マリオ


"It's me, Mario!"


"Here we go!"
このWikiを見に来ている人間にとっては最早説明不要の男
任天堂が開発・発売しているマリオシリーズの主人公にして、 所謂「ゲームキャラクター」の代表的存在である。
youtube、ニコニコ動画に限らず、世界で大人気の配管工。

1981年に発売されたアーケードゲーム「ドンキーコング」でデビュー(当時は名無し、通称「ジャンプマン」)を飾り、
「マリオブラザーズ」及び 世界一売れていたゲームソフト 「スーパーマリオブラザーズ」で世界中にその名を轟かせた。
初登場から四半世紀が経過した昨今においても、ゲーム業界の最前線で活躍を続けているバリバリの現役キャラであり、
最低でもテレビがある家庭では皆、多かれ少なかれこの男の存在を知っている筈である。
また、この世に「ビデオゲーム」という文化が根付いたのは紛れもなく彼と、彼を生み出した宮本茂氏の功績があったからこそであり、
彼らがいなければ無論、ここで取り上げている「MUGEN」も生まれなかっただろう。
担当声優はチャールズ・マーティネー氏。 日本のWikipediaにも項目のある俳優である。
Wikipediaではこの表記だが、発音の関係からかゲームのクレジット等で「マティネー」「マルティネー」など表記揺れがしばしば起こる。
ヨッシーの戸高氏と並ぶ常連声優であり、ルイージは勿論、ワリオやワルイージとそれらのベビーキャラも担当している。野沢雅子氏もビックリな数である。
『シャドウ オブ メモリーズ』『スカイリム』でも声優しているが、やはり「マリオの人」の印象が強いであろう。
+ そんなマーティネー氏はこんな方
日本ではアニメ化もされており、マリオを古谷徹氏が演じている。

そして欧米では実写映画化されている、がハリウッドによる世界観のエボリューションなどが原因で海外ですらヒットはしなかった。
因みに日本公開時のキャッチコピーは『マリオが、ハリウッドを本気にさせちゃった。』
本気にさせた結果がこれだよ!
2013年、なんと DVD化 が決定。興味のある人は購入してみても良いかも。
ちなみに本作の日本語吹き替え版ではベテラン声優の富田耕生氏がマリオ役を担当。
マジンガーZのドクターヘル役や平成天才バカボンでのバカボンのパパ役、装甲騎兵ボトムズのゴウト役と言えば解る方も多いだろうか。
あまり知られていないが日テレ版ドラえもんの初代ドラえもん役もこの人である。

最近は、ベンツがマリオカート8に自社の車を出演させた事が縁で実写CMが放映される事となった。
かなり厳ついお顔 http://www.nicovideo.jp/watch/sm23660994

+ 身体能力について


+ 性格や設定など

ニコニコでは主に改造マリオやマリオメーカーで孔明の罠に引っ掛かったり、ヨッシーを冷酷に使い捨てたりで大人気。
TAS動画では「ケツワープ」や「旗らけ」等でお馴染み。またスーパーマリオ64での空耳は一時期ブームにもなった。

その他、18禁PCゲーム『さよならを教えて -comment te dire adieu-』でも、意外な場面でその名を引用されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm474946

"Mama mia!"



大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにおけるマリオ

作品ごとのデザインの変遷

任天堂のオールスターに彼が入らずしてどうする。というわけで初代から登場の皆勤賞。
PVやOP等でも実質的な主人公格として真っ先に登場しており、その点はスパロボシリーズのマジンガーZに近いか。
初代のCMや『DX』のOP冒頭、『X』のティザーPV冒頭等において一緒に登場したリンクピカチュウカービィとセットで任天堂四天王的な扱いを受ける事も多い。
『X』ではKONAMIからゲスト参戦してきたスネーク
そんなスターと手合わせ願えるとは、いい時代になったものだな 」と言われている。
…ちなみに『for』のピットも全く同じことを言っている。

+ 各種必殺ワザ(以降「B」と表記)

シリーズ通しての弱点は突出して強力なワザがなく(=頼れる主力の技が無く、決め技に欠ける)、リーチが短い。
要は差し込みワザが弱く、敵の懐に潜り込むのが辛いキャラとなっている。
多くのマリオ使いは小ジャンプからファイアボールを撃って牽制し、飛び込んできた相手を手数の多さで圧倒していく、
といった待ちの戦法をとる(『X』のCPレベル9もまさにこの行動をとる)。
この戦法上敵の飛び道具をかわしやすい、手数の多さから不利がつきにくいなどの特性がつき、
それなりの強さは発揮できるようになっている。
ただ決めワザまで弱いのはかなり痛く、ワンパターン相殺のシステムも相まって操作は慎重を要する。
横スマッシュか下スマッシュが吹っ飛ばし技のメインになるだろうから、あまり回数を振れないのが痛い。

