ハッサム


―こうてつを ふくんでいる ハサミで とらえたものは
      どんなに かたくても こなごなに くだく―


原作ゲームでのハッサム

分類:はさみポケモン
タイプ:むし/はがね
高さ:1.8m
重さ:118.0kg
特性:むしのしらせ(HPが3分の1以下で虫タイプの技の威力が1.5倍になる)
   テクニシャン(威力60以下の技の威力が1.5倍になる)
夢特性:ライトメタル(自分の体重が半分になる 体重はくさむすびやけたぐりの威力に影響)

種族値

HP : 70
攻撃: 130
防御: 100
特攻: 55
特防: 80
素早: 65

任天堂のRPG「ポケットモンスター」に登場するポケモン。
「赤・緑」の頃から存在していたポケモン・ストライクの新進化形態で、「金・銀」で初登場した。
「金・銀」で新登場したタイプである『はがねタイプ』を持つポケモンの一体である。
ストライクにメタルコートを持たせて通信交換することでハッサムに進化する。

ストライクは直立したカマキリのような姿のポケモンで、両手が鎌で体色が緑色だったが、
ハッサムは両手がペンチのようなハサミに変化し体色も赤色に変化している。
それに伴いタイプも『虫・飛行』から『虫・鋼』になっており、能力値も素早さが下がった代わりに攻撃や防御が強化されている。*1
ちなみに、能力値の合計に関しては進化前のストライクと変わらない。(素早さの種族値を40下げて、攻撃と防御の種族値にそれぞれ20ずつ振り分けているため)
そのせいで能力値が低いと言われたりもするが、最終進化系の全てで見れば平均以上はあったりはする。
虫タイプの弱点だった『飛行』や『』を『はがね』で補える他、
毒を無効化するなど全体的な耐性が強化されているが、『』タイプの攻撃で受けるダメージは倍になってしまった。


生態

身長1.8m、体重118.0kg、別名「はさみポケモン」
全身の赤い外骨格は鋼のように頑丈で、鋼鉄を含んだハサミは岩をもこなごなにする。
また腕のハサミの目玉模様を使って、腕をまるで頭のように見せかけて相手を威嚇する。
背中の翅は高速で羽ばたかせることで体温を調節するために使われ、空を飛ぶことには使われない。

ゲームでのハッサム

「金・銀」ではこうげきとぼうぎょに優れたステータスと炎タイプ以外に弱点が無い優秀なタイプの組み合わせを併せ持つ、
虫タイプの中ではこれまで殆どいなかった高スペックのポケモンだったが、それに見合ったタイプ一致の高威力技を覚えられず*2
アタッカーとしては同時期に登場したヘラクロス(威力が高いタイプ一致技の「メガホーン」やこらえる→きしかいせいのコンボが強力)
に劣っていたため、「バトンタッチ」で他のポケモンにプラスの能力変化を引き継がせる補助要員としての運用が主流だった。

当時の活躍

「ルビー・サファイア」でタイプ一致技が増えた事によりその強さが徐々に開花し、
「ダイヤモンド・パール(プラチナ)」においては物理技・特殊技の仕様変更と
威力が60以下の技の威力が1.5倍になる新特性「テクニシャン」の恩恵、鈍足を補うはがねタイプの先制攻撃技「バレットパンチ」の習得を受けて一気にトップに上り詰める。

第5期「ブラック・ホワイト」では同タイプで素早さ以外は完全上位互換の種族値を持つシュバルゴや、鋼タイプ最速+特性「はりきり」によって命中力と引き換えに非常に高い攻撃力を持ったアイアントが登場するも、そもそもハッサムの最大の武器は両者とも覚えない前述の「バレットパンチ」と言え、それ以外にも前者は特性テクニシャンや技の豊富さ・後者は耐久面、回復技で差別化は図れている。
対人戦では要注意ポケモンであるナットレイ対策の為、炎技を持つポケモンが増えた事により全盛期ほどの活躍は見込めないと当初は思われていたが、相変わらず強ポケの名を欲しいままにしている。

