R-1

「R-1!突撃ぃ!」


スーパーロボット大戦』シリーズに登場するロボット(PT:パーソナルトルーパー)。R-TYPEの自機ではない。
正式名称は「Real Personal Trooper Type-1」。メカデザインはカトキハジメ氏。
初出はPSの『新スーパーロボット大戦』。パイロットはオリジナルキャラクターのリュウセイ・ダテ(伊達隆聖)。
第2次スーパーロボット大戦OG序盤ではパイロットが行方不明になっているため、演習用として調整されたものにマイ・コバヤシが乗っている。

「究極ロボットを開発する」というコンセプトである『SRX計画』の元で一番早く生まれた機体である。
異星人の技術であるEOT(エクストラオーバーテクノロジー)を多数採用し、中でも『念動力』という
特殊な力を機動兵器に応用するためのシステム『T-LINKシステム』を搭載しているため、
そういった特異な才能のある者にしか乗りこなす事が出来ず、実質リュウセイの専用機である。
ビルトラプターの可変機構を参考に、R-ウイングという飛行形態に変形が出来、機動力も高い。
銃器にはG-リボルヴァーやブーステッドライフルなど、実弾タイプの銃器を多数搭載。
近距離では携帯武器であるゴールデンメタルナイーブコールドメタルナイフ、パイロットの念動力を糧とし放たれるT-LINKナックル、
念動力によって剣を形成し、それを敵にぶつけるT-LINKソード等があり、
遠近共にバランスが良い武装である。
(『α』でのみ、乱射したG-リボルヴァーの弾道を念動力で操作し周囲の敵を一掃する「念動シュート」という技や、連続で殴りつけるR-コンビネーションという技も存在した)
また、T-LINKシステムを介して形成される『念動フィールド』をバリアとして運用することも可能である。
R-1改・アルブレード・エルシュナイデ(エルアインス)・ART-1・AR-1(現在未登場)等、この機体の発展機が後に数多く生まれる。
SRX計画の機体で現在量産型が制作されたのはR-1だけであり、
その事実はR-1が本来量産前提の機体ではない事、さらにAR-1の試作機(ART-1)のさらに試作機という
微妙な立ち位置である事を考慮してなお完成度が極めて高かった事が伺われる。

本機の最大の特徴は、兄弟機であるR-2(砲撃型)、R-3(隊長機)と合体することにより、
巨大な特機『SRX』となる事である。
Rシリーズは戦況に応じて分離・合体することによりあらゆる戦場に対応する事を目指しており、
合体した際には超物質トロニウムを動力源とするトロニウムエンジンの莫大なエネルギーと
T-LINKシステムで増幅された念動力により、まさしく一撃必殺の火力を手にすることが出来る。
だが、たしかにトロニウムは信じられない超エネルギーを生み出すもののその出力制御が非常に難しく、
最悪の場合はトロニウムエンジンを暴走させて敵もろとも自爆で果てることさえも想定されている。
勿論劇中でこんな使われ方をした事はないが、漫画版の公式エピソードにおいて機体がウィルスに感染し、
エンジン出力が下がらなくなった際には「万一リミッターが作動しなければ周辺数十kmは消し飛ぶ」と試算されており、
また『第三次α』においてSRXが敵に破壊された際には、機体からトロニウムを失っていたにも関わらず
相当な規模の爆発が起こっている。
地球圏存亡の危機に対処するためとはいえ、恐るべき諸刃の剣である。
(故に、合体シーケンスの正式名称「フォーメーションOOC」は「ONLY ONE CLASH」の略である)

なお、問題のトロニウムエンジンを搭載しているのは幸いにもR-1ではなく砲撃戦用のR-2である(上記のウィルスに感染したのもR-2)。
合体したら何の気休めにもならない上に、R-1改に改修された場合はR-2からトロニウムエンジンを移植されてしまうが。
あとR-2の方もR-3の代わりに最前線で戦ってるし、格闘戦もやってのけてるんだけど

元ネタは恐らく『機動武闘伝Gガンダム』のシャイニングガンダムと、『新機動戦記ガンダムW』のウイングガンダムだと思われ、
実際初出の『新スパロボ』と『スーパーヒーロー作戦』では両者と共演している。
バンプレストオリジナルであるファイターロアより、バンプレゴーグルを受け継いだ機体であり、多数の作品に登場している。
新スパロボ→スーパーロボットスピリッツ→ヒーロー作戦→スパロボα→スパロボOGと重ねて登場していくうちに人気を博し、
現在ではアルトアイゼン共々OGの顔とも呼べる機体となっている。

実はニンテンドー64で発売された『スーパーロボットスピリッツ』という格闘ゲームにも参加しているが
同作の知名度の低さもありあまり知られてはいない。
後にαやOGに登場するジュデッカとレビ・トーラーの初出作である他、同作のテーマソング『鋼の魂』は
その後SRXのテーマとして再利用され高い人気を得るなど、後に与えた影響は大きいのだが……

