審査員

タイトルどおりランクの物差しという意味である。各ランクの詳細についてはこちらへ。
またこちらでは過去にゴッドルガールのあだ名だった頃の事も記述する。


かつてゴッドルガールのあだ名だった頃

「お手並み拝見といこうか」
由来は必殺技ジェノサイドカッター空耳で「審査員カッター!」と聞こえ、
活発になったAI作成動画の対戦相手に強キャラの水準である悪咲3号氏製作のデフォルトAIゴッドルガールがよく選ばれていた事、
ある意味審査する気マンマンの上記イントロ台詞などが重なり、審査員というあだ名が付いた。

現在でもゴッドルガールは強ランクの審査員として認知されているものの、
悪咲3号氏の引退によってゴッドルガールが入手困難になってしまっている事やゴッドルガールの相性には大きなムラがあり、その審査にはたびたび疑問を持たれることがあった。
一時期新たな強キャラ審査員作りが進められていたが、強ランクの衰退やほとんどの大会が凶下位と混ぜて開かれる影響もあり完全に停滞に等しい状態となっている。
現在はFairy Workの登場もあってか他のランク同様総当たりをした方が確実と言われている。
ゴッドルガールのあだ名についてもエルクゥやレアアクマなどといった他のランクで審査員という言葉が普通に使われるようになった影響かいつしかそういった意味で使われる事がなくなった。



各ランクの主な審査員

※この表は一例に過ぎないので注意
ランク キャラ
下限 カンフーマン(AI無し)
ゴッドルガール(悪咲3号氏製 CVS2仕様 EXグルーヴ)
凶下位 ジョニー(無敵医師氏製 平成㌢氏AILV11常時起動)
春日舞織(アフロン氏製12P ARL氏AI常時起動 桜花ループOFF)
ogre(JUN氏製 AI常時起動)
邪頭(アフロン氏製風雲STB仕様 mage氏AILV5常時起動)
凶中位 ハルク(MGMURROW氏製 BOSSAI)
モーラ(kayui uma氏製 青色⑨号AI チャンスメイク頻度11)
ロバート・ガルシア(mage氏製 AILv4)
凶上位 ヨハン(アフロン氏製 7、12P 木。氏AI ダウン回避使用2/1P ABSH氏AI 空中追撃安定スイッチOFF コンボ火力調整スイッチ5)
ジョーカー式(無敵減少設定OFF AILv3/無敵減少設定ON AILv11)
赤(銀の刻のコロナ)(AILv3 虹法結界-赤-率0)
狂下位 下層~中層 エルクゥ
マスターギース
狂中位 下層 鷲塚B-Style(10P)
Rugal2nd(11P)
Mr.Dragon-JC(1P AILv3)
ゼノン・ゼシフィード(緋錬氏製 7P)
中層 ベルンカステル(12P AILv10 異端審問官と変態探偵1)
上層 ラオウ(漆黒氏製 12P ハートキー氏AI AILv11)
戦乙女サキ(5P)
弱体化竜子(アーマー率10 ゲジマシ量8)
翠下弓那
上限 Rugal2nd(12P AILv11)
狂上位 (不在)
狂最上位 下層~中層 Rare Akuma
上限 竜子1st
吹き荒ぶ旋風のゲーニッツ(12P)


その他の用法

また、別の使い方として、大会動画において、予選終了時に同じ順位に複数のチームが並んだ場合、
出場選手のほかに別のキャラを用意し、それらと戦わせることにより決勝トーナメントに進むチームを決めるというルールを採用する大会が多い。
この時出場選手の対戦相手を務めるキャラも審査員と呼ばれる。
大抵の場合は出場選手側の勝利を想定していない、半ば無理ゲー臭いキャラが選ばれる。