見た目のかっこよさも相まって現在でも通信対戦の使用率の上位に食い込む人気ポケモンであり、シングルバトルでは能力値の全てを上回られているメタグロスを差し置いて使用率は鋼タイプ1位。
シングルバトルでは自身のタイプ耐性を活かした受け流しや後攻「とんぼがえり」(攻撃が成功すると味方に交代できる技 後攻で使用すれば味方を無傷で出せる)を使用したサポートメインの耐久型か、これとは逆に別の味方で場を整えた後に攻撃力を2倍にする「つるぎのまい」と威力強化アイテム「いのちのたま」を使用して高威力の「バレットパンチ」「むしくい」で相手をなぎ倒していくエース型の2つが主流となっている。
上記のどちらの型もラティオスとの非常に相性が良く、これらの組み合わせである「ラティハッサム」は有名。
スタンダードなPTに限らず多くのPTにも入れる汎用性の高さから約10年ぶりのシングルバトルの大会であった「ファミ通カップ」においてはこの2匹の使用率がそれぞれ1位、2位という強さと人気を見せつけた。

その強さが認められてか後に公式に「シングルバトル 最強クラスのポケモン」の一匹として配布される。
600族(出場制限がない中では最高級のステータスを誇るポケモン群の俗称)以外の中では唯一の選出。
ちなみにその際に公式に付けられた異名は「 鋼のテクニシャン 」。あの・・・むしのしらせとライトメタルは?

『X・Y』では鋼タイプの相性から ゴースト耐性削除で等倍化 という変更が加えられ耐久性が低下。とはいえ明確な弱点はやはり炎のみ。
その一方で新タイプのフェアリーが虫技に強く鋼技に弱いというタイプ相性の持ち主のため、今後はテクニシャンバレットパンチの依存度と脅威性がさらに上がることが予測される。
+さらに・・・
クリア後限定ではあるが、「ハッサムナイト」で メガシンカさせることが可能
こうなると、もとの特性がどれであっても「テクニシャン」で固定化され、攻撃は脅威の150まで上昇。
他のアイテムを持たせられない欠点が付くが、バレットパンチの脅威性は更に上がり、生半可では何も出来ぬまま倒されかねない。
この上、「つるぎのまい」で強化されたら手が付けられなくなる恐れがある。相手にする時は炎タイプでさっさと焼いてしまうに限る。

ポケモン+ノブナガの野望では物理・特殊の概念が無い、進化すると移動力が下がる、ステータスの単純化、技が各ポケモン固有の1つ(技は基本的にそのポケモンと同属性だが例外もいる)等の仕様で耐性が多い鋼とドラゴンは原作以上に硬い。
それに加えてハッサムは広い攻撃範囲と進化ポケとしては十分な移動力を持っているので、味方であれば悪・エスパーキラーとして心強いが、敵であればこの上なく厄介な存在になっている。相手にする場合はさっさと炎ポケモンで焼いてしまいたいところ。
BLPが産廃なヨシモト(今川義元)の相方筆頭である。

アニメでのハッサム

アニメ版では初登場回にしてサトシのヘラクロスと戦っており、
金・銀でデビューした虫ポケモン同士の対決というシチュエーションになっている。
素早さがストライクよりさがっているのにアニメではストライク以上の素早さを持つポケモンになっている
このほかライバルキャラ・シゲルの手持ちとしても登場しており、
サトシの手持ちポケモンでも強い部類に入るカビゴン、ベトベトンを立て続けに破るなど活躍をするも、切り札的存在であったリザードンには敗れる。
ぶっちゃけサトシのリザードンVSシゲルのカメックスのタイマンのシチュエーションを作る為の露払い役である。
他ホウエンリーグでの対戦相手であるカエデの手持ちや、エアバトルマスターと言われるミツゾーの手持ち、後者では翅で空を飛べないハッサムがおいかぜに乗って空中戦をしている。
劇場版の敵・ビシャスの手持ちとして登場するなど、非レギュラーポケモンの中では出番もメイン回も多い。
ちなみにとある回では、ゲームでは相性的に無効なはずの「どくづき」を喰らって倒されてしまっている。
まあアニメ版での相性無視なんて今に始まったことではないのだが

