間桐桜








「じゃあお花見とかしたいです、わたし」



性別:女性
誕生日:3月2日
血液型:O型
身長:156cm
体重:46kg
スリーサイズ:B85/W56/H87
イメージカラー:桜
特技:家事全般、マッサージ
好きなもの:甘いもの、怪談
苦手なもの:体育、体重計
天敵:イリヤ遠坂凛


プロフィール

TYPE-MOONの18禁ゲーム『Fate/stay night』(PS2版は全年齢)の登場人物。「まとう さくら」と読む。
とは関係ない。PS2版の声優は下屋則子(PC版は音声なし)。

主人公である衛宮士郎の後輩にして、友人であるワカメ間桐慎二の妹。
士郎が何年か前に怪我を負ったのをきっかけに家にちょくちょく掃除や食事を作りに来ており、
士郎にとっては日常の象徴のような存在。
かつては暗い雰囲気だったが、士郎や大河の影響で明るくなっている。
なお、桜は士郎の事を恋い慕っているが、エロゲ主人公の例に漏れず鈍感なため彼は気づいていない模様。
ちなみに公式のキャラ解説にて「穏やかな日常の象徴で、戦いに巻き込まれる事はないのだが……?」という、
あからさまなフラグを立てられている。

料理の腕は士郎の家に手伝いに来た当時はおにぎりくらいしかまともに作れなかったが、
練習や士郎の腕前を盗んだりした結果、今や洋食に関しては料理の師である士郎よりも上。
士郎は和食、桜は洋食、凛は中華が得意で、主人公とメインヒロインたちで料理に関しては三すくみで凌ぎを削り合う事になる。
メインヒロインで一人喰うだけの人がいる?キノセイデスヨ

+ネタバレ注意
TYPE-MOONにおいて「日常の象徴」が本当に肩書き通りの存在だった試しはない
彼女もまた然り、である。

桜は、その昔とある家から養子として間桐家に来た娘で、本来間桐家の人間ではない。
で、養子に出される前の名前は遠坂桜。原作ヒロインの一人である遠坂凛の実妹である。

養子に出された理由は、遠坂家としては後継者争いを回避するため。
また間桐家としては断絶しかけていた魔術師としての家系を存続させるためである。
上記に「日常の象徴」とあるが、それは主人公である士郎の視点であって、
つまりは彼女も魔術師の系譜かつ間桐家の魔術師である。
髪や瞳の色も元々は凛と同じであったが、間桐の魔術に無理やり馴染まされたために変わってしまっている。

間桐の魔術の基礎は「水」属性であるため、元々「虚数」の属性であった桜には扱えないものであった。
そのため、現間桐頭首である間桐臓硯により、身体の内部から改造されてしまっている。
その方法は 「臓硯の使い魔である蟲を直接体内に侵入させる」 (性的な意味を含む)という陰鬱なもので、
彼女は幼少の頃からその改造を受け続けていた。

そのため、義理の祖父である臓硯には逆らう事が出来ず、内に篭もる陰気な性格になってしまっていた。
士郎に出会う事で少しずつ明るい面も見せるようになってきているが、自分の素性を隠している事もあり、
今でも表情に陰が残っている…というのが物語開始時点における彼女の境遇である。*1

ライダーの本来のマスターだが、セイバー・凛ルートでは、令呪(サーヴァントへの命令権みたいなもの)を、
義理の兄である慎二へ貸し与えているため、殆ど本編へは関わらずに終わる。

+それにしても…
同じ母親から生まれたのに、この戦闘力の差は一体… 涙目過ぎる…。
しかし桜は自分の体型が太っていると思っている(嫌いなものが体重計)ため、
姉は二重の意味で苦しむ事になっている。

ちなみに母親も貧乳。つまり遺伝的には姉の方が親の影響を強く受けていると言える。
やっぱり蟲のせい?

