うちはサスケ

「兄さん…!まずは一人目だ。」


『NARUTO』に登場するキャラクター。
主人公うずまきナルトの友人の一人にしてライバル。兄はうちはイタチ
担当声優はブローノ・ブチャラティなどを演じる、杉山 紀彰氏。

忍者アカデミーの主席での卒業を始め、幼少の頃から容姿端麗で実力も高い天才肌のキャラとして描かれており、女子からもモテモテ。
下忍になった頃には下忍レベルの術だけでなく中忍レベルの術を使いこなしていた。
空気ヒロイン・春野サクラからも想いを寄せられており、サクラに片想いしているナルトからは対抗意識を燃やされている。
しかし本人は一族を皆殺しにした兄のイタチを激しく憎悪しており、いずれも気にかけていない。
初めは周りを見下していたが第七班のナルトやサクラ達との交流の中で徐々に心を開いてゆき、仲間・友人として認めてゆく。

その後再会したイタチに戦いを挑むも全く相手にされず、その時から焦りとナルトへの劣等感を見せるようになる。
そしてある日、音の四人衆に大蛇丸の元へ誘いを受けたサスケは力を欲するあまり里を抜け大蛇丸の下に行く事を決意。
ナルトとの決闘の末に袂を分かち、大蛇丸の元へ向かう。

+第二部以降の展開(ネタバレ)
大蛇丸の元で修行をし、ナルト達を圧倒する力を身に付ける。
元々大蛇丸の転生の器として誘われたのだが、転生の儀式によって肉体を吸収されそうになった際に
写輪眼の瞳術で術を跳ね返し、逆に大蛇丸のすべてを乗っ取った。
そして目星を付けていた大蛇丸の部下を勧誘、彼らと共に『蛇』を名乗りイタチとの再戦を目指す。
暁との闘いを経て念願のイタチとの戦いが実現、苦戦の末に勝利を収める。

だがその後にトビ(又はうちはマダラ)からイタチの真実を知ったことで激しく動揺。(この際に万華鏡写輪眼を開眼)
葛藤の末に「木の葉を潰す」という結論に至り、組織名を『鷹』と改める。
第七班の仲間だったサクラに躊躇い無く殺す気で掛かり、同士との契約の為に八尾・キラービーを生け捕りに(後に失敗と判明)、
五影会談に乱入してイタチの仇である当時の木の葉上層部・ダンゾウを殺害(この際『鷹』の仲間ごと迷わず串刺しにした)。
復讐の人生を突き進んだ結果、木の葉を含む各国から指名手配犯となった。
この間の度重なる写輪眼の酷使による視力の低下を機にイタチの写輪眼を移植、馴染むまで休息を取る。

兄の写輪眼が馴染んだサスケを待っていたのは、同士・トビが世界に仕掛けた第三次忍界大戦の知らせだった。
ここで何と、トビ側の戦力として薬師カブトにより禁術・穢土転生で黄泉から舞い戻ったイタチと遭遇。
事前にカブトの支配から脱却していたイタチは、カブトの穢土転生を解除しようと動いていた。
兄に真実を語らせるため、兄と共闘しこれをサポート、カブトの無力化に成功する。
イタチは約束通りサスケの復讐の原点たるあの日の真実を語り、穢土転生の解除と共に天へと帰った。

一族とは、忍とは、里とは何か。
サスケは兄を追い詰めた元凶であると同時に兄が守ろうとしたものの歴史を知ろうと動きだした。
かつての師・大蛇丸の手を借り、大蛇丸の穢土転生で歴代の火影達を復活させ、
忍の里の創設者たる初代火影が語る歴史を聞き、遂にサスケは復讐以外の結論に辿りつく。
歴代の火影達と共に戦場に向かい、ナルトと共闘してトビ達と決戦、最終的に全ての黒幕に勝利した。

……と思われたその時、サスケはナルトとの最後の戦いを望む。
サスケの結論は「革命」、即ち五影や尾獣を殺して全ての過去のシステムを断ち、自分一人で全ての怨恨を受け止めるというもの。
かつてと同じ地・終末の谷にてナルトと全ての力をぶつけ合い、痛み分けの末に自らの負けを認める。
終戦後は各地を巡る旅を始め、エピローグではサクラとの間に一人娘・サラダが産まれている。

以上のように、ナルトとは別視点でサスケの行動も『NARUTO』の物語の進行に裏から表から関わっており、
ナルトと枝分かれた長い苦悩の旅路の末、最終的にナルト達の下に戻ってくる。
彼もまた紛れも無く『NARUTO』のもう一人の主人公といえよう。

