K-BLOOD


「さぁ、殺し合おう!」


格闘スタイル:暴力
誕生日:不明
出身地:不明(強いて言うならばNESTSの研究施設)
身長:183cm
体重:64kg
血液型:不明
趣味:昼寝
好きな食べ物:ビーフジャーキー、マグロ料理
得意スポーツ:無し
大切なもの:無し
嫌いなもの:昼寝を邪魔するもの


秘密組織『ネスツ』によって製造されたKシリーズの内の1人。
外見、戦闘スタイルともオリジナルであるK'とほぼ変わりなく、
その一方で真紅の瞳に赤い髪などの明確な相違点を持っている。
ある日ネスツからの脱走を決行し、武装した兵士達を倒し施設を後にした。
以前から脱走を試みて始末された『同類』達はいたようだが、
K-BLOOD自身が具体的にどのような心情で組織を抜け出すに至ったかは不明。
もとより組織や自分の生い立ちに対してさほど強い執着がないのか、
脱走後も特に明確な狙いや目的があって動いているわけではない模様。
しかしある時、白い炎を操る謎の男より突然の襲撃を受けてしまう。
どうにか危機を脱すると同時にその男の危険さを理解したK-BLOODだったが、
臆することもなく「借りを返すため」に戦いへと身を躍らせた。

jin氏が製作したK'の改変キャラであり、AKOF参戦キャラ。
「ケイブラッド」と読む。
ボイスは基本的に七夜志貴のものを、MAX3の掛け声のみ遠野志貴のものを使用している。
ポートレートなども改変されており、K'に比べて不敵な笑いを浮かべている。

俗にいう中二っぽいK'である。いやまあ元か(ry……であるが、ボイスがボイスなだけに拍車がかかっている気がする。
しかし、ボイスが本家よりも似合うという意見も多い(本家があまり似合ってないというのもあるが)。
声のせいか、爽やかである。

「逃げるなら……いや、もう遅いか…。」



性能としては、技のモーションがアレンジされており、全体的にK'よりもスピード重視のキャラになっているため若干火力は低い。
ヒートドライブ-typeβは弱と強でモーションや出の速さも異なる。弱ではそのまま突進し、強では一瞬後方にブラックアウトしてから放つ。オリジナルのようにボタン長押しによる溜めは出来なくなっている。

アイントリガー派生のブラックアウトで後方に移動する事が出来、より相手を翻弄しやすくなっている。しかし、裏に回るブラックアウトの距離の選択が出来ないので、壁際からこの技を使って反対に逃げる様な使い方は出来なくなった。クロウバイツ(強)のヒット数はK'より多く、さらに(強)の追撃後にミニッツスパイクを当てることが出来る。ミニッツスパイクはK'より発生、移動距離が強化されている。だが技後の隙も大きいので、ループコンボは不可能。
技の発生は早いがその後の隙が少し多く、確実にヒットを狙っていくのが大切になってくる。
基本的に通常技の発生が早く、小足が強力。その分必殺技全般の隙が大きく、ガードされると反確なものも多い。超必もガードされるとかなりの隙がある。

超必殺技のメテオドライブはエアトリガーのモーションで飛び道具を跳ばし、パワーゲイザーのエフェクトと同じ衝撃波を出す技となっている。シェルドライブは蹴り上げ始動のロック系乱舞技
で、地上コンボ時のみDC対象となっている。
MAX2のチェーンドライブ-typeβはブラックアウトのモーションで突進し、乱舞後に高く跳ね飛ばし、落ちて来た所にヒートドライブをヒットさせる。

体力の残りでMAX2、MAX3の超必殺技が開放される仕様になっていたが、更新により制限が解除された。
ドリームキャンセル搭載されていて、シェルドライブ→チェーンドライブ-typeβへと繋げられる。

MAX3超必殺技のチェーンドライブ-code:BLOOD-の殴る蹴るのモーションで切り裂くエフェクトが使用されいるため、「何で切れるんだよ!?」というコメントがあったが、
アレは高速で拳、脚を振りぬく事で切り裂いているらしい。
演出の見栄えが良く、非常にカッコイイ。彼を象徴する技である。

AKOFのキャラの中では性能は低いと言われているが、あくまで無敵時間や全体的な火力が抑えめな程度。
実際には攻撃のフレームが速いお陰で接近戦での打ち合いに強く、
各技も基本的にオーソドックスな性能なので、秘めたポテンシャルは非情に高いキャラ。

日影氏(最新版非対応)や葉桜氏によってAIパッチが作成されている。
ちなみに改変可能なので、その改変キャラとして素顔版のアイスマン(ロバート=ドレイク)がいる。

AKOF内では低火力キャラの部類かと思われていたK-BLOODにも大ダメージコンボがある事が発見されたようで、
画面端なら即死コンボ、それ以外でも7割ダメージと、キャラの潜在能力が存分に引き出されている。

前述の通りK'の改変キャラである彼だが、彼から改変されたキャラもいる。

+FITZ氏製作 K-BLOOD arrange
FITZ氏によってオリジナル技や追加ボイス、イントロを搭載したk-BLOODのアレンジ仕様が仮公開された。
火力は落ち、無敵時間も減少したものの、豊富な移動技とライフを削って発動する強化モードによって攻めの選択肢が増えている。
強化モード中は一部の必殺技の性能が変化し、より攻撃的な性能になる。
強化モード中はライフの自動減少があるが、コンボルートの幅も広がり大きなリターンを望める。
余談だが、氏のイメージなのか下記のようにプロフィールも変更されている。