+ファンや公式からの扱い
メインヒロインの一人ではあるのだが、色々な事情で人気投票では他のヒロイン達に遅れを取っている。
それどころかはおろか彼女にすら負けたのは忘れたい過去。

+更に突っ込んだネタバレ・不人気の理由
これまでのルートを、セイバールートが「スタンダードな燃え展開」、凛ルートが「主人公の内面の話」とするなら、
桜ルートにして本編最終ルート「Heaven's Feel」は、冬木聖杯の真実を描く謎明しのルートである。
話の内容もこれまでとは違い、いい味出していたサーヴァントが即退場したり黒く凶暴になったりといった塩梅。
間桐臓硯による裏の陰謀、これまでとは比べ物にならない一般人への被害、物語全体に漂うネガティブな空気、
また、味方サーヴァント離脱など主人公サイドの戦力がこのルートが最も薄く、苦しい展開が続く事、
メインヒロインである桜の人格も徐々に歪んでいくなど、ドロドロとした展開・比較的王道を外れた展開になる。
更にこういった話や設定の都合上、桜はメインヒロインの中で一人だけデートイベントがなく、
凛やセイバーはどのルートでも活躍するのに対し、桜は自分以外のルートでは戦闘に出なかった。
というか、どのルートでも中盤でほぼフェードアウトするので、桜の事を最初から好きだったプレイヤーを除けば、
影薄めな脇役が突然ヒロインになって、主人公の心情を揺るがす究極の選択を迫ってくると言う展開になる。
この辺がこのルートと桜の人気があまり無い原因と思われる(勿論、熱い展開等は他ルートと同様健在だが)。

だが、このルートは、最後に選択出来るルートという事で、士郎の歪んだ人間性に対し1つの解決策を示している。
一言で言えば、「今まで信じてきた正義を放棄してでも愛する者を守る正義を取るか」という選択を迫られる(シナリオ的にも選択肢でも)。
勿論、今までの正義を貫けば漏れなくタイガー道場行き(バッドエンド)。そしてセイバーを殺せなくてもダメ。
これまでの2ルートでは、「歪んだ人間性でも尊い物である」と言う肯定が回答となっているので、それを全否定する事になる。
これまたこのルートが賛否両論になっている大きな一因である。

余談だが、制作段階で断念されたイリヤルートとしての側面も含まれている。
え?イリヤがヒロインで桜がラスボスなルートだと思った? こやつめ、ハハハ!

しかしそんな彼女も携帯サイトの「第2回マイBESTキャラ投票」に於いて女性部門4位を獲得。
なんと自らのサーヴァント超えどころか 超えの快挙を果たした。
ファンが増えたよ、やったねさくらちゃん!でもその直ぐ上の3位に初登場で大躍進した駄狐がいますよね?
まあ、Zeroアニメ放映直後と時期に恵まれたせいもあるし、場所が場所だけに母数が少ないので…。

しかし10周年記念の人気投票でも、TYPE-MOONの並み居る人気キャラクター200人の中で見事8位にランクイン。
上記の人気投票で敗れた駄狐をも上回る順位で今度こそ文句無しに人気を証明し、
シナリオライターに「ついに時代が桜に追いついた」とまで言わしめた。


…凛は4位でセイバーは1位ですが何か? あと今度は別の(第四次)ライダーに負けたけどな!



黒桜


「くうくうお腹がなりました」

呪いの侵食を受けて黒化した桜。
原作は登場するルートの順番は選べず、桜ルートにのみ登場する。
ある意味存在自体がネタバレなのだが、CAPCOMから発売された3D格闘ゲーム
『Fate/unlimited codes』では堂々とこちらの姿で参戦している。

+「大体な、何故ヒロイン枠で登場する間桐桜。君は『こちら側』だろう?」
本編の桜ルートでは上記の来歴が明かされ、
これまではただの一般の被害者であった桜がいきなり聖杯戦争の舞台へ上がる事になる。

そして間桐の実験の一環として桜に第四次聖杯戦争で使われていた小聖杯の欠片を埋め込む事で、
付け加えられた小聖杯としての機能が、桜の「どうしても士郎と離れたくない」という想いにより、
大聖杯内の復讐者(アヴェンジャー)のサーヴァント 「アンリマユ」 が成長する事で覚醒し、
アンリマユの力を受ける黒い聖杯として成長を遂げていく事になる。

通常の聖杯ならアンリマユが小聖杯から漏れ出す事はないが、
桜自身が実体のない虚無であり“影”であるアンリマユを実体化出来る「虚数」属性の魔術師であり、
また間桐の「水」属性の吸収魔術を使用可能な事もあって、
桜の無意識を侵食したアンリマユにより、桜の自意識が薄い睡眠時などにその無意識を乗っ取り、
魂・魔力・生命力を吸収する「黒い影」として街に現れ出すようになってしまう。
性質の悪い事に、サーヴァントでは「黒い影」に触れると汚染されるが、かと言って魔術師が消せる強さでもないため対抗しようがない。
桜ルートにおいて士郎や凛が苦戦し続ける最大の要因と言っていい。
ちなみに、この方だけは精神汚染に 自力で耐えていた
流石は大英雄である。激痛で大暴れはしたけど。

