キン肉マンゼブラ


「なにをキレイごとぬかしてやがる
  金さえあれば王位だって買えるんだ────っ!!」

プロフィール

出身:キン肉星(エントリー国はナミビア)
身長:220cm
体重:154kg
超人強度:97万パワー→1億パワー
生年月日:地球時間で1960年4月1日
年齢:24歳
精神:鉄の精神(アニメでは非情の精神)

原作でのキャラクター

「週刊少年ジャンプ」に連載されていた、ゆでたまご作の漫画『キン肉マン』に登場するキャラクター。
最終エピソードである「キン肉星王位争奪編」にて初登場。
主人公・キン肉マンと相対するキン肉星大王候補・運命の5王子の一人で、邪悪の神の一人・技巧の神が乗り移った。

元の名前はパワフルマン
貧しい農家の生まれながらその生まれを嫌って高い地位の超人を志し5王子そんなのばっかりだな
幼い頃からの親友であるシマウマの愛馬・キッドの協力とたったクワ一本とで90億超人ドル*1という大金を蓄える。
そして偉い超人となるには入会が必須という超人協会に、先ほどの90億超人ドルで裏口入会を試みるが、
いきなり 「今年から100億超人ドルに値上げした」 と言われ、足らない10億超人ドルの代わりに愛馬キッドの毛皮を要求される。
そして彼は自らの手でキッドを惨殺し、金のためなら愛する人や親友でさえも裏切れる鉄の精神(アニメでは非情の精神)を得た。
それ以降、金による取引以外では人を信用しない性格となり、チームメイトも金の力で集めた。
MUGENでキャラが作られているバイクマンもその中の一人である)
技巧の神が現れた時には農作業の最中だったが*2
実は超人ボクシングのスーパーヘビー級チャンピオン*3として君臨していた経歴を持ち、
芸術的ともいえるテクニックを持ちながらもファイトスタイルは怪力を活かしたパンチを主体としている。

ゼブラの名の通り全身シマウマ模様の身体をしており、その模様は戦闘スタイルによって、
クリーンファイターの「黒/白」姿と、残虐ファイターの「黒/灰色」姿の2パターンに変化する。
普段は「黒/白」姿によって自分の残虐性を中和しており、紳士的な性格と正統派ファイターのクリーンな戦いを見せるが、
チームメイトのパルテノンの協力によって「黒/灰色」の残虐ファイターになると
鉄柱で攻撃したり、手の中に鉄球を入れたパンチであるサラブレッドフックなどの凶器攻撃なども平然と使用する。

必殺技はキン肉族三大奥義の一つマッスル・インフェルノ。
リングロープ間を跳ねて複数の残像を作り相手を幻惑し、動揺した相手を蹴りで空中に突き上げ、
背中にサーフィンのように乗り、そのまま相手の頭部を場内の壁にぶつける技。
自分の相棒でもあるキッドを惨殺したとき使用した技でもある。

キン肉星王位争奪サバイバルマッチにおいてキン肉マンと激突、彼らの友情パワーを否定するも、
最終的にはマッスル・インフェルノを破られ*4、未完成マッスル・スパークによって敗北する。
(皮肉にも自分が殺したキッドは「マッスル・インフェルノから逃げられたのに逃げなかった」事にキン肉マンが気付き、破られる事になる)
その時点では一命を取り留めたが、搬送中に知性チームのメンバーであるプリズマンのレインボー・シャワーを浴びてしまい、
白骨化して死亡するという無残な最期を遂げた。


アニメ版では、最終回でキン肉マンのフェイスフラッシュにより、王位争奪編で命を失った他の超人と共に復活し、
元のパワフルマンとしてキン肉ハウスでの牛丼パーティーに参加している場面が描かれている。

Web漫画での新シリーズでは、何とステカセキングの「新・超人大全集」にキン肉マンゼブラのカセットも収録されており、
シマウマ模様になったりマッスル・インフェルノを決めたりするステカセキングの勇姿が見られた。

(以上、Wikipediaより引用・一部改変)

格ゲーに与えた影響としては、KOF94・95ハイデルンが空中投げとして「ハイデルンインフェルノ」を使い、
その養女レオナも使用する。レオナは後にMAX2として「デッドエンドインフェルノ」も習得した。

「それが友情のためだというのか
  友情など金さえあれば買う事もできるし
  捨てる事もできるわ────!!」


MUGENにおけるキン肉マンゼブラ

はぐれ者氏によって製作されたものが存在。グラフィックは『マッスルグランプリ』の3D画像を取り込んで2Dにしている
原作どおりパンチ主体の肉弾戦で戦い、色によって戦い方が変わる。
白カラーは凶器を使わないので鉄柱攻撃とサラブレッドフックが使用不可能。
ただしゲージ効率が黒より若干良く、体力が減少した時の根性補正も高く設定されている。
黒カラーになると鉄柱攻撃とサラブレッドフックなどの凶器攻撃を使用するようになる。
漆黒カラーは常にゲージが最大になる。それ以外の性能は通常の黒カラーと同じ。
金カラーは地上で攻撃を出していない時に相手の打撃を受けると勝手に回避する、ゲージが常に少しずつ増加、
メフィストパンチの風圧が凄い飛ぶ、サラブレッドフックが溜めなくてもガード不能、
ジャーマンスープレックスからの派生投げがノーゲージで勝手に出る、と様々な強化点がある。

またゼブラは体力が10%減少するごとに攻撃力と防御力が少しずつ増加する。
上記の通り、白カラーだとゲージ上昇量が高くなる。
立ち回りが黒より不利な分、正義超人らしい粘り強い戦いで活路を見出そう。
必殺技はマッスル・インフェルノ。これはライフの量によって消費ゲージ量が変わる。
最初は3ゲージだが体力半分以下だと2ゲージ、20%以下だと1ゲージで使用できる。

