オズワルド




「見せてあげよう……

     カーネフェルの真髄を!」

格闘スタイル: カード暗殺術「カーネフェル」
誕生日: 7月7日
身長: 189cm
体重: 78kg
血液型: AB型
出身地: アイルランド
趣味: ボトルシップ
好きな食べ物: チョコレート
得意スポーツ: ゴルフ
大切なもの: 信頼
嫌いなもの: 過去

THE KING OF FIGHTERS』 のキャラクター。愛称は「オズ」。
『XI』で初登場し、堕瓏に代わってアッシュの主人公チームに加わった(堕瓏はエリザベート紅丸と共にライバルチームを結成)。
黒ずくめのスーツに赤いシャツと黄色いネクタイ、赤いサングラスに山高帽を目深にかぶったいでたちの老紳士。
しかしその正体は、カード暗殺術「カーネフェル」の達人である。
伊達男の外見及びカードを使用した戦闘術の元ネタは漫画『HELLSING』のトランプ使いであるトバルカイン・アルハンブラ(CV:大塚芳忠)で、
(一説には、漫画『ブラック・エンジェルズ』の同じくトランプを用いて闘う伊達男の飛鳥とも言われている)
名前はケネディ元米大統領を暗殺したとされる「リー・ハーヴェイ・オズワルド」から取っていると思われる。
CVは『2003』の無界と同じ重塚利弘氏が担当した。
某夢の国のネズミの原型になったモノクロなウサギとか、時間の流れを操れる幼女のあんちゃんとかではない。

高齢のため殺し屋稼業を引退していたが、アッシュの依頼を受けてアイルランドのとあるバーで待ち合わせる。
シェン・ウーがかけた合言葉は知らんぷりし、何食わぬ顔でポーカー勝負を持ちかけた。
ポーカーフェイスでシェンの役をあっさりと読んでおり、ポーカーの腕はかなりのものを持っているらしい。
しかし結果はアッシュの勝ちで、報酬金と上海に伝わる秘薬 「竜丸」 の情報を提供することを条件にKOF出場を承諾する。
…が、実際の役はオズワルドが勝っており、アッシュに興味を持ったオズワルドがわざと負けを宣言したようだ。
(アッシュとは以前から何らかの接点があったと考えられるが、実際に対面したのはおそらくこれが初めて)

 XIエンディングでは約束の報酬金と竜丸の所在をアッシュから
 受け取るが、竜丸を所持している薬屋の主が「憎きシェンを倒すこと」を
 要求していると知らされ、またシェンも強者との戦いを
 望んでいたため、降りしきる雨の中シェンとの一騎打ちに臨んだ。
 しかし、続編では影も形もないことから勝負の結果は不明で一時期は死亡説も囁かれた。

ハイデルンの部隊のデータベースに彼の情報が入っており、クラークは表舞台に現れたオズワルドを見て驚いている。
世界の強者を知るズィルバーにもその名は認知されているようで、現役時はかなり名の知れた殺し屋だったらしい。
また極限流とも過去に因縁があるようで、Mr.カラテの名を引き合いに出すセリフが見られる。
『2003』のエンディングでタクマを襲撃した犯人との説もあるが、真相は定かでない。
素性や経歴はほとんど明かされておらず、「大切なもの:信頼、嫌いなもの:過去」という思わせぶりなプロフィールなどからも
今後のメインストーリー(あるいはサブストーリー)を通じて何らかのエピソードが語られることが予想される。
そうした謎の過去に起因するのか、勝利メッセージでは、
「身の程を知れ」「(相手のチームワークを指して)安いカードでも揃えばフラッシュ」と発言したり、
リョウユリには「Mr.カラテの足元にも及ばない」と罵るなど、現在はかなり毒舌かつ高圧的な性格であることが伺える。

無界と同じ声優であることから、「遥けし彼の地より出づる者たち」との関係があるのではと思われていたが、関係無かったようである。
また、XIの怒チームのストーリーは「ジム・オルドゲート」なる人物の葬儀から始まり、
献花がオズワルドの大切なもの『信頼』を花言葉とするマグノリアという花であったため、関係性が噂されたが、こちらも関係無かったようである。
しかし、ネットでは設定をズバリ言い当てている考察が存在することをスタッフが明かしている。

近頃の格闘ゲームでは珍しい渋い老人キャラ。 謎めいたキャラ設定や戦いぶりから「トランプマン」と呼ばれることもある。
クネクネ動く風変わりなモーションを持ち、性能にもかなりのクセがある、外見に見合った玄人好みのキャラとなっている。
一部のモーションが『X-MEN』のガンビットに似ているが、関連は不明。
何かと叩かれがちなSNKのパロディだが、彼の場合は 独特の渋カッコよさ が存分に出ているため、
KOFのキャラの中では珍しく公開時からかなり好評をもって迎えられた。

リーダー超必殺技「JOKER(ジョーカー)」(上のgifアニメ) は相手を画面端に追いやり52枚のカードを浴びせ
最後に手元にジョーカーが残るという凝った演出(突進を含めて53ヒット=全トランプカードの枚数)。
また「カーネフェル」は実際に存在するトランプゲームで、現在ルールが判明しているものの中では最古のゲームとされる。
このゲームの中では「J(ジャック)」が最も強い切り札になっているが、ゲーム中では「J」はただの特殊技。
ちなみに「A(エース)」や「ジョーカー」も本来は使用しないので、単にトランプにまつわる言葉から適当に取ったものと思われる。