漫画版『ポケットモンスターSPECIAL』(通称:ポケスペ)においてはグリーンが使用。
グリーンが子供の頃から一緒に過ごしていたストライクが金銀時代に進化した個体である。
上記の通り、ストライクからハッサムに進化した場合、素早さが下がるのだが
グリーンのハッサムは何故か進化しても素早さが一切下がらなかったという規格外である。なんなんだアンタ
因みに初代時代のストライクでゴーストタイプをノーマル技である「きりさく」で倒すなど、結構規格外っぷりを見せてくれている。
まあ、グリーンいわく「核を攻撃すれば一撃で倒せる」らしいし、修行の結果常時「みやぶる」*3発動状態になったという事で…やっぱりダメ?
あと、ノーマルタイプの技で核を狙い撃ちする戦術はオーキド博士も使っていた事がキクコの口から語られている。
マジでなんなんだこの親子。

また『大乱闘スマッシュブラザーズDX』では、モンスターボールから出現するポケモンの1つとして登場。
特定のプレイヤーを狙って「メタルクロー」で攻撃する。一撃目をかわせたと思っても二撃目を喰らって場外KOすることがあるので侮れない。

+『ポッ拳』におけるハッサム

『ポッ拳』におけるハッサム

原作の積みエースのイメージを余すところなく生かした、自己強化型のインファイター。
5A「つるぎのまい」を積む事で、次に出すAボタン技に追加派生を出すことができる。
このつるぎのまい派生は総じて火力が高く、隙も軽減されるため乗せている状況でならガンガン押していくことができる。ストックは2つ可能なので出来るだけ確保して攻め込みたい。
ダッシュを持つ数少ないキャラであり、近距離での殴り合いもいけるが中距離での差し込みを得意とするタイプ。
完全な弾については性能があまり良くないので、牽制しつつつるぎのまいを積む事は困難。ダウンを取ったりフェイズチェンジを得て「安全な状況を確保しつつ積む」、という原作を忠実に再現した立ち回りを心掛けよう。

  • フィールドフェイズ
さっさと近づいて設置で有利状況を取りつつ攻めるタイプ。一応開始時の遠距離でつるぎのまいを積めるが、ラインの管理をされてしまう点は微妙か。
接近時はシュートで足元にホチキスの針のような設置を行うことができる。
設置しつつ中距離では溜めバックシュートや移動できる溜めブロック、近距離ではシンプルに設置の周辺でホーミング格闘で殴りかかるのが単純にして強力。
「前後左右へダッシュ」「ダッシュ中に方向転換」が行えるのが特徴で、間合い管理がやりやすい。移動と設置でアドバンテージをとりつつ攻め込もう。

  • デュエルフェイズ
中距離からダッシュYと6A「メタルクロー」での差し込みが本筋。中距離なら溜め4Xや溜めブロックなどのブロック貫通、発生の速い2A「バレットパンチ」も分の良い始動となる。
そこからつるぎのまいを積んでいれば派生攻撃でエリアルにご招待。
エリアルからのJA「つばめがえし~つるぎのまい派生」は補正が緩く滅茶苦茶運んで壁ボーナスの30ダメージを確保しやすい、火力の高いコンボパーツであり、ここに持っていくのが最終目標である。
近距離でも逆択の飛ぶブロック攻撃、4A「とんぼがえり」(派生で更に大ダメージ)、近距離に出せる1A入力のバレットパンチやそこから派生して投げるむしくいといった択一攻撃が仕掛けられるが、やはり中距離からのぶっこみが魅力。むしくいについては相手のステータス上昇を奪う原作再現効果や、空中の相手を掴めるといった効果もある(生で当たるのは珍しいが)。
差し込みのがメインのため攻められる状況についてはあまり強くないが、対空については判定こそ貧弱なもののリターンが特大のJYによる空対空と頭無敵で比較的安全に落とせるがリターンが薄い8Yあたりから選択したい。とりあえずとんぼがえりも強力ではある。