更新でAIを搭載。また改変などは自由。
ただしあまり変な改変をして問題が起きた場合は一切責任を取れませんので自己責任でお願いしますとのこと。
またD4設定で作られているので、それ以外の設定では正常に動かない恐れがあるので注意。

+ゾンビ化バグ修正
タッグモードではゾンビ化を起こす事がある。

AI.cns内を「TeamMode = Simul」で検索し、
trigger6 = TeamMode = Simul
こういうのが見つかるので、「TeamMode = Simul」の部分を「(TeamMode = Simul) && ctrl」に置き換え、
trigger6 = (TeamMode = Simul) && ctrl
こんな感じにしよう。
全部で6箇所ある。

triggerall = alive
を追加する事でもゾンビ化は防げるが、このバグは(おそらく)本来は有り得ない状況でダッシュしたり技を出したりするバグも同時に起こっており、
上記の方法ならそちらもまとめて修正できる。


+チーム戦で二番手以降に出す場合
カラーごとに分けられている性能変化は、イントロ(Statedef190)で把握されるのだが
チーム戦で二番手以降に登場させるとイントロを経由せずに試合が始まってしまうため、
どの色を選んでも黒カラーの性能で戦うことになってしまう。

common1.cns内の一番下にあるStatedef5900の最後の部分を
[State 5900, 3] ;Intro for round 1
type = ChangeState
trigger1 = roundno = 1
trigger2 = roundsexisted = 0 ; ←この行を追加
value = 190
このようにすると解決できる。

「技巧の神よ……!!
    そらそらそらぁ! マッスル・インフェルノ────っ!!!

+大会ネタバレ
MUGENプロレス チャンピオンシップバトル!では予選興行を全勝で通過。
ピンチに陥るほど発動が増えるマッスル・インフェルノを武器にドラマチックな戦いぶりでファンの心を掴み
並み居るレスラー・正義超人を押しのけ、応援ポイント一位を獲得した。
数々の激戦が繰り広げられた予選興行の間でもアストロとの一戦は互いの超必殺技の応酬となる凄まじい戦いで
この一戦でゼブラとアストロ両方の人気が大きく高まったと言えよう。
そして決勝トーナメントの準決勝で、両者は再び相まみえる事になる……。


なお動画コメント内での不破とのやりとりには真のRIKIiSHIは誰だトーナメントからのネタ。
TargetLifeAddを弄ってSUMOUに不利な条件下で戦わせるという卑劣なルールのもとで
SUMOU打倒の刺客として選ばれたボクサー枠だったのに、マッスル・インフェルノの威力が激減してしまったのである。

また、それ以前には牛鬼氏の制作したのりものサウザー及びバイクマンに
ストライカーとしてマッスルインフェルノをした状態で呼び出されていた。
その他、MUGENにおいては、はたまたのヮのにマッスルインフェルノを模した技が搭載されている。
その他の肉技に関してはキン肉バスターの項目を参照されたし。

『技巧』(テクニック)こそが、戦いでは重要になるのだ!」
「よく覚えておけ、これが『技巧』(テクニック)というものだ!」

出場大会



*1
実際どれほどの価値があるのかは不明。大量の札束を溜め込んでいたが、世の中には紙屑同然の紙幣だって存在する。
例を挙げると
  • 上質のシマウマの毛皮=10億超人ドル
  • パルテノンのファイトマネー=30億超人ドル
  • ロビンマスク、ラーメンマンのファイトマネー=50億超人ドル
とりあえず、クワ一本の農作業で貯められる金額では無さそうだ。

*2
この時、愛馬キッドとは別のシマウマを連れていた。
ボクシングのチャンピオンとして身を立てた後にもシマウマを連れて農作業をしているのは
貧困と苦境の日々を常に忘れないように心がける努力家であったか、
それともキッドとの思い出の日々が手放せなかったからではないだろうか。
ゆでが深く考えて無かったとか、後付け乙とか言うな。

*3
スーパーヘビー級というのは、人間のアマチュアボクシングでは「91kg以上」の階級。勿論最重量級である。
1t以上とか、果ては100tなどという奴らが存在する超人世界において、体格差・重量差がプロレス以上にものを言う
ボクシングという競技で、キン肉マンとそう違わない体格のパワフルマンがチャンピオンに君臨するのは途轍もない偉業である。

キン肉マンのプロレス界の参考例をあげると
  • バッファローマン(250cm 220kg)-超人スーパーヘビー級チャンピオン
  • ロビンマスク(217cm 155kg)-大英帝国ヘビー級チャンピオン
  • キン肉マン(185cm 90kg)-ハワイ超人ヘビー級チャンピオン
彼がいかに身体的にも恵まれ、かつキン肉マンクラスの実力者たちを倒したのかがよくわかる。
当然、その当時パワフルマンは技巧の神の力を借りてはいない。

*4
「キン肉族三大奥義は抜ける事は不可能なはず」なのにキン肉マンに返されてしまったため、
書籍によっては「ゼブラのマッスル・インフェルノは未完成版だった」とするものもある。
他の三大奥義のフィニッシュ・ホールドの壁画に刻まれていた図面は技を仕掛ける前半部分のもので
技のフィニッシュ部分は壁画に描かれていなかった事から、マッスル・インフェルノの後半部分も別に存在するのではないかという説もある。
まぁ、ぶっちゃけ最終的にはマッスルスパークマッスルリベンジャーも破られてるんだけどね!



添付ファイル