R-2

「唸れ、チャクラム!」


スーパーロボット大戦』シリーズに登場するロボット(PT:パーソナルトルーパー)
正式名称は「Real Personal Trooper Type-2」。メカデザインはカトキハジメ氏。
初出はPSの『新スーパーロボット大戦』。パイロットはオリジナルキャラクターのライディース・F・ブランシュタイン
よく間違えられるが『スターウォーズ』に登場する同名のロボットはR2-D2である。

「究極ロボットを開発する」というコンセプトである『SRX計画』の二号機。
高機動の近距離戦仕様・装備は実弾系の火器で固められているR-1とは違い、こちらは砲撃戦仕様・主にビーム系の火器で構成されている。
Rシリーズでは主に援護・砲撃を担当するが、指揮官機に当たるR-3が今ひとつ前衛戦力としては
頼りないこともあり、現状ではR-1とコンビを組んで最前線で運用される事が多い。
本来、機動戦闘向きではないこの機体が前線に出られるのは、ライの操縦技術に拠るところが大きい。
腕に付けている有線式ビームチャクラムを上手く扱えれば、中~近距離にも対応可能。接近戦用のビームソードも搭載している。
高火力メインの機体なので機動性は低いが、それを補う重装甲を持ち、ビームチャクラムと逆の腕には
ビームシールドも装備している。 最近はほとんど存在を忘れられてるけど
作品によってはホバーによる水上移動も可能。

また、機体内に超物質「トロ二ウム」を使用したエンジン『トロ二ウム・エンジン』を搭載しており、*1
このエンジンの微妙な出力調整を手動で行える者にしか操縦出来ないため、現状は訓練を受けたライにしか扱えない。
トロ二ウム・エンジンを搭載した事により超高出力なのだが、R-2の状態では持て余すため1/4ほど(クォータードライブ)の出力で運用される。
後に、合体機構と併せてこのエンジンをさらに活用するため、「R-2パワード」へと改造を受ける。
R-2パワードには、高出力を利用した重金属粒子砲『ハイゾルランチャー』が搭載されており、
PTとしてはトップクラスの強大な火力を誇る。
このハイゾルランチャーは特機『SRX』に合体した際、腕部となるパーツでもある。五つの砲口はそれぞれがSRXの指に当たり、
合体後も『ハイフィンガー・ランチャー』として使用可能。

SRXへはこの機体が上半身になり、胴体内にR-1を格納、そしてR-3を脚にして合体することになる。
R-1を格納するため原形を留めないレベルで機体が展開する様子は「アジの開き」と呼ばれたり。
「初見では何がどうなって合体してるのか理解不能」との評判は主にこいつのせいである。
基本的にはSRXに合体する時以外変形しないが、アニメ「ジ・インスペクター」では敵機体に捕まった際に
この形態に変形して脱出している(そして再変形して パンチ で敵機体を破壊した)。
SRXへ合体した後は、リュウセイ(R-1操縦者)が操縦、アヤ(R-3操縦者)が念動力による力場固定の係であるのだが、
ライ(R-2の操縦者)はそれ以外の全てをやらないといけない。
作中で明らかになった仕事は
  • 攻撃タイミングに合わせ、武器を管理
  • トロニウム・エンジンの出力を調整
  • ダメージコントロール
  • 電測補助
  • R-3操縦者のメディカルチェック
  • 各種データの取得
  • セイフティの管理
  • サーボモーターのチェック
  • 冷却剤の供給
  • パージしたパーツの位置捕捉              …等々
これらの事を同時に戦闘中にやりきらないといけないらしく、チームの中で、操縦者の技量が一番試されるポジションのようだ。
ちなみにこの他にさらに 必殺技の名前をリュウセイと一緒に叫ぶ が追加されそうになったが、即却下された。
そもそも本来はR-2にも念動力者を乗せてエンジン制御などもT-LINKシステムを利用して自動化する
予定だったらしいのだが、R-1やR-3のように適合者が確保できなかったので仕方なくマニュアルで
全部やれる人材を確保したということだったらしい。
(その割には気がつくと自軍が念動力者だらけになってたりするが、気にしてはいけない。)
実際その後開発されたとある機体はT-LINKシステムで制御されるトロニウムエンジンを搭載しており、
パイロットが念動力を発揮しさえすればその安定性はR-2のものより高いように見受けられた。
そのため、パイロットのライは自分が念動力者ではない事に負い目を持っている。

