ユーリ・ローウェル


「オレはもう選んだんだぜ。忘れたのか?」

テイルズ オブ ヴェスペリア』の主人公。シャドルー親衛隊とかではない。
年齢は21歳、身長180cm。CVは鳥海浩輔


設定

帝都ザーフィアスの下町に住む青年。両親は産まれてすぐいなくなっている。フレンとは物心つくときから一緒に暮らしている幼馴染で兄弟同然とも紹介されたことがある。
かつては人々を守るため騎士団に入団したが、腐敗した内情を目の当たりにして失望し、(僅か三ヶ月で)退団。
彼の武醒魔導器(腕輪)は退職金代わりにと失敬したもの(劇場版では部隊長であったナイレンの形見)。
その後は下町を守る用心棒の真似事をしながら暮らしている。
そのためか少し冷めた性格で皮肉屋だが、根は人情に溢れ、困っている人を放っておけない
相棒的存在である、「ラピード」という名前の隻眼の雄犬を連れている。
後に「カロル」をリーダーとしてギルド「凛々の明星(ブレイブヴェスペリア)」を結成する。
下町で自炊して生活していた為、料理が上手い。で、嫌いな食べ物は特にない。
一応ゲームでは「グミのような子供向けの味は苦手」と言ってはいるが、劇場版では手にいっぱいのアップルグミを口に放り込んでいる姿が見受けられる。
左利き。実は猫耳萌えらしい。

散々お上の横暴を目にしてきた為、貴族や役人を嫌っており、権力者にも敬語を使わない。
法で裁くことのできない悪に対しては暗殺さえ辞さない危うい正義感が祟り、親友のフレンと対立していくこととなる。
自らの「罪」を自覚し、いつか裁かれる「覚悟」を固めているアンチヒーロー。

人の名前を略して愛称をつけることがあり、ヒロインであるエステリーゼのことを最初に「エステル」と呼び始めたのも彼である。
また、ジュディスのことも「ジュディ」と呼んでいる他、カロルを「カロル先生」、レイヴンを「おっさん」と呼ぶ。
因みに名前だけでなく技名も略す。「蒼破刃→蒼破」「爪竜連牙斬→爪竜連牙」など。
それなのに秘奥義「漸毅狼影陣」では「閃け、鮮烈なる刃!無辺の闇を鋭く切り裂き、仇為すモノを微塵に砕く!」とやたら 厨二くさくて 長い口上を述べながら滅多切りしている。
通称「念仏斬り」(「黙って戦えない病」とも)。まあもっと長いセリフを喋る人もいるが。
挙句後述のPXZでは口上はフルで言うのに技名を「狼影陣」と略す事も。

従来の主人公が覚える技(魔神剣、虎牙破斬、秋沙雨など)を殆ど覚えず、フレンの方が主人公の技を覚えることや、
コンセプトが「RPGの主人公」という事とユーリの特徴が特徴なだけに、「フレンの方が主人公」と言われることもある。
またもう一人パーティキャラのカロル(12歳)は序盤こそかなりのヘタレだが中盤から終盤にかけて大きく成長し、
それこそユーリ以上に主人公的な活躍をするシーンもあるため「カロルの方が主人公」と言う人もいる。
スタッフからも「従来のテイルズなら主人公はフレンかカロル」と言われている。
基本的には他のメンバーの成長を見守るポジションとなっている。

スタッフやファンからは「ダークヒーロー」と呼ばれているユーリであるが、それについては疑問が残るキャラとなっている。
王道から外れたユーリの行為を批判する者はほとんどおらず、ダークヒーロー特有の強い信念や悲壮感も感じない。
また、権力者ならたとえ善良でも態度が悪い点、フレンを一方的に責める点なども良く批判の対象にあがる。
そのためダークヒーローじゃなくて普通の主人公、という意見も少なくない。
そういった疑問点・批判点がシナリオにも密接に関わっている為、作品自体の批判に波及する事も多い。
ここに、テイルズオブシリーズ固有、各作品ファン同士の対立やシリーズ全体の過剰な信者とアンチの対立、
加えて後述するクロスオーバー作品『バーサス』での低評価なども絡んできてまたややこしく、
好きな人と嫌いな人で評価が極端に分かれる賛否両論な主人公となった。

尤も、テイルズオブシリーズの作風でユーリを徹底したアンチヒーローとして描いても誰得だ、と言う問題もある。
バットマンロールシャッハ並の、敵に異常者と呼ばれるほどの主人公がテイルズオブシリーズに似合うかと言うと、これは論を待たない所。
ダークヒーローと言うのも、「少し王道を外れたヒーロー」ぐらいのつもりで受け取るのが良いだろう。
やってることを鑑みると高橋英樹版桃太郎侍あたりが近いヒーロー像だろう。
でもファンから言われるネタ的な愛称は必殺仕事人


ゲーム中の性能

武器は剣、または斧。サブウェポンはナックル。
剣は腰に下げることはせず、鞘に紐を巻きつけ、鞄のようにして常に手に持っており、
イベント中に戦闘になると、鞘を振り払うようにして投げ捨てる
街中や洞窟はともかく山頂ですら躊躇い無く投げ捨てるため、動画の該当シーンでは鞘の行方を案ずるコメントが後を断たない。

