仮面ライダーキバ



    覚醒(ウェイクアップ)
      運命(さだめ)の鎖を解き放て!』

 ■スペック
 身長:200cm
 体重:98kg
 パンチ力:6t
 キック力:8t
 ジャンプ力:一跳び85m
 走力:100mを6.5秒
 必殺技:ダークネスムーンブレイク(30t)
+ 他形態はこちら

「キバット!」
「キバって行くぜ!!」

2008年に放送された、平成仮面ライダーシリーズ第9作『仮面ライダーキバ』に登場する仮面ライダー
次作『仮面ライダーディケイド』にも登場している(後述)。
主人公・紅渡(くれない わたる)(演:瀬戸康史)が「キバの鎧」を纏う事によって変身し、怪人ファンガイアと戦う。
モチーフは吸血鬼で、頭部に関してはジャック・オ・ランタンがモデルだとか。

東映公式サイトに掲げられたキャッチコピー「それはバイオリンをめぐる、父と子の物語…」が示すように、
2008年の「現在」とその22年前の1986年の「過去」の二つの時間軸を同時進行し、
それぞれの出来事が密接な繋がりを持ちながらストーリー展開されているのが特徴で、
前作『仮面ライダー電王』とは違った形で「時間を越える」描写が行われた。結局タイムトラベルもしてたけど。

しかしこの「二世代を跨いだ物語」というシリーズ2本分をブチ込んだ野心的なドラマ構造や、
「紅渡」の項で触れる登場人物間の愛憎関係はコア視聴者である子供たちには複雑に思えたのか、
シリーズ平均視聴率は『電王』を下回ってしまった。
+ じゃあ失敗作? 実はそう言い切れない事情があったりする
まあ大きなお友達たちは子供の思いなどそっちのけで753こと名護啓介の一挙一動や、
本作のもう一人の主人公・紅音也の怪男児ぶりなどを楽しんでいたわけだが。

+ 紅渡

+ 各フォーム解説

+ ファンガイア

+ 『仮面ライダーディケイド』以降のキバ

+ ゲーム作品でのキバ

(以上、Wikipediaより抜粋・一部改変)


MUGENにおける仮面ライダーキバ

+ qzak氏製
+ Jaki氏製 改変版

出場大会

出演ストーリー