古明地さとり

「貴方の考えている事は全て筒抜けなのですよ。

 私の第三の目で…」

『東方Project』の登場キャラクター。初出は『東方地霊殿』の4ステージボスとしての登場。名字は「こめいじ」と読む。
「心を読む程度の能力」を持つ妖怪「覚(サトリ)」の少女。同作Extraボスである古明地こいしの姉でもある。
テーマ曲は「少女さとり ~ 3rd eye」 。二つ名は「怨霊も恐れ怯む少女」「みんなの心の病み」。

+詳細な原作設定
旧地獄の一角に佇む巨大な館「地霊殿(ちれいでん)」の主。
主であるさとりは、旧地獄(灼熱地獄)の施設があった場所にいる浮かばれぬ霊達の管理をしている。
ちなみに地霊殿は灼熱地獄の真上に建っている。 
地霊殿本編では4面ボスでありながら、登場キャラクターの中では一番身分が高い。しかし戦闘はあまり得意ではない様子。
…と、本人は言っているが、下記の能力を使用した一種の精神攻撃とも取れる弾幕はかなりの難易度を誇る。

人の心を読む事が出来る妖怪「覚(さとり)」であり、左胸部に「第三の眼」を持ち、これによって相手の心を読む事ができる。
作中ではこの能力の応用として、霊夢たちの心にトラウマとして残されている弾幕を再現して使用してくる。
具体的には出撃時に支援キャラとして選択した妖怪が『地霊殿』以前の出演作で使用したスペルカードを再現したものであり、
符名は「想起「二重黒死蝶」」のように全て「想起」となっている。
当然選んだキャラクターによって全く違う弾幕になるため、そのバリエーションは18系統、難易度違いを含めて72種類に昇る。
元々は難易度設定が存在しないExtraやPhantasmステージで使用された弾幕や、
本来カメラによる撮影で弾幕を消す事を想定している『文花帖』初出の弾幕、
弾幕格闘である『萃夢想』『緋想天』が初出のスペルをSTGの弾幕仕様にしたものなども存在し、
難易度によってはオリジナルより難しくなっている弾幕も…。
一方で本人オリジナルの弾幕は、最初に使ってくる「想起「テリブルスーヴニール」」の系統の合計4種類しかない。
書籍『Grimoire of Marisa』には、さとりが読めるのは対象が今考えている事だけで古い記憶までは読む事が出来ないので、
このスペルで顔に向けて光を発する事で動揺させ、トラウマを読み取るという寸法なのだろう……といった内容が書かれている。
そんなトラウマ集はこちら。

「ダブルスポイラー」ではこいしと共にLEVEL9に登場。
想起以外の弾幕が数多く登場し、コピースペル以外でも十分戦えそうな事が判明。
そしてついにはプレイヤーのトラウマ弾幕さえも想起し…。
フハハハ、精々頑張るんだな!

彼女は能力により他者の心を読む事が出来るが、この能力が妖怪、怨霊にすら恐れられ、そして近づかれなくなった。
だが、その能力のおかげで言葉を持たない動物達には好かれ、今や火車地獄鴉を始めとするペット達が地霊殿に溢れる結果となる。
しばらくすると、あまりのペットの多さに灼熱地獄跡の管理が出来なくなったため、その管理をペットにやらせる事となった。
ちなみに地霊殿5面、及び6面に登場する火焔猫燐と霊烏路空は、ペットの中のほんの一部である。
他のペット達も庭の手入れやさらに他のペットの世話、こいしの遊び相手などをしている。
『東方心綺楼』の地霊殿ステージでは犬・猫・たぬきなどの小動物に紛れてクロヒョウやハシビロコウといったやや大きい動物の姿もあった。

『東方求聞口授』では他人との接触を嫌い、完全な引き籠り生活を送っている事が明かされた。
これに対する神仏道の3勢力の見解は「妹は心を捨てて外に出る事ができた、本当に心を閉ざしたのは彼女の方ではないのか」。…深い。
阿求の評による人間友好度は 「皆無」 。ただし外に出る事がないので危険度は不明である。

また、心を読み取れる彼女は心理描写の書かれた書物を読んだり、逆にそういうものを自ら書く事を好むという記述が求聞口授にはある。
ひょっとすると彼女が書いた書物が地底より外へ出回っている可能性もあるとの事。

(以上、ニコニコ大百科より転載、改変)