+パイロットについて
パイロットはリュウセイ・ダテ
CVは同社の『真・魔装機神 PANZER WARFARE』主人公ケイゴ=クルツ=フェルディナンや
サガットアサシンイーノックブレイズ・ヒートニックス等を務めた三木眞一郎氏。
αでは中心人物として描かれたり、OGでは主人公を務めたりしたため、オリジナルキャラの中では知名度も人気も高い方である。
愛称は「リュウ」だが呼ぶのは母親やコバヤシ姉妹とごく一部。

正義感が強くて熱いPT乗りだが、重度のスーパーロボットオタクであり、
様々な作品でその知識を披露したり、無茶な事をしたりしている。
スーパーロボットオタクなので、愛機R-1を初めて見た際は「 スーパーロボットじゃない… 」と非常にがっかりしていたり
(とは言え自分の無力さに悩んでいた時期に与えられた専用機という事もあってか、すぐに深い愛着を見せるようになっている)、
美少女型の巨大ロボットを見て「可愛い」だの「惚れた」だの言いだしたり(更にはそれに ガチで嫉妬する ヒロインが複数居たり)。
OG以降は、『命を大事にする』という主人公らしい考え方や、同じPT乗りのテンザン・ナカジマを
ライバル設定に置いたりすることにより、さらに主人公らしい性格になった。
またパイロットになるきっかけが対戦ゲーム「バーニングPT」(これが実はPT適性の高い者を探し出すために作られたもの)で実力を見込まれたこととされた。
そんな戦隊のレッドどっかにいたねぇ、苗字も同じだし
基本的にチームや部隊のムードメーカーであり、彼に影響されて性格が丸くなったりする者も多い。
それ故か、女性に惚れられている描写も幾つかあるのだが、本人が気付く気配はない。

ちなみにリュウセイは別に女性に興味がないわけではない。
チームメイトのアヤとの初対面では「美人」と言っているし、
幼馴染のクスハをある漫画では「結構美人だと思うんだけど~」と言っていたり、
初登場の新に至ってはEDである(版権作品の)女性キャラをデートに誘っている。
それと、他人の恋愛に関しては結構鋭い。リュウセイが鈍いのは自分に対する好意だけである。
…… 同世代以下を恋愛対象として見てない だけかもしれないが、
それでもOGの初期設定でクスハの好意にすら気付かなかったことはフォロー出来ない。
(ただし、設定改変の結果、現状ではクスハとは最初から完全に恋愛感情を排した友人関係という事になっている。
 上記の漫画版でも恋愛対象としては見てないが、「恋人でも出来れば万々歳なのに」とまるで兄の様な目線で語っている。
 と言うか、二人の初出である『スーパーヒーロー作戦』では
 クスハはセーブ係兼イングラム(SH作戦では主人公である)の恋人候補であり、リュウセイとの絡みは無い。
 ついでに、後にクスハの恋人となるブリット君もセーブ係兼ヴィレッタ(女主人公)の恋人候補だったりする)

また、武器や技に自ら技名を付けることが多く、例を挙げると上記のT-LINKソードは、彼に『天上天下念動破砕剣』と名付けられた。
さらにはSRXの合体フォーメーションに対して勝手に『ヴァリアブル・フォーメーション』と名付けている(正式名称は前述の通り『パターンOOC』なので、逆に正式名称の方が縁起が悪いと認められた事もある)
R-1についても「その内カッコいい名前を付ける」と言っていたのだが、結局今の名前が気に入ったのか、流石に周囲が止めたかそれが実行された形跡はない。
ファンの間ではこの妙な名前を勝手に付けることを「リュウセイ病」と呼ぶ人もおり、
アルティメットゴーストアタック究極!ゲシュペンストキック!」などでは様々なリュウセイ病患者による奇声叫び声を聞くことができる。
(技名を叫ぶ前に「リュウセイみたいにやってみる!」「ヤツのように叫ばねばならんとはな!」等の台詞がある)

ちなみに、こんな性格なので格闘・接近戦が得意なのかと思いきや、射撃の名手という設定があったりする。
実際『スパスピ』や『α』では上記の通り乱射したG・リボルヴァーを念動力で軌道操作して当てる「念動シュート」を使用でき、
『OG1』の初搭乗時には母艦に迫るミサイルをライフルで撃ち落とすイベントもあるほど。
ゲーム的には格闘・射撃両方とも同じくらいの数値となっている。
その他、OGシリーズでも珍しい念動力と底力の両方を持っているキャラである(リュウセイ以外ではリオとイングのみ)。

