うちはサスケ

「兄さん…!まずは一人目だ。」


『NARUTO』に登場するキャラクター。
主人公うずまきナルトの友人の一人にしてライバル。兄はうちはイタチ
担当声優はブローノ・ブチャラティなどを演じる、杉山 紀彰氏。

忍者アカデミーの主席での卒業を始め、幼少の頃から容姿端麗で実力も高い天才肌のキャラとして描かれており、女子からもモテモテ。
下忍になった頃には下忍レベルの術だけでなく中忍レベルの術を使いこなしていた。
空気ヒロイン・春野サクラからも想いを寄せられており、サクラに片想いしているナルトからは対抗意識を燃やされている。
しかし本人は一族を皆殺しにした兄のイタチを激しく憎悪しており、いずれも気にかけていない。
初めは周りを見下していたが第七班のナルトやサクラ達との交流の中で徐々に心を開いてゆき、仲間・友人として認めてゆく。

その後再会したイタチに戦いを挑むも全く相手にされず、その時から焦りとナルトへの劣等感を見せるようになる。
そしてある日、音の四人衆に大蛇丸の元へ誘いを受けたサスケは力を欲するあまり里を抜け大蛇丸の下に行く事を決意。
ナルトとの決闘の末に袂を分かち、大蛇丸の元へ向かう。

+ 第二部以降の展開(ネタバレ)

主な使用術はうちは生来の属性である火遁系の術、及び担当上忍であるはたけカカシから習った雷遁「千鳥」。
大蛇丸を取り込んでいた時は大蛇丸のオリジナル術も使用していた。
その後、うちは一族のみが開眼するという「写輪眼」を開眼。
この写輪眼、忍術・幻術・体術などの技を全て見切って模倣することができるというトンでもないチート能力。
この能力の登場を皮切りに、ほかのキャラクターたちもブッ飛んだ能力を身につけ始め、
ジャンプ漫画的戦闘力インフレを引き起こす発端ともなっている。

+ サスケの瞳術


ネット上での扱い

『NARUTO』のコラによるネタ扱いの元凶、ナルトスの詳細はうちはイタチの項目を参照。
この発端であるサスケとイタチの決戦(「サスケェ!」)、語られるうちはイタチの真実(「犠牲になったのだ」)、
海辺での決意(「キー」)までの一連のシーンの主役が彼だったのが運の尽き。
イタチらと一緒にナルトスの中心メンバーに巻き込まれた彼はあらゆる場面で 「やめろォ!!」 と叫び、或いは涙を流し続けることとなる。
(他、 「ろくな思い出がねぇ……」「木の葉を潰す」「信じられるか」 等)
サスケの両親やうちはマダラも加わり、「またうちは一族か」と言われる風評被害も。

その後、ハッピーセットのオモチャとしてサスケの チャクラ宙返り のアクション玩具が登場。
その酷い造形ガニマタで印を結びながら宙返りするシュールさが合わさり、別な意味で大人気となる。
台湾の画像掲示板では何故かサスケの頭の上に色々な物を乗せる遊びが流行した。そういう玩具じゃねえからこれ!!
当然の如くナルトスに取り入れられると同時に、ナルトス文化がふたば☆ちゃんねる外に流出する切っ掛けとなった…と言われている。

『NARUTO』ファンに受け入れられない人が居るかと思えばナルトスから『NARUTO』に入る人が居たり、
ふたば側がニコニコへの流出を嫌っていたりと、少々取り扱いに気を付けたいネタでもある。
キワミと似たような立場と言えば分かりやすいか。
その流出先であるニコニコでは、本家ナルトスで扱われていないキャラの追加、コラ画像をアニメにより音MADとして再現するなど、独自の発展を遂げている。

MUGEN動画においてサスケと名の付くキャラクターが登場した際に「サスケェ!」でコメントが埋まるのは大体彼の…いや、兄のせい。


MUGENにおけるサスケ

少なくとも4体のサスケが確認されている。
それぞれフォルダ名が違うので同時に入れても大丈夫な嬉しい仕様。

  • Cyanide氏作
ボイスがかっこいい。
アクションゲームの仕様で画面上に出るアイテムを取ると
クナイや手裏剣が投げれるようになったりする。

  • Fire M Team氏作
頭身が低いがサイズは普通なので問題ない。
普段は通常攻撃も繋がらないくらいだがゲージを使い写輪眼を開くと性能が上昇する。
defファイルが2種類ある。

  • StickofDoom氏作
アクションゲーム「NARUTO-ナルト-最強忍者大結集4」のスプライト。
サイズはやや小さめ。

  • YOUKAI氏作
フォルダ名やディスプレイネームがsasuke-kun。
多分この中で一番格ゲーに近い仕様。
技が多彩で出来もいいが全体的に発生が遅い印象。
分身で援護するストライカーのナルトの方が目立つことも。
「たまに神ベガに勝った」という理由で、普通のキャラなのに即死当身なしトーナメントに出場させられたサスケがこれ。

出場大会