+二次創作での扱い
同じ作品という事で地霊殿関係の絡みが多い。特にとはセットで描かれる事が多い。
地霊殿のカリスマ担当という事で、基本的には落ち着いた物腰のキャラとして描かれる。
しかし、ダブルスポイラーで使ってきた「心花「カメラシャイローズ」」のせいか、恥ずかしがり屋な属性が付けられる事もあるようだ。
心を読む力を持つという事で、普段はのんびりとした幻想郷の住人達の心の闇や、悩みなどを覗く場面も多く見られる。
地獄鴉はバカキャラ過ぎて何も考えておらず思考が読めなかったり、思考に専門用語等が多過ぎて理解出来ないといったパターンも。
他にもイヤーンやアハーンな妄想を覗かされて悶絶したり、実際にそんな目に遭ったりしたり、
好き好き思考を伝えられる恋愛ものだったりと、出番は中々多い。
会話させる系のドラマCDでは怒って「想起「テリブルスーヴニール」」で成敗する展開もあり、
中にはシャレにならないレベルのトラウマをフラッシュバックされて心が折れた人も。
残念ながらMUGENでテリブルスヴニールを使うさとりは作られていない(内容的に『GGXrd』の「シアターオブペイン」みたいになりそうだが)。

…一方で、最近はそういう視線というか思念に慣れてきたといったさとりも存在していたり。
汚らわしいと一蹴したり、恋愛系のトラウマや男のプライドを傷つける言葉攻撃等でカウンターしたり。
はいそこの「むしろご褒美です」という人達、ちょっと黙ってようね。
妹のように第三の目を閉じてしまうのも時間の問題では…。
また、主人公が同じタイプの能力(体質)を持つ『琴浦さん』のパロディーも多く描かれていた。

そういう彼女はファンから「さとり様」「さとりん」などの他に「さどり様」の名で呼ばれる事も。

また、サードアイがバックベアードに似ている事から、
某所のコラネタから「このロリコンどもめ!」と一喝するネタも。
+バックベアードってどんなん?⇒さとり様のエロ画像でも見ながら解説を聞いてくれ

戦闘力小五ロリで悟りだから基本的には小さめに描かれる事が多い。
登場初期にその服装が「スリッパに園児服みたい」と言われた事も影響しているだろう。
園児なのか小五なのかハッキリしろ。どっちにしろロリだけど。
+いいか、みんな

いいか、みんな
        (゚д゚ )
        (| y |)

小五とロリでは単なる犯罪だが
     小五  ( ゚д゚)  ロリ
       \/| y |\/

二つ合わされば悟りとなる
        ( ゚д゚)  悟り
        (\/\/
元ネタでは「覚り」じゃないんかって突っ込みは無粋。

『東方求聞口授』の↓画で胸があるように描かれていたせいもあってか、後記のカットインをはじめ大きく描かれる事もある。
それでも妹やペット達と並べると彼女だけ小さく描かれてしまう事がある。


MUGENにおける古明地さとり

手描きで製作されたものが複数存在する。

+へちょ氏製作 旧バージョン
  • へちょ氏製作 旧バージョン
2011年2月~2013年2月まで公開されていたバージョン。
ごましお氏の橙のcnsを改変したもの。
お燐パルスィを作成したへちょ氏によるドット改変のさとり。緋想天準拠。
緋想天準拠としては機動力が低く、当て身や特殊な回復技などを持つ、かなりクセの強いキャラ。
コスト5技は前画面当て身の「想起「サブタレイニアンローズ」」で、コストに見合った強さを誇る。
最も特徴的なのがコスト3技「開闢「開眼せし第三の目」」で、様々な東方キャラの持ち技がランダムで発動する。

へちょ氏曰く「弱キャラ」のAIがデフォルトで入っている。…との事だが実際にはAIは入っていないので注意。
かつてはAir氏による外部AIも存在していた。

+大会ネタバレ
タッグ軍VSボス軍 交代式BOSS FIGHTにて、と共に「ゆとりさとり教育」としてタッグ軍に参戦。
的確な交代と京の強さに支えられて、早いうちからタッグ軍側のエースとして認知され
バージルベガブロリーマスターギースナインボールジャスティスグスタフといった並み居るボス達を下し、
タッグ軍側の最多勝利数である7勝を挙げて、タッグ軍の勝利に大きく貢献する。
さとりが特によく働いたジャスティス戦(12:30~)

続く我道走氏の古参VS新鋭 新旧交代式TAG FIGHTにも、「ゆとりさとり教育」として新鋭チームに参戦。
前大会のエースという事で期待されたが、ランセレに中々選ばれず、視聴者からは「早くデートから戻ってこい」などとコメントされていた。
デートから戻ってやっと参加した頃には、大会は折り返し地点を越えていた。

その後は順当にランセレに選ばれるようになり、その猛威を発揮する事になる。
しかし、その最後はルールにより敗北扱いを受けて強制脱落という、なんとも煮え切らない結末になってしまい、
新鋭チームおよびゆとりさとり教育応援者の阿鼻叫喚に包まれた。
余談だが、時期的な問題から本大会での最後の試合が、旧バージョンが見られる最後の動画の一つと思われる。
もっとも、旧バージョンの使用は禁止されているわけではないので、こちらに愛着があるという動画製作者が現れればまた見る機会もあるだろう。

