バトラ


大空を舞う地球の守護神バトラ

1992年に公開されたゴジラシリーズの映画『ゴジラVSモスラ』に登場する怪獣
『うみねこのなく頃に』の登場人物をお探しの方は右代宮戦人へどうぞ。
昆虫型の怪獣でイモムシのような幼虫から蛾のような成虫へと変化する。
地球が環境破壊などに対抗するために生み出した怪獣と言われる。
モスラの同族だが、守護を役割とするモスラに対し破壊を役割とする存在で、名前も「バトルモスラ」の略。
人間に味方するモスラに当初は敵対しておりモスラを襲撃した。今回は地球にせまる巨大隕石を破壊するために復活したらしい。
モチーフはモスラの蚕(カイコ)に対し、蚕の家畜化される前の野生種である桑子(クワコ)。
没企画に登場予定だった魔獣バガンやギガモスといった怪獣がベースになっており、頭部の角やシルエットなどがそれらに類似している。

地球に隕石が落下したことが原因で幼虫が北極で復活。
幼虫は眼から放つプリズム光線や角から高圧電流を放つホーンフラッシュが武器で、
名古屋襲撃時には名古屋城を破壊し市街と自衛隊を壊滅に追い込んだ。
突進力と地底移動能力にも優れ、頑丈な外骨格で防御力も高い。
水中戦でゴジラと渡り合ったが、海底火山の噴火に巻き込まれてゴジラと共に姿を消す。

だが持ち前のタフさでマグマの高温にも耐え、モスラを追って日本へ向かい、海上で成虫へと姿を変えた。
モスラのように繭は作らず瞬時に変態を行うのだが、
紅い稲妻を放ちながら変身するさまは非常に格好よく、印象に残っている人もいるかもしれない。
成虫になると赤い稲妻のような模様のある翼が生え、優れた飛行能力を得る。モスラと違い鱗粉はないようだ。
幼虫時に比べてプリズム光線の破壊力が増大し、飛行しながら薙ぎ払うように使えるようになったため攻撃範囲も大幅に増している。
敵の背後のビルを破壊して瓦礫で生き埋めにしたり、強靭な脚力で観覧車を持ち上げて叩きつけるなど周囲の物を利用するといった戦闘技術の高さも垣間見える。
その一方、より「破壊」に特化した形態であるため幼虫時代より耐久力は劣るとされる。
近接戦闘も苦手なようで、ゴジラと一対一で戦った際には油断して組付かれ、投げ飛ばされてしまっている。

モスラを空中戦で圧倒し、横浜みなとみらい21でゴジラに挑むが1匹ではゴジラに歯が立たなかった。
だが敵対していたモスラに助けられ、テレパシーで説得を受けたことで共通の敵ゴジラに対して共闘。
この辺りの行動のせいでファンからはよくツンデレ扱いされる
そして、モスラの毒鱗粉にプリズム光線を乱反射させるという連携でついにゴジラを戦闘不能に追い込んだ。
しかしモスラと共にゴジラを海に封印するために運んでいた時にゴジラが再起してしまう。
ゴジラの反撃で致命傷を負いながらもゴジラの運搬を果たし、自らの使命であった地球にせまる隕石の破壊をモスラに託して
ゴジラと共に海に沈んでいった。
翌年の作品でゴジラだけ復活したけど、こいつは封印された時点で致命傷だったので勘弁してやってほしい。
というかその辺りの海域に使用済み核燃料が投棄されていたというゴジラの悪運が異常なんだよ…。

また、「コミックボンボン」で連載された漫画『怪獣王ゴジラ』では、本映画の後日談として
悪の科学者マッド鬼山が、北極海の海底で氷漬けになっていたバトラの遺骸から翼を回収し
自身の造り出したクローンゴジラに植え付け、合体怪獣キングゴジラの材料とした。


