ラドン


空飛ぶ戦艦か!火口より生まれ地球を蹂躙する紅蓮の怪鳥ラドン

1956年に公開された東宝の怪獣映画にして、日本の怪獣映画初のカラー作品『空の大怪獣ラドン』に初登場した怪獣
ゴジラモスラと共に「東宝三大怪獣」と称されている。

中生代の翼竜プテラノドンが核実験の放射能や火山ガスによる高温化の影響で変異した怪獣で、
日本の怪獣映画において最初に空を飛び 、飛行能力を使って暴れまわった怪獣である。
飛行速度は音速を超えるマッハ1.5(初代)を誇り、飛行時に発生させるソニックブームは、周囲を破壊する強力な武器となる。
翼の力も強く、地上で羽ばたけば巻き起こす突風と竜巻は街を破壊し、戦車をも吹き飛ばす。
初登場時にはゴジラと直接の関係は無かったが、後の『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964)でゴジラと前半で対決、
後半で協力してキングギドラと戦った事を切っ掛けに後のシリーズで ゴジラの相棒 として活躍した。

各シリーズでの活躍

初代ラドン

1956年の『空の大怪獣ラドン』では阿蘇の炭鉱内部の巨大な卵から孵化。
同じく炭鉱内で復活した古代トンボの幼虫メガヌロンを食べて成長する。
成長後は福岡や佐世保などで暴れまわり、衝撃波と強風で街を壊滅させた。
生まれた場所である阿蘇山を巣窟として付近を訪れる観光客などを餌にし、生活していたが
自衛隊のミサイル攻撃の集中砲火を受けて追い詰められ、
最後は集中砲火が原因の、阿蘇山の噴火に巻き込まれて噴火口へと消えていった。

この映画には2匹のラドンが出現しており、片方のラドンの危機を助けにもう一匹が出現したようにとれる形で出現した。
この2匹は設定上はつがいとなっており、劇中で直接の描写は無いものの、日本で初めてのつがいで登場した怪獣でもある。

映画そのものも、戦闘機とラドンの空中戦や西海橋の破壊シーン、福岡市を強風で壊滅させるラドンなどの特撮の凄まじい迫力、
火口に消えていくラドンのもがきがもの悲しいラストシーンなどにより評価が高く、後の怪獣特撮に大きな影響を与えた。
ちなみにこのラストシーン、元々はラドンは死ぬことはなかったのだが
ラドンの飛び人形を吊っていたピアノ線が熱に耐えられず切れてしまったという事故を
円谷英二が操演スタッフのアドリブと勘違いして撮影が続けられた結果生まれたものである。

2代目ラドン

1964年の『三大怪獣 地球最大の決戦』で再登場。やはり阿蘇山から出現した。
1956年に出現した初代と同一個体という説もあるが、外見の違いなどから別の個体と扱われる事も多く、
怪獣図鑑によっては1964年以降のラドンを2代目と表記していることもある。
(1956年に出現したラドンはつがいという設定であったため、この2体の子供ではないかとする説も存在する)
好戦的な性格で戦闘能力は高く、当時のゴジラ相手に互角の戦いを繰り広げた。
ゴジラの放射熱線(といっても、前作でのモスラ戦のダメージにより白熱光に劣化していたが)も効果は薄く
地上のゴジラの攻撃を飛んで回避、クチバシでの攻撃や強風でゴジラを攻撃、
さらには2万トンのゴジラを足で掴んで飛び上がり、地面に落して叩きつけるという荒技を披露した。
このように最初はゴジラと仲が悪く、モスラに共にキングギドラと戦おうと呼びかけられてもゴジラと共に拒否したが、
単身キングギドラに立ち向かい苦戦するモスラを見て、最終的には協力してキングギドラに立ち向かった。

次回作の『怪獣大戦争』でもゴジラと協力し、ギドラと戦った。
本作の最後ではゴジラを持ち上げて飛行し、相手に体当たりするという合体攻撃を披露し、キングギドラを再び敗走させている。
この2作によってラドンは「ゴジラと互角の強さを持つ頼もしいゴジラの仲間」という地位を確立し、当時の子供に人気となった。
後にラドンの着ぐるみが使えなくなった後も、このポジションはアンギラスに受け継がれることになる。

ちなみに『怪獣大戦争』で登場した侵略者、X星人は、ラドンの事を「怪物02」と呼んでいる。
後の『怪獣総進撃』でも、地球怪獣軍団の一員としてキングギドラやキラアク星人と戦った。
その他には1972年の『地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン』において、バランと共に登場も検討されていたが、
アンギラスに変更され、この時はバラン共々出演できなかった。

平成シリーズのラドン

+ 詳細


ゲーム『ゴジラ爆闘烈伝』でのラドンの性能

ゴジラ 怪獣大決戦』の前作であるPCエンジンの『ゴジラ爆闘烈伝』に登場。
対戦モードでも始めから使用可能で、ストーリーモードでは第1ステージで選択できる対戦相手の1体として登場する。
昭和の2代目版として作られており、ジャンプ中に特定のボタンを押す事で、その高度で飛行し、その高度内で左右に動けるようになる。
飛行時の移動速度はそこまで速くは無く、飛行中はゲージが増加しなくなり、対地上の飛び道具である竜巻はゲージを消費する。
それに飛び道具などの性能も後述のように普通なので、ペットショップなどほども壊れ性能では無い。
とはいえ、格闘ゲームでは珍しいタイプの性能だと言えるだろう。
地上戦でもそれなりに戦える性能もあり、『ゴジラ 怪獣大決戦』のモスラとは違ってガードやしゃがみも使用可能。
地上ではくちばしや翼で殴りつける攻撃、敵を掴んで飛び上がり落として地面に叩きつける投げ技などで攻撃できる。
飛び道具は羽ばたきで竜巻を発生させる技で、発生した竜巻は直進する。しゃがみでは竜巻は回避不能。
飛行中は斜め下に向けて竜巻を飛ばすこともできる。


MUGENにおけるラドン

なだげつ氏が製作したものが公開されており、kuron氏によって外部AIも公開されている。
さらに数多くの怪獣キャラを手掛けたmuu氏による「大怪獣決戦風ラドン」も公開されている。
なだげつ氏版は独自のアレンジ、muu氏版は怪獣大決戦の仕様をイメージしたアレンジ仕様となっており、
どちらのラドンもAI導入時のAI戦なら一般キャラ~強キャラと言える強さに仕上がっている。
他にはAIが存在しないものの、くねくね氏の製作した現代格ゲー風アレンジ仕様のラドンも公開されている。
なだげつ氏版を基にRIGHT氏が狂改変を加えたものも公開されていたが、現在は公開停止。

それぞれのラドンの大まかな違いとしては、
超必殺技が空中を横切りソニックブームで地上を攻撃する技であるなだげつ氏版、
空中を自由に飛行可能で超必殺技が巨大な竜巻を発生させる技であるmuu氏版、
ダッシュで斜め上に飛行し超必殺技が口からの熱線であるなど技の種類が大きく異なるくねくね氏版
といった感じに超必殺技や飛行能力に大きな違いが見られる。必要に合わせて使い分けるといいだろう。

+ なだげつ氏製
+ RIGHT氏製・狂改変版
+ muu氏製・大怪獣決戦風ラドン
+ くねくね氏製「現代格ゲー風アレンジラドン」

出場大会

出演ストーリー