+へちょ氏製作 新バージョン
  • へちょ氏製作 新バージョン
2013年2月~現在のバージョン。
他のへちょ氏の東方キャラ同様、cnsの素体をごましお氏のから同氏の聖白蓮に切り換えて作り直され、旧版と入れ替わる形で公開された。

大きく変更された新バージョンだが、旧バージョンとの簡単な見分けかたとして
  • 旧バージョンの大ポトレは斜め向き。新バージョンは正面向き。
  • 新バージョンは戦闘前イントロでデッキ選択(喜怒哀楽の選択)ができるが、旧バージョンはできない。
  • a攻撃でさとりの手に追随する玉の色は旧バージョンなら青、新バージョンは赤。
  • 旧バージョンのB射の弾は先端が玉状。新バージョンはハート型。
  • 旧バージョンのc射の薔薇は透過で淡色。新バージョンの薔薇は透過されておらず真紅。
といった特徴が挙げられ、AIもよく使う部分なので動画でも容易に見分けられるだろう。
なお、こちらも簡易AIをデフォルトで搭載。とされているが、やはりAIは入っていない。

外部AIは紅毛玉氏のAIが公開されている。
かつてはAir氏によるものも存在していたが、公開停止している。

また、stne氏が仕様改変込みの外部AIパッチ(キャンセルルート等変更されている)を公開している。
ランクは強前後との事。キャラ性能は改変前と一長一短だが、コンボの繋ぎやすさは向上している。

+わりばし氏製作 旧バージョン
  • わりばし氏製作 旧バージョン
お燐製作プロジェクトにて、わりばし氏が製作した手描きのさとり。
パンチ、キック、特殊の3ボタン式で、ダッシュ、バックダッシュ、空中受け身以外に特殊なシステムを持たない。
通常必殺技は当身返し、飛び道具、コマンド投げの3種。波動コマンドで出るのがカウンターで、飛び道具は竜巻コマンドなので注意。
超必殺技は4つで、全て1ゲージ消費。
「うろ覚えスペル」は7種類(地霊殿での6名からのコピースペルを1つずつ+金閣寺)の内1つがランダムで発動する。
「ブレインフィンガープリント」は3つの時限爆弾をランダムな方向に放つ。狙って当てるのは難しい。
「カメラシャイローズ」はカウンター技で、攻撃を受けると弾幕をばらまく。密着しているとダメージが凄い事に。
「想起2符」はベガを再現してサイコクラッシャーを放つ。唯一狙ってコンボに組み込めるゲージ技。
「テリブルスーヴニール」は発生140F以上、5割減らすロマン技である。
11:00から必殺技集
2011年1月の更新で準完成となった。
デフォルトでAIが入っているが強さは控え目で、設定全開でも並クラスである。

2014年3月20日には、じゅかい氏による外部AIパッチが公開された。
学習と超反応を利用してできる限り当て身を狙うスタイルで、通常攻撃の発生が遅くリーチが長くないキャラとの相性が良い。
強さは青色⑨号氏トゥエルヴと同程度との事。

+わりばし氏製作 新バージョン
  • わりばし氏製作 新バージョン
2015年3月14日公開。
同氏が以前に製作したさとりに、グラフィックの一新を含む大幅更新がなされたもの。
当て身技を使う点は同じで、基本的には萃夢想に似た仕様。
大きく異なるのは射撃に用いるのがパワーゲージで、1ゲージまでは自動で溜まる点。
パワーゲージは超必殺技や霊撃にも使用するため、管理が重要。

超必殺技は全方位の飛び道具と設置の他に、3種類の中からランダムで放つ技がある。
出て来る候補は夢想封印レイジングストーム、及びファイナルサイコクラッシャーの3つ。
ちなみにこれらは再現する訳ではなく、(前2つはともかく)何とサイコクラッシャーも含めて自前で放つ。
普段のゆったりとした挙動に反して、画面外から真横に勢い良く飛んで来るさとりは何だかシュール。
デフォルトAIは未搭載。

+混沌の理氏製作 さとりんりん
  • 混沌の理氏製作 さとりんりん
わりばし氏のさとり改変。
突如氏が悟りを開いた事により製作したらしい。
常に飛び道具を出しており、性能は最低でも狂クラスだと思われる。


豊乳の人ことMoiky氏による描き下ろしカットイン

MUGENでは頭を空っぽにできる怪盗や、読まれても回避不可能な早さで攻撃できる探偵
頭の中にカオスな空間を作ってソレを読ませる幼稚園児など、心を読む能力に対抗できるor効かない人間や、
読んだら爆殺とか発狂など能力が仇になる天敵も少なくないため、静画やストーリー動画でもそういった相手に警戒したり恐怖する彼女を見られるだろう。
また、大会動画では喋らない動物無口な相手の通訳を任される事もある。

出場大会

出演ストーリー