ゲーム『ゴジラ爆闘烈伝』でのバトラ

ゴジラ 怪獣大決戦』の前作であるPCエンジンの『ゴジラ爆闘烈伝』に登場。
ステージ5の選択可能な敵の一体として幼虫が登場し、獲得スコアにより変化するラスボスの一体として成虫が登場する。
幼虫は突進やプリズム光線などを使い、このゲームでは普通よりの性能のキャラであるが、
成虫は常時飛行キャラでかなり特殊な性能になっている。
同ゲームには他にも飛行可能なキャラとしてラドンが存在するが、ラドンは地上戦でも充分他のキャラと戦える。
それに対してバトラ成虫は地上戦は極めて不利で、空中で飛び道具をメインとする戦い方が基本になり、
大分格闘ゲーム離れした戦いになる点が大きく異なる。
とはいえ爆闘烈伝版のビオランテなどとは違い、バトラ成虫はゲーム中で倒せば対戦モードで使用可能になる。
ただし、対戦のバランスまでは考えられておらず、だいぶバランスブレイカーではあったりする。
ちなみに次回作『ゴジラ 怪獣大決戦』にはバトラはプレイヤーキャラとして登場しないが、バトラ成虫と似たタイプの性能のモスラが登場し、その超必殺技においてバトラが召喚され、共に光線技を放つという演出になっている。

なお格闘ゲームではないが、シュミレーションゲームの『ゴジラ列島震撼』においては
バトラの幼虫が2体登場するステージがあるが、これを倒すと何故か幼虫が一瞬で成虫になる。
成虫単体でも驚異的な性能を誇るにも関わらずそれを2体相手しなければいけないため、
当時のプレイヤーは泣きを見ることになったとか。


MUGENにおけるバトラ

ガイガンなどの作者であるジロウガキ氏が製作したバトラ成虫が2011年4月1日に公開された。
『ゴジラ爆闘烈伝』のスプライトを用いており、原作ゲームの仕様を再現した仕様になっている。
とはいえ原作の時点で特殊な仕様のキャラだったので、爆闘烈伝の特殊な操作法も相まって、
かなり一般の格闘ゲームとは異なる性能のキャラに仕上がっている。

常時飛行キャラであるのが最大の特徴で、高度に限界はあるものの空中を自由に飛びまわれる。
技の性能もあって地上よりも空中から攻撃する方が得意である。
もっとも飛行速度はそれなりで、一般的なジャンプ攻撃は普通に当たる高さなので対応は充分可能。
また技数が少なく近接通常攻撃は羽パンチのみで、後は中距離向けのゲージ技の衝撃百烈波や
プリズム光線などの遠距離攻撃になっている。当然コンボで戦うような戦法にはならない。
つかみ技などもあるのだが、こうした技構成ゆえに格闘ゲームというよりはシューティングゲームのような立ち回りになりやすい。
まあ原作ゲームでもそんな感じだし仕方ない。
戦い方も空中から距離をとってのプリズム光線が基本となる。
とはいえ相手が空中にいる場合のみ使える投げ技「飛行バトラドロップ」もあるので、チャンスがあれば狙っていきたい。

ただし空中にいるように見えても状態は「立ち」なので投げは効くし、バトラ自身にガードも搭載されている。
ただ、ガードのコマンドは方向キーではなくaボタンになっている。
他にも前進中に相手を自動でつかむなど、慣れないうちは原作準拠の操作にとまどうかもしれない。
また相手を攻撃している間は強いが、相手の攻撃が直撃すると地上に墜落してしまい、
そのまま追い打ちをされると脱出してある程度の高度に復帰するのに苦労するなど、攻め込まれると弱い性能になっている。
特にステージの端に追い込まれると厳しいことになるので気をつけよう。
AIは搭載されておらず性能も癖が強いが、うまく人操作で使いこなせれば面白い戦いができるかもしれない。

投げ技の「噛みつき」は威力が高く、3~4割ほどのダメージを与える。
また、原作ではヒットした際に相手のやられボイスが鳴るようになっており、
MUGENでも再現されている…のだが相手の台詞によってはシュールなことになる。とか 唐突に負けを認めたり なら 変なところを痛めたり とか

ちなみに横浜のみなとみらい21や海上のステージとしては、『超ゴジラ』のバトラ戦のステージをこぜに氏が公開している。
映画での雰囲気を味わいたい場合は使ってみてもいいかもしれない。

あと、語るスレにて観覧車で戦うバトラも公開されているが、モスラが本体なので詳しくはモスラのページで。

出場大会