体重:92kg
好きな食べ物:マグロ料理
得意スポーツ:短距離走
大切なもの:睡眠時間

ちなみに名前だが、ダウンロードした際のフォルダの名前がK-BLOOD_arrengeとなっているためである。
+K.O.D氏製作 K-BLOOD2
K.O.D氏製作のU-K'の裏モードにK-BLOOD2というキャラが存在している。
本家の要素はあまりなく、オリジナルの技が多い。
ドルジ氏によるAIが公開されているので大会でも活躍できるだろう。
デフォルトでは声がK'のままだが、ドルジ氏のAIと統合しているボイスパッチを当てることで本家のボイスに変えることができる。

+匿名製作 K-BLOOD Lv.B
∞アップローダにてK-BLOOD_Lv_Bというアレンジ版が公開されている。
K'らしさが抜け、よりボイス元の動きのような変則的な動きをしている。

「血」を前面に押し出した改変で、通常ゲージに加え「B-Lv(血液循環速度)」というゲージシステムが追加された。
このゲージシステムにより技の種類が増え、それに伴いボイスや新規ドットも豊富になった。
エフェクトも炎から血に変更され、コンセプトに恥じぬすばらしい改変となっている。

前述のB-Lvとはこのアレンジの核とも言えるものである。
簡単な説明
  • ゲージ数は0からMAX(5)まである。(そのためか通常のゲージは1ゲージしかない)
  • EX技が使えるようになる。ちなみにEX技以外でB-Lvが減少することは無い。
  • Lvを上げると必殺技の性能が高くなる。超必殺技もLvによって種類が変わる。高ければ高いほど性能が良くなる。またLvが高いほど基本動作が速くなる。
  • 技をカウンターヒットさせるとLvが上がる。
  • Lvを上げると「常時HP減少」が発生する。こちらも高ければ高いほど減少速度が上がる。

など。
得ることのできるメリットが非常に大きいが、同時にデメリットも発生するといったところか。

全体的に見ると機動力や制圧力、コンボ性能が高めで攻撃面に尖っており、防御面に不安が残る。
B-LvがMAXだと体力がガンガン減っていくため、
『自分が攻めていたと思ったらいつのまにかこっちが瀕死だった』な・・・何を言ってるのか(ry
となっても珍しくもない。
とはいえB-Lvで減った分の体力を回復するダメージプラン、B-Lvを3レベル上げるデス・ロジックを使ってうまく調整はできるのだが。

ちなみにK'はサングラスを投げるがこのK-BLOODは薔薇投げる
ネタかと思いきやダウン追い討ちできるので意外と使える。そういう物じゃねえからそれ!!
というか胸に入れててトゲ痛くない?
そういった演出面でも素晴らしい出来であり、特に当身のオメガサーキットという技は一見の価値ある。

AIも同氏によって搭載されており、人間の腕では捉えられぬ動きをする。攻撃が当たらん。

余談だが、本当は製作者の名前がdefファイルやメールアドレスに書いてあったりする。
+斑鳩氏製作 K-BLOOD
氏製作のK'に同梱されているK-BLOOD。なので常時グラサンを掛けている。

通常技と特殊技はK'と全く同じだが、それ以外の技は本家の技やモーションが使われている。
本家のオリジナルの動作もちゃんとKOF版のドット絵を書き換えて再現されている。

K'と同様攻撃力が高く、連続技も比較的簡単で初心者にも扱いやすい反面、
コンボ補正が厳しく設定されているため、最大火力はそれなりといったところ。

+jjong1917氏製作 K-COOL
韓国よりjjong1917氏が改変作成した「K-COOL」というものが存在。
というか、炎ではなく氷を出すK-BLOODである。

+黒椅子氏製作 K-BLUT
2013年に新たに公開されたK-BLOODの改変キャラ。
名前の読み方は「ケー ブルート」。BLUTはドイツ語で「血」を表す。
主な改変点として、コンボ限界(ジャグル限界)時に必殺技、超必殺技の演出変更&以後の追撃を限定するシステムの導入、
コンボ補正の追加、攻撃判定終了時にAttackDistを切る等相手AIの挙動に対する親切設定、
ゲージ増加量の燃費低下、多数のスーパーキャンセル・ドリームキャンセルの追加等のほか、
オリジナル技や新規ボイスが追加されている。
また更新によりシリアス度スイッチが追加され、設定によってボイスがネタからシリアスまで幅広く変化する。
その後の更新で簡易AIがデフォで搭載されたが引き続き外部AI募集中とのこと。
カラー差として7Pで性能が上昇する本気モード、12Pで葉桜氏K'12P(金グロ)と互角レベルのボスモードになる。
また、9Pは7P以上12P以下の性能強化と共に挑発が大幅強化(途中キャンセル可能・無敵付与)され、
シリアス度が0固定になり更にネタ成分が増える悪いね☆モードとなる。とてもウザい。
更新で悪いね☆モードにもAIが対応し大幅にウザく強くなった……が、9Pでの挑発時におよそ千分の一の確率で 自殺するようになった
なお、Ver1.0で9Pの性能が元ネタ同様のゲジマユ+体力制限撤廃(本体性能は設定で1P・7Pから選択可能)になりこのモードは削除された。


この他、AIレベル12にするとUnlimitedモードになり性能に12P並の強化が入る。更に12Pである条件を揃えると……?


「おいおい、引き際くらい見極めてくれよ。見苦し過ぎるぜ…アンタ」


出場大会

削除済み
凍結
更新停止中
【K-BLUT】

出演ストーリー