とはいえ、元は補欠同然の扱いであったにせよ、事実それだけの激務をこなしながらも元は民間人の新米
念動力者としてはだいぶポンコツなせいで戦闘中はいっぱいいっぱいなリーダーを陰に日向にサポートしているため、
ある漫画版の公式エピソードでは「お前に何かあるとこのチームは成り立たない」と同僚のリュウセイに言われ、
それとは別の(作者は同じだが)ある漫画版ではライを見出した教官のイングラムに「己の能力を疑うな」と
言われているなど、ライもまたSRXチームになくてはならないライトスタッフなのである。
+余談になるが…
先述のエピソードでライを激励しているイングラム教官殿だが、彼の主な乗機であるR-GUNという機体は
R-2以上に不安定なトロニウムエンジンとヨガ顔負けの複雑怪奇な 変態 変形機構を併せ持った
大変ふざけた機体なのだが、教官は「私が乗るなら問題はない」と涼しい顔で乗り回している。
SRX計画に自ら深く関わっている人物とはいえ、なんなんだアンタ

尤も、OGシリーズではR-GUNは乗り換え可能な機体である
(ストーリー中でもとあるキャラがイングラムにパイロットを志願するシーンがある)ため、
SRXの運用にも関わるR-2と比べたら案外どうにでもなるのかもしれない。

R-1と共に数々の作品に登場しているが、基本的にSRXの方が性能が高いので、
序盤のみ活躍、しかもライを活躍させるなら別の機体に乗せた方が強いという損な役割の機体である。
例外はOG1等、SRX自体を運用する必要が無い場合のみ。
ただしパイロットが直撃を持っているため、換装武器のアーマーブレイカーをつけボスの装甲を下げて味方の与ダメージを増やすなど全く出番がないというわけでもない。
また、R-3の参戦がいつも遅れるため、R-1とコンビでいる事が多い。

+パイロットについて

「俺に出会った不幸を呪え!」


パイロットはライディース・F・ブランシュタイン。愛称は主にライ。
ファンにはその容姿と、彼の専用BGM「ICEMAN」をもじって、「IKEMEN」とよく呼ばれる。
声の担当は『新機動戦記ガンダムW』のボス、トレーズ=クシュリナーダや、
テイルズオブデスティニーのミクトランディムロス・ティンバー等を務めた置鮎龍太郎氏。

チームで唯一念動力を持っていないが、PTの操縦センスは随一で、天才と称されるパイロット。
R-2操縦者に選ばれたのもその辺が理由である。
過去の事故の後遺症で左手が義手なのだが、高性能なのか、それともライの技能が凄すぎるのか、
操縦技術に支障が出ているという話は全く聞かない。
性格はリュウセイと真逆でクール。故に最初は衝突することが多かった。
が、リュウセイに次第に影響されたのか、徐々に変化していき性格が丸くなったという、まあなんという王道な(ry
時系列的には終盤にあたるであろう第3次αではマイと共にロボットアニメを視聴して
リュウセイの知識に付いて行こうとする
始末(しかしリュウセイからは「にわか」と突っ込まれた)。
リュウセイのネーミングセンスについても馬鹿にしているが、ライもR-2のチャクラムを「 光の戦輪 」と称するなど
割と人の事は言えない。
余談ながら、このへんの性格はどうもブランシュタイン一族に遺伝する形質らしく、父、兄、従姉妹と
どいつもこいつも揃って ツンデレ こんな感じである。
現在はリュウセイの抑え役+チーム全体を実質まとめてる係。上司が丸投げ姉さんとすぐ体に異常をきたす人なので…
ちなみに本気で怒ると義手で殴るという設定がある。
今のところ、その制裁を受けたのは第3次αで色々あって自暴自棄に陥っていたリュウセイのみ。
また、アニメ「ジ・インスペクター」では、先述したR-2による鉄拳制裁(左手)で宿敵に引導を渡した。

兄に 変態 トロンベことエルザム・V・ブランシュタインがいる。
彼とは色々な事があって逆恨みしていたが、 兄が明後日の方向に暴走を始めたので
次第に兄の哀しみ、苦悩を理解するようになり、関係が変わっていく。
また、 色恋沙汰だらけの 部隊の中では相手がいなく、好意を持たれている者もいるのだが、
彼の中で昔好意を持っていた義姉カトライア(エルザムの嫁。故人)が神格化してるため、割って入る隙が無い状態である。
しかし、その好意を寄せてくれている相手が 12歳の一国のお姫様 という事を考えるとロリコン超勝ち組と言えなくもない。