共鳴バースト中はメガハッサムへメガシンカする。共鳴中は「つるぎのまい」を1回行うだけでストックが2つ溜まる、という単純にしてハッサムのポテンシャルを最大限に生かすボーナスを得ることができ、小回りの利く弱(各種Y)攻撃が強化される。
バーストアタック「オーロラメテオダイブ」も強力。指数関数的な軌道で横と斜め上を広くカバーする突進技のためジャンプ逃げも一切許さず、更に空中で終わるにも関わらずフレーム関係は不利程度で確反もない。発生の速い技は弱攻撃なので、そもそも未共鳴状態ではアーマーのせいでよろけをとれず実は有利Fでもない、という事すらある。
空中をカバーするBAはダークミュウツーなどのように確反があることが多く、かなり優遇されているポイントである。

MUGENにおけるハッサム

海外産の製作者不明の手描きのものと、その製作者不明のもののスプライトをベースにJozetPoet氏が改変したもの、
そしてミロカロスの製作者でもあるメフィ夫氏のものが存在する。
前者2つの名前はハッサムの海外名であるscizorになっている。

メフィ夫氏のものはデフォルトでAIも搭載されており、通常カラーなら強くらいの一般的なキャラと同じ位の強さで、一部のカラーだと狂上位以上にもできる。
そのため、普通の大会動画や狂上位以上向け大会に使う場合は、メフィ夫氏のものが使いやすいだろう。
プレイヤー操作で使う場合は、JozetPoet氏の改変版も見栄えがし、readmeにコマンドもあるので使ってみてもいいかもしれない。

+海外産製作者不明 手描き(scizor)
  • 海外産製作者不明 手描き(scizor)
翅がなぜかピンクがかった色になっており、サイズも少し小さめで、ライフが760でATKも90しか無い。
またreadmeも付属しておらず、ガードのコマンドがcやzのキー入力になっているので、使う時には注意。
赤い残像を残しながら移動する技などを使い、他にも瞬間移動攻撃や見た目以上の広範囲を攻撃する頭突き、エネルギー弾で攻撃する技などがある。
AIは搭載されていない。
+JozetPoet氏改変版(JPScizor)
  • JozetPoet氏改変版(JPScizor)
JozetPoet氏が製作者不明の手描きscizorを改変したもの。
体色が赤っぽくなり翅の色が白に修正され、身長と能力値も一般的な値になっている。ファイル名はJPScizorとなっているが、ディスプレイネームはやはりscizorである。
AIは無いもののバランスの取れた性能となっており、きちんとreadmeも付属しているので、人操作なら問題無く使うことができるだろう。
グラフィックや動きもなかなか完成度が高い。
技も改変元とは別物で、だいたい性能は下の解説のような感じである。
基本的にはTakeDownなどの移動技で接近し、接近戦で戦うのが向いている。
現在は更新の作業中のため、公開停止中である。
+JozetPoet氏改変版の技の解説
()内は和訳技名

コマンド技

TakeDown(とっしん)
相手に高速で突進する。威力は70位の移動技で、一気に相手に接近でき、しかも相手をダウンさせられるので非常に使い勝手がいい。
Slash(きりさく)
腕を振り下ろして斬りつける。威力も30程度だが、背の低い相手にも当てやすい。
Vicegrip(はさむ)
ハサミで相手を挟んで攻撃する。威力は40程度だが、少し前進しながら使う技なので当てやすい。
MetalClaw(メタルクロー)
Vicegripを強化したような性能の技。使用時に体が銀色になり、威力も60程度に上がる。
FlipKick(不明)
相手の足元に蹴りを放つ。威力は低いが相手をダウンさせる効果がある。使用時にバックステップのように少し後退する。
QuickAttack(でんこうせっか)
瞬間移動して攻撃する突進技。移動距離はそれなりだが、瞬間移動時には姿が消えて食らい判定も消失する。威力は60程度。
AirSlash(エアスラッシュ)
空気の刃を2連続で飛ばして攻撃する飛び道具技。そこまで連射できる訳ではなく、威力も低い。遠距離戦時の牽制などに使おう。

