ゴテンクス


パンパカパーン!正義の死神、ゴテンクス様登場!

概要

鳥山明の漫画『ドラゴンボール』、アニメ『ドラゴンボールZ』に登場するトランクスと孫悟天がフュージョンした姿である。
恐らく一般ではフュージョンと指すと、ゴジータではなくこちらを指すことが多いかもしれない。

初登場時はブウ戦の、ブウが悪の魔人としてデブブウを吸収した時であり、それから第28回天下一武道会以降の話になるまでの間は登場している。
また最初のピッコロに教えられている時にフュージョンを失敗したぐらいで、それ以降は失敗していない。
ちなみに当初は名前が「ゴテンクス」なのか「トランテン」なのかで意見が分かれたが、合体後の本人が名前を聞かれて「ゴテンクス」と答えたため「ゴテンクス」に決定した。
(ピッコロは最初トランテンで覚えてしまい、その都度ミスター・ポポに「あの…ゴテンクスなんですが」と訂正されていた)
フュージョンに失敗したゴジータは「ベクウ」と呼ばれることがあるが、ゴテンクスの場合は失敗した状態でも「ゴテンクス」である。

性格は、自信満々のお調子者でとにかく態度がでかい。
また技もスーパーゴーストカミカゼアタックや激突ウルトラブウブウバレーボールなど面白味がある独創的な技で戦うなど、
シリアスの多いフリーザ戦やセル戦などと比べてみると、実にコミカルなキャラと言える。
見た目は、通常時は真ん中が悟天で、横がトランクスとされる。
戦闘力は、通常時の強さはあまり明確ではないが、超サイヤ人3時ではブウと互角にやりあえる所から、恐らく超サイヤ人3の悟空よりも強いかもしれない。

しかし、ドラゴンボールGTでは修行をさぼっていたためか、あるいはフュージョンのポーズが ダサかった からか。ゴテンクス自体は 一度も登場していない 。一応ベビー編の最終決戦でフュージョンを試みようとしたが、
悟空の指示で彼の回復に回ったため、結局登場せずじまいだった。そのため詳しい強さは不明。
更に超サイヤ人4ゴジータが制限時間10分に対して、超サイヤ人3ゴテンクスは5分とやや短く、結構不利に近い。
その後、アルティメット悟飯が現れた上、ブウに吸収されるなどいい所なしの結果に終わった。

結構態度がでかい性格だが、PSPソフト『ドラゴンボールZ 真武道会』のEDでは、ママに叱られるので帰るなど、子供らしい一面もある。

11:09から

しかしドラゴンボールヒーローズのIFキャラクターとしてついにゴテンクス青年期が参戦。プロモーションビデオなどでも優遇されている。


MUGENにおけるゴテンクス

問題児などが多い海外ドラゴンボール勢のアルティメットバトル22製のキャラも多いが、
日本製では、A.T(Aoi Minazuki)氏が作製したジャンプスーパースターズのゴテンクスが∞ロダで公開されている。
スーパーゴーストカミカゼアタックや口からビームを出す技など、ドラゴンボールらしいキャラといえる。
狂キャラとは違い使いやすいキャラなので、大会などに出やすいキャラである。

また、準神キャラのG-Gotenks ssj3というハイパーディメンションのキャラや神々への挑戦トーナメントIIに出ているハイパーゴテンクスなど海外の狂キャラもいる

出場大会

ハイパーゴテンクス


添付ファイル