アイルー


「きゅっきゅっきゅっニャ~♪」
(インストールダウンロード中での効果音と鳴き声)

モンスターハンター」シリーズに登場するモンスターの一種。シリーズのマスコット的な立ち位置でもある
モンスターとは言っても、人間と同じように狩猟・採取・生産を行ったりしながら各地に
集落を築いて暮らし、取引などもしているのでモンスターというよりも「異種族」と言った方が適切だろう。

ちなみに、アイルーの名前の由来はAilurophile(猫好き)から来ていると言われる。
CV(?)はアイルーのモデルでもあるカプコンのサウンド担当スタッフの飼い猫「ミギャ」君。
彼には出演料として高級猫缶が進呈されたらしい。
ミギャ君はシャム猫であり、アイルーの毛色が基本的にシャム猫柄なのはそのためなんだとか。

モンスターとしてのアイルー

ゲーム内では「獣人種」に分類される、2足歩行する猫のような生き物。身長は116cm程度と人間の子供くらい。
非常に知能が高く独自の文化を築いており、モンスターの骨や牙、木などの素材で持った武器兼採取道具(ピッケル)を持って行動している。
群れで行動しているが、狩猟パートでも普段はそこらへんをうろついているだけで積極的に襲いかかってくる事は無いが、
同エリアに存在する同族を攻撃されるやいなや一斉にハンターに襲い掛かってくる
攻撃方法は主に猫の手の形を模した鈍器「にゃんにゃんぼう」(正式名称)。
爆弾の扱いにも長けており、小型の手投げ弾を投げつけてきたり 巨大な爆弾を持って自爆を試みたり する。
小型モンスター故にあまり強くは無いものの、爆弾を食らうと非常に大きく吹っ飛んでしまうため、放置すると思わぬ邪魔をされる事も多い。

なおこの爆弾であるがアイルー族の中の爆弾職人が自然界にあるものから作っているようで、人間であるハンターたちは雨天時には爆弾を使うことができないが
アイルーたちの使う爆弾は特殊な防水処理をしているため雨天時でも使うことができる。つまり、爆弾に関しての技術は完全に人間よりも上なのである……
というのはMH2Gまで話。MH3では人間の爆弾も雨天下で使えるようになってしまったので現在は特に両者の技術に差はない。
これは人間側の技術が向上したのか、アイルー側の秘伝の技術が人間側にも伝えられたのか、はたまた旧シリーズと新シリーズの地域差なのかは不明。
なお、その特徴から、アイルーの頭を模した被り物である「アイルーフェイク」や
オトモアイルーの装備(上記画像でアイルーが付けている兜と鎧)を模した「どんぐり」シリーズを装備すると爆弾に関するスキルが発動するようになっている。

また、ゲーム内で他のモンスターは倒されると死体になりそこから素材を剥ぎ取ることができるのだが、
アイルー(と後述のメラルー)だけは地面に潜って逃げてしまい、絶対に死体にならないのでアイテムを剥ぎ取ることができない。
爆弾で自爆してもけろりとしているし、爆風で行動不能になっていてもしばらくしたら平然と起き上がりこちらに向かってくる。
とはいえ、逃げる時に換金可能アイテム等を落とす事もあるのでまったくの無益というわけでもない。
中でも彼らの間での通貨である「肉球のスタンプ」を集めれば人間相手であってもそれらの武器を提供してくれる上、
ハンターが使うそれは何故かモンスターを麻痺させる性能が付加されており中々侮れない。

猫だけにマタタビのにおいに弱く「マタタビ爆弾」の爆発に巻き込まれると酔っ払ってしまう。
モンスターにマタタビの臭いがつくとそちらに襲いかかり、ハンターに臭いが付けばやはりそのハンターに襲いかかる。