スマブラシリーズを通して中心的なポジションに置かれ、活躍が期待されていたマリオだったが、
スタンダード・オールラウンドということは裏を返せば個性に欠けるということでもあり、
その上特に秀でた能力がないのが災いしてか、『X』までのマリオは大会において出場率・戦績ともに今ひとつよろしくなかった。
同じような性能を持つリュウと比べてもその差は歴然としている。
特に『X』では顕著で、(タイマン・乱戦共に)弱キャラというあんまりすぎる位置付けにいるのも原因かもしれない。

ただ、彼に秘められたポテンシャルは決して低いものではなく、
実は スマブラにおける(押し出しワザや振り向きスマッシュなどの)上級テクニックの殆どが使える。
特に振り向きスマッシュや空中向き変えをマスターすると、マリオの弱点である短いリーチを補える。
厳密には「あれ?マリオってこんなにリーチあったっけ?」というわからん殺しが可能になるのだが。

また全体的な技後の隙が少なく、復帰阻止もそれなりに強いなど他キャラより秀でた部分もある。
覚えることは多いが、極めれば極める程強くなっていくタイプなのである。
その過程で 彼を究めると、スマブラのテクニックの大部分が網羅できる。 …逆に言うとそれくらいしないと彼を使いこなせないのだが。
初代でも実はそうだったが、『X』では特に「 初心者にわかりやすくお勧めの玄人好み上級者向けキャラ 」としての傾向が強くなっている。

+ 初代での性能
+ 『DX』での性能
+ 『X』での性能
+ 『for』での性能

また、『DX』と『for』ではマリオのモーションをコンパチしたモデル替えキャラとして ドクターマリオ が登場した。*1
+ スマブラにおけるドクターマリオ


MUGENにおけるマリオ

世界中で人気のある彼は、海外だけでなく国内にも多数存在している。
何故か凶悪な性能のものやネタキャラばかりで普通に格ゲーしているものがいるのか怪しいのだが

オリジナル・原作再現(?)

+ ShinRyoga & NeOaNkH氏のスーパーマリオ
+ Thomas氏のNESマリオ
+ 夫氏のNESマリオ
+ ErmacWon氏のペーパーマリオ
+ SephirothX2004氏のリアルマリオ
+ Hanyou氏のスーパーマリオ64
+ ハイパー猫氏と大宮ハルヒ氏のDr.マリオ
+ N64Mario氏のオールドスクールマリオ
+ N64Mario氏のスマブラ風マリオ
+ HCL氏のタツカプ風マリオ
+ Mugendd2007のファイティングマリオ

改変・凶悪キャラ

+ 無眠の人氏製作のWill of prison flame
+ SuperMario193281氏の改変キャラ
+ tokume氏製作の原作再現マリオ
+ tmtm(てむてむ)氏製作のHighSpeedMario
+ STG氏製作のマリオ元帥
+ どっかのサブ氏製作のnesmariwo


かつてニコmugenでの出番は人気キャラの割りに何故か少なかった。客層の壁だろうか。
しかし最近は国内産のキャラが増え、出番も増えてきた。
彼もまた、主人公の一人として活躍し始めている。

"Thank you so much for-to-playing my game!"



出場大会

+ 表示

出演ストーリー



おまけ

長年の時を経て、数々の冒険をしてきたマリオ。
そんな彼も2011年、生誕30周年を迎えた。
ニコニコ動画でも、彼を称える動画がある。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15586696

マリオ自身だけでなくスーパーマリオブラザーズ30周年記念の動画もある。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27149595


*1
モーションの使い回しは3Dゲームではかなりの容量節約になるらしく、
スマブラDXの場合19キャラまで作って余った容量をモーションの使い回しを駆使して埋め、更に6キャラを追加する事に成功している。
コンパチを手抜きという人もいるが、容量のやり繰りの為には重要な事、単なる手抜きではないのだ。
また、参戦したもう一つの理由として「ドクターマリオの音楽をスマブラに入れたい」というのもあった(実際に曲は採用されている)。