審査員

タイトルどおりランクの物差しという意味である。各ランクの詳細についてはこちらへ。
またこちらでは過去にゴッドルガールのあだ名だった頃の事も記述する。


かつてゴッドルガールのあだ名だった頃

「お手並み拝見といこうか」
由来は必殺技ジェノサイドカッター空耳で「審査員カッター!」と聞こえ、
活発になったAI作成動画の対戦相手に強キャラの水準である悪咲3号氏製作のデフォルトAIゴッドルガールがよく選ばれていた事、
ある意味審査する気マンマンの上記イントロ台詞などが重なり、審査員というあだ名が付いた。

長らくゴッドルガールは強ランクの審査員として認知されていたが、
悪咲3号氏の引退によってゴッドルガールが入手困難になってしまっている事やゴッドルガールの相性には大きなムラがあり、その審査にはたびたび疑問を持たれることがあった。
一時期新たな強キャラ審査員作りが進められていたが、強ランクの衰退やほとんどの大会が凶下位と混ぜて開かれる影響もあり完全に停滞に等しい状態となっている。
現在はFairy Workの登場もあってか、 どのランクも総当たりをした方が確実と言われており、審査員の概念すら形骸化しつつある
ゴッドルガールのあだ名についてもエルクゥやレアアクマなどといった他のランクで審査員という言葉が普通に使われるようになった影響かいつしかそういった意味で使われる事がなくなった。


その他の用法

また、別の使い方として、大会動画において、予選終了時に同じ順位に複数のチームが並んだ場合、
出場選手のほかに別のキャラを用意し、それらと戦わせることにより決勝トーナメントに進むチームを決めるというルールを採用する大会が多い。
この時出場選手の対戦相手を務めるキャラも審査員と呼ばれる。
大抵の場合は出場選手側の勝利を想定していない、半ば無理ゲー臭いキャラが選ばれる。