彼らが持っているかばんの中には「アイルーの七つ道具」と呼ばれる物が入っている。
人間から見るとガラクタにしか見えないが、彼らにとっては重要なもののようだ。
もっとも、前述のように彼らの技術は部分的には人間より長けているので、人間にとっては使い道がわからないだけで
彼らの持つ独自の技術に用いられる道具なのかもしれない。

フィールドをウロウロしているときやアイルーどうしのコミュニケーションでは猫のような鳴き声を使っているが、
人間と話すときは人間の言葉でしゃべったり、時として人間の文字も使いこなすなど知能はかなり高いことが伺える。
なお、会話時にはお約束の様に語尾に「ニャ」がつく。中には語尾が「ゴブ」や「ゼヨ」の者もいる。
MHP2Gに登場するネコートさんのように語尾に何もつかない者もいるため、結局は個人差のようだ。

人間と交流を持つものも多く、ちゃんと仕事もしており、ゲーム中ではお店をやっていたり理容師をやっていたりする。
ハンターがやられたときに手押し車で死体をキャンプへ直送してくれる「ネコタク」もそういったアイルーである。
ちなみにこの際、ハンターが受け取るはずだった報酬の3割が彼らネコタクに支払われる。
つまり、3回力尽きるとクエスト失敗になるのはハンターに支払われる報酬が全て彼らに支払われてしまったからである。
(クエストという概念がないMH3のモガの森では回数無制限でキャンプに送ってくれる。村長辺りが雇ってるのだろうか?)
個人で雇えるものには料理を作ってくれる「キッチンアイルー」や一緒に戦ってくれる「オトモアイルー」等が登場する。
ゲーム終盤に登場するラスボス級のモンスターに関する伝承を語り継いでおり、かなりザックリしているが
ハンターに情報を教えてくれることもある。

また、彼らは「ネコの~術」と呼ばれる人間の知らない独自の技術を持っている。
この技術、猫らしく体術の類だけかと思ったら「踊ることにより一時的に能力を高める」「山菜じいさんからアイテムを多くもらう」
「周囲の生態系に大打撃を与える凶悪モンスターを挑発+乱入させる」など謎の技術が多数含まれている。
これらの能力はアイルーたちがアイルーキッチンで作った料理を食べたり、銭湯で販売しているドリンクを飲むことで
一時的に人間のハンターにも備わり、狩りの助けになることもある。

シリーズのマスコット的な存在であるためか、お楽しみ要素の一つ「モンスターの生態ムービー」にもたびたび登場している。
モンスター同士の戦闘に巻き込まれたり、モンスターの縄張りにうっかり入って追い払われたりと災難に遭うケースばかりだが、
直接的な被害を受けた描写はほぼないのでその点はご安心。その分、他の小型モンスターが捕食されるなど酷い目に遭うが。

仲間としてのアイルー

アイルーは基本的に狩猟の際もモンスターが寝ている隙に素材をこっそりいただいていく等、戦闘に関してはあまり積極的ではない。
だが、ギルドと契約して訓練を受けた「オトモアイルー」はハンターの狩猟に同行し、大型モンスターに正面から立ち向かう。
近年ではハンター同様、大型モンスターの素材製武具を着こなすものも出て来ている。

オトモアイルーは手に持った武器による攻撃以外にも「爆弾やブーメランを投げる」「特殊な効果のある笛を吹く」
「敵をおびき寄せる」「罠を設置する」など得意な武器や性格があり、様々な行動でハンターの狩猟をサポートしてくれる。
たまに大型モンスターと必死で戦うハンターごと爆弾でふっ飛ばしたりすることもある。
いきなり目の前で爆発とか、ちょっと勘弁して欲しいんだよね。何度巻き込まれそうになった事か…
……彼らの名誉のために補足すると、冒険を重ね「なつき度」が上がる事で攻撃の精度も上がっていくので誤爆は少なくなる。
皆無になる訳ではないが。