主な使用術はうちは生来の属性である火遁系の術、及び担当上忍であるはたけカカシから習った雷遁「千鳥」。
大蛇丸を取り込んでいた時は大蛇丸のオリジナル術も使用していた。
その後、うちは一族のみが開眼するという「写輪眼」を開眼。
この写輪眼、忍術・幻術・体術などの技を全て見切って模倣することができるというトンでもないチート能力。
この能力の登場を皮切りに、ほかのキャラクターたちもブッ飛んだ能力を身につけ始め、
ジャンプ漫画的戦闘力インフレを引き起こす発端ともなっている。

+サスケの瞳術
天照(アマテラス)
サスケの左目に宿った、うちはイタチと同じサスケの万華鏡写輪眼における主力術。
ピントが合った地点にあらゆるものを焼きつくし対象を焼きつくすまで消えない黒い炎を呼び出す。
大量のチャクラを消費するため乱用はできない。
炎遁・加具土命(えんとん・カグツチ
サスケの右目に宿ったあらゆる炎を操る術。
天照を剣や勾玉状に形態変化させる、延焼を防ぐために鎮火させられるなど、燃費が悪く使いづらい天照の使い勝手を上げている。
須佐能乎(スサノオ)
上記二種類の術が宿った時に使えるようになった。
サスケのものは超高速の矢を射出する他、上記の術と組み合わせて天照の剣などを使用する。
あと見た目がライディーン
イタチの眼を移植し「永遠の万華鏡写輪眼」となった後は「完成体・須佐能乎」となり下半身と翼が生えた。
輪廻写輪眼(りんねしゃりんがん)
六道仙人から譲り受けて得た力。
一定範囲内にある視点の先に物体と自身の位置を交換する「天手力男(アマノテヂカラ)」を使う。
また、「須佐能乎」に無限月読の光を阻害する力の付与や、うちはマダラの「輪廻写輪眼」の力である「輪墓・辺獄(リンボ・へんごく)」で呼び出された不可視のマダラを視認することが可能。


ネット上での扱い

『NARUTO』のコラによるネタ扱いの元凶、ナルトスの詳細はうちはイタチの項目を参照。
この発端であるサスケとイタチの決戦(「サスケェ!」)、語られるうちはイタチの真実(「犠牲になったのだ」)、
海辺での決意(「キー」)までの一連のシーンの主役が彼だったのが運の尽き。
イタチらと一緒にナルトスの中心メンバーに巻き込まれた彼はあらゆる場面で 「やめろォ!!」 と叫び、或いは涙を流し続けることとなる。
(他、 「ろくな思い出がねぇ……」「木の葉を潰す」「信じられるか」 等)
サスケの両親やうちはマダラも加わり、「またうちは一族か」と言われる風評被害も。

その後、ハッピーセットのオモチャとしてサスケの チャクラ宙返り のアクション玩具が登場。
その酷い造形ガニマタで印を結びながら宙返りするシュールさが合わさり、別な意味で大人気となる。
台湾の画像掲示板では何故かサスケの頭の上に色々な物を乗せる遊びが流行した。そういう玩具じゃねえからこれ!!
当然の如くナルトスに取り入れられると同時に、ナルトス文化がふたば☆ちゃんねる外に流出する切っ掛けとなった…と言われている。

『NARUTO』ファンに受け入れられない人が居るかと思えばナルトスから『NARUTO』に入る人が居たり、
ふたば側がニコニコへの流出を嫌っていたりと、少々取り扱いに気を付けたいネタでもある。
キワミと似たような立場と言えば分かりやすいか。
その流出先であるニコニコでは、本家ナルトスで扱われていないキャラの追加、コラ画像をアニメにより音MADとして再現するなど、独自の発展を遂げている。

MUGEN動画においてサスケと名の付くキャラクターが登場した際に「サスケェ!」でコメントが埋まるのは大体彼の…いや、兄のせい。


MUGENにおけるサスケ

少なくとも4体のサスケが確認されている。
それぞれフォルダ名が違うので同時に入れても大丈夫な嬉しい仕様。

  • Cyanide氏作
ボイスがかっこいい。
アクションゲームの仕様で画面上に出るアイテムを取ると
クナイや手裏剣が投げれるようになったりする。

  • Fire M Team氏作
頭身が低いがサイズは普通なので問題ない。
普段は通常攻撃も繋がらないくらいだがゲージを使い写輪眼を開くと性能が上昇する。
defファイルが2種類ある。

  • StickofDoom氏作
アクションゲーム「NARUTO-ナルト-最強忍者大結集4」のスプライト。
サイズはやや小さめ。

  • YOUKAI氏作
フォルダ名やディスプレイネームがsasuke-kun。
多分この中で一番格ゲーに近い仕様。
技が多彩で出来もいいが全体的に発生が遅い印象。
分身で援護するストライカーのナルトの方が目立つことも。
「たまに神ベガに勝った」という理由で、普通のキャラなのに即死当身なしトーナメントに出場させられたサスケがこれ。

出場大会