+そんな彼にも負の歴史が…
『魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』等で人気を博したスパロボオリジナル。
その後、初出である『新スーパーロボット大戦』でリュウセイ達が登場したわけだが、
その時のリュウセイの性格が、「落ちちゃいなちゃーい!」、
「いやだいやだー! もっと強い敵はいないのー? 強い敵出してよー!!」等の台詞に代表される、
「おちゃらけでふざけた三枚目キャラ」としてのキャラ付け(当時の公式イラストもチームメイト二人に比べておちゃらけ感が全開で
「仮にも主役キャラのイラストがこれでいいのか?」と言いたくなるような代物)をされたため、当時のファンからは大不評であった。
その後スーパーロボットスピリッツやスーパーヒーロー作戦を経てαで現在に近い性格になるが、この時もまだ昔の雰囲気が抜けきっていなかった上に、
このαではオリジナルキャラが非常に優遇されており、版権キャラファンからも不評を買った。
(実際、次作であるα外伝に主人公がいないのはリュウセイやイングラムがハッチャケ過ぎたからだとプロデューサーの寺田氏が語っている)

OGでは、過去のリュウセイの悪い部分を抽出したようなキャラクター「テンザン・ナカジマ」という
ライバルキャラが登場し、まるで過去の自分を捨てるかのように明確にキャラの違いを見せつけた。
そのOGでもキョウスケ等上官に対して呼び捨てをする等も不評だったのか、OG2では敬語も多用するようになった。

この様に、ファンの声で性格がどんどん修正されていったキャラであり、現在は「良くも悪くもキャラが変わった」などと言われる。
まあ、現在の性格の方が良いキャラであるのは確かではあるのだが…

余談だが、テンザンはテンザンでその妙なキャラ立ちから一部よりコアな人気を得ている
世の中、何が幸いするか解らない物である。
ちなみにそのルックスから「汚い高橋名人」という愛称もあったりする。
+ビルトラプターについて
初出はGBA版『OG』。ドイツ語で『野生の猛禽』、『野生の小型肉食恐竜』。
マオ社が開発した初の可変型PT。
従来のPTが対空戦闘能力の低い点を補うために開発された機体で、大気圏内で飛行可能なフライヤー・モード(以下FM)への変形機構を持つ。
FM時に主翼となる背部大型バーニアスラスターにより、PT形態においても高いジャンプ能力やホバリング能力、滑空能力を得ている。
(当時はまだテスラドライブの小型化はされていなかった)
だが、変形機構のテスト時に大破事故を起こし、αシリーズでは開発中止、年表にエピソードを残すのみとなっている。

OGでは、この事故を起こしたのがキョウスケとなり、大破事故の原因も事前に変形機能に欠陥があるのは分かっていた(それでも事故が起きたのは、
上司の陰謀で機動実験が強行されたため)ためか開発続行。キョウスケが事故を起こしたのもあって、問題点の把握も早まり、変形機能は無事改修された。
そして、調整がまだ不充分だったR-1に代わりリュウセイが搭乗(R-1の本格参戦は中盤から)。
OGでは武装の付け替えが可能なためチューン次第では終盤まで運用が可能だったが、続編の『OG2』ではあえなく未登場となってしまった。
しかしアニメ『ディバイン・ウォーズ』ではラトゥーニに譲られ、リメイク版の『OGs』のOG2シナリオ、続編の『OG外伝』でも愛機として運用されている。
尤も、GBA版OG1キョウスケ編の時点で部隊合流時にラトはラプターに搭乗していたので最初からラプターはラトの乗機と設定されていたと見るべきであろう。
なお、彼女は別に専用機のフェアリオンがあるのだが、同機リクセント公国の所有であるため、普段はビルトラプターに乗っている。
(ただ、OGsではビルトラプターに乗せても強制出撃のたびに量産型ヒュッケバインMk-IIに乗りかえ、
 OG外伝ではフェアリオンが有ってもビルトラプターに乗り換え、何かとプレイヤーを困らせるのだが……)
『第2次OG』でも『ビルトラプター・シュナーベル』として強化改修されるなどシリーズ初期の機体でありながら破格の待遇を受けている。
一方でビルトラプターのように改修されることなくフェードアウトしたかと思えば、ヒュッケバインの呪いに巻き込まれて、
何故か唐突に量産型が生えた試作機もいるのだが…。ビルトシュバイン「猪も愛して…」


MUGENにおけるR-1

MUGENにおいては『スーパーロボット大戦OG2』のドットを用いたasd氏勢作のものが公開されている。
原作の武装は大体搭載されており、ストライカーとしてR-2やR-3なども登場する。
また、特殊ゲージを溜めることにより、SRXに合体もでき、完成度は高い。
『スーパーロボット大戦α for Dreamcast』で見せたサイバスターとの合体技、アカシックブレイカーも搭載されている。

出場大会

  • 「[大会] [R-1]」をタグに含むページは1つもありません。