ジンスケ

「予想どうりの悪い結果になったでござる。」


キャラクター概要

富貴商会の対戦格闘『アシュラバスター』のキャラクター。
海の向こうの国から、アシュラの舞台となるアッカサム大陸にやってきたサムライ

性格はサムライらしく生真面目で常に冷静沈着。
だが親友で忍んでないニンジャのロクロウタが引き起こす厄介事にいつも頭を悩ませている。
ロクロウタの妹でクノイチのナナミとは実は相思相愛なのだが、
その手の機微に疎いロクロウタが絶妙な間の悪さで何かやらかすため、仲は一向に進展していない。

「アッカサムの異変と、我が国で起こった怪異の関連を調査せよ」
との主命を果たすべく大陸に渡ったはいいが、
お供に付けられたロクロウタを到着早々見失い、いきなり状況が悪化してしまう。
いくら忍びの者とはいえトラブルメーカーのロクロウタをお供に付けた主が間違っている気もするが、
主に不満を漏らすなどサムライのすることではない。
頑張れジンスケ、使命を果たし、ロクロウタと共に祖国の土を踏むその日まで。

剣と魔法と中国拳法のアシュラ世界に投入された和風キャラ。
肩まで覆う巨大な黄色い菅笠を着用し、基本ポーズで顔が見えないという思い切ったデザインをしている。
しかし笠の大きさ以外はわりと普通の旅装なので、よくよく見れば地味である。

ラスボス前のデモ付き固定戦闘の相手は主人公のヤシャオウで、
ヤシャオウの固定戦はジンスケと、キーパーソンとなりうる気配はそれなりにある。
ただそのデモ、先代ヤシャオウとは顔見知りで、ヤシャオウについても何か知っているそぶりを見せ、
知りたいのなら拙者に勝って力を示せ的なことを言うのだが、
ジンスケでヤシャオウに勝っても詳しいことは言わないし、
ヤシャオウなぞはジンスケに勝っても本気で話を聞こうというそぶりがない。
さらに続編があれば明らかになったのかもしれないが、そんなものは無いのでわからず仕舞いである。

このようにアシュラシリーズを見渡しても屈指のいい人だし、ストーリーにも絡むし、
しかも侍キャラなのにもかかわらず、『バスター』での扱いは何故か ギャグ担当 だったりする。

+ EDネタバレ

原作での性能

攻撃手段は合い。斬撃の軌道が特徴的。

主力となる必殺技は突進してから斬撃を出す「其を断つなり」。
相手がダウンしないので、間合いを離さず攻勢を維持できる。強化版はワイヤーダメージ対応。
「ゆえに音断ち」は御名方守矢の逸刀・朧によく似た性能の技。
連続技にこそならないが、リーチもあって使いやすく、さらに音断ちでキャンセル可能。
ゲージを1ブロック消費して強化版で出すと中→下→上と三回斬りつけ、これがかなりの高火力。
無敵時間や相殺判定もかなりのものなのでガーキャンに使っていける。
波動コマンドの「月満つるゆえに」はいかにも飛び道具を反射しそうだがそんな性能はなく、
盾のように置いておくことで対空になるが、硬直が長めで反撃を受けやすく、使いどころは少ない。
昇龍コマンドの「先の先」は見た目も対空だが直上の判定がそれほどでもなく、地上の相手に当たらない。
威力自体はなかなかのものだが、攻撃相殺と空中ガードのあるアシュラ界で使っていくには勇気が要る。

マジックブレイクの「ゆえに真っ二つ」は音断ちの豪華版で、ネーミングセンスがたまらないうえ
カットインと共に画面に斬撃の斜線が走る → 円光が煌めくと演出も素敵。
しかし斬撃の見た目ほど攻撃判定は広くなく、演出的にはどう見ても当たっている間合いで当たらない。
一応出始めのスパークエフェクトで範囲を示してはいるのだが、マジックブレイク発動中の背景に紛れてしまってまるで見えない。
このせいで2.5本のゲージを全消費した挙げ句しょっちゅうスカり、そのうえ当たってもゲージ消費量のわりに減らない。
見た目の格好良さのわりに、当てやすさと威力では強化版音断ちに見劣りするのである。
同じく全ゲージ使用のマジックブーストは「移動&攻撃速度上昇+必殺技大幅強化」というもので、
必殺技が連続で繋がるなど色々ヤバいことになるため、ロマンを求めない限り真っ二つは封印すべきだろう

通常技ではジャンプ強の判定が下方向に広く、昇りで出すと見えない中段に。
しゃがみ強やレバー斜め下強など下段のリーチも長いので二択が強力。
それが出来るのはジンスケだけではなかったり、技の判定の出方や隙の多さから押さえ込まれると厳しかったりもするが、
ジンスケ自身の性能はかなりのものである。

「無手で抜刀術にむかうとは 当て身でござる養生なされよ。」


MUGENでは

cafe氏の製作したジンスケが公開されている。DLは氏のonedriveから。

基本的に原作仕様だが、ラストスタンドは無く、空中受け身はマジックゲージを消費せずに使用できる。
「ゆえに真っ二つ」は、マジックブレイク発動中の背景が排除されたことで、
スパークエフェクトが見やすくなり、どこまで当たるかすぐわかる親切設計になっている。

AIは氏謹製のものが搭載済み。3段階に調整可能。
cafe氏ご本人のジンスケ評が
  • 単発火力があるのでペシペシ当てていくキャラ
  • 接近したあとのコンボ火力も高い
  • スライディングの下段、上り強の中段の択が熱い
とのことで、実際そのように動いてくる。
強さの目安は、Lv.3で流れ者氏AIのチェンマオと互角の勝負になるくらい。

「…許されよ!」


出場大会

出演ストーリー

香霖堂夜想曲(第九話)