なお、金ぴかはそもそも黒化自体が不可能(本人曰く「この世全ての悪? 我を黒化させたきゃ 3倍持って来い 」)。
それどころか影の内側から食い破られそうになってしまい、取り込んだ後は大急ぎで分解・魔力変換している。
結果、消化不良を起こしてアンリマユが腹痛に悩まされる羽目になったとか。
しかし魂の比重もリスクに見合って圧倒的(一般人数十万人分)であったため、
本来7騎全てのサーヴァントを取り込まなければ満たされない筈の聖杯が、彼を含む3騎で満たされてしまった。
流石は英雄王である。「この前食べたサーヴァントさんなんですけど、 まあ、名前なんていいですよね 」とか言われてるけど。

アンリマユが英霊を取り込むごとに桜は小聖杯として成長するだけでなく、
アンリマユが生む60億の呪いによる負の感情の侵食と、英霊の魂を人の器に詰める事による膨大な負荷を受ける。
英霊5人分の魂を持つギルガメッシュを吸収した後は負荷が飛躍的に増し、身も心も崩壊していった。
桜はその状態でも死ぬか自分の心が崩壊する前に、黒幕である義祖父を刺し違えてでも倒そうとするのだが、
逆に策に嵌められ、自分を襲おうとした義兄を殺す事になってしまう。
その結果、桜の心をなんとか繋ぎ止めていた「自分の意志で人を殺したわけではない」という支えを失った事で、
桜の心は壊れてしまい(自暴自棄になったともいう)、
アンリマユの呪いと同調し、自分は人を殺す化物だと受け入れて適合した末の姿が上記の状態。
姿だけでなく人格も変貌し、主人公やその他に襲いかかる。

魂を永久機関とし、無尽蔵に魔力を生む第三魔法として受肉しつつあるアンリマユと契約で繋がっている事で、
魔力量、存在感共に純粋なる英霊、「抑止の守護者」と同格の位に達している。
その貯蔵魔力量は 億どころか兆 に届くという破格の物(並の魔術師が40ほどで、馬鹿みたいに魔力貯蔵が多いシエルでさえ4000程度)で、
サーヴァントの宝具域に増大した“吸収の魔術”を、桜の元々の魔術回路の性能が許す限りは無尽蔵に操る。
ちなみに冒頭のセリフだが、何を見てお腹が鳴ったのかといえば…。

このため、桜及び黒い影が原因のバッドエンドorデッドエンドは桜ルートにしか存在しないにも関わらず、
桜及び黒い影がトドメとなった数は本編で第一位という凄まじい戦果を誇る。つーか士郎死にすぎ
このように本編でも酷い有様だがunlimited codesでは更に悪役っぷりを発揮しており、
リズストーリーのオープニングでは「ヒロ……イン……?」と思いたくなる事請け合い。

言峰「仮にFateが格闘ゲームなら最後の敵、RPGなら隠しダンジョンの隠しボス
          シミュレーションなら第三部辺りでやっぱりボスにされるお前が一ヒロインだと?」

アーチャー「やめろ、それ以上はいかん……!ヒロインとしての体裁が保てなくなるぞ!」

尤も、だがそれがいいというドMもいるけどな!

なお「RPGの隠しボス」枠は別の人に取られた。キャラが薄い事に悩む彼女的には、果して良かったのか悪かったのか。

逆にギャグに走った場合は普段は普通なのに、
怒ると 自分の意思で黒に変化して相手を脅す (主に慎二や士郎及び士郎に近づく女)、というのが定番である(特に『タイガーころしあむ』が顕著)。
ちなみに『タイガーころしあむ アッパー』では、桜のそっくりさん(住んでる星が違うだけでキャラ的な違いはゼロ)は本物と違い地位を手に入れた事で、
士郎とアヴェンジャーをはべらせ、士郎が他の女(大河)に2分間近づいた事でキレてお仕置きをするなど、完全に女王様となっていた。

