不死英雄戦士






ウオォォォォォォォォォ!

初期ステータス

不死英雄戦士

体力 知力 精神力 素早さ
12 10 10 10 5 10

片腕不死戦士

体力 知力 精神力 素早さ
10 12 4 4 8 2
トレジャーのセガサターン用3ライン格闘RPG『ガーディアンヒーローズ』に登場するキャラクター。
不死英雄戦士と書いて『アンデッドヒーロー』と読む。
主人公一行が伝説の剣を手に入れた後、王国の騎士団に追われて逃げ込んだ墓地で突如として復活を遂げた骸骨戦士。
復活したアンデッドヒーローは伝説の剣を手に取ると、主人公たちの命令に従って戦ってくれる味方NPCとして同行してくれることになる。
戦闘中は5種類ある命令から1つを選択することにより、その方針に従って行動する。
ちなみにこのアンデッドヒーローは名前のとおり不死身であり、HPという概念すら存在しない
そのため危なくなったらアンデッドヒーローに任せて自分は逃げ回るだけでもなんとかなったりする。
+ 原作ネタバレ

原作での性能

ストーリーモードでは不死身だったが、対戦モードでは当然HPとMPが存在する。
最大の特徴はガードすることが一切出来ないこと。
加えて避けも使用できないため、回避はジャンプやライン移動、バックステップや攻撃による判定相殺に頼ることになる。
アンデッド故に光属性にはめっぽう弱いが、それ以外の属性と物理攻撃に対して全キャラクター中トップの高い耐性をもつ。
ガードと避けが使えない反面攻撃性能は優れており、各種通常攻撃は発生の早さ、判定の強さ、攻撃範囲と全てにおいて優秀なものが揃っている。
必殺技は遠近どちらでも優れた性能を誇る、高性能な飛び道具である『デッドリーフレイム』
サークルを描くように自身の周囲に剣を振り回して敵を吹き飛ばす、乱戦や飛び道具に対しての相殺に強みを発揮する『キリングバスター』が強力。
全画面攻撃の『ジェノサイドクラッシュ』というロマン技も備えている。
ちなみにダッシュには微量なダメージの攻撃判定もついてたりする。

ガードができないため、高い攻撃性能を生かしてゴリ押ししていくのがメインの戦法になる。
乱戦の外からデッドリーフレイムを連射したり、リーチの長い弱攻撃連打から強攻撃に繋いだりして攻め続けるべし!
+ 実は…

アレンジモードでは

やはりガードも避けも投げも使えない点は変わらず、何故かダッシュの攻撃判定が無くなっている。
しかし反撃(ギルティギアシリーズでいうバーストのようなシステム)が追加されたことにより、ガードできないという数少ない弱点を補えるようになった。
これによって元々高かった各種耐性も相まって非常に高い耐久性を誇るうえ、2BがJC可能になったことによりエリアルコンボが使えるようになったため近接火力も更に強化。
加えてMPの仕様変更によりロマン技でしかなかったジェノサイドクラッシュも実用性が高まり、オリジナルモード以上に強力なキャラクターになっている。

+ 各種技解説

MUGENでは

ガーヒーキャラの製作でお馴染みのcurze氏によるキャラと5段階に調整可能なAIが公開されている。
1~6Pでは調整性能(MP消費量10倍)、7P以降では原作仕様(MP消費量原作準拠)となる。
それ以外の部分はライン移動が無いことや相殺が無いこと以外は原作を再現した仕様になっているため、当然ガードも避けも使用できない。
ガン攻めのスタイルとデッドリーフレイムや各種通常攻撃による制圧力は高いが、原作にスーパーアーマーの概念が無いため、設置弾幕には滅法弱い。

同製作者により劣化コンパチキャラである片腕不死戦士も公開されている。
こちらは名前どおり片腕が欠損しているほか、ダッシュと一部の弱攻撃が使用できないこと以外はアンデッドヒーローと同じ。


出場大会

【不死英雄戦士】
【片腕不死戦士】

出演ストーリー

不死英雄戦士
仮面ライダー778(不死&片腕)
ふたごのぼうけん
宝石少女とツギハギのカミサマ(片腕不死戦士)