残念ながら続編の『XII』、『XIII』には不出場。
ステージの背景や他のキャラのエピローグにも登場しないことから死亡説も浮上したが、
KOFXIIIオフィシャルブログにて、XIII調の新たなドット絵が公開されており、次回作へ登場も期待できる。
オズワルド固有の独特な動きを新しいドットで見てみたいと思うファンも多いのではないだろうか。
更に2012年に更新されたiPhone向けアプリ『KOF-i』のサンプル画像にて オズワルドらしきキャラクター が確認されており、
これがアプリに参戦すれば次回作に参戦するのは間違い無いだろう。
『KOFXIIIclimax』や家庭用のDLCコンテンツには間に合わず、家庭用ストーリーモードにも登場しなかった分、期待したいところである。





  「ご堪能いただけたかな?」

原作中の性能

『KOF』シリーズでも屈指のコンボ性能を誇るキャラ。即死に追い込める強力な連続技を持ち、シフトとの相性も良い。
通常技は全体的にリーチに優れており、J強Pによるめくりも可能。設置系の飛び道具Q」を利用した起き攻めも強い。
また、特殊技「10」は相手の起き上がりなどに持続の終わり際を重ねるとガード不能になるバグがある。

必殺技の内、「♠」「♥」「♦」「♣」の4種類のスート(絵札)技 は互いに2回まで派生させることができる、
オズワルドを使う上で非常に重要な技で、同じ技には派生できないが1度別の技に派生させればもう1回出すことが可能。
派生させた「♥」からさらに派生して出せる「A」は、ワイヤーダメージで跳ね返ってきた相手に追撃する技で、
特定のタイミングで当てるとコンボ補正無視の大ダメージを与えられる(通称「ワルドー烈火」)。

リーダー超必殺技「JOKER」は、高い威力に加えヒット数が多いため、コンボ補正の影響を受けにくいと高性能。
無敵こそないが発生が早く、さらにどこでも判定なので拾えるポイントが多い(家庭用のアレンジモードではどこでも判定は削除)。

攻撃面では非常に優れている反面、対空や切り返しには少し難がある。
無敵技は超必殺技「10・J・Q・K・A」のみで、この技自体は発生が早く、全方向に攻撃判定が出るので信頼できるが、
コマンドが→↘↓↙←→↘↓↙←なのでとっさに出しづらいのが難点。当然ながら外したりガードされると反撃確定
ゲージが無い場合は特殊技「10」が先読みでどうにか対空になる程度(一応、浮かせ技なので当たれば追撃できる)。
その他には「K」という当身技もあるが、「恐怖の片鱗」のように相手の背後に移動するタイプなので確実性に欠ける。

かなりプレイヤーの腕が問われるためお手軽強キャラなクーラ牙刀のいわゆる「2強」には1歩劣るものの、
その次点に入りうる性能を備えており、「ガトクラオズ」の「3強」と言われる場合もある。
ゲージがあると無類の強さを発揮できるので、オズワルドを使う場合はリーダー&2番手以降に据えるのが定石となっている。


MUGENにおけるオズワルド

ニコニコ動画では 某大会 某MAD の影響で「仕分けの達人」などと呼ばれることも多々。
その仕分け技「JOKER」はその格好良さからか他のキャラの使用技に採用されることがある。とか。
「JOKER」程では無いが、「Q」を使う他のキャラもそれなりに見られる。

+ アフロン氏製作 XI仕様
+ Vans氏製作 XI仕様+アレンジ
+ Fishbed氏製作 XI仕様+アレンジ
+ 斑鳩氏製作 XI仕様

改変キャラとして神キャラの「オニワルド」、AKOF参戦予定の「ジョーカー」、
KOFMのラスボスである「グスタフ・ミュンヒハウゼン」、神みずかのSAMSARA氏が作成した「神ワルド」、
tokage氏が作成した「SHINSHI」、熄 癈人氏作成の「オズワルド・デッドリー」が存在する。
他、「オズワルドスレイヤー」、「カオスオニワルド」、「DarkOswald」、「H-Chaos」といった凶悪系改変が数体作られている。
また、アフロン氏のオズワルドを元にJinny氏によって容姿や技、声(『スパロボZ』シリーズのアサキム)を差し替えた「ロズウェル」というキャラが存在する。
元は改変パッチだったが、その後に必要なファイルも同封された形で公開された。デフォルトAIも搭載されており中々強い。
このロズウェルを更に改変した狂~神ランクのキャラ「マスターロズウェル」もゴンドワナ氏により公開されている。

さりげなくストーリー動画への出演率も高い。
初老の紳士というキャラクターが格ゲー界全体を見渡しても多くないことが理由だろうか。
原作では老練の暗殺者という設定通りに結構毒舌というか皮肉屋なところがあるが、
ストーリー動画では年齢相応の優しさと礼節を兼ね備えた紳士としての扱いが多い。
配役も原作に忠実なもの以外に酒場のマスターや家事全般から戦闘もこなす凄い執事などの役が多い。

ちなみに、MUGENで霊夢が北斗有情破顔拳を放つ様を最初に目撃したのは彼だったりする。
彼自身も幻想郷でのセカンドライフを模索していたのかスペルカードを披露しているが、両者とも公開はされていない。

+ ニコニコでのタッグ(大会ネタバレ注意)





  「では、ごきげんよう…」

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