リリーホワイト


「春ですよー♪」

『東方Project』の登場キャラクター。ゲーム作品では『東方妖々夢』で初登場。
その後も『東方花映塚』『妖精大戦争』『東方天空璋』と、季節や妖精が関係する作品で度々登場している。
妖々夢ではステージ4の中ボス、妖精大戦争では1面または2面(ルートによる)中ボス・EX中ボスである。
「春告精」とも呼ばれ、その名の通り春が来たときに現れ、その事を知らせる妖精である。
「春が来たことを伝える程度の能力」を持つ。
専用BGMは基本的に持たないが、初登場時の『妖々夢』の4面道中曲である「天空の花の都」がテーマソングとして扱われる事がある。

春以外の季節では見かけることは少なく、彼女自身が幻想郷では春の季語となっている。
人間の子供達に捕まえられたり、咲夜に瓶詰めにされそうになったりと、さほど強力な妖精ではないが
春先だけに関しては別物。同種族の妖精3人組に「春じゃあの妖精の力には絶対に敵わない」と言われるほどに力が増す。
この時期のリリーホワイトは興奮状態にあり、春が来たことを表現しようと弾幕を出して結果的に攻撃になってしまうことがある。

リリーホワイトが通ったあとは一気に春が訪れる。
つぼみしかなかった桜の木を一瞬で満開にしたり、種の状態の花を一瞬で咲かせることもできる。
これは植物に春の力を与えるのではなく、植物に眠っている春の力を覚醒させている。

妖4面で登場した際は、ワープを多用する為ホーミング系の攻撃でも追尾が切られたりする事があり、中々攻撃を当て難い。
戦闘中に雲の上まで到達するステージ演出は必見だが、ゆっくり演出鑑賞をさせてくれるほど生易しい相手でもない。

二次創作ではよく「春ですよー」や「コミケですよー」等の台詞を喋るが、公式の作品では台詞は今の所一切無い
だが、喋れない訳ではないらしい。二次創作では大抵の場合、ニコニコした表情で描かれ、天真爛漫な性格。
「春ですよー」としか話さないことも多い。ふよふよ飛んでいて春を告げてはどこかへ去っていく。
ファンからは「リリー」「ホワイト(後述のキャラクターと区別するため)」「白百合(名前の直訳)」等と呼ばれる。
+ 『東方神霊廟』EDネタバレ

あくまでただの雑魚妖精だが、冬の妖怪にとっては恐怖の存在扱いのようだ。
ちなみにサニーは過去に酷い目に遭ったらしくルナやスターに注意喚起しており、非公式前日譚では「とんがり帽子の悪魔」呼ばわりまでしている。
他には「春至高主義を掲げて紅魔館に押し入ったり、他の季節(特に)を眼の敵にしてる」なんて四コマ漫画も…なにコレー

前作『紅魔郷』の中ボス達が種族名のみしか設定されていなかったのに対し、彼女以降の中ボスには個体名や能力の設定が作られるようになった。
とはいっても所詮は中ボス専用キャラクターのため初登場以降ゲーム中で専用曲も立ち絵も与えられていないが、
前述のように他の中ボス同様に道中曲を専用曲と見なす向きがあり、外見も『東方求聞史紀』『東方三月精』などで詳しい容姿が判明している。
またスペルカードについても長年持っていなかったものの、初登場から約14年経って『東方天空璋』高難易度でようやく登場した。
ただし、やっぱり未だに台詞はどの媒体でも一言もない。

+ 「は、春よ…」

MUGENにおけるリリーホワイト

長い間、ネンミン氏による特殊システム「リリーシステム」としてのみ存在していたが、
現在はちゃんとしたMUGENキャラとしてのリリーホワイトも製作されている。

+ J・J氏製作 モスバトルKGTドット
+ へちょ氏製作
+ 普通の狐氏製作 Romancing Fairy
+ 普通の狐氏製作 リリーNF

出場大会


出演ストーリー