アドレーヌ


あたしもまぜて
(ムービーのタイトルより)

『星のカービィ64』に登場するキャラクター。
カービィシリーズではもっとも人間に近い姿をした女性キャラクター。
肌の色や「別の星から来た」という設定からおそらく地球人と思われるが、世界観に合わせて三頭身のため、断言はできない。
描いた絵を実体化させる事が出来る能力を持つ。カービィのことは「カーくん」、デデデ大王のことは「デデのだんな」と呼ぶ。
一人称は上記のムービー名から「あたし」だとされるが、公式サイト内では「わたし」になっている。

1-2の最後でダーク・リムラに操られた状態で中ボスとして登場し、描いた敵キャラを実体化させて攻撃してくる。
実体化させた絵が戦っている間本人はキャンバスの裏に隠れている。
次々描かれるボスを全て倒すと破れかぶれになった本人が絵筆を振り回して襲ってくるが、
空気弾やスライディングはおろか、体当たりするだけで倒せてしまう。
倒すと仲間になり、以後アイテムを実体化させたり冒険のヒントを絵に描いて援護をするようになる。
2:11から

キャラクターの原型は『星のカービィ3』のキャラクター「 アド 」。黒い雲に操られ、レベル4のボスとしてカービィと戦った。
こちらは「星のカービィ2」のボス(アイスドラゴン、スイートスタッフ、Mr.シャイン&Mr.ブライト、クラッコ)を実体化する。
髪型や茶髪(OPムービーでは黒髪)であることを除いては、アドレーヌとほぼ同じ設定であり、
『星のカービィ プププ大全』においても
「同一人物であるかどうかは不明だが、「アドレーヌ」が本名で、「アド」が愛称である可能性も高い」
と解説されていること等から、昔から同一人物説が根強い。

名の由来としてはイラストレーター「水森亜土」氏からという説が有力。
ちなみに「アドレーヌ」はフランス人に実在する女性名である。

コロコロの『デデデでプププなものがたり』にも12巻から登場。
こちらは上記の同一人物説を採用しており、13巻のリボン登場まではアド名義で茶髪だった。
初登場話では、デデデ大王に依頼された威厳たっぷりに描いた肖像画や落書きが実体化してしまい、
本物より、これらのほうが本物でいいんじゃないかな的な展開に。

その後は数少ない女性キャラクターとして、チュチュやリボンと共に主要人物となり、
カービィたちへのツッコミ役(たまに天然でボケる)として登場していたが、
『64』の発売から時期が経つにつれ出番が減っていってしまった。大きなお友達涙目である。
最後に確認されたのは22巻おまけ漫画内。

カービィシリーズの生みの親である桜井氏によれば
「人型のキャラを一切出さない」という方針を採っていたため、
最近はアニメ版も含めて全く出番が無い状態である。
(『3』『64』は桜井氏が関わっていない作品である)
桜井氏がHAL研から離れて独立した今では、再登場のチャンスはある…のかもしれない。

ニコニコでは コロコロ好きな自分 氏の『星のアドレーヌ』が有名だろうか。
…まぁ、サムネから大体想像出来る通りの内容なので閲覧注意。


MUGENにおけるアドレーヌ

ヘビーロブスター等の製作者であるH.A.L.L.氏が製作した『星のカービィ3』仕様のものと
ダリンクなどの作者であるガンヴァ氏が製作した一般キャラ仕様のものが存在している。
+ H.A.L.L.氏製作 「星のカービィ3」仕様
+ ガンヴァ氏製作

出場大会




添付ファイル