ケロロ軍曹

「愚かなペコポン人め、我が輩が地球侵略するのであります!!」

『月刊少年エース』にて連載中の漫画およびサンライズ製作のアニメ作品『ケロロ軍曹』の登場人物。
ガマ星雲第58番惑星「ケロン星」から地球の侵略を目的にやってきた宇宙人。
担当声優は『機動戦士Vガンダム』のカテジナ・ルースを演じた渡辺久美子氏。
ちなみにアニメ版の声優はガンダムシリーズ出演経験者がやたら多い。

身長55.5cm、体重は5.555kg。誕生日は地球周期で12月9日。
地球侵略への先遣隊「ケロロ小隊」の隊長を務めるが、日和見かつ適当な性格から部下からの人望はほぼ皆無。
おまけに腹黒い上に優柔不断、問題を先送りするお調子者であり、その性格のせいで痛い目にあうことも多い。
ただし、「あの頃」と呼ばれる黄金期には数々の武勇伝や大会での優勝経験を残しており、
その時期に出会ったアンゴル族の少女にして恐怖の大王、アンゴル=モアからはベタ惚れされている。
(ケロロが夏美を婚約者だと偽った際は、地球もろとも心中しようとする程度に

任務の真っ最中だが日々ガンプラ制作に手を出し、本来なら敵であるはずの地球人の日向家に家事手伝いを条件に居候している。
日向家の長男でオカルトマニアの少年、冬樹とは親友同士である一方、冬樹の姉で長女の夏美からは「ボケガエル」なる蔑称でよばれ頭が上がらない。
家事をサボったり、侵略作戦や悪質なイタズラを仕掛けては夏美にお仕置きされることが多いが、何だかんだで大事な家族の一員として扱われている。

前述の通り傍迷惑なトラブルメーカーではあるが根は善人であり、真っ当な良心や責任感も持っている。
仲間や友人、場合によっては敵をも思いやる優しさや地球やケロン星の危機に体を張って立ち向かう勇気や根性もたまに見せる。
ケロロを含めた小隊メンバー達全員がやればできる、やるときはやるタイプなあたりこの人を髣髴とさせる。
一人称は「我が輩」、語尾には軍人らしく「~であります」が付く。
ちなみに上記台詞の「ペコポン(原作ではポコペン)」はケロン人の言葉で「地球」の意味。

+ ポコペンポコペンダーレガツツイタ

ストーリーは作者の吉崎観音氏が漫画家を目指すきっかけとなった『ドラえもん』を意識したエピソードや
演出(居候・SF的なひみつ道具など)に加え、漫画や特撮、芸能や映画と言った
ありとあらゆる媒体からのオマージュ・パロディがこれでもかと言うほど盛り込まれている。
アニメにおいても 製作がサンライズなのにいいのかよそれ! 突っ込みたくなるオマージュの数々は健在である。
(というか更なるネタの追加や元ネタのキャストご本人を呼んでくるなど原作から更に悪化、暴走している節もある。
ドロロ、ガルル新ケロロのキャスティングは明らかに「ネタ優先」で選んだ結果である)。
ゲームでもパロディは自重していない。開発元のナムコネタはいいとしても……

映画化もされ、同時上映作品『まじめにふまじめかいけつゾロリ なぞのお宝だいさくせん』にも1シーンだけ登場する。
(逆にケロロにもゾロリが1シーンだけ登場している他、ケロロの原作漫画にゾロリそっくりなキャラが登場したり
 ゾロリの絵本のモブの中にケロロがいたりと双方向でコラボしている)

+ MHシリーズとのコラボ

+ 『スーパーロボット大戦Operation Extend』でのケロロ軍曹


MUGENにおけるケロロ軍曹

MUGENではもっちー氏によって製作されていた。
当初はカンフーマンを改造して公開されたが、2006年4月下旬のサイト閉鎖に伴い、公開終了となった。
その後、2010年12月頃にもっちー氏がクロ氏と改名し、サイトが再開設され、再公開された。
ご覧のように、グラフィックは手書きと思われる手作り感あふれるもの。原作の地球侵略ものとは思えぬゆる~い雰囲気を意識した?

また、AIは誠治氏によって製作されている。簡易ながら10段階にレベル調整が可能。
クロ氏サイトでの代理公開となっており、誠治氏のサイトには置かれていないので注意(ギロロAIも同様)。

キャラの性能についてはほぼカンフーマンと同等。もっちー(クロ)氏によると試作品として製作したとのこと。
そのためか2P以降のactファイルは同梱されていない。

2006年版と比べると、2010年版は一部のイントロ・スパーク位置・バグなど修正されているほか、必殺技に「波動拳」が追加されている。
2011年4月17日の更新で新たに超必殺技(キンキンケロン波)が追加された。

同じケロロ小隊であるギロロ伍長タママ二等兵も同作者によって公開されている。

+ Youtube動画

出場大会

出演ストーリー

デュナ様親衛隊の結成

「主役なのにぃ~!!」