IBIS


「システム起動。22-4フェーズ・・・ 」

『アーマードコア3 サイレントライン』(通称SL)におけるラスボス。よく間違えられるが
『IBIS』というのは機体を操るAIの名前であり、機体名は『I-CFFF-SERRE』である
(もっともプレイヤー達の間では機体の方もIBISと呼ばれることが多い)。
ちなみにIBISとは英語でトキ(鳥)という意味である。病人ではないし負け犬属性もない。

IBIS

惑星規模での大規模な災害から逃れる為に、いくつかの国家が作り出した地下都市『レイヤード』。
IBISはその一つを管理するメインコンピュータ(通称『管理者』)である。
しかしIBISの管理する地下都市はすでに滅んでしまったようで、人の気配が感じられない。

+ レイヤードの真実、そして彼女の目的。以下、ネタバレ注意

作中では別のレイヤード(『3』の舞台)から地上へ進出した人類に対し接触を図ると同時に、
周囲に近づく者達を衛星砲やミサイル、機動兵器などで排除してきた。
侵入が極めて困難なその区域は『サイレントライン』と呼ばれ、企業たちの推し進める地上開発計画の妨げとなっている。
主人公のもとにもAI研究所の女性研究員『セレ・クロワール』として接触し、
サイレントラインや企業のやり方などについて、疑問を投げかけた(もちろんAIであるため姿はなく、メールなどの間接的な手段で接触している)。

終盤では特殊な電波を発することで企業が新たに開発したAI兵器や無人要塞を乗っ取り、
一度は奪われた衛星砲も奪還するが、レイヴン達により敗北。
サイレントラインは突破され、内部への侵攻を許してしまう。そしてI-CFFF-SERREを操り最深部にて主人公と戦う。

元々、フロム作品はストーリーの多くを語らない作風である為、様々な謎や想像の余地が残されるのだが、その中でも特にIBISは行動原理自体も謎に包まれている。
後述のセリフから3のレイヤードの管理者『DOVE』同様、人類が今後地上で生きていく資格があるかどうかを試していたとも取れるが確信は何もなく、
その意味深なエンディングは多くのフロム脳患者を生み出したという。

なお、セレ・クロワール(Serre Croire)はフランス語で「ぎっしり詰まった想い」と訳する事ができる。実に意味深。

I-CFFF-SERRE

IBISが駆る特殊機動兵器。
黒いボディ、細い外見と翼のような背部ユニットが特徴。
凄まじい機動力とミサイル迎撃能力を誇り、武装も多彩。
最初はレーザーやオービット主体で攻めてくるが、ある程度ダメージを負うと背部ユニットをパージし、ブレードとレーザーで高速戦を仕掛ける。
高速形態の時にはその素早さでブレード攻撃を積極的に狙ってくるので、慣れないうちは斬り殺されやすい。
しかし火力・耐久力共にそれほどでもなく、動きも単調なためあまり強くはなく、こいつと並んでシリーズ最弱のラスボスと呼ばれることも。
むしろ道中の特殊AC『I-C003-IN』の方が強いと言われる始末。

3シリーズは初代シリーズのオマージュが多く、この機体もナインボール=セラフのオマージュとされているが、その強さは完全に真逆である。
しかしこの弱さは制作側が意図したものでは? というフロム脳的意見もある。
戦闘中に淡々と語る進捗情報のようなセリフはセラフのそれとは異なり殺意が無い。
兵器にあるべき目的と機能が闇に包まれたこの機体は、謎多きサイレントラインの象徴と言えるかもしれない。


MUGENにおけるIBIS

ミロカロスの製作者であるめるふぃむ氏(旧メフィ夫氏)によって製作された。
手描きであり、モーションは石上歩氏のナインボール=セラフを元にしている。
原作同様多彩な技や高い機動力を持つコンボ主体のキャラ。AIは搭載済み
11P、12Pは完全に狂キャラクラスで、高い火力と回復能力を得る。
特に12Pは尋常ではなく、ダメージを負った直後に回復し、パンチ一発で相手が死ぬ。

氏の活動休止に伴い公開停止されていたが、活動再開に伴い2014年8月に再公開された。
その際に上位カラーが削除されたが、代わりに(?)7P選択でボイスとカットインが トキになるようになった

「ココマデガ、ワタシノヤクワリ…‥レイヴン」

「あとは‥あなたの役割‥ 」


出場大会