ゲーム中の性能は攻撃特化のパワーファイターであり、パーティ中随一のラッシュ力を誇る。
HIT数の多い技や、コンボに関するスキルが多く揃っており、地上でのタイマン戦ならどんどんコンボを繋げていける。
プレイヤーの腕とスキルが揃えば、最終的には長い地上コンボで空中に打ち上げてエリアルから叩き落として兜割り、ダウン追い打ちから再び地上コンボ開始という、マヴカプさながらの光景が拝める。
逆に範囲攻撃が少ないのが弱点で、ノーマル程度ならともかく高難易度で囲まれると仰け反らなくなるスキル「グローリー」が逆に働いて物凄いリンチにあう。
そんなわけで高難易度プレイでは主人公ながら二軍落ちする事も少なくないようである。
もっともこれはユーリにだけ原因があるのではなく、親友フレン、相棒ラピードを筆頭に他のキャラが万能すぎるのである。
そうでなくても、プレイヤー自身が操作するキャラとしては空中コンボ主体でコンボがCPUに邪魔されにくいジュディスが選ばれやすかったり。

余談だが、ダウン状態から復帰する時のボイスに「効かねぇなっと」というものがあるが、
その台詞が「きかねぇ納豆」に聞こえるということから、よくネタにされていたりする。
また、ユーリが使える技の中に「爪竜連牙斬(そうりゅうれんがざん)」という技があるのだが、
この技はヴェスペリア発売前には「爪竜連牙斬の使い手は死ぬ」というジンクスがあった。
+ 詳しく(ネタバレ注意)
ちなみに、ユーリの爪竜連牙斬は騎士団時代に習ったものなのだが、
ユーリ自身が使いやすいようにアレンジを加えてある為、
フレンからは「それじゃ爪竜連牙斬じゃなくて爪竜連牙蹴だ!」と言われている。

公式イラスト等でユーリが持っている得物は「ニバンボシ」という刀で、漢字で書くと「二番星」。
「一番はあいつのためにとっておいてやるさ…ってワケでもないが意味深な名前を持つ刀。」
という説明文通りの意味深な名前や説明文、更にこの武器を落とすボスが…等の理由から、思い入れのあるプレイヤーも多く、
お祭りゲー等では初期装備や他の武器を差し置いてユーリの武器代表として扱われることが多い。*1
「あいつ」がユーリより上に扱われる事なんてほぼ無いけどな!

+ 外部作品での活躍


その他

これまでの作中で成長してゆく主人公とは違い、「最初からある程度完成された主人公」
というコンセプトで作られたキャラの為、どちらかというと他のメンバーを導く役に廻ることも多い。
そうした珍しく大人びたキャラクター性から第4回及び第5回公式人気投票では、共に1位を獲得している。
部門別ランキングでも「理想の兄姉部門」「夢のコンビ部門」で1位を獲得しており、ファンからの人気は高い。
(しかし投票したユーザー達に主旨を理解されていなかったのか、後者はフレンとのコンビなので、「夢のコンビ」とは言えないが)
1位を2回獲得したキャラクターはリオン以来2人目で、連続して1位を獲得したキャラはユーリが初である。
ちなみに、1位になった主人公キャラもユーリが初めてだったりする。

ヒロインことエステルとの遣り取りよりも友人フレンとの遣り取りが強調されている(固有ジャンル名を考えると仕方ないかも)。
一例だが、PS3版のEDやスタッフロールの1枚絵、PS3版での追加協力秘奥義搭載、闘技場で専用BGM「火花散らして」が流れる。
『マイソロジー3』の闘技場スペシャルミッションや特殊クエストでも、BGMも「火花散らして」がしっかり流れる。
本気なのかはたまた冗談のつもりなのか、ユーリとフレンについてスタッフは「相思相愛」「二人の間には誰も入れない」などと語っている。後者はそれだけ付き合いが長く、親しいと言えるが…。

(一部Wikipediaより転載)

MUGENにおけるユーリ・ローウェル

Yasainoyama氏が製作したものが存在するが、無期限公開停止(動画使用と二次配布は自由)。
元は3Dのゲームなので氏がなりきりダンジョン風のドットで書いたもの。
β版とのことだが動きが非常によく出来ており技も多彩。
フェイタルストライク(FS)も搭載されているが、原作のようにFSでトドメを刺すかどうかは設定で変更できる。
AIは簡易版とのことだが、油断しているとガンガンコンボを入れてくる。
ちびキャラだが大きくなるパッチも氏によって作られている。
他にもKELN氏によってAI&改変パッチが公開された。

公開場所

出場大会



*1
例を挙げると、宙の戒典(デインノモス)は物語中盤に期間限定で使える武器で、その時点での大敵に立ち向かうための唯一の切り札となり、また性能面も秘奥義や有用な追加技を習得出来るなど非常に強力。
また、明星弐号は物語終盤に世界を襲う災厄に対抗するための切り札として作りだされた、武器というか兵器。こちらもPS3版で追加された第二秘奥義の使用条件に関わる。
いずれもプレイヤーにはニバンボシと同じかそれ以上に印象深い装備であることを付け加えておく。


添付ファイル