ゲージ技

NightSlash(つじぎり)(1ゲージ消費)
2連続で斬りつけて合計1.5割程度のダメージを与える技。かなり相手に近づかないと当たらない。
BulletPunch(バレットパンチ)(1ゲージ消費)
その名の通り弾丸のように高速で相手に接近し、連続攻撃を叩きこむ乱舞技。威力は合計1.3割程度だが、一気に相手に接近できる突進技で使い勝手がいい。TakeDownの性能を強化したようなイメージ。
HyperBeam(はかいこうせん)(3ゲージ消費)
前方に太いビームを放ち、直撃すれば相手に4.5割近くものダメージを与えられる。使用後に動けなくなる隙が生じるが、隙はわずかな時間で、相手にガードされてもガードした相手を吹き飛ばして画面端まで追いやれるので、相手に後ろにでも回り込まれない限り反撃を心配しなくてもいいだろう。
+めるふぃむ氏(旧名:メフィ夫氏)製作 ハッサム
  • めるふぃむ氏(旧名:メフィ夫氏)製作 ハッサム
同氏のミロカロスと対になる形で、ミロカロス(姉)の恋人という設定からボイスはミロカロスのボイス元の白レン旦那七夜志貴となっている。
必殺技には手描きのカットインも搭載されている。
デフォルトでAIも搭載されており、通常カラーなら一般的な強キャラといい勝負をしてくれる強さなので動画にも使いやすいだろう。
移動技の高速移動は、使用時の姿が消えている間は食らい判定も消失するので、回避にも使える。
とはいえ高速移動に攻撃判定は無く、ハッサム自身に投げ技や攻撃範囲に優れた技も無く、反撃も食らいやすいのでそこまでヤバい技では無い。
飛び道具が少なく遠距離戦は苦手なので、この高速移動を使って近距離戦に持ち込むという戦い方がメインとなる。
AIだとこの高速移動を多用するのでまるでジェネラルドラゴンボールのような戦闘風景になる。
といっても、前述のように壊れた性能の瞬間移動ではなく、一般的なキャラやレトロゲームのキャラでも充分対応できるので問題無いだろう。
一時期公開停止していたが、ドット絵を描き直し、チェーンコンボを搭載した物が再公開された。
11P、12Pカラー
性能が凶悪化する特殊カラーも搭載し、11Pカラーはゼットンを、12Pカラーはアザゼルを倒せるぐらいとのこと。
強さとしては確実に狂上位以上、12Pは準神になる位なので使う時は注意。

と、ここまで読んでわかったと思うが、MUGENのハッサムは全員スピードを活かした攻撃で戦うキャラである。
瞬間移動やスピード技、電光石火などのスピードアタッカーな性能や立ち回りはむしろ進化前のストライクだと思うかもしれないが、
原作ゲームでの防御や耐久、対戦での戦術は、通常の格闘ゲームのキャラと戦わせる場合は表現しにくいので仕方ないだろう。
素直に格ゲー補正だと割り切って使おう。

出場大会




*1
第5世代では「しんかのきせき」というアイテムが登場し、進化前のポケモンに持たせると防御と特殊防御が1.5倍になるという効果なのだが
これはストライクも例外ではなく、持たせた場合はハッサムの防御・特防を上回る数値になる。
ただしストライクはハッサムよりも弱点タイプが多いため総合的な耐久面で優れているわけではない。

*2
一応、ハッサムの登場した第二世代では固体ごとに属性と威力が変わるめざめるパワーという技も登場し、
そちらでタイプ一致で最大威力となる威力70の虫属性めざパを狙うという選択肢もあったのだが、
ポケモンごとに威力とタイプが変動する(詳しくは こちら を参照)ため狙ったタイプと威力を得る事が難しく、
通常の厳選と合わせると非常に困難なため、あまり一般的ではないのが実情だった。

*3
敵の回避率を強制的に元に戻す効果を持つ「金・銀」から登場した補助技。
回避率を上げる「かげぶんしん」対策にうってつけの技になっている。
というのも、この技が出るまでは敵味方全ての補助・妨害効果をリセットする「くろいきり」しか回避率を下げる方法がなかったため、
「かげぶんしん」連発してじわじわと追い詰める戦術が本当に強かったのである。
更に、この技にはゴーストタイプに使うとノーマル、かくとうタイプ無効化を強制解除する効果もある。
ただし、あくまでも「普通に技が通るようになる」だけであり、「こうかはばつぐん」にはならないのでそこには注意。