カルロス


「さようならだ…」

身長:190cm
体重:95kg
年齢:29歳
誕生日:12月12日
格闘スタイル:我流抜刀術
趣味:泣ける映画を見る事
好きな食べ物:肉料理
大切なもの:プライド
嫌いなもの:心の弱い奴

彩京が1998年にリリースしたアーケード対戦格闘ゲーム「堕落天使」のラスボス
実写版のブランカとは関係ない。でもない。
キャッチコピーは「GOD OR DEVIL」。CVは小杉十郎太氏が担当した。

神を自称するEDENの不動産王
若干29歳にして街を支配するほどの影響力を持つに至った。
多大な権力を得た彼だが現状には満足しておらず、世界の経済を支配し我が物にしようと企み、その為に手段は選ばない。
人間兵器開発や軍事衛星のハッキングによる国家への脅迫等を行っており、その内のひとつが「ケースクラス」であり、その被験者の一人が壬生灰児である。
「ケースクラス」は被験者同士が殺しあうという結果になり、一人生き残った灰児を失敗作として処分しようとしている。

また、人造人間タロウの出生の秘密にも関わっているらしいが、詳細は不明。
恐らくは「ケースクラス」とは別の人間兵器開発の産物と思われる。
(本作にはEDがないため勝利台詞において「出来損ない」と言っている以外は結局謎のままに終わった。)

プレイヤーキャラが中ボスであるトリガーに勝利するとどこかの高層ビルのエレベーターに乗ることになり、降りた先でカルロスと戦うことになる。

トリガー戦前にも(恐らく車の窓から様子を窺う形で)一度姿を現している。

使用不可能なラスボスであるがゆえに他のキャラのようなイメージイラストが存在せず、そのためかどうにもキャラの見た目がどれを基準にすればよいのかわかり辛い。
上記は勝利メッセージの際のCGだが、ドット絵や戦闘直前のイベントCG(最上段のイラスト)に比べるとかなり若く見える。
29歳という「若くもなく、中年でもない」という描写の結果だろうか。

「不動産王」「日本刀」というあたりから、プレイヤーからはヤクザ扱いされてたり…。
まぁ、ポン刀持ったヤクザとか、正直怖いのはたしかだが

+ 勝利時のセリフ集


原作性能

武器は日本刀。
全体的に大振りだが、リーチと攻撃力に優れており、通常技にもケズリ性能がある。
必殺技は水平に構えた刀による突進攻撃や構えた後に斜め上を突く攻撃。
突進技は打点が高い為、一部キャラにしゃがまれるとそれだけで当たらなかったりする。
超必殺技は飛び掛りながら日本刀で攻撃する技で中段判定。
ヒット時には相手は気絶し、前述の必殺技同様の突進攻撃で追撃する。
この追撃は多段ヒットし、当たり方次第では平気で7~8割持っていく。

余談だが、原作AIは超必殺技の性能に任せたぶっぱAIだったりする。


MUGENにおけるカルロス

Tommy-gun氏が制作した新MUGEN専用の物が公開されている。
AIも標準搭載。
基本的に原作再現であり、エスケープダッシュも使えない。
(後述のマーク2では使えるようアレンジされる)

氏の灰児同様x・y・zか、スタートを押しながらa・b・cで選択することにより、マーク2が使用できる。
(変更点は攻撃力30%ダウン、最大5ゲージ、パワーMAXモードはコマンドで発動、エスケープダッシュ追加)

ちなみに、原作ではCPU専用キャラのため技名は全て不明なので、仮の名前が付けられている。
牙突は不動産王は俺一人でいい
対空牙突は人間はみんな不動産王なんだよ
中段飛び込み斬りはお前、死にたいんだってな。俺は木場とは違う、望みどおりにしてやる!
超必殺技は言っておくけど、僕は君よりもずっと前から通りすがりの不動産王だ!覚えとけ!
……いや、「なんで?」と言われても困る。いつものこととしか言いようがない。

新MUGEN専用だからか、現状大会などの動画出演は少ない。

またNS氏によるカルロスが2014年10月13日の公開された。
こちらはWinMUGENでも使用可能で同氏製作のハリー同様勝利演出やAIも標準搭載されている。
今後の活躍に期待したい。

出場大会