ゲーム中での能力はリュウセイを食いかねないほど強力なパイロットである。
天才( 高レベルの念動力と同程度の補正をレベルなしで発揮 )、エースボーナス(最終命中率&回避率+10%)、見切り養成によって気力130以上で命中・回避+40%、CT率+30%の補正がかかる。
彼の優秀な能力のおかげでR-2は無改造でも意外に回避する機体となっている。
というか上記の技能やボーナスを度外視しても回避型のステータスなので、実は運動性が抑えめのR-2との相性が若干微妙。
そもそも射撃能力もエース級でパイロットとしての能力が完全に完成されているので、ピンで運用する場合はR-2なんぞよりも相性の良い機体はいくらでもある。
なので、SRXの最大の問題はある意味合体に3枠使う事よりも
優秀なパイロットであるライをわざわざR-2に乗せた上にサブパイロットに回さなければならない
という点と言えなくもない。代わりの人材プリーズ

+彼ら一族に関するサイドエピソード
ライの来歴からは外れるが、富士原昌幸の描いた公式サイドストーリー『龍虎王伝奇』において、
主人公たちを影から支援する謎の女工作員「V・B」という人物が登場する。
本名は最後まで明かされることはないものの、台詞の端々に混じるドイツ語や得物のヨーヨー
ていうかそのコードネームって単なる苗字の頭文字じゃねえの? などから、スパロボファンには
なんとなくその出自が予想できるキャラクターとなっている。
…ひょっとしてR-2やヒュッケバインMk-2にチャクラムという名のヨーヨーが積まれているのは、
全部ブランシュタイン家の仕業なのかもしれない。
第2次スーパーロボット大戦OGでも終盤にサラッと彼女の名前が出てきており、ライを驚かせている。

なお、この『龍虎王伝奇』だが、設定やセリフの一部が第三次αにも使われるなど
シリーズの中での扱いは結構高いものの、無事目鼻がついて終わった第一部はともかく、
そのあとの第二部や短編など続編すべてが尻切れトンボに終わってしまっていた。
……のだが、企画開始から十五年を経た2017年になってようやくバラルとの決着までを描いた
完結編が出版され、第二次OGとのリンクを補強しつつ堂々の完結と相成った。
同志八房自重しろ

+彼の負の歴史?一応あるよ。
リュウセイと共に誕生したライディース。
初登場時では「自称天才」、「ホモ疑惑」という烙印を押されてしまった。
とは言っても、彼のセリフや行動は初期とはあまり変化が無い。
有名な台詞である「俺に出会った不幸を呪え!」も、新スパロボの時からあった台詞である。
αで登場した際では、現在と変化ない性格へと変わっていた。やはりリュウセイだけが強烈だったのである。
…でも俺のバルスキー様を瞬殺したのは絶対許さねぇ

あとそれから、ミドルネームの「F」は義姉カトライアの姓の「フジワラ」の略ということになっているのだが、
そもそもは 「フォン」のスペルミス であり(正しくは「von」。兄らのミドルネームもこっち)、
後付け設定でお茶を濁したものである。その後付け設定ですら、最初期は 祖母の姓の略 と言う設定だった。


MUGENにおけるR-2

MUGENにおいては『スーパーロボット大戦OGs』のドットを用いたZ.A.I.氏勢作のものが公開されている。
原作の武装は大体搭載されているが、ラーズアングリフのシザースナイフも持っている。
ゲージ技ではR-2パワードに換装、ハイゾルランチャーを撃つ。
原作ではこのような使われ方してないが、おそらく格ゲー補正だろう。
ちぃたま氏のAIが公開されている。

出場大会



*1
ちなみに、R-2単体での運用にはトロ二ウム・エンジンは特に必須というわけではないようで、
スーパーロボットスピリッツでは、『R-1改』にエンジンが移植され、その状態でR-2も稼働していた。
なお初出の新スーパーロボット大戦では3機とも核融合エンジンであり、トロニウムエンジンは終盤になってR-3がエンジン換装していた。



添付ファイル