余談だが「彼女の黒さと姉の狡猾さを合わせてやっと某割烹着と同等」なんだとか。…アンバーパねぇ。
さらにどうでもいい事だが、実はこの状態の彼女は服を着ていない。
この黒いドレスのような服はアンリマユの呪いによるもの(要するにベヨネッタ)であり、実際呪いが解かれた瞬間に彼女は全裸姿を披露している。
後述の『unlimited codes』にて攻撃をするたびに素肌を晒すのはそのため。

+『unlimited codes』での性能
黒桜は世紀末聖杯戦争とまで言われた『unlimited codes』にもタイムリリースキャラとして登場しており、
原作に合わせてか、相当に癖のある性能になっている。

やや長めのリーチの通常技の他、地を這う衝撃波状の飛び道具や設置技などを備え、
地上中段など、中距離での制圧力は中々に高め。
しかしその代償かゲーム中1、2を争うレベルで機動力が低く、ワープする移動技で相手を幻惑しつつリーチ圏内に持ち込む事が重要になる。

ただこのキャラの問題は機動力でなく 火力も耐久力も低い という事であり、
「低耐久・鈍足・低火力」の三重苦 を抱える相当にきついキャラになっている。
一応、UCの仕様を利用した「補正切り」を利用すれば他のキャラ並みの高い火力は出せるのだが、
桜は要となる設置技がゲージを消費するので、火力を叩き出す機会に恵まれない事が多いのがキツい。
同じく低火力であるライダーアサシンよりもその平均火力は一段低く、体力の最大値の低さと相まって、
桜使いにとって「苦労してフルコン入れたが、ワンチャンスで即座に 体力差取り戻されるどころかリード広がった
というのはよくある話らしい…。
同じ低火力仲間の先ほどの2名や、同じ鈍足系設置キャラのキャスターと違い、投げからコンボを始動する事もできないので、
崩しから強引に攻め入る事も難しい。
一応投げで確定ダウンを奪えるため、そこから後述する起き攻めでターンを取り返してハメ殺す事も可能ではあるが、
起き攻めは所詮起き攻めなので確実にダメージを奪えるわけではないし、 そもそも投げられる距離まで近づかせてもらえない事が多い。

また、低機動力という欠点も無視出来ず、
飛び道具が優秀なキャラに 後退しながら飛び道具を連発されるだけで詰み一歩手前 という事が頻繁に起こるのも泣き所。
「ならワープ技で相手の飛び道具を避けつつ…」と思うかもしれないが、
ワープを最大限に駆使しても、アーチャーやギルガメッシュの場合間断なく連射してくるため、全てを避けきる事は不可能。
事故でも起こらなければタイムアップ削られ負けが関の山である。

一応強みとして起き攻めが強力という長所があり、
熟練のプレイヤーにさえ「やりこんだ桜の起き攻めは 人間には回避不可能 」とまで言わしめる鬼畜起き攻めは桜の代名詞となっている。
また通常技が優秀なのも評価されており、実際、大会などで結果を残している桜使いも希少ではあるが存在する。

ストーリーモードは もちろんバッドエンド。
自身の行動の目的や大好きだった先輩が誰だったのかも忘れてしまうが、それすらも「どうでもいい事」と一蹴するなど、完全に自我が崩壊してしまう。
救いも何もあったものではないが、本編でも下手をしたらこうなっていた可能性はあった。
なお、ラスボスも桜自身であり、その光景はさながらオセロである(カラー的意味で)。

「……待っててね、先輩……あと少しでわたし、 生まれ変わりますから……
 サナギから蝶になるみたいに……虫にだって、キレイになる時が、あるんだから……

 あれ、でも……先輩って、誰だっけ……?

 おかしいなあ……わたし、誰を待って……何を……したかったんだっけ……?
 ま、どうでもいい事ですよ、きっと」

また、他のキャラのストーリーにも悪役としてちょくちょく顔を出す。
同作において桜が救われるルートはライダーとリズのストーリーのみと、ギャグ街道を突っ走るとは落差があり過ぎである。

