狂飢


花山薫範馬勇次郎の製作者で知られるtokage氏製作のオリジナルキャラ。「凶飢」や「狂喜」とは書かない。
ホラー性を強調したキャラクターで、グロテスク表現による怖さではなく、心理的に来る怖さと不気味さを目指したキャラ。
下のgifアニメのように、ボサボサの髪に能面のような顔、ガリガリに痩せた体、
ニュートラルモーションでもつねに体を小刻みに揺すっており、見ているだけで気味の悪いキャラクターに仕上がっている。

モチーフは「餓鬼」だと思われる。
普段は能面のような無表情だが、攻撃の際には不気味な顔へと変貌する。
2ラウンド目に敗北すると小さな赤ん坊達に変身するなどとにかく不気味。
性能としてはハイパーアーマーでしゃがみとジャンプができず、攻撃も単調なものでアクションゲームよりの性能となっている。
デフォルトではlifeが2000もある。攻撃力も高め。
のけぞりも硬直も無いため、相手が反撃してきても意に介さず潰してくる。
戦闘中はおどろおどろしい専用BGMが流れるが、設定でなくすことも可能。
また9P以降では性能が強化される。

+
殆どの技が1ボタンで発動可能。
  • 払ウ
足元を攻撃する、喰らい判定が下半身にしかない。
見てからガードは余裕だが削りダメージがあるので避けれるなら避けた方がいい。
  • 浄化
地面に伏せて口からビーム上の攻撃を放つ。
隙は膨大だがガード不能でダメージも大きい。
  • 滅烙
大きく飛び上がり相手の頭上に落下する、これもガード不能。
人操作なら歩いて余裕で回避可能。
  • 打ツ
立ったまま手を振り下ろす、結構下への攻撃範囲が広い。
ガードは可能。
立った状態で斜め下に黒い炎を吐く。
直撃すると大ダメージだがガード可能。
  • 回帰
空中に浮かびあがり一定間隔でガード不能の全画面攻撃を5回放つ。
これがあるためこのキャラと戦う時は回避手段のあるキャラでないと非常に厳しい戦いを強いられ、
勝つには運の要素も加わってくる。
  • 禁忌
10~12P専用技。
全画面即死攻撃でアーマー貫通砲。
背景に、唐突に狂飢の顔がアップで出るため、心臓への悪さと食らった時の「ギャーーーーーッ?!」という感覚はかなりのもの。

更新によりデフォルトでAIが搭載されている。
ガード不能技が多くAI殺しとはいえ、アーマー殺しなどには弱いため相性差が激しいキャラである。
以前は不具合修正及び簡易AI搭載パッチが∞ロダで公開されていたが、現在は閉鎖により入手不可能。

出場大会

出演ストーリー

黄金の仮面伝説(カルコブリーナ役)
有刺美花

その他