シング・メテオライト


「でも、オレはバカだからさ。
     命をかけるしか信用してもらう方法が思いつかないんだ」

テイルズオブハーツ』の主人公。
年齢は16歳、身長167cm、体重54kg。CVは『天元突破グレンラガン』のシモンでお馴染みの柿原徹也。

基本的に素直な熱血漢で非常に好奇心が旺盛だが、向こう見ずで危なっかしい一面も持つ。
辺境のシーブル村で、ずっと祖父ゼクスとふたりで暮らしてきた。そのため世間知らず。
その好奇心と対人経験の浅さから、デリカシーに欠ける言動をとる事もしばしばだが、
間違いに気づけばちゃんと反省できる素直さを持っている。
シングという名前は、心具(心を具える)という当て字からで、メテオライトは隕石の事。
(ハーツのメインキャラクターの多くは、鉱石を名前か苗字に含んでいる)
口癖は「ガンドコ(ガンガン何処までも)行こう。」
宇宙忍者とか魚型メカとは関係ない。

ベリルから「ノーテン菌のお母さん」(菌の母体、という意味で)と言われるほどの能天気で、
「ピーナッツ」「モロキュウでアボガドなピーマン野郎」等の下ネタを意味も分からず大声で言って怒られたり、
敵にバレないように「手紙の届け先を合流場所に」と言われた際に、仲間から分かっているのかと確認されて
「ポストに決まってるじゃないか!」と自信満々に答えたりと、かなり天然なおバカキャラ。

海岸に漂着したヒロイン「コハク・ハーツ」に一目惚れし、
コハクのデスピル病(精神を蝕まれる病気)を治すため、精神世界に突入するも、
彼女のスピルーン(「心」を形作る結晶のような物)を砕いてしまい、感情の欠片が世界中に散らばってしまう。
感情を失った彼女を元に戻すための旅から物語は幕を開ける。

性格は上記に示したとおり、カイルに近い。
というか、今までの主人公と性格が余りにも似通いすぎているせいで一部ファンからは「無個性主人公」の烙印を押される羽目に。
しかしこれは性格にのみ限って言える事であり、本編中での 暴走 活躍っぷりはかなりの異彩を放つ。
+ シング、その恐るべき個性(ネタバレ注意)
女性に対して「今まで出会った中で一番可愛い」「一番素敵な女の人」等と、お世辞ではなく本音で堂々と言い放つ、
その天然たらしっぷりがロイドを彷彿とさせる為、「二代目攻略王」と呼ばれることもある。

後、 足フェチ。すごく足フェチ。
「コハクの足ばっかり見てしまいます…」
「コハクの足の事を考えてたんだ」
「ごめん、コハクの足しか覚えてないや」
この台詞だけでどれだけのレベルかお分かりであろう。

戦闘では、念じることで持ち主の気持ちを反映させ力を発揮する武具「ソーマ」を使用する。
ソーマには色々な種類があり、シングのソーマは左腕のガントレット盾から右手に引き抜く剣「アステリア」。
主な属性は光であり、術技では雷を使うものも多く見られる。
+ キリサケッ!キリサケッ!
ちなみに、『ハーツ』には援護キャラクターとして歴代キャラが多く参戦している(ただしボイスは無し)。
テイルズキャラだけではなく、ワルキューレクロノア三島平八ワギャン、高槻やよい等のナムコキャラも呼ぶことができる。

+ アニメ派? CG派?

『レディアントマイソロジー3』では、上述した様に似た性格のカイルとロイドとスキットで絡む事が非常に多く、
三人で( トイレの順番待ちなど、大抵はくだらない事で )熱血する事もあれば、リフィルの授業中に揃って勉強をさぼり叱られるなど、
三馬鹿 と言われる始末である。
ノーテン菌の汚染が拡大しているのだろうか……
余談だが一番上の画像が服装なども含めて「遊戯王GX」の主人公、遊城十代に似ていると一時期2chのマイソロスレで言われ、
実際シングがソーマではなくデュエルディスクを構えたコラ画像が作られたりもしていた。

MUGENにおけるシング

Yasainoyama氏が製作したものと∞ロダ産が存在する。

+ Yasainoyama氏
+ ∞ロダ産

出場大会




添付ファイル