余談だが、 乳がよく揺れる。 そこよりもっと力を入れるところがあっただろうに…。
何、其処が最重要? ですよねー。

でも動かずに乳だけ揺れる様は正直怖い


+Fate/EXTRAでの扱い
ぶっちゃけ、保健室の子いらなくない? by妹怖い
『Fate』のパラレルワールドである『Fate/EXTRA』にも一応登場している。
序盤では本編と同じくワカメ間桐慎二の妹という役柄ではあったが、
ムーンセルでの聖杯戦争の事が露見してからは、保健室に待機するNPCという本来の役割に戻る事に。
毒を受けた主人公の手当てをしたり、手作り弁当を支給したりとどことなく家庭的。
……まぁ、それ以外の活躍が全くと言っていいほど無いんだけどね。
Fate本編にて、ヒロイン(?)として勤めたにも関わらず、扱いが物凄く軽い。
と言うか、下手をするとモブキャラより台詞パターンが少ない。というかボイスすらない。
『TypeMoonエース』の付録DVD「ブロッサム先生」シリーズではそんな彼女が一応主役なのだが、
「弁当を渡すだけの簡単なお仕事はもうこりごりです!」とぶっちゃけ、主人公達を拉致して自分がプレイヤーになろうとした。

正確には今回の姉は姉に良く似た別人、義理の兄もよく似た別人。桜自身も桜という人格をベースにした聖杯戦争の運営プログラムと、
基本的に旧作とは事情も世界観も異なるのにこの扱い。
との差もそうだが、『EXTRA』に登場する意外と綺麗な言峰との差も中々悲しいものがある。

+以下、『EXTRA CCC』ネタバレ注意
続編である『CCC』にも登場。保健室の体調管理AIという立場はそのままに、物語の重要キャラへと大躍進を遂げた。
主人公らが月の裏側から脱出するための補佐として共に戦う事となる。
専用ルートも存在し、名実共にこの作品のヒロインである。菌糸類のお気に入りはギルガメッシュEDだけど
更に主人公らに立ち塞がる敵として、桜のそっくりさんである同型AIの「BB」、
そして彼女が自らのデータから生み出した分身・アルターエゴであるメルトリリス、パッションリップが登場する。
BBは残念小悪魔系ラスボスヒロインという立ち位置を獲得し、アルターエゴもそれぞれ個性的なキャラクターをしている。
その他にも企画段階では和風ロリ桜のカズラドロップ、見た目・能力がライダーっぽい大人(二十代半ば)桜であるヴァイオレット、
超巨大なキングプロテアなどが存在したが、シナリオ変更その他の都合で没になってしまった。
ヴァイオレットとキングプロテアは『Fate/ExtraCCC FoxTail』にて登場しており、キングプロテアの登場シーンはインパクト絶大である。

ちなみに桜は前作同様の白衣姿(下に着ている制服をセーラー服に着替えるイベント有り)なのだが、
BBは短すぎるスカートで常時パンモロ

メルトリリスは下半身が刺々しいブーツ以外は前貼り一枚という斬新すぎるスタイル

パッションリップは弱々しい性格でありながら ド級の爆乳をサスペンダー状の細い布で隠しているだけ

…という、敵陣営は常識があぶないファッションの連中が揃っている。
本作のテーマは 「少女の情念、そしてエロス」 故致し方なし。前作の時点でそういう傾向あったように見えるし


さて、そんな彼女の結末は…桜ファンは、是非見届けてほしい代物とだけ。

──最後の話をしよう。
儚く現実に破れる、当たり前の恋の結末(はなし)

+余談
2013年度のエイプリルフール企画「路地裏さつき ヒロイン十二宮編」にてこんな台詞がある。

「間違っているのはそれを許す大衆よ。いつだってシステムは純真なもの。杯に毒を混ぜるのは、いつだって人間です。
 その結果の極北がこのわたし。格闘ゲームでは悪役、アニメはノールート、CCCにいたってはあの始末!
 おかげでわたしも覚悟ができました!怨念系の役回りとか超☆上等!一周まわって楽しくなってきたところです!」

『CCC』発売直後に扱いが悪いような一文が飛び出たため、当然『CCC』プレイ済みのプレイヤーから物議の声が出た。
フォローしておくと、これはシナリオを担当したライターが『CCC』発売前で未プレイだったためである。
『CCC』発売前の各媒体の情報ではどう見ても桜(BB)は「ラスボス枠の大物」だったのでこの誤解も已む無しか。
発売から間もないため結果的にネタバレにはなっていないのだが、
「桜の扱いは悪いに決まってるだろうな」と思って書いたと白状したと言えなくもない…。

+Fate/Zeroでは
幼少期の姿で登場。
既に間桐に養子に出されており、日々蟲による陵辱を受けていた。*2
彼女の境遇そのものが義理の叔父である間桐雁夜が第四次聖杯戦争に参戦する最大の理由。
なお、アニメ版第一期では1話以降ほぼ全く出番がなく、再登場は第二期終盤になってからである。ある意味桜らしい