体力が少なくなると地面に潜って回復を待ち、体力が満タンになると再び出てくる。このため、肝心な時にいなかったりすることも多い。
どのタイミングで潜るかはこれまた性格によって違い、臆病な個体はすぐ潜ってしまうが、代わりに回復アイテムなど有用なアイテムを置いていく。
また、モンスターの注意を引いてくれて囮になることもある。ただし、ハンターとアイルーが離れていた場合、
モンスターがハンターではなくアイルーの方向に向かっていってしまい、二度手間となってしまうこともあるのだが……。

だが、これらの「プレイヤーの意思通りにならない部分」は意図的に残されている部分でもあるのだろう。
彼らはハンターの道具でも部下でもなく、一個の意志を持った「仲間」であることを忘れてはならない。
アイルーと仲良くやっていけないハンターが他のハンターと上手くやっていける筈もないのだから。

オトモには、モンスターに積極的に突っ込んでいく者もいればモンスターと戦わず採取に徹する者もいる。
オトモアイルーはアイルーの中でも一目おかれる存在であり、狩猟で活躍したオトモアイルーは人間界での有名なハンター同様
アイルーの村では英雄扱いされているようだ。

+ そしてついに、アイルーも「ハンター」に……


+ 調合書①入門編を盗まれた

プレイヤーからの人気が非常に高いキャラクターで、グッズ化もかなりの数されている。
一度開発スタッフ内の偉い人の思惑でマスコットキャラクターが仮面を被った獣人種の奇面族である
チャチャブーにされそうになったことがあったが、その根強い人気でマスコットキャラ枠を防衛した。*2
(チャチャブーはアイルーと似た特徴を持つモンスターだが、アイルーと異なり凶暴でハンターを見かけると手に持った鉈で切りつけてくる。
この鉈攻撃、かなり強化した装備でも理不尽なほどのダメージを受ける上に何故かハンターが逃げ込むであろうエリアに嫌がらせのように
配置されていることが多いのでハンターにはかなり嫌われている。そもそもこのチャチャブー、 アイルーのボツデザイン である。)

「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」というスピンオフ作品も出ており、
こちらはデザインが(モンスター達も含めて)可愛くデフォルメされている。
また、「モンハン日記 ぎりぎりアイルー村☆アイルー危機一髪☆」という名前でTVアニメになったこともある。
モンハンシリーズ初のアニメ化作品の主役となっている辺り、やはりアイルーの人気は計り知れない。


ニコニコにおけるアイルー

PSP版のロード時のBGMと踊りが非常に可愛く、それを元にした手書きMADが多数存在している。
いわゆる「だいたいこいつのせい」「全ての元凶」 おまえのようなアイルーがいるか。

モンスターハンタークロスではエンディングでネコ嬢と共に過去作の舞台で踊る。明るくかわいい音楽や背景で、死闘を制したハンターを驚かせ洗脳した。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27691001


MUGENにおけるアイルー

MUGEN界のゲーメストseku氏が製作したものが2体存在する。
どちらも見た目は「ぽかぽかアイルー村」のもの。そしてぬるぬる動く。
+ 通常アイルー
+ ガンナーアイルー

出場大会

更新停止中

出演ストーリー

妄想式家族計画(藍岩篇)


*1
モンスターハンターというゲームはただモンスターを狩猟するだけのゲームではなく、
特定のアイテムを採取して納品したり、卵など大型の運搬アイテムを納品するクエストなども存在する。
そして そういったクエストに限ってメラルーが大量に配置されている
通常のアイテムであれば、そういう時のためのマタタビとも言えるが、
運搬クエストの場合、メラルーに体当たりされたら確実に運搬中の卵などは落としてしまうので……。
(この手のクエストには他にもブルファンゴ(猪、高速突進でハンターを突き飛ばす)や
小型の鳥竜種(二足恐竜型、長距離ジャンプでハンターを以下略)等、嫌がらせとしか思えないモンスターが大量に出現する)

*2
+ 一応奇面族の名誉のために、事の顛末を簡潔に記しておく