R-1

「R-1!突撃ぃ!」


スーパーロボット大戦』シリーズに登場するロボット(PT:パーソナルトルーパー)。R-TYPEの自機ではない。
正式名称は「Real Personal Trooper Type-1」。メカデザインはカトキハジメ氏。
初出はPSの『新スーパーロボット大戦』。パイロットはオリジナルキャラクターのリュウセイ・ダテ(伊達隆聖)。
第2次スーパーロボット大戦OG序盤ではパイロットが行方不明になっているため、演習用として調整されたものにマイ・コバヤシが乗っている。

「究極ロボットを開発する」というコンセプトである『SRX計画』の元で一番早く生まれた機体である。
異星人の技術であるEOT(エクストラオーバーテクノロジー)を多数採用し、中でも『念動力』という
特殊な力を機動兵器に応用するためのシステム『T-LINKシステム』を搭載しているため、
そういった特異な才能のある者にしか乗りこなす事が出来ず、実質リュウセイの専用機である。
ビルトラプターの可変機構を参考に、R-ウイングという飛行形態に変形が出来、機動力も高い。
銃器にはG-リボルヴァーやブーステッドライフルなど、実弾タイプの銃器を多数搭載。
近距離では携帯武器であるゴールデンメタルナイーブコールドメタルナイフ、パイロットの念動力を糧とし放たれるT-LINKナックル、
念動力によって剣を形成し、それを敵にぶつけるT-LINKソード等があり、
遠近共にバランスが良い武装である。
(『α』でのみ、乱射したG-リボルヴァーの弾道を念動力で操作し周囲の敵を一掃する「念動シュート」という技や、連続で殴りつけるR-コンビネーションという技も存在した)
また、T-LINKシステムを介して形成される『念動フィールド』をバリアとして運用することも可能である。
R-1改・アルブレード・エルシュナイデ(エルアインス)・ART-1・AR-1(現在未登場)等、この機体の発展機が後に数多く生まれる。
SRX計画の機体で現在量産型が制作されたのはR-1だけであり、
その事実はR-1が本来量産前提の機体ではない事、さらにAR-1の試作機(ART-1)のさらに試作機という
微妙な立ち位置である事を考慮してなお完成度が極めて高かった事が伺われる。

本機の最大の特徴は、兄弟機であるR-2(砲撃型)、R-3(隊長機)と合体することにより、
巨大な特機『SRX』となる事である。
Rシリーズは戦況に応じて分離・合体することによりあらゆる戦場に対応する事を目指しており、
合体した際には超物質トロニウムを動力源とするトロニウムエンジンの莫大なエネルギーと
T-LINKシステムで増幅された念動力により、まさしく一撃必殺の火力を手にすることが出来る。
だが、たしかにトロニウムは信じられない超エネルギーを生み出すもののその出力制御が非常に難しく、
最悪の場合はトロニウムエンジンを暴走させて敵もろとも自爆で果てることさえも想定されている。
勿論劇中でこんな使われ方をした事はないが、漫画版の公式エピソードにおいて機体がウィルスに感染し、
エンジン出力が下がらなくなった際には「万一リミッターが作動しなければ周辺数十kmは消し飛ぶ」と試算されており、
また『第三次α』においてSRXが敵に破壊された際には、機体からトロニウムを失っていたにも関わらず
相当な規模の爆発が起こっている。
地球圏存亡の危機に対処するためとはいえ、恐るべき諸刃の剣である。
(故に、合体シーケンスの正式名称「フォーメーションOOC」は「ONLY ONE CLASH」の略である)

なお、問題のトロニウムエンジンを搭載しているのは幸いにもR-1ではなく砲撃戦用のR-2である(上記のウィルスに感染したのもR-2)。
合体したら何の気休めにもならない上に、R-1改に改修された場合はR-2からトロニウムエンジンを移植されてしまうが。
あとR-2の方もR-3の代わりに最前線で戦ってるし、格闘戦もやってのけてるんだけど

元ネタは恐らく『機動武闘伝Gガンダム』のシャイニングガンダムと、『新機動戦記ガンダムW』のウイングガンダムだと思われ、
実際初出の『新スパロボ』と『スーパーヒーロー作戦』では両者と共演している。
バンプレストオリジナルであるファイターロアより、バンプレゴーグルを受け継いだ機体であり、多数の作品に登場している。
新スパロボ→スーパーロボットスピリッツ→ヒーロー作戦→スパロボα→スパロボOGと重ねて登場していくうちに人気を博し、
現在ではアルトアイゼン共々OGの顔とも呼べる機体となっている。

実はニンテンドー64で発売された『スーパーロボットスピリッツ』という格闘ゲームにも参加しているが
同作の知名度の低さもありあまり知られてはいない。
後にαやOGに登場するジュデッカとレビ・トーラーの初出作である他、同作のテーマソング『鋼の魂』は
その後SRXのテーマとして再利用され高い人気を得るなど、後に与えた影響は大きいのだが……

+ パイロットについて
+ ビルトラプターについて


MUGENにおけるR-1

MUGENにおいては『スーパーロボット大戦OG2』のドットを用いたasd氏勢作のものが公開されている。
原作の武装は大体搭載されており、ストライカーとしてR-2やR-3なども登場する。
また、特殊ゲージを溜めることにより、SRXに合体もでき、完成度は高い。
『スーパーロボット大戦α for Dreamcast』で見せたサイバスターとの合体技、アカシックブレイカーも搭載されている。

出場大会

  • 「[大会] [R-1]」をタグに含むページは1つもありません。