R-2

「唸れ、チャクラム!」


スーパーロボット大戦』シリーズに登場するロボット(PT:パーソナルトルーパー)
正式名称は「Real Personal Trooper Type-2」。メカデザインはカトキハジメ氏。
初出はPSの『新スーパーロボット大戦』。パイロットはオリジナルキャラクターのライディース・F・ブランシュタイン
よく間違えられるが『スターウォーズ』に登場する同名のロボットはR2-D2である。

「究極ロボットを開発する」というコンセプトである『SRX計画』の二号機。
高機動の近距離戦仕様・装備は実弾系の火器で固められているR-1とは違い、こちらは砲撃戦仕様・主にビーム系の火器で構成されている。
Rシリーズでは主に援護・砲撃を担当するが、指揮官機に当たるR-3が今ひとつ前衛戦力としては
頼りないこともあり、現状ではR-1とコンビを組んで最前線で運用される事が多い。
本来、機動戦闘向きではないこの機体が前線に出られるのは、ライの操縦技術に拠るところが大きい。
腕に付けている有線式ビームチャクラムを上手く扱えれば、中~近距離にも対応可能。接近戦用のビームソードも搭載している。
高火力メインの機体なので機動性は低いが、それを補う重装甲を持ち、ビームチャクラムと逆の腕には
ビームシールドも装備している。 最近はほとんど存在を忘れられてるけど
作品によってはホバーによる水上移動も可能。

また、機体内に超物質「トロ二ウム」を使用したエンジン『トロ二ウム・エンジン』を搭載しており、*1
このエンジンの微妙な出力調整を手動で行える者にしか操縦出来ないため、現状は訓練を受けたライにしか扱えない。
トロ二ウム・エンジンを搭載した事により超高出力なのだが、R-2の状態では持て余すため1/4ほど(クォータードライブ)の出力で運用される。
後に、合体機構と併せてこのエンジンをさらに活用するため、「R-2パワード」へと改造を受ける。
R-2パワードには、高出力を利用した重金属粒子砲『ハイゾルランチャー』が搭載されており、
PTとしてはトップクラスの強大な火力を誇る。
このハイゾルランチャーは特機『SRX』に合体した際、腕部となるパーツでもある。五つの砲口はそれぞれがSRXの指に当たり、
合体後も『ハイフィンガー・ランチャー』として使用可能。

SRXへはこの機体が上半身になり、胴体内にR-1を格納、そしてR-3を脚にして合体することになる。
R-1を格納するため原形を留めないレベルで機体が展開する様子は「アジの開き」と呼ばれたり。
「初見では何がどうなって合体してるのか理解不能」との評判は主にこいつのせいである。
基本的にはSRXに合体する時以外変形しないが、アニメ「ジ・インスペクター」では敵機体に捕まった際に
この形態に変形して脱出している(そして再変形して パンチ で敵機体を破壊した)。
SRXへ合体した後は、リュウセイ(R-1操縦者)が操縦、アヤ(R-3操縦者)が念動力による力場固定の係であるのだが、
ライ(R-2の操縦者)はそれ以外の全てをやらないといけない。
作中で明らかになった仕事は
  • 攻撃タイミングに合わせ、武器を管理
  • トロニウム・エンジンの出力を調整
  • ダメージコントロール
  • 電測補助
  • R-3操縦者のメディカルチェック
  • 各種データの取得
  • セイフティの管理
  • サーボモーターのチェック
  • 冷却剤の供給
  • パージしたパーツの位置捕捉              …等々
これらの事を同時に戦闘中にやりきらないといけないらしく、チームの中で、操縦者の技量が一番試されるポジションのようだ。
ちなみにこの他にさらに 必殺技の名前をリュウセイと一緒に叫ぶ が追加されそうになったが、即却下された。
そもそも本来はR-2にも念動力者を乗せてエンジン制御などもT-LINKシステムを利用して自動化する
予定だったらしいのだが、R-1やR-3のように適合者が確保できなかったので仕方なくマニュアルで
全部やれる人材を確保したということだったらしい。
(その割には気がつくと自軍が念動力者だらけになってたりするが、気にしてはいけない。)
実際その後開発されたとある機体はT-LINKシステムで制御されるトロニウムエンジンを搭載しており、
パイロットが念動力を発揮しさえすればその安定性はR-2のものより高いように見受けられた。
そのため、パイロットのライは自分が念動力者ではない事に負い目を持っている。

とはいえ、元は補欠同然の扱いであったにせよ、事実それだけの激務をこなしながらも元は民間人の新米
念動力者としてはだいぶポンコツなせいで戦闘中はいっぱいいっぱいなリーダーを陰に日向にサポートしているため、
ある漫画版の公式エピソードでは「お前に何かあるとこのチームは成り立たない」と同僚のリュウセイに言われ、
それとは別の(作者は同じだが)ある漫画版ではライを見出した教官のイングラムに「己の能力を疑うな」と
言われているなど、ライもまたSRXチームになくてはならないライトスタッフなのである。
+ 余談になるが…

R-1と共に数々の作品に登場しているが、基本的にSRXの方が性能が高いので、
序盤のみ活躍、しかもライを活躍させるなら別の機体に乗せた方が強いという損な役割の機体である。
例外はOG1等、SRX自体を運用する必要が無い場合のみ。
ただしパイロットが直撃を持っているため、換装武器のアーマーブレイカーをつけボスの装甲を下げて味方の与ダメージを増やすなど全く出番がないというわけでもない。
また、R-3の参戦がいつも遅れるため、R-1とコンビでいる事が多い。

+ パイロットについて


MUGENにおけるR-2

MUGENにおいては『スーパーロボット大戦OGs』のドットを用いたZ.A.I.氏勢作のものが公開されている。
原作の武装は大体搭載されているが、ラーズアングリフのシザースナイフも持っている。
ゲージ技ではR-2パワードに換装、ハイゾルランチャーを撃つ。
原作ではこのような使われ方してないが、おそらく格ゲー補正だろう。
ちぃたま氏のAIが公開されている。

出場大会



*1
ちなみに、R-2単体での運用にはトロ二ウム・エンジンは特に必須というわけではないようで、
スーパーロボットスピリッツでは、『R-1改』にエンジンが移植され、その状態でR-2も稼働していた。
なお初出の新スーパーロボット大戦では3機とも核融合エンジンであり、トロニウムエンジンは終盤になってR-3がエンジン換装していた。



添付ファイル