+ネタバレ
間桐雁夜の思いとは裏腹に雁夜は魔力が枯渇し息絶える事となる。その姿は「間桐家に背いた者の末路」としてしか印象に残らず、
より桜の間桐に対する縛りを強くしてしまう事となる。
原作小説および小説に忠実なCDドラマ版では感情無く雁夜の死を見届け、臓硯への隷属の思いをより強くするといった描写であったが、
アニメ版では雁夜の死に様を明確に嫌悪しているだけであるかのような描写にされてしまった。


「馬鹿な人…お爺さまに、逆らうから…」

+ちなみに…
当初の雁夜死亡シーンは「極悪非道すぎ」「桜の株が下がりまくる」ものだったらしい。
…が、流石に「テメェの血は何色だ!」と原作者である奈須きのこ氏から没をくらい、「この娘は黒がデフォかと読者にいらぬ誤解を与えてしまう」
作者も思い直したためにとてもマイルドなものに(あれでも)変更となった。それはそれで見てみたいが
上記アニメ版の展開はこの初期案を彷彿とさせるものがあると言えよう。


PS vitaでリメイクされる『Fate/stay night』の特典である『とびたて!超時空トラぶる花札大作戦』では、
チビ桜が雁夜&四次バーサーカーとチームで登場する。
シナリオを担当するのも奈須きのこ氏と大判振る舞いである。

+で、内容はというと
「…………うん。いつもの空回りだけど、今回はほっとけないよね」

基本的に雁夜とバーサーカー(理性あり)がダメ人間なためツッコミ担当。アイリスフィール曰く「一番まともなのはあの子だけ」。
また、雁夜からは最大戦力として扱われている。 幼女に劣る大人二人ェ...

ストーリーモードでは、アニメ版最終回の描写が改変された反動からか雁夜をツッコミながらもフォローを入れ、
願いも雁夜の為に使うなど優しさが強調されている。桜ちゃんマジ天使
また、EXTRAチームのストーリーでは沙条愛歌と共に登場するのだが…。

+...
「わたし、願いゴトとか、もうないし」
「すべてを無に帰す、ボス枠として確定してしまった立ち位置に絶望したヒロイン」
「いいんです、アーチャーさん。私のキャラ属性は変えられない事は大聖杯が教えてくれました。私の運命は真っ暗です」

言うまでもなくラスボスである


…きのこさん、いい加減桜が可愛そうなのでイジり倒すのも程々にして下さい。
にゃにゃにゃ、ネタ方面にしか空気の読めないTYPE-MOONにそれは聖杯でも叶わぬ望み


+こんにちは、カルデアのマスターさん。

「戦いの神ではないんですけれど……」

ソーシャルゲーム『Fate/Grand Order』にて、
「パールヴァティー」名義での参戦が劇場版『Fate/stay night[Heaven's Feel]」の第一部公開に合わせ行われた。
厳密には間桐桜当人そのものではなく、インド神話の破壊神シヴァの妻パールヴァティーと霊基が融合している状態。
人格としては桜よりだが、記憶や意識その他はパールヴァティーより。ややこしい?うんそうだね桜ファンも皆思った。
その為、「間桐桜という人物の生涯の記憶」はパールヴァティー側がうっすらと感じ取っている程度であまり鮮明には分からない様子。
性格としては両者の明るい面が上手く混ざったとの事で、比較的明るく優しい良い子。
…うん言いたい事は分かる、パールヴァティーもドゥルガーとかカーリーっていう怒り狂う神格の側面あるよね
クラスはランサー。手に持つのは前述のシヴァから借りてきた神具トリシューラ(三つ又槍)。
FGO主人公とは微小な特異点が発見されその調査の為に向かった先の「冬木市」で出会っている。
「この肉体に関する「大事なもの」がこの土地にある」気がしており、それを探していたところを手助けされる事となった。
問題解決がなされた後は、「縁があったらカルデアでお会いしましょう、私も、お邪魔してもいいかなと思います(意訳)」で主人公と別れるに至った。

