ペプシマン

デッデーデデ デッデーデデ ペプシマーン ♪

プシュア~!!!

+ 旧デザイン

ペプシコーラのイメージキャラクター。
1996年頃に当時の最新鋭のCG技術を投入したCM用キャラクターとして登場した。
体が金属に覆われた筋骨隆々の人間で、目や鼻は無く口だけは動く。
困った人を助ける為にダッシュで駆けつけて、主にペプシコーラを届ける正義のヒーロー。
ただし、ドジで毎回酷い目にあう。

初期は胸から下にかけて太い赤のライン、その上にペプシのマークが入ったデザインであったが、
1998年のペプシ缶本体のデザイン変遷に伴い、左肩から右腹部、及びその下まで青いカラーリングへと変化した。
CMによってはレモン色の覆面をかぶったり、はたまたペプシウーマンが登場していたりする。
作風がアメコミヒーローっぽいが実は日本生まれのキャラクターである。
アメコミ風のテイストからアメリカ向けのキャラクターが日本に輸入されたと思われがちだが、
上述のように日本製、日本国内向けのキャラクターのためアメリカにおける知名度は低い。
ただ、最近はインターネット普及に伴いYoutubeなんかにペプシマンの動画が上がっているため、
ペプシという世界的企業の、日本限定のネタキャラ」として海外でも徐々に人気を集めつつある。
CM集

また『トランスフォーマー』とタイアップして、「キャンペーン司令官ペプシコンボイ」なる形態に変身してしまったこともある。

CMのコミカルさとは裏腹に『NASAの科学者が開発した意思を持った金属が近くに居た研究員を吸収し誕生
そして取り込んだ研究員がペプシ好きだったため、あの姿になった』という、さりげなく恐ろしい設定を持つ。
しかしそんなオリジンにも関わらず、彼は世のため人のため、みんなにペプシを届けるべく全力疾走している。
まさに「大いなる力には大いなる責任が伴う」のだ!

ペプシマンと言えばおなじみの曲だが、CDが出されREMIXまでされてたりする。

1998年には、ペプシコーラにおまけとしてついていた「CMを元にしたデザインのペプシマンボトルキャップ」がブームになった。
閲覧者の中にも、これを集めていた方がいるのではないだろうか。
実は飲料のおまけとしてボトルキャップがついたのは、このペプシマンボトルキャップが業界史上初であり、
後に様々な企業の製品でボトルキャップがつくこととなった。

また、一時期行っていたキャンペーンではラベルの裏側に「当たり」が印刷されていることがあり、
この当たりのラベルを送ると『巨大ペプシマンボトルキャップ』がもらえるというキャンペーンも行っていた。
この巨大ボトルキャップ、サイズは2リットルペットボトル用で、ボタンを押すとペプシマンのテーマが流れるという代物。
アメリカ製と見せかけて、パッケージの英語がどこか怪しく、よく見ると「MADE IN CHINA」と書いてあるというジョークの利いた作りになっていた。
またパッケージには「店では売っていません。友達に自慢しよう」という、シュールなペプシマンの台詞が印刷されている。

+ 法律にかかわるお話


ゲームでのペプシマン

タイアップとして、格闘ゲームにゲスト参戦した他、後にはペプシマンを主役にしたゲームも発売された。

1996年のセガサターン版『ファイティングバイパーズ』ではコラボ企画の隠しキャラとして登場する。
バイパーズのCMラストに登場しいつものポーズで「プシュア~!」とやってくれたので、「バイパーズの事は良く知らないが、ペプシマンが出てる事は知ってる」といった人も多かった。

アーケードモードで負けそうになるまで差をつけられると、 例のテーマ曲に乗って ペプシマンが乱入。これを倒すことで使用可能となる。
隠しキャラのため、全体的に高めに性能がまとまっており、大胆なアクションで攻撃を繰り出すことができる。
なおコラボ企画決定が急だったため、マスターアップ1週間前に急遽追加されたという逸話を持つ。

残念ながらAC版や後のPS2版バイパーズには未登場。
また、この後に発売されたお祭りゲー『ファイターズメガミックス』にも参戦できなかった。
戦うペプシマンが見たい場合はSS版バイパーズを買おう。


1999年にはKIDにより、このペプシマンが主人公のPS用ゲーム『 ペプシマン 』も発売された。
自動販売機のペプシコーラが売り切れで人々が暴動を起こしそうなので、
パンクしてしまったペプシトラックの代わりにペプシコーラを届けに行ったり、
ペプシコーラが手に入らずリフレッシュが出来ない人を元気づけたりするために走り回るバカゲー。
画面構成は『クラッシュ・バンディクー』に似た感じの強制スクロール3Dアクションゲーム。
障害物によって衝突した時のリアクションが異なるのが細かい。
ちなみに障害として現れるものには コカ・コーラ 赤いマークの大型トレーラーも。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm486264
余談ではあるがこのKIDという会社、このゲームを出した一ヵ月後に『ONE 』の色々な意味で有名なPS全年齢対象版を発売した。
何なんだ、この会社
2006年に倒産して、サイバーフロントに買い取られたけどね。で、そのサイバーフロントは解散してるけどね。


余談だが『FFIX』のラスボス「永遠の闇」は、見た目がそっくりなためペプシマンと呼ばれることがある。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2150920
+ FFⅨにかかわるお話


MUGENにおけるペプシマン

namasu氏製作

こぜに氏のtmm改変で、音声はMUGENデフォルトのものを使っているので、元ネタより喋らない。
必殺技は無いが、発生の早い攻撃とタメが可能で最大3割はダメージを与えられるふっ飛ばし攻撃がある。
移動速度が速く空中攻撃で降下速度も調節でき、機動力も高い。ただ横ジャンプがものすごい飛ぶ。
またブロッキングも搭載されている。AIは無い。
∞ロダにあげられていたが、運営していたピアキャスト支援サイト廃業につきDL不可。

幽霊荘氏により改変されたものが現在公開されている。

suteneko氏製作

グラフィックの素体はギルだが、技はアクションゲームで用いた行動が主体。
一般的な対戦格闘ゲームのフォーマットに沿った戦い方はしない。
攻撃の効果音がデフォルトのままであるのはこちらも同じだが、音声は独自のものがいくつかあり、ペプシマン要素は押さえてある。

AIはデフォルトで搭載されている。
基本攻撃で永久コンボっぽいことをやらかしたり、ガチAIが作られたらなかなかやばそうな性能を秘めている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30071102

ステージ

五右衛門氏によりペプシマンステージも製作されている。
大画面でペプシマンがひたすら前に突っ走り続ける自己主張の激しいステージになっている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7763265

出場大会

  • 「[大会] [ペプシマン]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル