鉄球を落としたりして攻撃してくる。
そして攻撃が一段落するごとにブーメランのように戻ってくる王冠を投げつけ、その際に晒された頭を踏むとダメージを与えられる。
3回踏むと倒れる。王冠投げなければ最強とは誰の言葉か……。
+ネタバレ注意
実はこれはやられたフリである。しかもレア社お得意の偽のスタッフロールまで入ってくる騙しっぷり。
スタッフロールが終ったと思ったらおもむろに起き上がり飛びかかって来て驚いた人も多いだろう。
尤もこのスタッフロールでは、スタッフの名前が全てクレムリン軍団の名前であり、
更に最後には「THE END?」と出るので注意深い人は気がつくだろうが。

起き上がった後は跳ねてステージを往復してくるため、移動距離を熟知しておかないと回避は難しい。同じように3回踏めば今度こそ終わりである。

キングクルール戦で流れるBGM「Gang-Plank Galleon」は人気が高く、『2』でリメイクされており、また数多くのMADも作られている。
キングクルールの船 ラトリーに大へんしん(『2』より)

後に『2』で海賊スタイルの「キャプテンクルール」、『3』で科学者の姿をした「バロンクルール」、
『64』でクルールより大きいが温厚な性格の弟「クランジー」等も登場する。
キャプテンクルールは『スマブラX』のキングクルールのフィギュアにて、キングの兄であるという表記があるが
『SDK2』本編中にそのような描写はなく、スマXより前に発売のリメイク版ではむしろ同一人物であるかのように語られている。
『2』当時の攻略本では兄と明記されていたが、同時期にコロコロコミックで連載されていた漫画版では、
顔が似ていることを指摘されると変顔をして「キングクルールなんて知らん」「任天堂に聞け」とごまかすなど、媒体によってバラバラであった。
レア社の旧公式サイトではキング、キャプテン、バロン共に同一人物として扱われている。
また、クランジーは海外版では血縁関係がなく、単なる手下ということになっている。

その後、『3』の後になる『64』にて再度ラスボスとして再登場。
「計画失敗→ヘリで逃亡しようとする→弟によってヘリが壊される」と追い詰められた後、
何故か墜落したヘリの内部がボクシング会場になっていて、そこでコング5匹相手に総当たりボクシング対決を行うというカオスな展開に。
恰好はボクシンググローブにトランクス姿でマントは無し。リングネームは「キング“クラッシャー”クルール」。
攻撃パターンも初代と全く異なっており、
……などと「お前のようなボクシングがあるか」な戦い方をする。そしてアピールも多用
尤も、ドンキー達もタル大砲・スポットライト・バナナの皮・ボウガンなどといった凶器攻撃をするので人の事は言えないが。

1999~2000年に放送されていたCGアニメ版では、悪辣だがとんでもないマヌケとして描かれている。
島の支配者になるために様々な手でクリスタルココナッツを奪おうとしているが、毎回のようにドンキーたちに負ける。
この時声を担当したのは小杉十郎氏で、何故か妙にかっこいい声。
ちなみに、この作品のクルールには尻尾が無くマントも短めになっている。
「どうせおじさんは哀れなヌメヌメした爬虫類だよ」

残念ながらドンキーに比べて任天堂他シリーズ等への出張はほぼしていない。
スマブラ』等でも作中のドンキー達からバナナを奪ったのはクッパ軍団にされていたり。
プププランドの王様も出てこられたんだしどうにかならないものかとは一部のドンキーファンの呟き。

一応、『スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』にて軍団を率い参戦している。
この作品では、野球の試合中限定という条件ではあるものの始めてコングとの共闘を果たしている。
ちなみにマリオファミリーとしての登場はこれが初で、モブのクリッターがサッカーゲームの
『ストライカーズ』で先にマリオ入りしていただけに待ちかねていた人も居ただろう。
本作では何故か服装をインカ風にイメチェンしているが、トレードマークの王冠はいつも通り。
性能は見た目通りのパワーヒッターで肩の強さもそれなり、だがスタミナが少なくピッチャーには向いていない。
そして同じキングと言う立場のクッパとは仲が悪い。ドンキーと同作のよしみか最終的に協力しマリオ陣営の打倒を掲げる。

なお『スーパードンキーコング』の流れを汲んで製作、満を持して発売された『リターンズ』『トロピカルフリーズ』には出演していない。
どうにもクッパやワイリーの様にはいかなかったようである。
どちらもゲーム自体の評価は中々に高いだけに、キングクルールやクレムリン軍団の出番が無かったことは惜しまれた。

常連になって欲しいのに常連になれない境遇ゆえ、どうも次回作の要望の常連になってしまった感がある。
今後ともキングクルールとクレムリン軍団をよろしくしてやってください任天堂さん。


MUGENにおけるキングクルール

+雷光氏製作
  • 雷光氏製作
キャラとしては小さめで技は王冠を投げる技1つしかない。また王冠の飛距離も短く製作者曰く「最弱キャラ」。
ただし、ニコロダにものすごく凶悪性能になるパッチがある。

+製作者名不明
  • 製作者名不明
上記の雷光氏の物の改変。
サイズが大きくなっておりクレムリンたちを召喚する技が追加されている。同じ作品に出てないキャラばかりなのは何故だろうか。
この召喚技1ボタンで使える上にで同時に何体でも召喚できるので、ボタンを連打しているだけでとんでもないことになる。
AIは無い模様。
下記の動画から公開されていたが、リンク先のロダが閉鎖された為入手不可。

+紅炎氏製作
  • 紅炎氏製作
上記のものをさらに原作に近いように改変したもの。プレイヤー操作も可能。
イントロでは登場せず、少し経つと右画面端に降りてくる。原作に準拠するために、1P側、2P側関係なく右側のステージ端から降りてくる。
攻撃も原作にあった攻撃をそのまま使える。初期設定では一定のダメージごとに技が開放されていく仕様だが、内部のvarの変更で最初から使用させるようにすることも出来る。
クルール自身には常に攻撃判定が発生しており、これも原作準拠でガード不能かつ触れれば即死する。
王冠を投げている時に攻撃するとダメージを与えられるのも原作通り。体力は回数制となっており、この値も調整可能になっている。(デフォルトでは原作通り9回攻撃すれば倒せる。)
他にも「体力を1残すダメージになる」という設定にもできるため、そのモードを用いればAIでも倒すことが出来る。
が、攻撃に当たるたびに断末魔を叫ぶ上にBGMまでいちいち停止するので、なかなかにシュールな光景が見られることだろう。

出場大会

出演動画