尚、も既に別の女神と混ざった状態でカルデアに霊基が登録されているのだが、
(ユーザーが両キャラを所持している場合)そちらの彼女については、

「あの中東の女神……イシュタルさん、ですか?綺麗な方ですね。因果的にとても気になります。
 でも、ちょっと派手すぎではないでしょうか……。自由すぎるのも時には困りものですよね。うふふ……」

…等とやや含みのある反応を見せる。神の力持ってカルデアで姉妹喧嘩だけはやめてください

+本当はここにお邪魔する予定なんてなかったんですけど。
同じく『Fate/Grand Order』に参戦したキャラ。
ヒンドゥー教における愛と欲望の神、カーマデーヴァが桜の黒い側面を依代にしている。
クラスはアサシン。宝具は刺さったものに恋慕の情を呼び起こす効果がある花の矢「愛もてかれるは恋無きなり」(カーマ・サンモーハナ)だが……。



MUGENにおける間桐桜

『unlimited codes』での鬱憤を晴らさんとばかりに凶ないし狂キャラ寄りの物が大半。
+六雪氏製作
  • 六雪氏製作
手描きで製作されたもの。作成動画や登場大会が順次上がって来たので知っている人も多いと思われる。
何より特筆すべきはそのドットのクオリティ。
D4ならではのその美しさは、市販ゲーのものと並べてみても遜色ないほど。
あとエロい。たくしあげたり孕んだりとにかくエロい。あと一瞬だが全裸になる。
勿論ブリスレイの投げ、ジャギの「おい、そこに座れ」に謎ジャムなど色々対応されている。凄い製作者だ……。
さらにカットインまで手描きであり、必殺技によって個別のものが各種用意されている。
商業のそれと比べて遜色ないと言えるほど緻密な出来栄えであるので、ぜひ動かして確認してほしい。

性能面では、設置技や飛び道具メインの戦法を得意とする。
技の一つ一つがずば抜けたリーチ・効果範囲を誇り、特に空中Cはゲージ技と見紛わんばかり。
効果音の一部は『MELTY BLOOD』のものが使用されているが、彼女自身はむしろ地上戦メインに調整されており、
派手なエリアルが出来るわけでもなければ空中ダッシュの距離も短い。

画面下に表示される「聖杯ゲージ」は攻撃をヒット、またはガードさせる事で蓄積され、
100%毎に攻撃力に5%の補正がかかる。ゲージは最大700%まで溜まるため、最大で1.35倍の攻撃力となる。

更に相手の食らい抜けやブロッキング、根性値に反応してヘイトが上がり桜が強化されていく「ジャプニカ暗殺帳」も搭載。
これは相手の特性によって自身の性能が変わるシステムで、
例えば体力が高かったり、回復をしたりしている場合は火力が上昇し、聖杯ゲージとパワーゲージが増加。
相手によっては物凄い勢いで溜まって封殺する事も。

もう一つの特色である「影の巨人」は、パワーゲージ5本と聖杯ゲージ全てを消費して、
「呪層界・悪心祝祭 アート・アンリマユ」を発動させる事で召喚される。
これは所謂人形系オプションで、攻撃に使うABCボタンとは別にZボタンを使ったコマンドで管理する。
召喚時に消費した聖杯ゲージ量に応じてダメージ量が変わるのが特徴。
動き自体はかなり鈍重だが、本体に劣らぬ画面制圧力を誇る。

なおこれらの要素はコンフィグや開幕時にON・OFFの選択が可能となっている。

性能的には凶~狂クラスとの事だが、
弱体化モードやボスモードなどを選択出来る親切設計のため、ある程度の並キャラと戦わせても無問題…
…なのだが、成長系大会(特に凶未満)では特にステータス部分の暗殺帳を切っておく事を強くお勧めする。
また、タッグでは人数の都合上どうしても弾幕が濃くなるため、1Rで暗殺帳が5冊も6冊も溜まる事がある。

Ver0.95よりデフォルトAIが搭載された。
デフォルトAIが搭載されていなかった頃は、お家氏やライダー未満氏による外部AIが公開されていた。

+大会ネタバレ
手書きキャラonlyトーナメントにおいては、その完成度の高さから視聴者達の注目を一気に集め、
また他選手を凌駕する戦闘力で対戦相手を圧倒、複数人抜きを平然と行う様から、
いつしか視聴者からラスボスと呼ばれ、優勝候補の筆頭に躍り出る。
+過去作のおはなし、こちらもネタバレ注意
それもそのはず、氏製作の前々作ではシナモン 白黒デモーニッシュ なるトンデモタッグを組み(準優勝、この頃既にラスボス呼ばわりであった)、
前作では本当に(実質だが)ラスボス(リニューアル版の新作では道中ボスに変更&撃破チームに加入!やったね!)を務めている。
+その後の彼女
決勝トーナメントでもその強さは健在で、
もはや彼女を止められる選手はいないだろう…視聴者の大半がそう思っていたが、
準決勝で美樹さやか率いるチームに敗北を喫してしまう。

「敗北チームの大将は勝利チームに編入される」というこの大会のルールにより、
彼女は美樹さやかのチームに編入され、決勝では同チームの副将として戦い、
グリゼラDragonClawの2選手を破り最後までラスボスと呼ばれるに相応しい力を見せつけたものの、
大将の美樹さやかが最終戦で敗れてしまい、チームとしての優勝も逃してしまった。

以降は狂下位~中位での大会出場が多くなっている中、真・最終章 MUGEN界 男性連合軍VS女性連合軍2では珍しく狂上位枠のLv6ボスとして君臨。
圧倒的な力で男性Lv4のVoltage-Zeroを難なく撃破したものの、
続くLv3ボスのエルクゥ即死攻撃である鬼の爪零式を受けてしまい…。

+humi氏製作
  • humi氏製作
同人ゲーム『BattleMoonWars銀』のドット絵を使用したもの。
常時アーマーを展開した、所謂凶悪キャラ。プレイヤー操作は不可能で、画面全体を覆わんばかりの攻撃を常に出し続ける。

+殺人七夜氏製作
  • 殺人七夜氏製作
他にも国内にもう一体、殺人七夜氏製作の黒桜が、オロチ改変キャラのガワ変えとして公開されている。
しかし、scaleが17%になっているのに判定の調整していないので、桜の足元にしか喰らい判定がない。
そして桜の絵はポートレイトを除くと2枚しかなく、一部の行動では17%に縮小された元キャラが出てくるなど、
御世辞にも完成度が高いとは言えないので、動画ではまず見ないだろう。

一応、AIは元キャラが出てくる行動は取らないようになっており、
常時アーマーを展開しているので、通常は攻撃を喰らっても元キャラが出てくる事はない。
更にニュートラル時に喰らい判定を完全に覆うバリアを展開しているので、殴ろうと近づくと返り討ちに遭う。
そしてある程度の即死耐性を持っており、これらの性能から狂キャラである。

出場大会

削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー



*1
一応フォローをしておくと、魔術刻印は一人にしか受け継がせる事が出来ず、
「遠坂の跡を継げるのは一人だけであり、かつ凛の方が遠坂の魔術と相性が良かった」というのが凛が選ばれた理由であり、
その一方で「桜も並外れた才能の持ち主であり、その才能を潰すのを惜しんだ」というのが桜が養子に出された理由である。

いずれにせよ、早急に何らかの手を打たなければ魔性の物が桜の魔力に惹かれて集まってくる上、
最悪の場合、魔術協会に標本にされていた可能性まであり、
時臣に与えられた選択肢は桜を魔術師としてどこかに養子に出すか、桜に障害が残る事を覚悟して魔術回路を潰すの二つしか無く、
間桐の後継者として養子に迎え入れたいという間桐臓硯の申し出は、正に「渡りに船」だったのである。
間桐の魔術の奥義の内容や、臓硯の魂胆まで察しろという方が酷な話であろう。

要約すると概ね「時臣の弱味につけ込んだ臓硯が悪い」の一言で済んでしまう訳だが、
アニメ版『Fate/Zero』では この辺りの事情の解説が丸々カットされる という憂き目に遭っており、
アニメ序盤では間桐雁夜がヒロイックに描かれていた事もあって、
その結果時臣(引いては凛)に対するヘイトが集まってしまうという少々残念な結果を招いている。

なお、後述の『とびたて!超時空トラぶる花札大作戦』では(どこまで信憑性があるかは疑問だが)、
エーデルフェルト家も養子先の候補に上がっていた事が語られている。
もし実現していれば、凛にとって(ある意味、主に質量的な意味で)最悪の未来が展開されていたであろう。

*2
真じろう氏による漫画版だと刻印虫が18禁PC版仕様となっており、更に惨たらしさが強調されている。
分かりやすく言えばアニメ以上にアグネスホイホイなシロモノと化している。